毎日読む心の栄養ドリンク このページをアンテナに追加 RSSフィード

Q 心の華て何だろう? 

A それは誰の心にでもある自分にしかない花をいいます。

Q 具体的に何を指してるの?  

A いろいろです。一生懸命に勉強や仕事を誇りを持ってやっている姿を人様が見たときに感動する姿のことです。ですから私たちは毎日毎日いろいろな花を咲かせるのです。

だからこそいろんな人の役にも立てるのです。ですから「こんな花」と示すことは出来ません。示すことはできませんが自分で行動したり、お手伝いしたり、勉強したりした中で誰しも感動することがあるはずです、それが「心の華」です。

誰にでも「花がある」ことを信じ家族や、友人、知人の方と接し明るく楽しく充実した使命感のある社会生活を送って欲しいと念じるのです。そんな気持ちから皆さんに「心に華」があることを知って欲しいと願いブログを平成10年から「毎日読む栄養ドリンク」のタイトルで 私、斯波最誠が皆さんとお話をしたり体験、経験、修業をした思いを毎日綴っているのです。

 私は19才から31才まで比叡山延暦寺にて修業、実践の場として宇治市にあります心華寺に入山、今日があります。入山時は一人の来訪者もありませんでしたが現在は個人の修行道場、企業研修道場として年間1万人を越す皆さんが入山くださいます。

 比叡山ご開祖である伝教大師様の誓願「一隅を照らす」精神継承の寺としてに比叡山根本中堂に燦然と輝く一千二百年不滅であります「不滅の法灯」を平成10年7月に「分灯」いただきました。

 日常では本尊様である「辯財天信仰」の新たなパワースポットの寺として全国からの参拝者が絶えないという状況です。起床から就寝まで修行、参拝者の皆さんと共に楽しく厳しい道場生活を過ごす毎日です。このような中で得られました体験を生かして皆様の「心の華を咲かせて欲しい」と願う日々です。

 ブログへの書き込みメッセージ、ご相談どのようなことでもお役に立てればと願っております。

 「心に華を咲かそう」という旗を掲げ「京都・大阪・愛知、一宮・東京・九州、小倉・神戸」の六カ所で「にんげん学」講座と称し月一度の四書五経を教材にして「こころ」を学ぶ勉強会を開催しております。ご一緒に自分の心の華を咲かせましょう。

 私は僧侶であり、心華寺という寺を基点に活動しておりますが皆さんが考えておられるような偏った信仰に導こう、信仰心を植え付けようとして活動しているわけではありません、宗教は宇宙の教えです。

 真理に目覚めイキイキとした人生を送って欲しいと活動をしております。その事を多くの方が感じ取ってくださっています、ですから沢山の企業様も研修にご活用くだされております。安心して扉を叩いてください。

世界平和をお祈りいたしましょう。

Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。 

合掌 

2016年12月05日(月曜日)

大根焚き 05:42 大根焚きを含むブックマーク

おはようございます。

心華寺「月例・幸福開運護摩祈願祭」「がん・中風・ぼけ・認知症封じ。大根焚き・お灸鉢かぶり加持」法要、副住職・誠澄の一週間「断食・断水・不眠・不臥」満行へのおまいりありがとうございます。

九州四国東京、日本全国からおまいりお手伝い、「特別祈願」のお申し込みありがとうございます。ご祈願させていただきました「お牘」早速にお送り致します。ありがとうございます。

誠澄よりお加持をお受けになられる皆さんも本堂に入りきれずに、余り冷え込まなかったことが大変ありがたいご利益でした。

副住職・誠澄も一層加持力を高めるために精進してまいることでありましょう。ありがとうございます。

信じることは、結果を信じることはもちろんのことですが、結果を見ずとも信じることが真の「信」です。それは行者のあり方、行者の御仏に対します姿を見ていれば分かります。その姿を信じられた方が昨日沢山の方々がおまいりくださいました。そしてお加持をお受けになりお喜びになってお帰りになりました。それが信の姿です。きっと元気で素晴らしい新年をお迎えになられることでしょう。

大根焚き」も美味しい美味しいと皆さん食べていただきました。ありがとうございます。今日からも日々護摩を修し皆様の心身の健康をお祈り致します。おまいりお手伝いありがとうございます。

