毎日読む心の栄養ドリンク このページをアンテナに追加 RSSフィード

Q 心の華て何だろう? 

A それは誰の心にでもある自分にしかない花をいいます。

Q 具体的に何を指してるの?  

A いろいろです。一生懸命に勉強や仕事を誇りを持ってやっている姿を人様が見たときに感動する姿のことです。ですから私たちは毎日毎日いろいろな花を咲かせるのです。

だからこそいろんな人の役にも立てるのです。ですから「こんな花」と示すことは出来ません。示すことはできませんが自分で行動したり、お手伝いしたり、勉強したりした中で誰しも感動することがあるはずです、それが「心の華」です。

誰にでも「花がある」ことを信じ家族や、友人、知人の方と接し明るく楽しく充実した使命感のある社会生活を送って欲しいと念じるのです。そんな気持ちから皆さんに「心に華」があることを知って欲しいと願いブログを平成10年から「毎日読む栄養ドリンク」のタイトルで 私、斯波最誠が皆さんとお話をしたり体験、経験、修業をした思いを毎日綴っているのです。

 私は19才から31才まで比叡山延暦寺にて修業、実践の場として宇治市にあります心華寺に入山、今日があります。入山時は一人の来訪者もありませんでしたが現在は個人の修行道場、企業研修道場として年間1万人を越す皆さんが入山くださいます。

 比叡山ご開祖である伝教大師様の誓願「一隅を照らす」精神継承の寺としてに比叡山根本中堂に燦然と輝く一千二百年不滅であります「不滅の法灯」を平成10年7月に「分灯」いただきました。

 日常では本尊様である「辯財天信仰」の新たなパワースポットの寺として全国からの参拝者が絶えないという状況です。起床から就寝まで修行、参拝者の皆さんと共に楽しく厳しい道場生活を過ごす毎日です。このような中で得られました体験を生かして皆様の「心の華を咲かせて欲しい」と願う日々です。

 ブログへの書き込みメッセージ、ご相談どのようなことでもお役に立てればと願っております。

 「心に華を咲かそう」という旗を掲げ「京都・大阪・愛知、一宮・東京・九州、小倉・神戸」の六カ所で「にんげん学」講座と称し月一度の四書五経を教材にして「こころ」を学ぶ勉強会を開催しております。ご一緒に自分の心の華を咲かせましょう。

 私は僧侶であり、心華寺という寺を基点に活動しておりますが皆さんが考えておられるような偏った信仰に導こう、信仰心を植え付けようとして活動しているわけではありません、宗教は宇宙の教えです。

 真理に目覚めイキイキとした人生を送って欲しいと活動をしております。その事を多くの方が感じ取ってくださっています、ですから沢山の企業様も研修にご活用くだされております。安心して扉を叩いてください。

世界平和をお祈りいたしましょう。

Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。 

合掌 

2016年06月01日(水曜日)

子ども食堂 05:24 子ども食堂を含むブックマーク

おはようございます。

水無月6月、今月もよろしくお願い致します。今朝は少し曇っていますが、出だしはよすぎない方がいいと私は思っています。

毎月の初めに陰暦の月名を書きます、今月は「水無月(みなづき)」陰暦の月名はその月々をよく表しているのが好きな理由の一つです。水無月の意味は諸説ありますので皆さんお調べになってみてください。意味が解らないことを辞書で調べることは楽しいものです。好きな行動の一つでもあります。今月もよろしくご訪問ください。

今月から第1、第2水曜日午後4時〜7時まで「NPOこころのはな」(心華寺内)で「子ども食堂」を開店します。「小学生無料」「中学生300円」をいただきます。お母さん、お父さんも中学生のお値段で提供させていただきます。時にはご一緒に楽しくお過ごしください。

子ども食堂」をご利用いただかなくとも同時間帯に「学童保育」も無料でいたします。一緒に予習・復習をして楽しくすごす居場所にしてください。

前日までお申し込みをいただければ、とてもありがたく思います。0774-45-5561です。よろしくお願いいたします。今月は今日と8日です。

皆様の中でボランティアで協力をしたいという方大歓迎です。今は月2回の開店ですが、ボランティアの方がありましたら月3回開店したいと考えています。率先してご参加いただければありがたく思います。お電話お待ちしております。

私は多くの方々のお力に守られ暮らすことができています。この事実は感謝しても余り有ります。比叡山に入るまでは両親、修行時代は比叡山師匠に守られて暮らすことができました。そのことの恩に万分の一でもお返しができればとの思いです。

得度(とくど)(仏門に入るときの儀式)の時、「四恩(しおん)に報いるように修行しなさい」と諭(さと)されたことが新鮮で、今でも忘れられません。淡々と、四恩に生きようと思いました。

※四恩とは「父母の恩,国王の恩,衆生の恩,三宝の恩などの四恩を心に深く感じ大切に思うことが,仏道修行の要素であると説き。また一切衆生を救うという如来の誓願に対する恩徳を思い,感謝すべきであること。」

国の宝であります子ども達が、私たち大人の行動に接し自然受けた恩を返すという精神となってくれればと願っております。よく徳を積むということをいいます。「徳を失うということもあります。」それは「受けた恩を返すことなく過ごせば、徳を失う」のです。「恩を受けていることを感じていないことも徳を失うことです。」

