毎日読む心の栄養ドリンク このページをアンテナに追加 RSSフィード

Q 心の華て何だろう? 

A それは誰の心にでもある自分にしかない花をいいます。

Q 具体的に何を指してるの?  

A いろいろです。一生懸命に勉強や仕事を誇りを持ってやっている姿を人様が見たときに感動する姿のことです。ですから私たちは毎日毎日いろいろな花を咲かせるのです。

だからこそいろんな人の役にも立てるのです。ですから「こんな花」と示すことは出来ません。示すことはできませんが自分で行動したり、お手伝いしたり、勉強したりした中で誰しも感動することがあるはずです、それが「心の華」です。

誰にでも「花がある」ことを信じ家族や、友人、知人の方と接し明るく楽しく充実した使命感のある社会生活を送って欲しいと念じるのです。そんな気持ちから皆さんに「心に華」があることを知って欲しいと願いブログを平成10年から「毎日読む栄養ドリンク」のタイトルで 私、斯波最誠が皆さんとお話をしたり体験、経験、修業をした思いを毎日綴っているのです。

 私は19才から31才まで比叡山延暦寺にて修業、実践の場として宇治市にあります心華寺に入山、今日があります。入山時は一人の来訪者もありませんでしたが現在は個人の修行道場、企業研修道場として年間1万人を越す皆さんが入山くださいます。

 比叡山ご開祖である伝教大師様の誓願「一隅を照らす」精神継承の寺としてに比叡山根本中堂に燦然と輝く一千二百年不滅であります「不滅の法灯」を平成10年7月に「分灯」いただきました。

 日常では本尊様である「辯財天信仰」の新たなパワースポットの寺として全国からの参拝者が絶えないという状況です。起床から就寝まで修行、参拝者の皆さんと共に楽しく厳しい道場生活を過ごす毎日です。このような中で得られました体験を生かして皆様の「心の華を咲かせて欲しい」と願う日々です。

 ブログへの書き込みメッセージ、ご相談どのようなことでもお役に立てればと願っております。

 「心に華を咲かそう」という旗を掲げ「京都・大阪・愛知、一宮・東京・九州、小倉・神戸」の六カ所で「にんげん学」講座と称し月一度の四書五経を教材にして「こころ」を学ぶ勉強会を開催しております。ご一緒に自分の心の華を咲かせましょう。

 私は僧侶であり、心華寺という寺を基点に活動しておりますが皆さんが考えておられるような偏った信仰に導こう、信仰心を植え付けようとして活動しているわけではありません、宗教は宇宙の教えです。

 真理に目覚めイキイキとした人生を送って欲しいと活動をしております。その事を多くの方が感じ取ってくださっています、ですから沢山の企業様も研修にご活用くだされております。安心して扉を叩いてください。

世界平和をお祈りいたしましょう。

Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。 

合掌 

2016年09月29日(木曜日)

戒を持(たも)つ 05:34 戒を持(たも)つを含むブックマーク

おはようございます。

昨日夕方から降りました雨、怖いほどの雨でした。携帯の緊急通報が何度も何度も宇治京都山城地区の避難勧告、土砂崩れ情報で、何事も無いことをただただ祈るしかありませんでした。皆様のところも何事もなかったでしょうか、お見舞い申しあげます。

昨日は朝7時前の新幹線新神戸から京都へ、京都駅湖西線に乗り換え比叡山坂本駅へ、そこからタクシーでお師匠様の自坊へ、お師匠様が新しい弟子をお持ちになられ、仏門へ入るための「得度式(とくどしき)」に出席させていただくためにまいりました。

新しいお弟子さんといいましても、以前よりお師匠様の秘書としてお勤めされていたAさんが本格的に在家の菩薩とならんがために、仏門帰依されたということです。厳かで素晴らしい得度式の法縁に与(あずか)りありがたく帰ってきました。 

得度式の大切な事は多くありますが、一番は「授けられた戒を持(たも)つこと」です。戒はどのようなものかといいますと。

1、不殺生。2、不偸盗(ふちゅうとう・盗みをしない)。3、不淫欲(ふいんよく・淫らなことをしない)。4、不妄語(ふもうご・嘘をつかない)。5、不両舌(ふりょうぜつ・二枚舌を使わない、矛盾していることを言わない)。6、不悪口(ふあっく・人の悪口を言わない)。7、不綺語(ふきご・真実でないことを言わない)。8、不貪欲(ふどんよく・貪(むさぼ)らない)。9、不瞋恚(ふしんい・瞋(いか)り怒らないこと)。10、不邪見(ふじゃけん・邪な見方をしない)。以上の十戒を持(たも)つことが仏道に叶うのです。このことを行うことを「十善」といいます。