今日は「NPOこころのはな・第二回ひきこもり女子会」を午後2時〜4時まで開催します。「ひきこもり状態にあったり、対人関係や仕事に就くことが難しいなど、様々ないきづらさを抱えている女性を対象に、当事者体験談・交流会」です。ご質問は0774-45-5561迄どうぞ。

参加自由、お申し込み不要、入退室自由、休憩所も用意してあります。10月の第一回がとても好評でした。女子ばかりだから話し易い、気が楽ですという感想をいただきました。ご参加お待ちしております。

明日は「にんげん学」大阪講座「老子を読む」です。今月の「にんげん学」のスタート、そして今年の納めの講座です。万障繰り合わせてご出席下さい。

一週間のスタートの月曜日爽やかに、そしてじっくりとお進み下さい。良い一日でありますよう。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

私たちは熊本・大分地震鳥取地震復興の支援を応援します。ボランティアの皆さんご苦労様です。お気をつけてご支援ください。ありがとうございます。

大根焚きおまいりお手伝いありがとうございます。

f:id:shibasaijyo:20161204083653j:image

f:id:shibasaijyo:20161204085048j:image

お灸鉢かぶり加持です。

f:id:shibasaijyo:20161204112707j:image

f:id:shibasaijyo:20161203110256j:image

f:id:shibasaijyo:20161203105620j:image

皆さん美味しい美味しいと食べて下さいました。良い笑顔です。

f:id:shibasaijyo:20161204113643j:image

f:id:shibasaijyo:20161204113713j:image

f:id:shibasaijyo:20161204113742j:image

f:id:shibasaijyo:20161204114438j:image

今週の予定 13:38 今週の予定を含むブックマーク

◎12月5日(月)第2回「こころのはな・引きこもり女子会」午後2時。於・心華寺。

f:id:shibasaijyo:20161124144024j:image

◎12月6日(火)「にんげん学」大阪講座「老子を読む」。午後6時半受付。

※会場:メディケア・ヒューマン株式会社。TEL:06-6330-8000。大阪府吹田市豊津町11-34第10マイダビル403。最寄駅:地下鉄御堂筋線(北大阪急行)江坂駅5番出口。19時以降玄関が閉まる場合がありますので「090-9904-5043。山中さんまでお電話を入れてください。」

※会費:3千円。お茶の準備はありません。各自でご用意ください。講座修了後懇親会があります。会費は別途です。

f:id:shibasaijyo:20161124145046j:image

◎12月7日(水)NPOこころのはな「子ども食堂」開店日。午後4時〜7時まで。7時までご来店いただければ大丈夫です。小学生無料。中学生・保護者の方は300円ちょうだいします。

前日までお電話予約いただければありがたいです。ご来店お待ちしています。

f:id:shibasaijyo:20160914174052j:image

◎12月8日(木)「にんげん学」一宮講座「新・論語を読む」。午後6時半受付。※会場:一宮マツダ販売(株)TEL:0586-72-4501。愛知県一宮市今伊勢町本神戸字高野池18。

※会費:3千円。

f:id:shibasaijyo:20161006203637j:image

◎12月9日(金)「にんげん学」東京講座、第1回「老子を読む」。午後6時半受付。講座は一回一回完結しますので、いつご参加いただいても支障はありません。テキストはこちらが準備しております。

※会場:「東京都中小企業会館(銀座)8F」。東京都中央区銀座2丁目10-18。TEL:03-3542-0121。

※会費:3千円。講座修了後懇親会があります。会費は別途です。お茶の用意がありません、各自ご用意ください。

f:id:shibasaijyo:20161104190037j:image

◎12月11日(日)心華寺「水子供養祭法要」午前10時。あなたしか知らない存在の水子様、月一度是非お話においでください。※家庭内がごたごたしている、お子様の悩みが多い等々でお悩みの方「水子供養地蔵尊」の建立をお勧めします。ご相談ください。