徳というのは「能力」です。いつも書いていますが能力というのは、「人より優れていることをいうのではなく、」「できることを能力」といいます。

自分ができることを教えてもらったら、「できることを行う」のが「恩返し」「徳を積む」ことです。何も難しいことではありません。外にある知識を得なければできない事ではなく、「生まれ具わっている能力でできるのです。」

できるのに「しないのを徳を失う」「徳を損(そこ)なう」といいます。ですから私たち大人が不平不満を言わず、黙々とできることを行動で示す、「知るとは行動すること」です。

「徳を積む姿を」暮らしの中で明るく行うことが、豊かな社会を作って行くことになるのです。私は、このように信じ日々暮らしています。

比叡山時代から今日まで何一つ人様に誇ることもない、自慢できることもありませんが「できること」で「ポストにベスト」を尽くすことで「生かされていることに感謝の心で暮らして」います。そのお陰で喜びを多くできているのだと実感しています。

師に「せまい心を捨てよ」「己の利、己ばかり潤うことを考えるな」「志を守り」「道を敬え」、またこのようにも教えていただきました「利己的な心を捨てて、他人を助ける努力をすべきである。他人が施すのを見れば、その人はさらに別の人を幸せにし、幸福はそこからうまれる。」と。

今月もよろしくご訪問ください。素晴らしい水無月でありますようお祈り致します。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

私たちは熊本・大分地震復興支援応援します。ボランティアの皆さんご苦労様です。お気をつけてご支援ください。ありがとうございます。

麦が実りました。

f:id:shibasaijyo:20160531044914j:image

f:id:shibasaijyo:20160531044949j:image

昨日の自宅前での夕日です。

f:id:shibasaijyo:20160531183315j:image

f:id:shibasaijyo:20160531183310j:image

6月の予定 05:52 6月の予定を含むブックマーク

6月1日(水)NPO法人こころのはな「子ども食堂」開店。場所:NPOこころのはな(心華寺内)。

☆時間:午後4時〜7時まで。小学生:無料。中学生:300円。☆前日までお電話お申し込みをいただければありがたいです。電話:0774-45-5561。

献立肉じゃがほうれん草和え物味噌汁、ご飯。

子ども食堂をご利用いただかなくとも、帰れば家でお一人りだというお子様の学童保育も致します(無料)。午後7時まで。みんなで楽しく予習・復習をして過ごしましょう。お待ちしております。

6月3日(金)「にんげん学」東京講座「論語を読む」。午後6時半受付。論語の中には様々な対人関係の在り方が説かれています。人生の指南の書です。会費:3千円。講座修了後懇親会があります懇親会費は別途。会場:(財)東京都中小企業振興公中小企業会館(8階・A室)TEL:03-3542-0121。東京都中央区銀座2-10-18

6月5日(日)心華寺「月例・幸福開運護摩祈願祭」。午前10時。皆さんとご一緒に「繁栄聖典」を読誦することで無意識の意識に和合の精神が落とし込まれ自然体で対人関係の和合がなり無理なく繁栄してしまう摩訶不思議なご利益があります。添え護摩を修しご祈願ください。月まいりの功徳は測り知れません。午前10時です。お待ちしております。

6月7日(火)「にんげん学」大阪講座「老子を読む」。午後6時半受付。老子のTaoを学べば、背伸びせずに確かな繁栄がもたらされます。会費:3千円。講座修了後懇親会があります懇親会費用は別途です。会場:大阪市立大淀コミュニティセンターTEL:06-6372-0213大阪市北区本庄東 3丁目8番2号。

☆「7月から会場が変わります」。後日住所はお知らせいたします。

6月8日(水)〜9日(木)CMA様主催「ダイキン・コンシューマ・マーケティング株式会社」1泊2日研修。

6月8日(水)NPO法人こころのはな「子ども食堂」開店。場所:NPOこころのはな(心華寺内)。

☆時間:午後4時〜7時まで。小学生:無料。中学生:300円。☆前日までお電話お申し込みをいただければありがたいです。電話:0774-45-5561。

子ども食堂をご利用いただかなくとも、帰れば家でお一人りだというお子様の学童保育も致します(無料)。午後7時まで。みんなで楽しく予習・復習をして過ごしましょう。お待ちしております。

6月9日(木)「にんげん学」一宮講座「新論語を読む」。午後6時半受付。会費:3千円。会場「一宮マツダ販売(株)TEL:0586-72-4501。愛知県一宮市今伊勢町本神戸字高野池18」。

6月10日(金)中部地区「心に華を咲かそう会」第15回「チャリティゴルフコンペ」。今年は「熊本・大分地震復興支援」のチャリティです。沢山のご参加、沢山のご支援をお待ちしております。会場:「オールドレイクゴルフ倶楽部」。愛知県春日井市西尾町字白川986-1。電話: 0568-88-5511。

6月12日(日)心華寺「水子供養祭」午前10時。何かしら家庭に夫婦仲にお子様にトラブルが起きる等々でお悩みの方は「水子供養」をお勧めします。不思議なくらいに良くなり問題が解決します。

6月13日(月)「にんげん学」京都講座「老子を読む」。午後6時半受付。会費3千円。講座修了後懇親会があります懇親会費用は別途です。会場:ウィングス京都。TEL:075-212-7470。京都市中京区東洞院六角下る御射山町262。

6月17日(金)~18日(土)CMA様主催1泊2日「リーダーシップ禅寺研修会」於・心華寺。

6月24日(金)下関・愛宕寺「月例・幸福開運護摩祈願祭」午前10時。大地の神であります「火防大将軍・愛宕大権現」様に祈り、土台を更に強固にし、繁栄を確かなものとしましょう。