この戒を持(たも)つことで、「多くの人から学ぶ意識が強くなり向学心が高まり、多くの人様を導くことができるようになれる」。皆さんもこの十善を大切に日々暮らしてください。必ず開運がなります。なぜかといいますと、目の前に「あなたの歩む天命が示されますからです」。それは「観世音の世界。世間様の声を聞けるあなたができるため、多くのヒント、発想が閃(ひらめ)くようになる」からです。精進ください。祈り学びは繁栄の源なのです。

そして午後3時からは私が理事長を務めさせていただいております。「NPOこころのはな」の「第3回・27年度・通常総会」が午後3時から行われました。昨年の事業報告をさせていただくと共に28年度の事業計画を発表させていただき承認を得ました。足下の悪い中ご出席いただきありがとうございます。

今後とも皆様方には物心両面にわたりましてご協力ご支援を賜りますようよろしくお願いします。少しでも社会のお役に立てますよう。精進してまいります。ありがとうございます。

今日はお昼からCMA様主催「長崎堂カステラ様本年度入社社員研修会」1泊2日で開催されます。雨が上がってくれればいいですが、少し未だ降っております。お気をつけて入山ください。お待ちしております。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

私たちは熊本・大分地震復興支援応援します。ボランティアの皆さんご苦労様です。お気をつけてご支援ください。ありがとうございます。

比叡山山麓にありますお師匠様のご自坊です。得度式後の記念写真とお庭です。

f:id:shibasaijyo:20160928110510j:image

f:id:shibasaijyo:20160928110821j:image

f:id:shibasaijyo:20160928103256j:image

f:id:shibasaijyo:20160928103422j:image

海東 広美  海東 広美 2016/09/29 06:05 斯波 最誠和尚様 新たに仏門に帰依される得度式のお写真、厳かな気持ちで拝見させていただいています。お師匠様と和尚様お方々様の後ろにいらっしゃるお方々もまた御修行されておられる方々様でしょうか、みなさまの御姿拝見してとても有難い気持ちです。お写真ありがとうございます。
厚かましいですが、今朝お話いただいた「十善」を和尚様から、ブログを通じて貴重な得度式を拝見させていただいた御利益、和尚様からのプレゼントとして心身に記します。ありがとうございます。

樽床美花樽床美花 2016/09/29 07:52 斯波最誠和尚さま、おはようございます。
厳かで素晴らしい得度式のご様子を拝見させてもらいまして、ありがとうございます。凜々しいお姿の皆様に感化され、自分は人として十の戒めを心掛けようと読み直しておりました。十善を大切に、今月のしめくくりに入ります。今日もありがとうございます。

2016年09月28日(水曜日)

内なる喜び 05:15 内なる喜びを含むブックマーク

おはようございます。

「にんげん学」神戸講座「論語を読む」ご出席の皆さんありがとうございます。論語を読みますと人生の階段を頂上を目指して確かに一歩一歩昇れる実感がします。これが内なる感動、自分が自分に感動する。

孔子は学而第1に「子曰(しいわ)く、学(まな)びて時(とき)に之(これ)を習(なら)う、亦(ま)た説(よろこ)ばしからず乎(や)。朋有(ともあ)り遠方(えんぽう)より来(きた)る、亦(ま)た楽(たの)しからず乎(や)。」と述べています。

これは孔子の偽(いつわ)らざる感動、魂の叫びです。私は仏道を歩み心学を学び不動心を確固たるものにできたのは、「内なる感動」です。「自分軸の確立」です。

子供の頃雪だるまを作るとき、最初は手で小さいおにぎりほどの雪玉を作り、雪の上をコロコロと転がし大きくしていくのです。この行為がとても嬉しく手の冷たさも忘れ楽しく喜んで雪だるまを作りました。