f:id:shibasaijyo:20160904143238j:image

樽床美花樽床美花 2016/12/05 07:59 斯波最誠和尚さま、おはようございます。
岡田誠澄副住職の満行、心よりお慶び申し上げます。お疲れ様でした。
昨日は素晴らしい法要、お加持をいただきました。ありがとうございます。
回を重ねるごと、お寺に足を運ぶごとに「信じること」や「想い」、「感じること」が確かになっていく気がしてます。
続けることの大切さと、変わるのは自分自身から…というのをまた一つ、明らかにできました。
今日もありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/12/05 13:13 樽床 美花さん ありがとうございます。
お陰様で副住職・誠澄無事満行させていただきました。一重に仏神のお加護と皆様の外護力の賜です。ありがとうございます。
樽床さんには2日からお手伝いいただいたからこそ「大根焚き」も皆様から美味しい美味しいと言っていただくことができました。
信じる、思いやる、大切な行為です。多くの皆様のためにも率先垂範してまいりましょう。是非お続けください。
ありがとうございました。     合掌

2016年12月04日(日曜日)

がん・中風・ぼけ・認知症封じ。お灸鉢かぶり加持法要 05:11 がん・中風・ぼけ・認知症封じ。お灸鉢かぶり加持法要を含むブックマーク

おはようございます。

師走第一日曜日、今日は心華寺の本年最後の「月例・幸福開運護摩祈願祭」です。最後の法要は「がん・中風・ぼけ・認知症封じ。大根焚き、お灸鉢かぶり加持」です。一年納めの法要、しかも「がん・中風・ぼけ・認知症封じ。大根焚き、お灸鉢かぶり加持」法要です。心身健康のご利益を得、新年を迎える準備をしてください。

副住職・誠澄が「五穀断ち、塩断ち、懺悔練行、一週間「断食・断水・不眠・不臥」の決死の行」で加持力を高めてのお加持です。

おまいりいただき「大根焚き」を食し「心身共に健康、諸病退散を成就するご利益を手にしましょう」。おまいりして、お加持を受けなければ心願は叶いません、ご家族や大切な方が伏せっておられましたら、衣類などをお持ちになり、お加持をお受け下さい、大いなるご利益があります。午前10時からです、お待ちしております。今日も笑顔の一日をお過ごしください。

明日5日心華寺にて午後2時〜4時第二回「NPOこころのはな・ひきこもり女子会」を開催いたします。「ひきこもり状態にあったり、対人関係や仕事に就くことが難しいなど、様々ないきづらさを抱えている女性を対象に、当事者体験談・交流会」です。ご質問は0774-45-5561迄どうぞ。

参加自由、お申し込み不要、入退室自由、休憩所も用意してあります。10月の第一回がとても好評でした。女子ばかりだから話し易い、気が楽ですという感想をいただきました。ご参加お待ちしております。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

私たちは熊本・大分地震鳥取地震復興の支援を応援します。ボランティアの皆さんご苦労様です。お気をつけてご支援ください。ありがとうございます。

☆「がん・中風・ぼけ・認知症封じ。お灸鉢かぶり加持法要」準備を整えおまいりお待ちしております。

f:id:shibasaijyo:20161203113534j:image

f:id:shibasaijyo:20161204045537j:image

☆第2回「NPOこころのはな・ひきこもり女子会」のご案内。明日開催です。

f:id:shibasaijyo:20161124144024j:image

樽床美花樽床美花 2016/12/04 08:11 斯波最誠和尚さま、おはようございます。
そろそろ岡田誠澄和尚の満行の時間となりますね。本日は気を引き締めてお加持をいただきに参ります。
今年はいままでと違った気持ち、心構えで受け止められそうです。ありがとうございます。

2016年12月03日(土曜日)

私心を持たず 05:30 私心を持たずを含むブックマーク

おはようございます。

副住職・誠澄は明日の昼まで地獄の苦しみを味わっているかもしれません。かつての私は最後の一日という時にもがくような苦しみを味わったからです。今思い返しますと、「私心から湧き出た思いです」。渇きから開放されたい、という私欲。

ところが満行の朝を迎えますと「心が澄明になる」「私心にこだわらなくなる」のです。苦しみ、辛さを突き抜けるにはやはり、日数と極限に近い状況が必要なのだと体感させられた一瞬です。修行も学びも私心、名誉利得の欲があるうちは苦しみしか感じられないのです。