6月25日(土)〜26日(日)「M&U SCHOOL」1泊2日、開校。潜在意識を学び、リーダーを育てる学校です。於:心華寺。

6月27日(月)「にんげん学」小倉講座「老子を読む」。午後6時半受付。会費:3千円。講座修了後懇親会があります懇親会費用は別途です。会場:小倉商工会館3F。TEL:093-551-4031。北九州市小倉北区魚町2−6−1。

6月28日(火)「にんげん学」神戸講座「論語を読む」。午後6時半受付。会費3千円。講座修了後懇親会があります懇親会費用は別途です。会場:Plug078。TEL:078-734-0187神戸市中央区北野町1丁目1。新神戸オリエンタルアベニューB1。お問い合わせは事務局まで0774-44-5380 。

以上です。6月も「共に」を大切に祈り学びましょう。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

私たちは「熊本・大分地震」の復興支援応援します。ボランティアの皆さんご苦労様です。気をつけて作業お手伝いしてください。感謝いたします。

海東 広美海東 広美 2016/06/01 06:12 斯波 最誠和尚様 おはようございます!
先月も日々にお導きいただきましてありがとうございます。水無月もまたどうぞよろしくおねがいいたします。 お話でこの世に存在していること自体が「徳」をいただいたのだから「徳」(心身の能力)を生かして徳を積んでいくのだと拙いですが自分なりに解釈しました。今朝のお話の中で和尚様のお師匠さまのお言葉をお伝えして下さりありがとうございます。心にしっかり刻みつけます。
子ども食堂の開店日がどんどん増えていきますこと、お祈りしています。自分の都合ですがお手伝いさせていただける時は是非ともさせて下さい。よろしくお願いします。
先日のご年配の方々と小さな子達が一緒に同じ作業をされているお磨きの光景は私にとって久しぶりの雰囲気を味わわせていただきました。子どもがとても安心してご年配の方に甘えている姿とそれを大きな包容力で受けとめておられるご年配の方々。どんなことをしても受けとめてくれる人が居てくださることはお子さんにとって、目に見えないけれどとても大切なことなんだな、ほのぼのじんわり、自分自身のおじいちゃんおばあちゃんを思い出して帰路につきました。
素敵な場所ですね、心華寺さん、気づきをいっぱいいただきます。有難うございます!
御一日、目をしっかり開いて励みます。ありがとうございます。

竹本 卓竹本 卓 2016/06/01 07:11 斯波最誠和尚さま ありがとうございます。
子ども食堂、学童保育、学校の帰りにみんなで予習復習をすることはイメージするだけで子ども達にとって楽しい時間となりそうですね。自分だけではなく、廻りの人の幸せを聞いたり見たりすると、こちらまで嬉しくなる気持ちが世界中の幸せにつながる一歩なんですよね。ただし、私の仕事観は、できることをやることを仕事と捉えるのではなく、出来ることをさらに出来るようにと思い、出来ない事は出来るように挑戦する思い、この2つがあって「仕事」と言うと、若い人には思ってもらいたいです。
今月も宜しくお願いします。梅雨入り間近なのに、水無月とはいかに。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/06/01 08:06 海東 広美さん ありがとうございます。
こちらこそ今月もよろしくお願いいたします。このように書かせていただくだけで幸せです。この小さな幸せを大切にします。
師の教え、学びはとても良いものです、言葉を解釈(実践)できていく喜びです。どのようなことを教えてくれたのだろうと日々暮らす中での工夫が楽しいのです。それを追い求め続けてきたようです。
「子ども食堂」どれだけのご利用があるかわかりませんが、善いと思ったことで、できることはやっていこうと思っています。是非お時間ができましたらお手伝い下さい。それこそ「猫の手になってください」失礼!。
ついこの前まではどんな家庭でも三代同居という風景がいっぱいありました、世代の違いからいろいろな智慧を学ぶ、学べる事がいいです。いろいろな気づきと受け止めていただき感謝致します。今月もよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。      合掌

竹本 卓さん ありがとうございます。
「子ども食堂」精進してまいります。少しでもお役に立てればとの思いです。子ども達の「善い居場所になれば」と願っています。一灯が万灯になるように精進したいですね。
まったく、その通りです。「できることを、さらにできるように」「できない事は出来るように」、皆さんに知って欲しい、気づいて欲しい大切な思いですね。今月もよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。        合掌

樽床美花樽床美花 2016/06/01 08:31 斯波最誠和尚さま、おはようございます。
新しい月の始まり、今月も宜しくお願い致します。子ども食堂の開店、おめでとうございます。「子どもは国の宝」、できることでポストにベストをつくしたいと思っております。可能なときは、お手伝いにうかがいますね。楽しみでもあります。
麦のじゅうたん、前川の夕日に初夏を感じます。今日も元気に「できること」を頑張ります。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/06/01 12:44 樽床 美花さん ありがとうございます。
こちらこそ、今月もよろしくお願いいたします。
「子ども食堂」多くの皆さんにご利用いただけたらと願っています。まだまだ広くお知らせしておりません、少しずつ輪を広げていき、お役に立てればとの思いです。
本当に「子どもは国の宝」。宝を宝とするために教えを知っていただきたいと真摯に進めてまいります。
一年に一度私たちもきっとみのりの季節をむかえます。夕日に手を合わせ感謝しています。
ありがとうございました。      合掌