論語(心学)を学びますと、この時のように内なる心がどんどん揺るぎなく大きくなっていくのを感じます。今日は私の魂の故郷比叡山のお師匠様のご自坊にこれからお伺いします。楽しかった勉強会の余韻とこれからの緊張感がないまぜになり何かしら良い感じです。

心華寺帰りますと、NPOこころのはの総会です。会員の皆様午後3時からです是非ご出席ください。そして多くの提案と助言をいただきますようお待ちしております。今日は緊張と弛緩を味わえそうです。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

私たちは「熊本・大分地震」の復興支援応援します。ボランティアの皆さんご苦労様です。気をつけて作業お手伝いしてください。感謝いたします。

☆「にんげん学」神戸講座ご出席の皆さんありがとうございます。新神戸駅側のホテルにつき外を眺めますと雲がきれいでした。Fさんお花をありがとうございます。そして懇親会です、皆さんありがとうございます。

f:id:shibasaijyo:20160927151620j:image

f:id:shibasaijyo:20160927171117j:image

f:id:shibasaijyo:20160927183112j:image


f:id:shibasaijyo:20160927210146j:image

海東 広美海東 広美 2016/09/28 06:15 斯波 最誠和尚様 おはようございます 和尚様のお師匠様のご自坊に行かれます時の和尚様はどんなご心境なのでしょう。今朝は雨でしたが日中は和尚様のご移動がされやすく雨もあがりますように。私も今日も一日を新しい気持ちで過ごします。ありがとうございます。

樽床美花樽床美花 2016/09/28 08:40 斯波最誠和尚さま、おはようございます。
「自分軸」を確かめながら、おにぎり大の雪のかたまりから大きな雪だるまをつくっていくように、いろんなものを吸収していきたいと思います。今日もありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/09/28 12:43 海東 広美さん ありがとうございます。
一度お師匠さまのところへお伺いするときご一緒ください、そうしてくださいますと、お分かりになります。説明するのが難しいですね
良い緊張感で原点を思い出します。
ありがとうございました。     合掌

樽床 美花さん ありがとうございます。
教えを吾が心とし、行動としていきますと自分軸はぶれません。ぶれたとしても自分を見失いません。
小さなことから、積小為大です。
ありがとうございました。     合掌

2016年09月27日(火曜日)

無心に 06:31 無心にを含むブックマーク

おはようございます。

「にんげん学」小倉講座「老子を読む」ご出席の皆さんありがとうございます。昨夜は「無心に人に接することを学びました」難しい、しかし無心にならなければ弟子も何も育たない。こちらの気持ちに従わせるのが「育てることではない」のです。

指導する、導くことは「相手の長所を伸ばすこと」です。それを無視して教えたとしても、教えるどころか「壊してしまう」ことになりかねません。

逆に憧れてただ学ぼうとしたとしても、駄目だということでもある。ただの猿まねでは進化も何もせず、何も身につかず、自分を壊すだけになりかねない。憧れに生涯をかけて歩もうとする志気が大切です。一生かかってもやり通す覚悟。

聖人は常に善く人を救う、故に人を棄つることなし。・・・故に善人は不善人の師、不善人は善人の資」という老子の言葉に愕然(がくぜん)とします。老子は、善人からも、不善人(自分で思っている、皆、誰もが思っている人を指しているのではない)からも「学べ」といっているのです。

愚かな経営者や、馬鹿な師(私のこと)がよく弟子や部下を嘆く言葉に、「いくら言っても直らない」と。これは自分の無能を語っている最悪な言葉だ。相手のことを何一つ知ろう、学ぼうともせずに、言葉を羅列しているだけ、相手理解度や資質など一向におかまいなし、愛情も慈悲のかけらもない、これでは、茄子にニンジンになれといっている愚行でしかない、ということを改めて昨日学びました。老子49章を紹介します。

「道」と一体となった聖人はいつでも自分の心というものをもたず、人民の心を自分の心としている。そこで、聖人はいう、

人民のなかの善いものをわたしは善いとして待遇するが、善くないものでもわたしはまた善いとして待遇し、そうして善い人びとを集めている。人民のなかの誠実なものをわたしは誠実だとして信用するが、誠実でないものでもわたしはまた誠実だとして信用し、そうして誠実な人びとを集めている」

聖人が世界にたいするときは、その身をひかえて無心にふるまい、世界を治めるときは、知恵分別をさけて混沌(こんとん)としたありさまでいる。人民はみな耳目をこらしていろいろなことを見たり聞いたりしようとするが、聖人はすべてそれを閉ざして無知無欲にさせるのだ。」

