毎日読む心の栄養ドリンク このページをアンテナに追加 RSSフィード

Q 心の華て何だろう? 

A それは誰の心にでもある自分にしかない花をいいます。

Q 具体的に何を指してるの?  

A いろいろです。一生懸命に勉強や仕事を誇りを持ってやっている姿を人様が見たときに感動する姿のことです。ですから私たちは毎日毎日いろいろな花を咲かせるのです。

だからこそいろんな人の役にも立てるのです。ですから「こんな花」と示すことは出来ません。示すことはできませんが自分で行動したり、お手伝いしたり、勉強したりした中で誰しも感動することがあるはずです、それが「心の華」です。

誰にでも「花がある」ことを信じ家族や、友人、知人の方と接し明るく楽しく充実した使命感のある社会生活を送って欲しいと念じるのです。そんな気持ちから皆さんに「心に華」があることを知って欲しいと願いブログを平成10年から「毎日読む栄養ドリンク」のタイトルで 私、斯波最誠が皆さんとお話をしたり体験、経験、修業をした思いを毎日綴っているのです。

 私は19才から31才まで比叡山延暦寺にて修業、実践の場として宇治市にあります心華寺に入山、今日があります。入山時は一人の来訪者もありませんでしたが現在は個人の修行道場、企業研修道場として年間1万人を越す皆さんが入山くださいます。

 比叡山ご開祖である伝教大師様の誓願「一隅を照らす」精神継承の寺としてに比叡山根本中堂に燦然と輝く一千二百年不滅であります「不滅の法灯」を平成10年7月に「分灯」いただきました。

 日常では本尊様である「辯財天信仰」の新たなパワースポットの寺として全国からの参拝者が絶えないという状況です。起床から就寝まで修行、参拝者の皆さんと共に楽しく厳しい道場生活を過ごす毎日です。このような中で得られました体験を生かして皆様の「心の華を咲かせて欲しい」と願う日々です。

 ブログへの書き込みメッセージ、ご相談どのようなことでもお役に立てればと願っております。

 「心に華を咲かそう」という旗を掲げ「京都・大阪・愛知、一宮・東京・九州、小倉・神戸」の六カ所で「にんげん学」講座と称し月一度の四書五経を教材にして「こころ」を学ぶ勉強会を開催しております。ご一緒に自分の心の華を咲かせましょう。

 私は僧侶であり、心華寺という寺を基点に活動しておりますが皆さんが考えておられるような偏った信仰に導こう、信仰心を植え付けようとして活動しているわけではありません、宗教は宇宙の教えです。

 真理に目覚めイキイキとした人生を送って欲しいと活動をしております。その事を多くの方が感じ取ってくださっています、ですから沢山の企業様も研修にご活用くだされております。安心して扉を叩いてください。

世界平和をお祈りいたしましょう。

Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。 

合掌 

2017年12月18日(月曜日)

白日の下に 06:27 白日の下にを含むブックマーク

おはようございます。

12月後半のスタート、慌てずに過ごしましょう。いろいろ反省点も見えてきますが、確かに受け止め次の、翌年の糧としましょう。過去は戻らず、未来は未だ来たらず、今を大切にすることが人生最良の方法。

土曜日から昨日まで開校されていました「M&Uスクール」本年最後の開校、ご出席の皆さん一年ありがとうございます。私も最後に皆様とお目にかかれ一年のお礼ができました、お陰様です。お元気にお過ごしの上素晴らしい新年をお迎えください。

梅谷忠洋学長、一年ありがとうございます。御身お大事に良いお年をお迎えくださいますよう。新年正月二日、心華寺「初・月例・幸福開運護摩祈願祭」での新春奉納・梅組「初夢コンサート」楽しみにしております。ありがとうございます。

サッカーなでしこジャパン侍ジャパン、二日間テレビ観戦してましたが完敗でした、とても残念です。スポーツの世界は勝敗は受け入れなくてはいけません、でなければ次はないのです。

人生はどうでしょう。人生、勝ち負けと考えていますか、勝ち負けを受け入れていますか?いかがでしょう?。

味の素スタジアム一杯のサポーターを熱くさせる、サッカーに限らずスポーツは勝ち負けがつきもの、今年話題の将棋界の若きヒーロー藤井颯太プロの将棋界でも勝ち負け、世の中の多くの方々は勝ち負けが好きなのでしょうか?、皆さんは、いかがですか?人生を勝ち負けと考えていますか?。