菜根譚(さいこんたん)前集65に、こんな言葉があります。

「心身が清廉(せいれん)であれば、暗い部屋にいても青天のような晴れやかな気持ちで過ごすことができる。

しかし、心が陰鬱(いんうつ)であれば、白日(はくじつ)の下でも邪悪な鬼のように殺伐(さつばつ)な気持ちとなる。」

私心が多い人ほど、利害得失を気にします。「そんな気持ちですから利己的な行動に走り、周囲の様子をうかがい、隠れるように動き回るようになるのです。このようなことを自覚しているため、言動には慎重であり、他人を疑い深い目でみる。疑念と不信感が渦巻いている心の持ち主といえます」。

一方、「私心のない人の心は清らかであり、言動は落ち着いて、明るさに満ちあふれ、さわやかな気分で日々を送ることができます」。

北宋(ほくそう)(10~12世紀)の政治家、范仲淹(はんちゅうえん)「岳陽楼記(がくようろうき)」に「天下の憂(うれ)いに先んじて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」とあります。

彼はこの言葉を体現しました。まず、「自分を省(かえり)みて人を推(お)し量(はか)り、自分よりも他者を優先したのです」。このように在りたいものです。(推し量る:相手の心中を思うこと、仕事が無くなれば大変だ、給料がなくなれば大変だ、何ごとも安定しなければ大変だ、人様の苦しみを我が苦しみとすること等々)

そんな思いで私も修行したはずでしたが、渇きの苦しみに苦しみました。先人が作ってくだされた修行という形は見事なものです。「日限が切ってある」これがどれほどの救いとなったでしょう。自主的に始めても苦しいのです。修行後に気づかされたことです。

日々暮らす中で、「やらされているという思いで日常を過ごしていたのであれば、どれほど苦しいことでしょう」。宮仕えである范仲淹という人は、「自分を省みて世間を推し量った、それで「先憂後楽」、私心を持たずに歩んだのです」。菩薩道、四弘誓願、「伝教大師様の「己を忘れて他を利する」あり方」です。

私利私欲にまみれた者の人間関係は殺伐としたものになるのではないでしょうか?。友人には愛想をつかされ、同僚からは冷たく扱われ、親族からも見放されてしまう。こうして孤独感に苛(さいな)まれながら暮らすことになるのです。

「私心がなければ、天地は受け入れます」。「良心に恥じることがなければ、恐れるものは何もないのです」。普遍的である道理を歩みながら私心に用いたときから苦しみが始まることを思い知らされた「断食・断水・不眠・不臥」でした。苦しかったですが、やはり教えに素直に従ったお陰で気づかせていただいたようです。

明日の誠澄は澄明な気持ちで皆さんにお加持を修します。是非ご家族友人知人の皆様とご一緒におまいりください。今日も爽やかな一日をお送りください。

☆今日も皆様の暖かいご奉仕をお願い致します。今日は午前8時45分集合でお願い致します。明日は午前7時集合にてお願い致します。連日ありがとうございます。感謝致します。

昨日から大阪のKさん、北九州のMさんが泊まり込みでご奉仕にお出でくださいました。ありがとうございます。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

私たちは熊本・大分地震鳥取地震復興の支援を応援します。ボランティアの皆さんご苦労様です。お気をつけてご支援ください。ありがとうございます。

大根焚き大根を皆さんで切っていただきました。明日は美味しいですよ、おまいりください。

f:id:shibasaijyo:20161202100342j:image

f:id:shibasaijyo:20161202100439j:image

f:id:shibasaijyo:20161121090859g:image

愛媛県八幡浜市日本一美味しいミカン作り農園一生園さんが「心華寺の木」として育てていただいていますミカンが届きました。Oさん明日皆様へ行者がお渡しします。沢山にありがとうございます。