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を思い出しました。

雨にも負けず

風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ

丈夫なからだをもち

慾はなく

決して怒らず

いつも静かに笑っている

一日に玄米四合と

味噌と少しの野菜を食べあらゆることを

自分を勘定に入れずに

よく見聞きし分かり

そして忘れず

野原の松の林の陰の

小さな萱ぶきの小屋にいて

東に病気の子供あれば

行って看病してやり

西に疲れた母あれば

行ってその稲の束を負い

南に死にそうな人あれば

行ってこわがらなくてもいいといい

北に喧嘩や訴訟があれば

つまらないからやめろといい

日照りの時は涙を流し

寒さの夏はおろおろ歩き

みんなにでくのぼーと呼ばれ

褒められもせず

苦にもされず

そういうものに

わたしはなりたい」

偉大な人だ。今夜は「にんげん学」神戸講座「論語を読む」会場でお会いしましょう。無心に学びましょう。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

私たちは「熊本・大分地震」の復興支援応援します。ボランティアの皆さんご苦労様です。気をつけて作業お手伝いしてください。感謝いたします。

小倉講座の会場です。Mさんお花を毎月感謝いたします。ご出席の皆さんありがとうございます。

f:id:shibasaijyo:20160926203522j:image

f:id:shibasaijyo:20160926203545j:image

f:id:shibasaijyo:20160926203552j:image

懇親会です。皆さんお疲れ様でした。楽しかったですね、来月も楽しく過ごしましょう。

f:id:shibasaijyo:20160926205027j:image

f:id:shibasaijyo:20160926205200j:image

f:id:shibasaijyo:20160926211106j:image

f:id:shibasaijyo:20160926212627j:image

f:id:shibasaijyo:20160926213705j:image

f:id:shibasaijyo:20160926215748j:image

f:id:shibasaijyo:20160926222104j:image

樽床美花樽床美花 2016/09/27 07:38 斯波最誠和尚さま、おはようございます。
今日は1日「無心に」、黙々と目の前のことに努めていきます。そうすることで、人から言われた言葉の意味を理解することができるような気がしました。大好きな宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を読んだことですし、頑張れそうです。
ありがとうございます。

竹本 卓竹本 卓 2016/09/27 07:46 斯波最誠和尚さま ありがとうございます。
老子の言葉、感じ入りますよね。これぞ、にんげん学って感じです。
地球上の全ての人が、それぞれの天命に氣付き、そこに向かえば、本来の幸せを感じるのかもしれません。老子の世界をこの世で起こしてみたいと思うようになりました。
ありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/09/27 08:34 樽床 美花さん ありがとうございます。
私たちの世界で何か言葉や教えをいただいたとき「工夫」といいまして、その一語、一字を生活の中、実践の中で考え続けます。無心、考えてみてください。
宮沢賢治の「自分を勘定に入れずに」が昨夜の老子を読み思いだし、賢治は無心をこのように吐露していると感じ書いて見ました。
ありがとうございました。        合掌

竹本 卓さん ありがとうございます。
難しい思考の世界、しかしとても大切な世界です。このように今日まで老子が伝えられてきた事実は老子の世界を生きてきた人が多くいたからでしょう。勇気を感じます。
個々が天命を感じることができれば争いがなく、互いに生かし合う共生の世界が現実となります。ノット&イコール、等号否定の世界、実践世界です。
共に学んでください。
ありがとうございました。      合掌

2016年09月26日(月曜日)

懺悔 05:28 懺悔を含むブックマーク

おはようございます。

9月の最終週、私は愚鈍ですから毎日「懺悔文(さんげもん)」をお唱えしています。だらしないことも私自身知っています。どれほど懺悔しても追いつかない、しかし読み唱えます。明日から改めようではなく、今日こそ改めよう、でなければ、もっと愚かになる。

少しでも改められればとの思い。抵抗しているわけではなく、正直このように思う。人間は意識しようがしまいが罪は犯しているものと考えてちょうどいい。私は間違いなど起こさないなどと考えている人間は鼻持ちならない。