人生をスポーツ観戦するようにおもしろおかしく見ている人はいないはずです。今、日経新聞私の履歴書江夏豊さんが書いておられます、往年の日本の誇るピッチャーです。読んでいますと、ワクワクします。そこには勝敗があることは否めません。

個人戦団体戦、いろいろなスポーツがあります。勝敗は白日の下にさらされます、どんな過酷練習をしようが、負けは負け、しかし負けてもサポーターは応援します。何故でしょう、彼らの真摯な姿に勝ち負けを超え、又チャレンジする姿に感動しているのではないでしょうか。

勝てば応援し、負ければしないというのでは人間ではないでしょう。信じる心が私たちにはあるのです。

次こそはという信頼と希望です。サポーターにも選手にも頭が下がります、感動すら覚えます。白日の下に負けをさらしながら、言い訳をせず明日に向かってトレーニングに励む姿と涙。

私たちの人生に於いても同様に互いに応援し合う社会であって欲しいと、あの姿を見て思っています。

「初心忘るべからず」という日本の諺があります。中国の古典「詩経」に「初めあらざる靡(な)く、克(よ)く終わりあること鮮(すく)なし」。

意は「誰にでも初めはある、何ごとの初めも緊張感をもって事に取り組むが、時が経つにつれて気持ちに緩(ゆる)みが生じ、やがてそれが衰亡につながっていく」というのです。生涯思いを全うする人は少ないというのです。

最初やり出した頃は夢と志を持って熱く歩むが、いろいろな困難が生じたり、一喜一憂することがあったりして、途中でやめてしまう人間は多いものだといういうのです。

スポーツ選手を見て人気を博する人は、称賛と同様の辛酸を嘗めているのです。だからこそ、サポーターをそれを知って応援するのです。

私たちの仕事はスポーツ選手のように結果が白日の下にさらされないぶん、だからこそ、しっかり日々の結果を糧としなければけないと、先日の二日間の男女の日本サッカーの完敗の姿を見て、自分の肝に銘じなければと自戒しました。12月後半、しっかりと修練しましょう。

今日午前9時から、NPOこころのはな「農業体験の日」、9時までこころのはなに集合ください。終えれば美味しいお昼ご飯が待ってます。

そして午後1時から4時、NPOこころのはな第12回「ひきこもり女子会」を開催します。今回は二部構成です。一部は「皆さんと楽しいおしゃべり」。二部は「アロマワークショップ」です。心癒やされるアロマ香り、体が癒やされるハンドマッサージを体感ください。きっと新しい感動がもたらされます。

予約不要、途中入退室自由、休憩室も準備しております。

素敵な一週間をお過ごしください。        

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。

※どのようなご相談でもどうぞ。0774-44-5380。メールbonsan01@wao.or.jp

☆心華寺で参籠修行をしてみませんか、非日常の空間に身を置き、作務(掃除)、読経、坐禅写経、五官の対象をすべて聖典に置き、自身と対峙する。新たなあなたが見えてきます。

☆南天の赤が見事です。

f:id:shibasaijyo:20171217152909j:image

f:id:shibasaijyo:20171217092115j:image

f:id:shibasaijyo:20171217092101j:image

海東 広美海東 広美 2017/12/18 06:59 斯波 最誠和尚さま おはようございます。寒くて冷たい時に南天の鮮やかな赤は元気の素ですね。勝敗はうけいれなくてはならない、でなけでば次はないのです。のお言葉にぐっと胸がつまりました。自分の人生勝ち負けと思ったことはありませんが、自分の状況を受け入れることを苦く感じたことは多々多々あります。それでも家族や沢山の方々の有形無形サポートがあるからこそ前へ、未来へと進めているのだと、お話拝読し重ねて感じました。今年もあと数日を時間に追われておしまいにしないように、足元みて過ごそうと思いました。そして新しい年への覚悟と心構えと気を引き締めないとと思いました。慌ててしまいそうなこの時期に貴重なお話いただきありがとうございます。丁寧に過ごします。