2016年05月31日(火曜日)

生きていることが楽しい 05:22 生きていることが楽しいを含むブックマーク

おはようございます。

5月、皐月(さつき)無事終えそうです。「九十九里を半(なか)ばとせよ」という教えもあります。あと一歩で力を抜いてはいけないという俗諺(ぞくげん)(世間で言われていること)です。世間で言われていることは結構当を得ています。大切にしたい言葉です。

言葉が何故大切なのかということは毎日のように書いていますから充分とは思いますが、「精神となる、精神とできる」からです。

☆精神とは「心のはたらき。物事に対する心の持ち方。気構え。気力。」をいいます。

精神力、やる気だけでは、如何ともし難いことは、これまた充分に知っておりますが、やはり精神力は何かを達成させるための第一歩ですので大事です。人柄ともなりますので、精神、心の置き所は大事です。

行動せずに後悔することほど悔しいことはありませんし、自分を完成させることもできず、どっちつかずの人生、「ああすればよかった、こうすればよかった」と、「自分がない人生」としてしまいます。自分を確かにもせずに、誤解を招くような人生としてはいけません。

「にんげん学」講座で神戸一宮東京の講座で「論語」を皆さんとご一緒に読んでいます。論語の冒頭、学而(がくじ)第1の第一番目を読みますと「生きていることが楽しい」という精神になります。「生きているということは、実行することだ」ということを確かにできるからです。「学ぶのは手段ではない」のです。間違えてはいけません。人生は悩むのではなく、「ああしよう、こうしよう、ああしたら、こうしたらと考えることが楽しい」のです。

行動せずに悩んでいることは堂々巡りでただただ苦しみの時間を延ばし、暗黒の世界にどんどん入りこむしかないのです。何で行動できないのか、「行動する前にまだ来ない結果を気にするからです」。このようなことは「今日でやめにしましょう。」

何度も書いていますが第1条です。「子曰わく、学びて時にこれを習う。亦た説(よろこ)ばしからずや。朋(とも)、遠方より来たるあり、亦た楽しからずや。人知らずしていきどおらず、亦た君子ならずや。」。

意は「学んだことは復習しよう。わからなかった事がわかると楽しいだろう。友人が遠くから訪ねて来たとき、学んだ事について語り合えれば楽しいだろう。周りの人に認められなくてもくさるなよ。それが本当の人物というものなんだから。」

いかがです、お読みになって、私は19才で比叡山へ、31で心華寺に入山、30才後半まで、人に知られることはありませんでしたので、ただただ「ポストにベスト」という伝教大師様の教えと、この条を「頼り、精神の拠り所としていました。」

この条には三つの内容があります。三番目は先の二つとつながっていないように思われますが、「人知らずしていきどおらず」を、「学問をしていること自体が楽しいので」、「自分の学問を人に知られなくてもかまわない」というように解釈すれば、三つはつながるのではないか?と思います。

孔子は、学ぶこと、「それ自体を楽しむ事で」あり、「さらに学んだ事を実践できれば、より楽しくなる」と教えているのです。私は覚えたこと、できることで実践し、それを続けてきました。そのことが「生きているという精神の確立にもなった」ようです。

生きているのに、「何もしなければ、楽しいはずはないのです」、そうは思いませんか?皆さん、今月のご愛読ありがとうございます。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