聖人君子はいざ知らず、凡人である私などは星の数ほど誤ちを犯している。こう考えるから日々祈り学ぶ。戒めの言葉を日々唱えていなければ、とうていブレーキがかからない、お彼岸の一週間六波羅蜜を行じ大いに反省。

「言うは易く行うは難し」、自分でも感じている。「偉そうに言っている奴ほどできていない」。「言葉に酔っているのではないかと感じる人もいる」。孔子が「言(げん)を以て人を挙げず」(いくら正しい言葉を言ったとしても、お前さんの普段の行動ではね!)という考えは当を得ている。その逆「人を以て言を斥(しりぞ)けず」(だらしない人が言っているからといって言葉が正しくないとは言えない!)も当を得ている。

今夜は「にんげん学」小倉講座「老子を読む」、老子は「素直になれ、素朴に生きろ」と。「お前さんがお前さんでなくなるぞ」との戒め。学んで嘘をつくような人間になるなとの警告。人を欺(あざむ)き、己を欺く、「だから望んだ人生にならないのだと」、会場でお会いしましょう。9月最終週が素晴らしい週でありますように。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

私たちは「熊本・大分地震」の復興支援応援します。ボランティアの皆さんご苦労様です。気をつけて作業お手伝いしてください。感謝いたします。

☆昨夕小倉に出て一年に一度牽牛と織姫ならず、男同士で夕食、味なものです。UさんはDr.何か妙に気が合う、般若湯は余りたしなまず私ひとりいただいて話がはずむ、毎年同じ店というのもいい、U先生ごちそうさまでした。一年後までお互い元気に過ごし会えればいい?、そんな年令になったようです。

f:id:shibasaijyo:20160925175649j:image

f:id:shibasaijyo:20160925175810j:image

f:id:shibasaijyo:20160925175816j:image

f:id:shibasaijyo:20160925180347j:image

松茸のカルタプッタ(ハサミで袋を切ったとき湯気があがり松茸の香りが何とも言えない、美味しいスープ)

f:id:shibasaijyo:20160925180711j:image

f:id:shibasaijyo:20160925180721j:image

f:id:shibasaijyo:20160925180724j:image

活車エビ、あわび、のどぐろの一炙りのサラダ

f:id:shibasaijyo:20160925182015j:image

フォアグラのオー、ポルト

f:id:shibasaijyo:20160925184348j:image

活オマールエビのロティ、白菜とソースアメリケーヌ

f:id:shibasaijyo:20160925190505j:image

和牛フィレ肉

f:id:shibasaijyo:20160925192554j:image

コニャック、トレヴィエイユラフィット100年物。芳醇な香りと見たことがない透明感でした。もちろん味は最高

f:id:shibasaijyo:20160925192736j:image

f:id:shibasaijyo:20160925192742j:image

f:id:shibasaijyo:20160925195959j:image

シェフのおすすめデザート

f:id:shibasaijyo:20160925195750j:image

f:id:shibasaijyo:20160925195837j:image

f:id:shibasaijyo:20160925195844j:image

二人で

f:id:shibasaijyo:20160925201845j:image

竹本 卓竹本 卓 2016/09/26 06:47 斯波最誠和尚さま ありがとうございます。
今回の工事も、23日夕方時点で2戸を残していましたが、土曜日に1戸、日曜日朝一番に最後の1戸を無事終えることが出来ました。日曜日は1戸だけだったので、社員にはお休みをしてもらい、私一人で仕上げて来ました。本当に99%計画通りに事が運びましたことを感謝しております。ありがとうございます。これが普通だと考えず、社員と共に、さらに高い技術力を修得していこうと決心しました。出来るだけ早い内に時間を作って、工事の全容の復習と反省をしたいと思っています。今夜、小倉講座へは心起きなく出席出来ます。2ヶ月ぶりの老子、楽しみです。