斯波 最誠斯波 最誠 2017/12/18 08:22 海東 広美さん ありがとうございます。
今朝はフロントガラスが凍っていました。周りの畑に霜が一面に、冬ですね、今週もよろしくお願いいたします。
人生全てを受け入れることはできませんが、受け入れなくては前に進むことはできません、受け入れた後には必ず新しい価値観や発想が生まれてくると信じています。理解できないときは理解できないままにすることも大切です。
苦楽共にサポートしていただいていると受け止めるのは難しいことですが、このように考えるべきだと思っています。
今週もじっくりと歩んでまいりましょう。
ありがとうございました。      合掌

2017年12月17日(日曜日)

一字 04:41 一字を含むブックマーク

おはようございます。

ブログを毎日書かせていただいています。ありがたいことです。一人語りを多くの皆さんにお読みいただいている感謝しかありません。

言葉は自分の心、人生を創っていく設計図と考えています。楽しくてしかたがないのです。ですから、言葉だけで終わらせないようにしたいと思っています。

言葉は勇気と希望、喜び、あらゆる楽しみを与えてくれます。だから虚言を弄してはならないと思っています。思い上がりかも知れませんが、皆様に少しでもブログをお読みいただいて、勇気と希望、喜びを感じていただけたらと願っています。

楽しみの裏には悲しみや苦しみもあります。しかしやはり、言葉がそれを癒やし、また希望を再びもたらしてくれます。

言葉に縛られることはよくありませんが、言葉は無限のエネルギーでもあり、エンジンでもありブレーキでもあります。言葉は人によって知っている言葉もあれば、知らない言葉もあり、理解できる言葉もあれば、できない言葉もあります。

時に、ブレーキをかけ、後戻りしたり、その場に停止したり、エンジンを冷やし又スイッチを入れ直すことも言葉を大切にし、生かすことだと思っています。

人様に対しますときの心は、「ありがとうの言葉一つ」としみじみと実感しています。ありがとうの「一字」。ここから、是非善悪の二つに分かれ、明快にそれに対処させていただけば良いだけのことです。そして和合すれば又「一つに戻る」。相対的に是非善悪を受け止めるから和合せずに、争いとなり、何一つ新しい物が生まれなくなることを改めて実感しています。すべからく「陰陽和合」、言葉は素晴らしい思考を生みだしてくださるのです。感謝ですね、いろいろな言葉がありますが、「ありがとうに集約できるのが凄い」と感謝しています。

12月後半、新年を魔事無く迎える為の休日、ゆっくりとありがとうのお気持ちでお過ごし下さい。「M&Uスクール」受講生の皆さん、夕方までご精進下さい。

明日18日、NPOこころのはなで、午前9時から「農業体験日」、作業はお昼まで、大地と戯れた後は美味しいお昼ご飯が待ってます。お昼午後1時から4時は第12回「ひきこもり女子会」を開催します。今回は二部編成となっております。第一部は「皆さんとのおしゃべりタイム」、第二部は「アロマワークショップ」です。楽しみが二倍、予約不要、途中入退室自由、休憩室もあります。会費一部:200円。二部:300円。共に参加:500円です。お待ちしております。念のため0774-45-5561。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

※どのようなことでもご相談下さい。電話:0774-44-5380。メールbonsan01@wao.or.jp

※心華寺で一泊、プチ修行をして心身のリフレッシュをしませんか?いつでもお待ちしております。坐禅、読経、水行、写経作務食事作法、非日常体験で、新しい自分発見。

☆昨日の朝の風景

f:id:shibasaijyo:20171216072417j:image

f:id:shibasaijyo:20171216072407j:image

f:id:shibasaijyo:20171216072400j:image

海東 広美海東 広美 2017/12/17 07:12 斯波 最誠和尚さま おはようございます。今朝ふと以前の自分が仏様にお参りするときの気持ちと和尚様のブログや講話に出逢ってからのお参りの気持ちが違うと気づきました。以前は願えばあれやこれやと降って湧いてくると思いそれを待っていました。和尚様のお言葉いただいている今は、それよりはほんの少しだけ意識が変わりました。和尚様のブログや講話は人が人として生きるための方法をお言葉にしてそれを読ませていただいてる(お聞かせいただいている)、まさに人生を創る設計図、心の地図だと思いました。世界共通、人間共通「ありがとう」という素敵な言葉を今日も心から発せる一日を過ごします。和尚さま、いつもありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2017/12/17 08:27 海東 広美さん ありがとうございます。
そうですか、良い方に違ってきて良かったですね。正しい思いをして正しい行動をしてお祈りしますと、ご利益は、おっしゃるように降ってきます。知らず知らずのうちに歩む道が示される、セットされていくのです。
経文に「三宝に帰依するとは神仏を敬い道徳を守り学問を怠らず生業を励み一家を治め世間を相和合して行くことなり」と説かれてある通りです。
人として為すべき事を為さずしては神仏は加護してくださらないのです。
ありがとうの一字を以て暮らしてまいりましょう。
ありがとうございました。        合掌

