Hatena::ブログ(Diary)

こんな夜だから本を読もう このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ ←すばらしい書評が集まっています。

人気ブログランキング

Subscribe with livedoor Reader

あなたは 人目のお客様です。

2007-12-17 最低だけど最高

桜庭一樹『私の男』

 花にとって淳悟は遠縁であり、父であり、子どもであり、そして男であった。24歳になり、嫁いでいく花を待ち受けていたものは・・・震災孤児として引き取られた花と、彼女にして「最低だけど最高」と言わしめる淳悟の禁断の愛の物語


 狂気を秘めた深い愛。その圧倒的な筆致に、何者にも妨げることができない強い愛に、もうたじたじなのです。

 また、時系列を逆にするという一点だけで、この物語は単純な禁忌から別れへというストーリーから脱し、読者をより強く引きずり込み、歪みを正当化する力を与えられているように思えてなりません。構成力の勝利でしょうか。


 しかしながら、この作品を楽しめたかというとどうでしょう。残念ながら、あまり楽しめたとは言えませんでした。

 別に、この二人の禁断の関係を生理的に受け入れられないとかそういうことを言うつもりはありません。ただ、東京での逃亡生活や極寒の北国での生活があまりに閉塞的で息苦しく、楽しめるようなものではなかったのです。

 少なくとも、この作品は僕が桜庭さんに期待したものではありません。そこが残念。

感想拝見】

私の男
私の男桜庭一樹

文藝春秋 2007-10
売り上げランキング : 258

おすすめ平均 star
star共感できない
starしびれました。
star引き込まれる凄さ
starsタブーに対する嫌悪感よりもただ悲しい。。。
stars圧倒されて、のめりこませる世界

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

asin:4163264302 rakuten:book:12233870

藍色藍色 2007/12/20 02:32 こんばんは。
仕事多忙で身動き取れなくて…来てくださってうれしかったです。
逆にしていた時系列に目が離せなくなっていくような感じを受けました。
ふたりきりの息苦しさ、確かにこれまでの楽しさとは違う世界でしたね。でも惹かれてます。

shiba_motoshiba_moto 2007/12/21 11:46 藍色さん、こんにちは。
この時系列を逆にするというひと工夫が、読み手を本当に強くひきつけますね。
決して安定した世界を書く人ではないと思いますが、今度はもう少し楽しい作品を期待したいものです。

リサリサ 2007/12/22 09:48 shiba_motoさん、こんにちは!
お伺いするのが遅くなってごめんなさい。
shiba_motoさんの「最低だけど最高」って言葉、妙にすんなり入り込んで頷ける部分あります。
声を大にして「最高!」とは言えない作品ではありますが、この構成や彩る世界観が私にはぐっとくるものがありました。
桜庭さんの中に広がる世界は果てしないのだな、と。
次はどんな作品を読ませてくれるのか楽しみです。

shiba_motoshiba_moto 2007/12/22 13:38 リサさん、こんにちは。
本当にこの「最低だけど最高」って言葉が淳悟だけではなく作品にも当てはまるようです。
今までとは違った世界ですけど、桜庭さんの世界の幅というか、引出しの多さというかそういうものを見せつけられたようです。次も楽しみですね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証