海東 広美海東 広美 2016/09/26 06:47 斯波 最誠和尚様 おはようございます こちらは台風接近のおかげでしっとりした朝です。悔い改めてもまた同じこと、同じ気持ちになってしまいます。この自分の癖というか我をなんとかしたいです。素晴らしい晩餐、ゆったりお過ごしになられた時間まで見えてくるようです。眼福ありがとうございます。
和尚様にお尋ねしたいことがあります。道端によくいらっしゃるお地蔵さまにお参りさせていただく時、心華寺さんの横に居られるお地蔵さまと同じご真言をお唱えしてもよいでしょうか?
お教えいただけたら幸いです。9月の最終週を精進の気持ちで過ごします。ありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/09/26 07:41 竹本 卓さん ありがとうございます。
社員の皆様にお休みをあげて社長自らがお仕事をする、素晴らしいことです。社員さんの奮起につながります。
そうですね、普通はないと考えた方がいいでしょうね、褒めるべき所は褒め、それでこそ士気が高まることにつながるのではないでしょうか。
良かったことも悪かったことも反省し、次につなげたい所は早めに皆さんとお話しするのがいいのでしょう。話題がホットなときが一番です。
工事が順調に進み、安心して今夜お出でいただけることに感謝いたします。お待ちしております。
ありがとうございました。      合掌

海東 広美さん ありがとうございます。
そうですね、こちらは昨日から蒸し暑く、時折雨が落ちてきます。
眼福を感じていただきありがとうございます。
お地蔵さんのご真言、同じでいいですよ、お手を合わせてお唱えください。きっと喜ばれます。
はい、9月最終週楽しい週でありますようにお祈りいたします。
ありがとうございました。          合掌

樽床美花樽床美花 2016/09/26 08:10 斯波最誠和尚さま、おはようございます。
明日から改めるではなく、今日こそ改めるように心掛けます。行動がともなうようにという点も注意しないといけません。9月の最終週、気をひきしめて過ごします。
年に一度のお約束というのもステキですね。会話がはずみそうですね。お食事も美味しそうです。
今日もありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/09/26 13:19 樽床 美花さん ありがとうございます。
そうです、改めるのは早ければ早いほど良いですね、放っておいてどうしようもなくなってしまいますと、今まで築き上げてきたものすべてが駄目になります。
9月の最終週が素晴らしい一週間となりますようお祈りいたします。
一年に一度の出会い、味があります。出会いにご縁に感謝です。
ありがとうございました。       合掌

カズカズ 2016/09/26 14:25 和尚様

こんにちは。
1年に一度素敵ですね!
和尚様は本当に縁を大切にしておられるのだと改めて思いました。
悔い改めることを疎かにせず、少しでも改善していける人になりたいです。悔改めようとするにも、以前は自己嫌悪に陥るだけで何か具体的にどうしようとかはありませんでした。
少しずつですが変わるきっかけを和尚様に頂きました。
今日もありがとうございました。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/09/26 17:40 カズさん ありがとうございます。
私は出会った方をリスペクト、尊敬します。これは年令にかかわりません。私に出会ってくださりありがとうという気持ちです。おろそかにしないということは、君子の交わりは淡き水の如しで、決して自分の都合や打算で話さない、おつき合いしないということです。
人間は自分を改められる人間を賢者というのです。物知りではなく、人格者でありたいですね。
ありがとうございました。       合掌

2016年09月25日(日曜日)

あることがむずかしい 05:10 あることがむずかしいを含むブックマーク

おはようございます。

下関・愛宕寺「月例・幸福開運護摩祈願祭」おまいりお手伝いありがとうございます。大切な方の幸せを祈る美しい姿を拝見できる幸せな一日でした。

私は人数の多少に関わらず、ご一緒くださる皆さんが居るというだけで幸せです。昨日ご一緒にお祈り下された皆さんに心からありがとうございます、といわせていただきます。

ですから「繁栄の聖典」を読誦し終えますと「ありがとうございました」と数十回お唱えするのです。ある日、唱えずにはおられなくなったのです。唱えだしたのは37才くらいだったと思っています。

お勤めという言葉が好きです。言葉が好きと言うよりも、お勤めすることでいろいろな人との出会いがいただけたからです。「えっ、お勤めするだけで、お仕えするだけで、人様と出会えるんだ」と感じたときから、お勤めが大好きになったのです。

美味しい物とも出会わせていただきました、素晴らしい土地とも、大地も空も、景色もいろいろです。

有り難いとは「あることがむずかしい、の意からきた」とされています。それが、勤めるだけで「友ができる、同士ができる。朋遠方より来たる有り」これは「あり得ないでしょう」。「理屈では無く事実です」。そんな感謝のする日が法要や勉強会や様々な機会に感じるのです。お勤めをさせていただいただけで、あり得ないでしょう。昨日も皆さんありがとうございます。