2017年12月16日(土曜日)

人は水なり 06:32 人は水なりを含むブックマーク

おはようございます。

皆さんは自分の心に正直に向き合っていますか?いかがでしょう?。私は自分に正直に向き合って生きているつもりです。「夢に向かって歩んで来ました」。その夢をかなえるために、少しずつですが、学び、どう目の前の人に対することが大切かを「利他」に求めました。日課の仕事では「ポストにベスト」。考え方、行動はこれで良かったと今まで思っていました。ですが今は少し考え方を改めなければと思っています。

何故かといいますと、私の考えを「人にも求めている」「独善的になっている」と感じたからです。

教えとして話すときは良いことでも、私と一緒に寺で生活している人たちに、私の考えが正しいと「独善的になって押しつけていたのです」。

いわゆる考え方を押しつけていた、私の考えている意を汲んで行動しなさいと押しつけていたことを大いに反省しています。権力者、暴君になっていた。

相手が理解できていないうちに結果を求めてはいけないと話や講演などでは平気で話している私がいます。それが、いざ自分の事となると、「わかっているだろう」といったごとく、「やって、やれて当然」として「待つゆとりさえない」。これでは「人は決して着いては来ない」「育つはずもない」。私はとんでもない、暴君、権力者に成り下がっていたのです。恥ずかしい限りです。

貞観政要(じょうがんせいよう)という帝王学の書に「君は船なり、人は水なり。水はよく船を載せ、またよく船を覆(くつがえ)す」とあります。この教えを忘れていた、利他を忘れていた証と反省しています。

今日から一泊二日「M&Uスクール」が開校されます。皆様にお話しする機会があれば、言行一致、知行合一の大事を改めて自分への戒めとしてお話しさせていただきます。

皆さん、私のような独善的な愚行をさらさないようにしましょう。上下相和し、補い合い、支え合うことで何ごとも運び進んで行くのです。素晴らしい週末をお過ごしください。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。

※どのようなご相談でもどうぞ。0774-44-5380。メールbonsan01@wao.or.jp

☆心華寺で参籠修行をしてみませんか、非日常の空間に身を置き、作務(掃除)、読経、坐禅写経、五官の対象をすべて聖典に置き、自身と対峙する。新たなあなたが見えてきます。

今日から一週間の予定 07:07 今日から一週間の予定を含むブックマーク

☆12月16日(土)〜12月17日(日)「M&Uスクール」一泊二日開校。潜在意識を学び真のリーダー養成校。学長・梅谷忠洋先生。

☆12月18日(月)午後 1:00〜午後 4:00 NPOこころのはな・第12回「 ひきこもり女子会」。一部:参加費:200円。二部:300円。一部、二部共に参加:500円。

ひきこもり状態にあったり、対人関係や仕事に就くことが難しいなど、様々な生きづらさを抱えている女性を対象の交流会を開催します。

今回は「女子会」と同時に「ワークショップ」を行います。

第一部:参加者同士のおしゃべりの時間。

第二部:アロマセラピストの出戸須央妃さんを招いての「アロマトリートメント」のワークショップ。アロマの優しい香りと、力強い労りのハンドマッサージで、心とカラダに癒やしをと考えての開催です。心もカラダもさらに美しくなりましょう。