私たちは熊本・大分地震復興支援応援します。ボランティアの皆さんご苦労様です。お気をつけてご支援ください。ありがとうございます。

Iさん宅の紫陽花、丹誠を込められて、人柄が出ています。そして近所に咲いていた睡蓮

f:id:shibasaijyo:20160530091203j:image

f:id:shibasaijyo:20160530091208j:image

f:id:shibasaijyo:20160530091219j:image

f:id:shibasaijyo:20160530091236j:image

f:id:shibasaijyo:20160530133616j:image

f:id:shibasaijyo:20160530134048j:image

子ども食堂開店 05:29 子ども食堂開店を含むブックマーク

毎月第1水曜、第2水曜日の午後4時〜7時まで、「子ども食堂」を「NPOこころのはな」(心華寺内)で開店します。明日6月1日開店です。

小学生無料、中学生300円、頂戴します。お母様も中学生と同値段で利用できます。ご一緒にいかがでしょうか。一人より、二人、みんなで楽しくいただきましょう。

「子ども食堂」を利用しなくても学童保育も行います。みんなで一緒に予習・復習をしたり、楽しく過ごす居場所です。

前日までお電話いただければありがたく思います。電話0774-45-5561。  合掌

海東 広美海東 広美 2016/05/31 06:12 斯波 最誠和尚様 おはようございます。
昨日のお磨きでは大変お世話になりました。数十年、十数年来ずっとお磨きされている方々の元であまりお役にたてませんでしたがご一緒にお磨きさせていただきとても嬉しかったです。
心華寺さんお伺いさせていただくといつも思うのですが、昔からずっとお寺のお手伝いをされている方々、とても格好いいです。(生意気な物言いをお許しください)黙々淡々とお手伝いされていて、それがご自分にとって当然で自然なことだとお手伝いされているお姿、(しかも何十年とずっと)今朝の論語のお話を拝読して、日頃の和尚様のお心構えを実践されておられる方々なのだなと感じました。本当にカッコイイ。。 「子ども食堂」開店おめでとうございます!お店のネーミング、親しみやすくて今のお父さんお母さんの年代の方々に響くお名前で素敵ですね。私も近ければ通いたいです(戴きに) 今年も素晴らしい紫陽花のお花が観られることに感謝いたします。 31日、ギュッと気を引き締めてしっかり過ごします。
ありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/05/31 08:13 海東 広美さん ありがとうございます。
こちらこそ、お手伝いいただきありがとうございます。何かお手伝いいただくためにお誘いしたようですね、感謝致します。
皆さん本当に素晴らしい方々ばかりです、黙々とご奉仕くださいます。布施行の実践、皆様のお姿を拝見しますと、私の心も磨かれます、お手伝いくださる方が仏です。
お困りのご家庭の方に少しでもお役に立てればと「子ども食堂」を開店します。ご活用いただけるよう精進してまいりますのでよろしくお願いいたします。
Iさんのお宅の紫陽花、Iさんのお人柄そのものでした。そしてパチリです。
ギュッと引き締めてしっかり過ごします。今月のご訪問ありがとうございます。       合掌

樽床美花樽床美花 2016/05/31 08:20 斯波最誠和尚さま、おはようございます。
ふっと頭をよぎった事、例えば「○○さんどうしているかな?」と思ったらメールや電話をしてみるなど、また今度…とせずに直ぐ行動するように(最近になって ^^; )気をつけております。不思議なことに、後回しにすると「あのときやっておけばよかった」という結果になるのでそうならないように「今!」を実践中。悩むよりも行動を。まだまだカラダが自然と反応しませんが(気合いがいります)、反復して反復してクセづけていきます。今日もありがとうございます。「子ども食堂」の開店、おめでとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/05/31 10:43 樽床 美花さん ありがとうございます。
いいことですね、思い立ったが吉日などという言葉もあります。行動することが一番です。何か思ったからこそ頭の中に浮かんだのですから、後悔するよりはずっといいのではないでしょうか。
考えて行動することは楽しいことです。
「子ども食堂」沢山の皆さんにご利用いただけますよう精進してまいります。今月のご訪問ありがとうございます。      合掌

2016年05月30日(月曜日)

正しい知恵のつけ方 05:27 正しい知恵のつけ方を含むブックマーク

おはようございます。

5月の最終週です。一ヶ月の反省を確かにしましょう。日々の暮らしが昨日の自分を超える楽しい修養。現実の実践でなければ磨かれません。このように考えますと楽しいですね。

土曜日から昨日まで開講されました「M&U SCHOOL」受講の皆さんありがとうございます。久しぶりにお会いできました、ありがとうございます。来月もお待ちしております。

学ぶことで「正しい知恵のつけ方」として孔子論語、述而(じゅつじ)第7、1条に「述べて作らず、信じて古(いにしえ)を好む。窃(ひそ)かに我が老彭(ろうほう)に比す。」

意は「私は、古の聖人の言ったことを伝えるだけで創作はしない。私は、古の聖人を信じて、古典を大切にしている。かつて殷(いん)の時代に老彭(ろうほう)という人がいて古人の言ったことを信じて伝えた。私はひそかにこの老彭に自分をなぞらえている。」。

いつも心学を学び感心してしまうことがあります。「すべては昔から言われてきた」ということです。今日の時代は、クリエイティブであるかどうかが、常に重視されます。しかし、孔子は言いました。

「自分は、クリエイティブなことを言っているのではない。古のよき言い伝えをもう一度語っているだけなのだ」と。すべての聖人たちが語っています。「実現していないことを、もう一度世の中に言い続けているだけだ」と、という意識を孔子は持っていました。だからこそ、「論語」は偉大なる言葉として後世に残り続けてきたのです。

このように考えますと、基本のないままいくらクリエィティブを叫んだとしても、スローガン倒れになってしまうのです。

基本を確かにすればこそ逆に効果が出るのではないかと思うのです。私は「述べる事」は意外と難しいと考えています。自説だと思っていたのが、もう千年も前から言われていた?、などということは笑い話ほど多くあります。

だからこそ古人の素晴らしい人の言葉、教えを「私の言葉、言動にしたい」と考えています。そうすることで述べる事ができてくるような思いもしています。

今月の〆として先人の教えを未だできていないことを反省しチャレンジして終えたいと思っています。素晴らしい週でありますことをお祈り致します。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