明日も明後日も有り難い日が続きます、明日は「にんげん学」小倉講座「老子を読む」、明後日は神戸講座「論語を読む」。どちらも午後6時半受付、7時開講です。お待ちしております。ありがとうございます。9月の最後の休日、そして彼岸明け、ご先祖様への感謝とありがとうの一日をお過ごしください。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

私たちは「熊本・大分地震」の復興支援応援します。ボランティアの皆さんご苦労様です。気をつけて作業お手伝いしてください。感謝いたします。

☆昨日のお護摩です。皆さんおまいりお手伝いありがとうございます。

f:id:shibasaijyo:20160925050546j:image

f:id:shibasaijyo:20160925050547j:image

火中に仏様が現れています。

f:id:shibasaijyo:20160925050548j:image

f:id:shibasaijyo:20160925050549j:image

f:id:shibasaijyo:20160925050550j:image

今週の予定 08:40 今週の予定を含むブックマーク

9月26日(月)「にんげん学」小倉講座「老子を読む」。受付午後6時半。会場:小倉商工会館3F。TEL:093-551-4031。北九州市小倉北区魚町2−6−1。会費:3千円。お茶の準備がありませんので各自飲み物はご用意ください。講座修了後懇親会があります。会費は別途いただきます。

f:id:shibasaijyo:20160726185424j:image

9月27日(火)「にんげん学」神戸講座「論語を読む」。受付午後6時半。会場:Plug078。TEL:078-734-0187。神戸市中央区北野町1丁目1。新神戸オリエンタルアベニューB1。お問い合わせは事務局まで0774-44-5380。会費:3千円。講座修了後懇親会があります。会費は別途いただきます。

f:id:shibasaijyo:20160828055637j:image

9月29日(木)〜9月30日(金)CMA様主催「長崎堂カステラ研修会」1泊2日研修。於:心華寺。

以上です。   合掌

海東 広美海東 広美 2016/09/25 06:52 斯波 最誠和尚様 お写真拝見して以前和尚様がご法話で、和尚様ご自身は仏様と我々を橋渡しをする役目です、とおっしゃったのを強烈に思い出しました。お写真を拝見して感激というには軽すぎます。心がずしりと重く厳粛な気持ちです。仏様はこのよう我々をお見守りくださっているのですね。お優しい御心を感じ心安まります。なんと有難い今朝のお話とお写真感謝いたします。今日一日過ごせること、ありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/09/25 08:07 海東 広美さん ありがとうございます。
皆様を充実と安心の世界へ誘う使命を受けたことに日々感謝してお祈りをさせていただいています。
皆さんが大切な方の幸せを祈る姿は神々しさを感じます。
そのようなお姿を拝見しお護摩を修しますと炎に乗せて皆さんの願いが天に届き、舞い降りてくださるという実感をするのです。そしてさらに護摩法に感謝するのです。ありがたいことです。
ありがとうございました。     合掌

樽床美花樽床美花 2016/09/25 08:17 斯波最誠和尚さま、おはようございます。
今日は9月の最終週、お彼岸の最後の日ですね。お墓にお参りして、ご先祖さまとお話をしてきます。
今日のお護摩の写真、ありがとうございます。炎のまぶしさ、熱さ、揺れ、香り…その生々しい感触が伝わってきました。和尚さまの凜々しいお姿に仏様を感じます(お若い!)。今日もありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/09/25 11:26 樽床 美花さん ありがとうございます。
お仏壇とお墓におまいりして是非ご先祖様とお話しください、そしていっぱい感謝しましょう。
お護摩の写真お褒めいただき感謝いたします。いつも感じることですが、炎の中に御仏が現れてくださいます感動し涙がこぼれることがよくあります。これからも皆様の幸せをしっかりお祈りさせていただきます。
ありがとうございました。        合掌

久留宮    ひろみ久留宮 ひろみ 2016/09/26 02:30 斯波 最誠 和尚さま
ありがとうございます。お陰様の有難い毎日に感謝ばかりです。歯痒い自らに毎日意識実践のチャンスある幸せを下さいます。ありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/09/26 07:29 久留宮 ひろみさん ありがとうございます。
そうですね、ありがたい毎日です。感謝がとても大切ですし、楽しいチャンスが多くもたらされます。日々を大切にお過ごしください。
ありがとうございました。       合掌