〇いろいろなワークショップを考えています。ご要望をお聞きしております。

〇途中参加、途中退席自由、休憩もOK、休憩室もあります。

〇予約不要。駐車場あります。

〇住所:宇治市神明石塚66。電話:0774-45-5561。最寄り駅:近鉄京都線「伊勢田駅」下車、東へ徒歩10分。

f:id:shibasaijyo:20171115093227j:image

f:id:shibasaijyo:20171115093227j:image

f:id:shibasaijyo:20171115093256j:image

☆12月22日(水)〜12月24日(金)下関・愛宕寺「八千枚護摩供法要」。

 22日(水)初日=午後2時初座。23日(木)中日=午前9時。午後1時。午後3時の三座。24日(金)結願=午前10時満行。

五座の護摩修法を厳修いたします。三日間「断食断水」にて八千本の護摩木をお焚きあげいたします。正月の初護摩、師走の終い護摩で一対、陰陽和合の福徳の護摩となります。万障繰り合わせておまいりの上、添え護摩祈願を致しましょう。

f:id:shibasaijyo:20161226045327j:image

f:id:shibasaijyo:20161226045438j:image

f:id:shibasaijyo:20161226045039j:image

海東 広美海東 広美 2017/12/16 07:26 斯波 最誠和尚さま おはようございます。自らが水のようにというお教えとともに、今朝は「人は水なり」とのお話、相手もまた水の存在だと気づきました。自分が高くいれば人は流れて離れていくこと、ハッとします。このお言葉も大切にします。自分が大好きなことを教えさせいただいているのに三者三様の個性に向かい合うことのむづかしさ、痛感しています。自分の青さ、硬さは自分の気持ちを、相手に素直にシンプルに現せていないからかもしれないと、今朝のお話拝読し気づきました。心の断捨離でシンプルに利他を基にして残ったことを大切に表したいと思いました。和尚様、下関・愛宕寺さんでの「八千枚護摩供法要」のご無事の満行をお祈りいたします。そしてその日は遥拝いたします。今日も感謝して過ごします。ありがとうございます。

竹本 卓竹本 卓 2017/12/16 08:08 斯波最誠和尚さま ありがとうございます。
人は水なり。人様は教育次第でどのようにも変化するということですね。水のごとく臨機応変に対応できる人間に育てるためには、どのような感性を磨いてやればいいのかと悩んでいた頃もありましたが、結局は自分がして見せ、しっかり会話をしないといけないという結論でした。今年は社員を募集しておりましたが、未だ見つかりません。これも何か意味があることであると捉えて、じっくり考え直します。今年は社員から私に話を聞かせてくれたように、「何かに守られている」感覚があったことを嬉しく思います。そんな感覚が分かり始めた社員に、よくここまで育ってくれたと感謝しています。今日も頑張って仕事を終え、夕方から妻を連れて、私のダイビングチームの忘年会に出かけ、一呼吸入れる予定です。添え護摩の炎はいつ見ても綺麗ですね。純粋とはこの炎のようなものでしょうか。

斯波 最誠斯波 最誠 2017/12/16 08:29 海東 広美さん ありがとうございます。
経典に、最も身近な姿で御仏は姿を現し教え導いてくださると説かれています。そのことを忘れていたようです。尊敬の念を持ち人様に接することが対人関係では大切なことを改めて知らされました。
日々学び、日々修養です。
八千枚護摩、しっかりお勤めさせていただきます。
ありがとうございました。        合掌

竹本 卓さん ありがとうございます。
はい、教育によって人は変わります。施し方が大切です。何度も何度も壁にぶつかることで人様に育てられているのだと実感しております。人生を戯論として終わらせることのないようにとの警鐘でしょう。
はい、会話は大事ですね、言葉は呪、思い込みとなります、人の言葉の背景を感じ取らなければ導くことは出来ないことも改めて実感しております。
竹本さんのこれまでの学びが功を奏し、社員さんが声を聞かせて下さるのでしょう。
奥様とゆっくりとお楽しみ下さい。
護摩の焔は無心だからこそ美しいのでしょう、焔のように無心に八千枚を修します。
ありがとうございました。       合掌

2017年12月15日(金曜日)

心の断捨離 06:56 心の断捨離を含むブックマーク

おはようございます。

今朝は曇っていて一層寒く感じます。寝室のエアコンが壊れ数日寒い思いをしながら休んでいました。考えてみれば子供時代も修行時代も心華寺に入山当時も暖房もなく、寒い中でも当たり前として休んでいたことを思えば、贅沢になれてしまっているのかもしれません。