私たちは熊本・大分地震復興支援応援します。ボランティアの皆さんご苦労様です。お気をつけてご支援ください。ありがとうございます。

先日の青海島周遊の写真です。

f:id:shibasaijyo:20160525120234j:image

f:id:shibasaijyo:20160525120200j:image

f:id:shibasaijyo:20160525120156j:image

f:id:shibasaijyo:20160525120215j:image

f:id:shibasaijyo:20160525120056j:image

f:id:shibasaijyo:20160525120332j:image

f:id:shibasaijyo:20160525120532j:image

f:id:shibasaijyo:20160525120737j:image

f:id:shibasaijyo:20160525120756j:image

f:id:shibasaijyo:20160525120955j:image

f:id:shibasaijyo:20160525121030j:image

f:id:shibasaijyo:20160525123121j:image

海東 広美海東 広美 2016/05/30 06:09 斯波 最誠和尚様 おはようございます。
今朝は「30日晦日,一ヶ月の反省の日だ!」、と和尚様のブログを拝読するまえに自力で気づきました。右から左に通り過ぎる自分の頭の中にも、少しだけ頭に入ったのかなとちょっと嬉しくなりました。「実現していないことを、もう一度世の中に言い続けている」実現できていないことだから、ずっと気になる言葉があります、今月の反省と来月の目標として実現に向かいたいと思います。
自然と、その自然がつくる造形に人は無力だと、今朝の迫力あるお写真拝見して痛感しました。
やはり自分の足元をきっちり誠実に過ごすことが一番大切だと感じた朝です。
月の終わりと始まりの週に気づきをいただきましてありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/05/30 07:52 海東 広美さん ありがとうございます。
嬉しいですね、「反省の日だ!」とお気づきいただき感謝いたします。反省を一つしますと、いろいろと気づきが生まれ新たな発想となるのが不思議です、それが嬉しいですね。
自然が作りだした美、感動は筆舌に尽くせません、だからこそ人が作り出す作品の素晴らしさにも気づかされます。脚下照顧、お互い足下をしっかりして一ヶ月を終えましょう。
ありがとうございました。     合掌

樽床美花樽床美花 2016/05/30 08:02 斯波最誠和尚さま、おはようございます。
学ぶ機会を与えてくださったことに、改めて感謝しました。ありがとうございます。
梅谷先生と出会わなければ、和尚さまともお目にかかることがなかったかもしれません。そして論語や老子の言葉にふれることもなかったかもしれません。ご縁は宝物。大事にしないと…と、つくづく感じます。あれもこれも、器用にできない私です。だからこそ、一つのことを確実にできるよう精進していこうと思っております。5月の最終週、しっかり過ごします。ありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/05/30 18:00 樽床 美花さん ありがとうございます。
私は器用な人間より、不器用な人間がどちらかといえば、好感が持てます。私自身が不器用だからかもしれません。
一つごとをやることが人生は大切なのではないでしょうか?。
素晴らしい月末としてください。
ありがとうございました。      合掌

2016年05月29日(日曜日)

楽しむ 05:15 楽しむを含むブックマーク

おはようございます。

昨日神戸講座からの帰途に大阪中央区淡路町で行われました第4回「猫茶会・猫アートパラダイス」という会合に寄せていただきました。毎月心華寺「月例・幸福開運護摩祈願祭」におまいりいただいております。陶芸作家のKさんが「ねこひげスタンド」ワークショップを行うと聞いたためです。

2,011年からKさんは「ねこひげスタンド」を世界で初めて作られたそうです、そしてワークショップ「お絵かきねこひげスタンド」を行うと聞いたため、それは面白いと思い参加し、Kさんオリジナルの猫の焼き物に、着彩のチャレンジ、私も「えっ」という絵を毎月描いていますので、猫好きな方々の中に入れていただき、着彩を楽しんできました。

今、空前の「猫ブーム」です。まあ、皆さんのお話をお聞きしましたら、好きなことがある、それ以上に楽しんでやることを持っているという方のお話と笑顔がとても素敵でした。

NPOこころのはな」で動物療法を取り入れたいななどと考え、楽しい余韻に浸り帰ってきました。素晴らしい会に参加させていただきました。Kさんありがとうございます。

7月の「大般若経六百巻転読会法要」の時に「お地蔵様」と「ねこひげスタンド」着彩ワークショップをやりたいと思ったことが間違いではありませんでした。よろしくお願いいたします。

昨日の皆さんの姿を拝見して論語、雍也(ようや)第6、20条を思い出しました。「これを知る者はこれを好む者に如(し)かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。」

意は「学ぶにおいて、知っているというのは好むに及ばない。学問を好む者は、学問を楽しむ者には及ばない。」

学問でも何でも言えることですが、知識を知っているだけでは駄目です。好きな人はどんどん深めていくのです。さらに言いますと、楽しむほうがもっといいということです。

学びは地道なものです。学びが楽しいと思う人は少ないでしょうが、しかし、いるのです。昨日お会いした皆さんは楽しく愛猫の写真を撮ること、ねこひげスタンドに着彩することを楽しんでやっているのです。

昨日の皆さん方はきっと利を得るためにやっているのではないでしょう。しかし、楽しむ事を持っていますと、「人生の軸がぶれなくなる」のです。ですから楽しいことをやるために「仕事も懸命にやるようになる」のです。仕事に困難な状況が起きたとしても、苦しいと思わずにチャレンジする「人間性を自然楽しみを持ちますと養ってしまっている」のです。

論語を思い出し電車に乗り楽しく帰ってきました。Kさん感謝致します。今日は休日「楽しむ」ということを考えお過ごしください。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

私たちは熊本・大分地震復興支援応援します。ボランティアの皆さんご苦労様です。お気をつけてご支援ください。ありがとうございます。

Kさん楽しい一時をありがとうございます。

f:id:shibasaijyo:20160528131110j:image

f:id:shibasaijyo:20160528133105j:image

f:id:shibasaijyo:20160528133254j:image

f:id:shibasaijyo:20160528144914j:image

f:id:shibasaijyo:20160528151048j:image

f:id:shibasaijyo:20160528151210j:image

f:id:shibasaijyo:20160528151355j:image

f:id:shibasaijyo:20160528152032j:image

今週の予定 11:35 今週の予定を含むブックマーク

6月1日(水)NPO法人こころのはな「子ども食堂」開店。場所:NPOこころのはな(心華寺内)。

☆時間:午後4時〜7時まで。小学生:無料。中学生:300円。☆前日までお電話お申し込みをいただければありがたいです。電話:0774-45-5561。

献立肉じゃがほうれん草和え物味噌汁、ご飯。

子ども食堂をご利用いただかなくとも、学童保育を致します。午後7時まで。みんなで楽しくいただきましょう。お待ちしております。

☆開店は毎月第1、第2水曜日、午後4時〜7時です。皆様のご来店をお待ちしております。

6月3日(金)「にんげん学」東京講座「論語を読む」。午後6時半受付。論語の中には様々な対人関係の在り方が説かれています。人生の指南の書です。会費:3千円。講座修了後懇親会があります懇親会費は別途。会場:(財)東京都中小企業振興公中小企業会館(8階・A室)TEL:03-3542-0121。東京都中央区銀座2-10-18