f:id:shibasaijyo:20161202084817j:image

f:id:shibasaijyo:20161202085840j:image

f:id:shibasaijyo:20161202085934j:image

海東 広美海東 広美 2016/12/03 06:03 斯波 最誠和尚様 おはようございます。明日の岡田 誠澄副住職さまの満行をお祈りいたします。明日もまた有難くお参りさせていただきます。今年もまたプリプリのお大根ですね、大地のエネルギーを吸って滋養が溢れているようです。お手伝いしていなくて気が引けますが、明日は岡田誠澄副住職さまのお加持を受けさせていただくこと、お大根いただくこと、楽しみにしています。
お寺の行事で井上様がいらっしゃらないことが想像できません。お寺に行くとその実感が湧いてくるのでしょうか。お寺にお参りし始めてまだ日の浅い私にまで、いつもお優しく、茶目っ気いっぱいの笑顔、お話と接していただき、井上様ご夫妻とお会いするのがとても楽しみでした。まだまだお話お伺いしたかったです。素晴らしい方々と出逢えました。ご縁をありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/12/03 08:16 海東 広美さん ありがとうございます。
明日よろしくお願いいたします。
お大根お陰様で信者さんが心を込めて丹精し作ってくださいました。ありがたいことです。いろいろな形でのご奉仕これもご本尊様のお加護そして皆様の暖かい外護力と感謝しております。
気が退けるなどと考えていただかなくてもいいですよ、海東さんには他の事で沢山ご奉仕いただいております、ありがとうございます。
井上さん本当に残念で悲しいことです。明日は井上さんの分までお手伝いください。よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。     合掌

2016年12月02日(金曜日)

一意専心 05:38 一意専心を含むブックマーク

おはようございます。

「苦労のない幸せはありません」、副住職・誠澄は今日から満行の日までが修行の本番ともいえます、胸突き八丁にさしかかります。一番肉体的に辛いとき。この辛さが、満行の時、鏡のような清らかな心境になるのです。

「心の苦しみに耐えられるのは身体によってです。身体の苦しみを乗りこえられるのは心によってです」。

人生は「苦しい日々もあれば、楽しい日々もあります」。そのような「日々に鍛えられながら得られた幸せが長続きするのです」。

「疑ったり信じたり、丹念に調べたりしながら考え続ければ、やがてその知識は本物となる」と考えます。誠澄の姿を見て、今まで祈りの道を歩んできたことを振り返り、このように思います。「信じて歩んだはずが、疑いが生まれ」「そして又一からやり直す」。何度経験したことでしょう。

いろいろな人と出会う機会がありました。リーダーと目される人のお話をお伺いしますと「苦しみの中の苦しみを味わってこそ、人の上に立つ人になれたのだ」との思いがします。

お話をお伺いして何ごとも「一意専心(いちいせんしん)で臨むべきである」「苦労するのが当然であるという覚悟でもあるように感じます」。

大成する人は「知識を得、実践する事に楽しみを見出し、財物を得ることに感心を示さないようです」だからこそ一意専心に物事に取り組み、外の世界、名誉利得に惑わされないのでしょう。「苦労を重ね、気力を振り絞って学び、自らを磨き続けてこそ本物の果実が得られる」のではないでしょうか?。

誠澄の姿を見てふとこんな思いをしました。今日は皆さんのお力をお借りして「大根焚き」の「大根を切るお手伝いをしていただきます」。皆さんよろしくお手伝いご奉仕お願いいたします。

今日は一意専心かどうか?自分自身に問いかけて見てください。脇見をしても大丈夫、反省できるからというような自惚れが出ませんように!失礼しました。良い一日でありますようお祈り致します。

☆悲しいお知らせです。お寺のお世話を熱心にしてくださり、NPO等々で大変お力になっていただいていました井上 正さんが昨日午前11時28分永眠されました。心よりご冥福をお祈り致します。

「通夜法要:3日午後6時。告別式法要:4日午後2時」となっております。

斎場:セレマ宇治伊勢田ホール。宇治市開町5-1。電話0774-44-4222。

この場をお借りしましてお知らせ致します。ご縁のおありの皆様おまいりご焼香いただきますよう、お知らせ致します。よろしくお願いいたします。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

私たちは熊本・大分地震鳥取地震復興の支援を応援します。ボランティアの皆さんご苦労様です。お気をつけてご支援ください。ありがとうございます。

☆一昨日抜きました大根を試食のためKさんが焚いてくださいました。柔らかくしっかりして、しっとりと、なめらかな丸大根独特の美味しさでした。明後日楽しみにおまいりください。