あれがなければ、これもなければと、自ら随分不自由な生活をしているのかもしれません。無理、辛抱はいけませんが、やはり、なければないで済ませることもできます。やはり心の断捨離は必要です。

自分の心で自分が貧しくなるようではいけません。もっと愉しく、もっとゆったりと、もっと自由に暮らしましょう。

物は思いようとは言いますが、いかがです、豊かになる確かな考え、心穏やかになる確かな価値観でゆったりと暮らしていますか?。人と比べてはいませんか?。収入や地位や名誉やすべてを人と比べていては、ゆったりどころか強迫観念に迫られて息苦しくなってしまいます。

欲を志と考えてはいけません、志は物欲や名誉欲であってはなりません、人様や社会に対する貢献、優しく接することです。何かやって見返りを求めることはすべて欲です。それでは益々不満とストレスが募るだけです。人様の喜ぶことを考えれば自然仕事での発想、工夫となるのです。思考を先ず人様を先に考える利他断捨離の一歩ではないでしょうか?。

寒さで夜半目が覚めるのは良しとしても、不安になって目が覚めるようであってはいけません。心を豊かに保ち、人と比べない、物に縛られない、お金に縛られない暮らしを、年末で大掃除をする時季。心の断捨離をしてはいかがでしょう。部屋にも心にもゆとりを持ちましょう。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。

※どのようなご相談でもどうぞ。0774-44-5380。メールbonsan01@wao.or.jp

☆心華寺で参籠修行をしてみませんか、非日常の空間に身を置き、作務(掃除)、読経、坐禅写経、五官の対象をすべて聖典に置き、自身と対峙する。新たなあなたが見えてきます。

☆今朝の風景

f:id:shibasaijyo:20171215062339j:image

f:id:shibasaijyo:20171215062322j:image

海東 広美海東 広美 2017/12/15 07:48 斯波 最誠和尚さま おはようございます。その後エアコンが直りご快適にご就寝されていますように。昨日自分の都合で丸一日断食みたい過ごしました。比べたら失礼にも程がありますが、和尚様と岡田副住職様がされている行の偉大さ、なし得ることの壮絶さは私には想像絶することだと感じ入りました。そのような行をされているお方様方のおっしゃるお言葉の意味と、自分が過ごしてきて感じて理解する言葉の意味とは、同じ言葉でも違うんだと、これからも仏様の道をお導きいただいて厳粛に受けとめたいと改めて思いました。心の断捨離をしていくことで自分の行動が、純粋にシンプルにポストにベストを尽くせるようにバランスしたいです。夜明け、夕暮れのお空の代わり時がなんとも言えず美しいですね。お写真拝見しこれから始まる一日をがんばろうと思いました。今朝もありがとうございます。

樽床美花樽床美花 2017/12/15 08:38 斯波最誠和尚さま、おはようございます。
こうでなければ、ああでなければ…と、自分で囚われをつくって苦しんでいるようです。もっと自由に、心豊かにありたいです。本当に必要なものは何なのか? 心の断捨離をして、心身ともにスッキリと新年を迎える準備をします。今日も1日、ポストにベストを。1日一生の念いで、過ごします。ありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2017/12/15 14:07 海東 広美さん ありがとうございます。
一日断食、そうですか、ごくろうさまです。私たちのやっていることなどはたかが知れていることです。
心の中にわだかまりを持つことほど、心身の健康を害するものはありません、何かひっかかるものがあれば、断捨離していきたいですね。
自然の景色は、夜昼と随分と変わるものです、人間の私たちも変わるのは当然なのかもしれません。
半日過ぎましたが、精進してまいりましょう。
ありがとうございました。      合掌

樽床 美花さん ありがとうございます。
誰でも、自分にこだわりを持っています。しかし、何か問題が生じたとき、改めなさいという信号だと受け止められるかどうかなのではないでしょうか?。
心の中には必要なものと、不必要な物が入っているようです、時にはそれを整理しなさいと天が教えてくださるのでしょう。
ポストにベスト、一日一生、大切にしてまいりましょう。
ありがとうございました。       合掌

2017年12月14日(木曜日)