6月5日(日)心華寺「月例・幸福開運護摩祈願祭」。午前10時。皆さんとご一緒に「繁栄聖典」を読誦することで無意識の意識に和合の精神が落とし込まれ自然体で対人関係の和合がなり無理なく繁栄してしまう摩訶不思議なご利益があります。添え護摩を修しご祈願ください。月まいりの功徳は測り知れません。午前10時です。お待ちしております。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

海東 広美海東 広美 2016/05/29 06:21 斯波 最誠 和尚様
おはようございます。そして昨日はご遠方お越しいただきご参加していただきまして大感激と大緊張でした。それだけでも有難いことですのに、見慣れた猫マニアな風景写真を、まさか和尚様のブログで拝見することになるとは、夢か真か朝から頭がぼーっとしています。重ね重ね御礼申し上げます。猫好きと和尚様との接点を作って頂いたのは様々な分野で心華寺さんのご活動をされているT様のおかげさまです。T様に感謝してもしきれません。この場をお借りして御礼申し上げます。また7月「大般若経六百巻転読会法要」での初のお絵かきお地蔵様デビュー。ますますしっかり精進して制作いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
今朝の論語のお話を拝読し、他の方々から、よーやるわ、と言われても(思われてても)自分は好きだから、とそれしか出来ないからそれにしがみついて続けているんだなと感じました。自分の人生の中で最終選んだことですのでグダグダ思わず前向いて進みます。
昨日の和尚様の会場でのお話でひきこもりになってしまった方々は、ご自身そう思っていないのに周りがそういう風にレッテルをはってしまう、というお話とても心に残っています。
まだ興奮冷めやらぬですが、嬉しい気持ちをエネルギーに変えて行動していきます。
和尚様ありがとうございます!今後ともどうぞよろしくお願いいたします(長々とコメントすみませんでした)

斯波 最誠斯波 最誠 2016/05/29 07:50 海東 広美さん ありがとうございます。
こちらこそ、楽しませていただき感謝致します。途中中座しました非礼お詫び申し上げます。皆様にはくれぐれもお詫び申し上げます。
楽しく皆さんのお話をお聞きしました、そして心に響きました、やはり人様のお話は聞かなくてはいけません、特に私のような人間は他の世界で楽しんでおられる方のお話は大切聞くべきだと痛切に感じました。
ご活躍をお祈り致します。
ありがとうございました。     合掌

樽床美花樽床美花 2016/05/29 10:09 斯波最誠和尚さま、おはようございます。
昨日は、「猫茶会・猫アートパラダイス」のイベントにご一緒させていただき、ありがとうございます。
Kさんの「ねこひげスタンド」のワークショップ、楽しかったですね。猫好きの世界、知らない世界を垣間見ることがこんなにも刺激になるとは…。貴重な時間でした。7月の「大般若経六百巻転読会法要」の際にお地蔵さまにお絵かきするのが楽しみです。「楽しむ」、素晴らしいことですね。「快」ですね。自分も幸せになり、周りも幸せにする。素晴らしいことです。昨日の余韻にひたりながら、今日も楽しく過ごします。ありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/05/29 11:12 樽床 美花さん ありがとうございます。
こちらこそ、ご案内いただきありがとうございます。
楽しむ事、楽しめることを持つ、その大切さが昨日改めて知る喜びにふれました。
7月3日(日)の「大般若経六百巻転読会法要」の時に、皆さんにも是非楽しさを体感して欲しいですね、皆さん是非「お地蔵様」と「ねこひげスタンド」へのお絵かきを楽しみにしておいてください。ご参加お待ちしております。
楽しむ事が在ればこそ、周りの皆さんに幸せを届けられます。
ありがとうございました。      合掌

宮本ジジ宮本ジジ 2016/05/29 21:06 昨日はご一緒させて頂いてありがとうございました。和尚様のねこひげスタンド とてもかわいかったです(^^) ジジフィギアの写真も載せて頂き恐縮です。またいつかお目にかかれますように。楽しい時間をありがとうございました(^^)

斯波 最誠斯波 最誠 2016/05/30 07:46 宮本 ジジさん ありがとうございます。
こちらこそご一緒させていただきありがとうございます。
ジジさんの着彩、当たり前と思って拝見していても素晴らしかったです、私こそ楽しませていただきました。
ありがとうございました。      合掌

2016年05月28日(土曜日)