f:id:shibasaijyo:20161201123645j:image

f:id:shibasaijyo:20161130092943j:image

樽床美花樽床美花 2016/12/02 15:10 斯波最誠和尚さま、ありがとうございます。
先月23日の「みのり大祭」の後、「お疲れ様でした」と井上さんがおっしゃってくださいました。「お寺に来てええもんもらってるよ、ほんまええもんもらってるよ」と、何度もおっしゃってました。その声が、今でも聞こえてきます。悲しいですがこの悲しみから気づくこともたくさんありました。井上さんが残してくださった財産です。心華寺にて井上さんを想いながら過ごします。4日の岡田誠澄和尚の満行をお祈り申し上げます。ありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/12/02 17:16 樽床 美花さん ありがとうございます。
そうでしたか、そのような話しされていましたか。そのようなことをお聞きしますと涙がこぼれてきます。悲しいですけど、心の中にいつまでも井上さんはおられます。
私もいろいろなことをいただき気づかせていただきました。
是非財産を大切にして下さい。私も大切にしてまいります。
ありがとうございました。        合掌

2016年12月01日(木曜日)

利他 04:58 利他を含むブックマーク

おはようございます。

12月、師走、今月もよろしくお願いいたします。「よろしくお願いいたします」とは言いましても、言葉とは曖昧で抽象的です。だからこそ「的を絞って具体的に行動すべきです」。

日々護摩を修し、祈ります。何のために祈るのか「四弘誓願(しぐせいがん)」の達成です。四弘誓願を達成するために「よろしくお願いいたします」と具体的に的を絞って祈ります。四弘誓願とは、

衆生無辺誓願度(しゅじょうむへんせいがんど)

煩悩無尽誓願断(ぼんのうむじんせいがんだん)

法門無量誓願学(ほうもんむりょうせいがんがく)

仏道無上誓願成(ぶつどうむじょうせいがんじょう)

誓願とはサンスクリット語でプラニダーナといい、「前に置く」という意味です。四弘誓願とは、菩薩道を歩み修行に入る前に行う四つの基本的な誓い。誓願の内容は四弘誓願以外に追加することはかまいませんが、基本的には「利他でなければなりません」。

誓願したら次は修行(実際の行動・実践)。菩薩道の修行は「他の人のためでなければなりません(利他)」。(自分のため(自利)なら修業)。

人の為に精進するうちに、「知識を得たり、技術を磨いたり高めたり、迷いが無くなったりします」。

例えば、困ったり、悩んだりしている人の悩みを解消してあげるなど利他行に専念すると、それはいつしか自分の智慧となったり、自己を高めてくれたりとかの「自利につながる」のです。

第一の誓願「衆生無辺誓願度」とは「たくさんの人が幸せになれるように精進します」という誓い。この世の中には迷い、苦しみ、困って、助けを必要としている方がたくさんいます。人間に限らず動物、植物など生きとし生けるもの全てに対して、常に慈悲の心で、救いの手をさしのべるという心がけを持ち行動しなければならないという「利他」の誓いです。

4日に行います「がん・中風・ぼけ・認知症封じ。大根焚き・お灸鉢かぶり法要」のため副住職・誠澄が行っています「断食・断水・不眠・不臥行」が四弘誓願にプラスした「利他行」なのです。

家族の中のお一人が病で伏せれば、家族中が苦しみを伴います。そのようなことのないように、息災でありますようにと祈ることが皆さんの「利他行」でもあります。是非おまいりください。

12月は「利他なり自利なり」を実践する月として新年を迎える準備はいかがでしょうか。師走一日の今日が幸せな一日でありますように。

☆明日2日、午前9時より「大根焚き」の大根を切る作業を致します。皆様の優しいご奉仕をお待ちしております。300人超の大根を切りますので沢山の人の手が必要です。皆様の合力をよろしくお願いいたします。

食器、容器の洗い物、準備等々、4日の段取りを行います。お一人でも多くの方の合力ご奉仕をお願い致します。昨日と同様、8時45分集合でお願いします。皆様の暖かいお力添えをお待ちしております。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

私たちは熊本・大分地震鳥取地震復興の支援を応援します。ボランティアの皆さんご苦労様です。お気をつけてご支援ください。ありがとうございます。

☆昨日の大根抜き作業です。大阪のKさんは皆さんへのお供養手作りのサンドイッチをお持ち下さいました。ありがとうございます。

「にんげん学」大阪講座の会場をご提供いただいていますY社長様もお手伝いいただきました。感謝致します。皆さんありがとうございます。お陰様で明日大根を切ることができます。

f:id:shibasaijyo:20161130092922j:image

f:id:shibasaijyo:20161130092943j:image

f:id:shibasaijyo:20161130093122j:image

f:id:shibasaijyo:20161130093129j:image

f:id:shibasaijyo:20161130093145j:image

12月予定 11:10 12月予定を含むブックマーク

師走、聞いただけで何かせわしくなります。だからこそ静かに祈り学ぶべきです。一時でも心を静める、気息を整えることは大切なことです。一年の総括の月、ご一緒に祈り学びましょう。