懐い 05:30 懐いを含むブックマーク

おはようございます。

「にんげん学」神戸講座「論語を読む」ご出席の皆さんありがとうございます。来月は6月28日(火)です。来月もご一緒ください、ありがとうございます。

昨日ご一緒に学びました里仁第4、11条「子曰く、君子は徳を懐(おも)う、小人は土(ど)を懐う。君子は刑(けい)を懐う、小人は恵(けい)を懐う。」

意は「孔子言う、君子と小人とは、おのおのその念慮するところを異(こと)にしている。君子が自分の行いの道徳に合することを念ずるに対し、小人は生活の上において己の地位の安楽ならんことを念ずる。君子が自分の行いの儀刑(法則)に叶うことを念ずるに対し、小人は人から恩恵(めぐみ)を与えられることを念ずる。」

いかがです?、皆さんご自分の行動が道徳に叶っているかどうか?、そんなに意識することはありませんが、仕事の喜びを皆で分かち合えるかどうかは考えてしかるべきではないでしょうか。

自分の立場ばかりを大切にして保身で仕事を行っていないかどうかは、次の刑を懐う、恵を懐うの言葉で孔子は教えています。自分のことしか考えないような人は道徳にも叶わず、法則からも外れ、遅かれ早かれその身を危うくしてしまうことを知りなさいというのです。

保身で行う人は、表面的には誰からも知られないと考えているかもしれませんが、そのような人から発せられる気は決して暖かくありません。少しずつ、徐々に人気を失うことになるのです。

人間が日々の仕事や暮らしの中で醸し出す雰囲気というものは、懐、心の中に何を念じているかなのです。人の思いというものは隠しきれません。懐い(思い)を大切にしましょう。人と共にという「徳」を大切に生きるのか、自分の事しか考えない狭い了見で淋しい人生と化すかです。この世は自分の思いが作り出しているのです。今日は週末です、一週間の懐、思いを振りかえってみましょう。

今日から一泊二日でM&U SCHOOLが開校されます。受講される皆さんお気をつけて入山ください。ありがとうございます。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

私たちは「熊本・大分地震」の復興支援応援します。ボランティアの皆さんご苦労様です。気をつけて作業お手伝いしてください。感謝いたします。

078さんがご用意くださいました。お茶菓子、神戸セレクションで賞をとったプリンです。ありがとうございます。

f:id:shibasaijyo:20160527183917j:image

f:id:shibasaijyo:20160527183929j:image

Hさんが手作りの美味しい「蒸しパン」を作ってお持ちくださいました。

f:id:shibasaijyo:20160527191124j:image

きれいな菓子箱です。Hさんごちそうさまでした。

f:id:shibasaijyo:20160527191219j:image

夜景です。

f:id:shibasaijyo:20160527232106j:image

f:id:shibasaijyo:20160527232124j:image

天道様は雲の中ですが、光を与えてくださいます。遮ることは叶いません、手を合わせましょう。手を合わせる、その心はきっと輝きを放ちます。

f:id:shibasaijyo:20160528060254j:image

f:id:shibasaijyo:20160528061006j:image

海東 広美海東 広美 2016/05/28 06:02 斯波 最誠 和尚様
おはようございます! 乾燥した空気の過ごしやすい朝です。「懐」は思い、なのですね、今更ですが、初めて知りました。悩み事が解決した人が別人のように明るく軽やかになられてるのを拝見すると、懐いの大切さ(一番大切なこと) を痛感します。(今日のお話の思いの意味とは違うかもしれませんが、、)

「道」「道理」に叶っているかという考えは、心華寺さんとご縁いただく前は全然頭にありませんでした。今はまだ自分の願いはかなっていませんが、コツコツと一攫千金(あくまでも例えです)みたいな気持ちにならず、焦らず地面這いつくばって道理に基づいた暮らしをしていきます。
今朝もまた、改めて身が引き締まるお話をありがとうございます。
神戸にんげん学講座のお茶菓子やお手作りの蒸しパン、優しいお気持ちが伝わってきます、、神戸講座や先日の九州の講座、、東京講座と、各地の和尚様のにんげん学講座機会があれば一度全部出席してみたいです。和尚様今日はどうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございます。

樽床美花樽床美花 2016/05/28 06:43 斯波最誠和尚さま、おはようございます。
「懐い」、「おもい」と読むのですね。私も初めて知りました。
そして、自分の了見がいかに狭く、こんなにも自己チューだったんだ…と気づきました。君子の懐いはイメージしにくいのに対し、小人の懐いはリアルに想像できました。人にはこの自己チューさが見えていたのでしょうね。なのに、自分ではそれほど自己チューじゃないだろうと、自分を自己チューと思っていなかったことが怖いことです。懐いを新たに、新しい週を迎える心の準備をします。今日もありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/05/28 09:38 海東 広美さん ありがとうございます。
懐(ふところ)と読みますが、おもい、とも読ませるのが心学の素晴らしさです。何を心に懐(いだ)いているかですね、人間、思いは言動、立ち居振る舞いに出るものではないでしょうか?。人間は正直であり、隠しきれるものではありません。
懐いを大切にしたいですね、大切にするためには、一つの思いでいいのです。
共に、という徳を思うことだと私は思っています。
いいですね、全国の講座へ一度チャレンジください。
後ほどお伺いします、楽しみにしております。
ありがとうございました。      合掌

樽床 美花さん ありがとうございます。
善い読み方でしょう、懐く、どんな思いを心に懐いているかです。
私たちは物や地位を得る喜び以上に、思いを懐く喜び、思いが実現する喜びの方が喜びが深いのではないでしょうか?。
自分を自己チューを反省できたことは素晴らしいことです。懐いを新たにして歩んでください。
ありがとうございました。     合掌