◎12月4日(日)心華寺・副住職・誠澄、一週間「断食・断水・不眠・不臥」満行。がん・中風・ぼけ・認知症封じ「大根焚き・お灸鉢かぶり加持法要」午前10時〜午後2時。

11月1日より「五穀・塩断ち行」。21日間「33キロ六根清浄・懺悔練行」、11月27日より12月4日迄一週間「断食・断水・不眠・不臥」の決死の荒行にて加持力を高め皆様にお加持をします。「大根焚き」を食し、お加持を受ければ諸病退散。○大根焚き食券800円。

f:id:shibasaijyo:20161121090859g:image

◎12月5日(月)第2回「こころのはな・引きこもり女子会」午後2時。於・心華寺。

f:id:shibasaijyo:20161124144024j:image

◎12月6日(火)「にんげん学」大阪講座「老子を読む」。午後6時半受付。

※会場:メディケア・ヒューマン株式会社。TEL:06-6330-8000。大阪府吹田市豊津町11-34第10マイダビル403。最寄駅:地下鉄御堂筋線(北大阪急行)江坂駅5番出口。19時以降玄関が閉まる場合がありますので「090-9904-5043。山中さんまでお電話を入れてください。」

※会費:3千円。お茶の準備はありません。各自でご用意ください。講座修了後懇親会があります。会費は別途です。

f:id:shibasaijyo:20161124145046j:image

◎12月7日(水)NPOこころのはな「子ども食堂」開店日。午後4時〜7時まで。7時までご来店いただければ大丈夫です。小学生無料。中学生・保護者の方は300円ちょうだいします。

前日までお電話予約いただければありがたいです。ご来店お待ちしています。

f:id:shibasaijyo:20160914174052j:image

◎12月8日(木)「にんげん学」一宮講座「新・論語を読む」。午後6時半受付。※会場:一宮マツダ販売(株)TEL:0586-72-4501。愛知県一宮市今伊勢町本神戸字高野池18。

※会費:3千円。

f:id:shibasaijyo:20161006203637j:image

◎12月9日(金)「にんげん学」東京講座、第1回「老子を読む」。午後6時半受付。講座は一回一回完結しますので、いつご参加いただいても支障はありません。テキストはこちらが準備しております。

※会場:「東京都中小企業会館(銀座)8F」。東京都中央区銀座2丁目10-18。TEL:03-3542-0121。

※会費:3千円。講座修了後懇親会があります。会費は別途です。お茶の用意がありません、各自ご用意ください。

f:id:shibasaijyo:20161104190037j:image

◎12月11日(日)心華寺「水子供養祭法要」午前10時。あなたしか知らない存在の水子様、月一度是非お話においでください。※家庭内がごたごたしている、お子様の悩みが多い等々でお悩みの方「水子供養地蔵尊」の建立をお勧めします。ご相談ください。

f:id:shibasaijyo:20160904143238j:image

◎12月12日(月)「にんげん学」京都講座「老子を読む」。午後6時半受付。

※会場:ウィングス京都。TEL:075-212-7470。京都市中京区東洞院六角下る御射山町262。

※会費:3千円。講座修了後懇親会があります。費用は別途いただきます。お茶の用意がございません、各自ご用意ください。

f:id:shibasaijyo:20161017203346j:image

◎12月14日(水)NPOこころのはな「子ども食堂」開店日。午後4時〜7時まで。7時までご来店いただければ大丈夫です。小学生無料。中学生・保護者の方は300円ちょうだいします。

前日までお電話予約いただければありがたいです。ご来店お待ちしています。

f:id:shibasaijyo:20160914174052j:image

◎12月17日(土)〜18日(日)「M&Uスクール」。於・心華寺。潜在意識の有効活用法を教えるリーダー養成学校。

◎12月22日(木)〜24日(土)下関・愛宕寺「納めの護摩・八千枚護摩供」。断食・断水にて三日間で「八千本の護摩木をお焚きあげします」。一年のご守護のお礼の護摩供養です。22日午後2時一座。23日午前9時、午後1時3時の三座。24日午前10時の一座。五座の修法いたします。

f:id:shibasaijyo:20160925050547j:image

◎12月26日(月)「にんげん学」小倉講座「老子を読む」。受付午後6時半。

※会場:小倉商工会館3F。TEL:093-551-4031。北九州市小倉北区魚町2−6−1。

※会費:3千円。講座修了後懇親会があります。会費は別途いただきます。お茶の用意はありません、各自ご用意ください。

f:id:shibasaijyo:20160926203522j:image

◎12月27日(火)「にんげん学」神戸講座「論語を読む」。受付午後6時半。

※会場:Plug078。TEL:078-734-0187。神戸市中央区北野町1丁目1。新神戸オリエンタルアベニューB1。お問い合わせは事務局まで0774-44-5380。

※会費:3千円。講座修了後懇親会があります。会費は別途いただきます。

f:id:shibasaijyo:20160828055637j:image

※平成29年1月より「神戸講座」は会場が変わります。

※日時:1月19日(木)。

※会場:南薩摩旨いもん「キリシマ山荘」。住所:神戸市中央区下山手通1-3-12ゼウスタウン1C。電話:078-392-2455。

※会費:5千円(勉強会費、懇親会込み)。※勉強会のみの参加の方:3千円。お茶の用意はありません各自ご準備ください。

◎12月31日心華寺「除夜祈願・迎年護摩供法要」午後11時30分。一年の煩悩を払い、新年を迎えます。新しい年の開運間違いなし。

以上です。終わりよければすべてよしとするために各会場でお待ちしております。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

私たちは「熊本・大分地震」「鳥取地震」の復興支援を応援します。ボランティアの皆さんご苦労様です。気をつけて作業お手伝いしてください。感謝いたします。

海東 広美海東 広美 2016/12/01 06:27 斯波 最誠和尚さま おはようございます。先月もありがとうございました。12月師走もお世話になります。どうぞよろしくお願いいたします。毎日のお護摩を修される理由をありがとうございます。修行と修業、文字が違うのですね。「行」と「業」自分のためにする「業」は、ごう、でもあるのでしょうか、、コメントしているうちに気づきました。「利他」という言葉を意識していくことで行動につなげていきます。今年は都合で4日当日しかお役に立てません。その分当日沢山こき使って下さい。新鮮シャキシャキの大根の葉も皮も、お手伝いされている方々のお手によって全部が美味しく調理される、全てが利他のご行為。副住職さまの行と共に総ての大きな利他の気持ちが合わさった行事が4日なのだと、拝読して実感します。有り難い日です。当日は心して過ごします。ありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/12/01 08:04 海東 広美さん ありがとうございます。
今月もよろしくお願いいたします。
修行と修業、違います。そう、善業を積むことが修業です。まあ、あまり意識せずとも、日々慈悲の心で暮らしていただく事が利他行です。
4日よろしくお手伝いご奉仕ください。皆さんご多用の中でお時間を割いてご奉仕くださる、そのことを思いますと、皆様の慈悲心、利他の心に感激です。
ありがとうございました。       合掌

樽床美花樽床美花 2016/12/01 08:45 斯波最誠和尚さま、おはようございます。
「修行」「修業」の違いを知りました。教えてくださり、ありがとうございます。「修行」があって「修業」ができる…という順番でしょうか。最近、自分が逆にものを考えていたことに気がつきました。「神仏に守ってもらおうとするのではなく、我々が神仏を守り抜こうとすることで生存エネルギーが与えられる」。なかなか行動がついていきませんが、変えようと意識していきます。今日もありがとうございます。今年最後の月、今月も宜しくお願い致します。

斯波 最誠斯波 最誠 2016/12/01 11:36 樽床 美花さん ありがとうございます。
修行ー修業ー修行ー修業エンドレスなのでしょうね。それが保ち守るということではないでしょうか。何れにしましても、実践ができてこそ守られるのです。というよりも、それが守って行くことなのです。
教えを守る実践することが生存エネルギーになるのではないでしょうか。
今月もよろしくお訪ねください、ありがとうございました。   合掌