感謝の日々 06:49 感謝の日々を含むブックマーク

おはようございます。

お陰様の日々、守られている日々、導かれる日々、日課のある日々、どうしようかな?どうすればいいのかな?などと茫然自失することの無い日々であることに感謝しています。

比叡のお山で修行、右も左もわからず、何一つ出来ない私が翌日から導かれてやることがあった、その不思議さありがたさを今思い知らされています。

叡山から下山し誰一人おまいりのない心華寺にお世話になるようになっても、お山での日課が身にしみていたお陰で、入山直後から迷うことの無い日々を過ごすことができたのです。日々の祈り、身を修める修養とは何とありがたいものなのだと、実感したときでした。

「歩々(ほほ)是れ道場」という語があります。道場と言えば普通に修行するお堂を指しますが、歩々(ほほ)是れ道場とは「必ずしも道場、建物を必要としない」という意味であります。これと同じような語に「直心是(じきしんこ)れ道場」があります。直心是れ道場道場も本来の道場を指してはいるのですが、対象や場所云々を問わずに、正直、素直な心であれば、どこでも修養する場所である、歩いている日々の暮らしが道場であるという意味です。

私たちの人生は、会社を選ぶことは出来ます、事実私も比叡山修行後の実践の場に心華寺を選んだのです。選んだ場でどのような境遇が待っているかなどわからないのです。その場を道場とし磨き高めなければ今日の私はありません。

いくら机上で学んだとしても、実践の中で試行しなければ、その実力の程がわかろうはずはななく、力も発揮しようがないのです。

学びは現実社会で生かそうとして学んでいるわけですから、それが実践もしないうちに、固定観念、価値観として、自分の条件に合わなければ否定してしまうというようでは、どこに行ったとしても自分を発揮できないのです。

先日書きました、虚心坦懐(きょしんたんかい)、どこにあったとしても、そこが自分を磨く道場と心得、「虚心となって目の前から学ぶことで人生は大きく展開していくのです」。

私は今日まで、目の前の方々から学び、目の前の方々に応え、役立つべく自身を修養しています。そのように在ることが、私自身を生かしてくださる方が出てくるようになったのだと教えに感謝する日々です。先日書きました、適者生存。人間が悩む一つの原因は無い物ねだりをして苦しむことになるのです。人生は「こだま」、「反映される鏡」です、目の前の人が鏡、私が目の前の人の鏡、目の前の人を素直に映し出し、映し出されるように素直になる心、直心です。今日も寒いですが、寒いときには寒いときの修行、歩々是れ道場、直心是れ道場の思いで過ごします。皆様も素直な心で一日お過ごしください。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。

※どのようなご相談でもどうぞ。0774-44-5380。メールbonsan01@wao.or.jp

☆心華寺で参籠修行をしてみませんか、非日常の空間に身を置き、作務(掃除)、読経、坐禅写経、五官の対象をすべて聖典に置き、自身と対峙する。新たなあなたが見えてきます。

☆昨日のお昼、雲を撮ってみました。

f:id:shibasaijyo:20171213111030j:image

f:id:shibasaijyo:20171213111035j:image

f:id:shibasaijyo:20171213111104j:image

f:id:shibasaijyo:20171213111934j:image

NPOこころのはな「子ども食堂」67名のご来店をいただきました。平成30年度新春第1回目の開店は1月10日(水)です。一年ありがとうございます。お体大切に良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。

ボランティアの皆さん一年ありがとうございます。

f:id:shibasaijyo:20171213163649j:image

f:id:shibasaijyo:20171213163634j:image

食べ終えた子ども達は「紙芝居」大喜びです。Nさん、ありがとうございます。

f:id:shibasaijyo:20171214063817j:image

f:id:shibasaijyo:20171214063811j:image

樽床美花樽床美花 2017/12/14 08:19 斯波最誠和尚さま、おはようございます。
どこにいても、何をしていても、修行できる。その心構えをもって、全てのことに取り組むようにします。そう思うと、チカラがわいてきました。問題は自分の中にあるのだから、解決できるはず。ポストにベスト、1日一生の念いで今日も過ごします。子ども食堂、1年間お疲れさまでした。たくさんの子どもが、皆様の愛情を受けて成長されていくことでしょう。応援しております。今日もありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2017/12/14 08:48 樽床 美花さん ありがとうございます。
そうですね、固定観念で生きているのが私たちでもあります。だからこそ人様に対したとき無心になるように心がけることも大切ではないでしょうか。
出会いは新たな自分との出会いでもあります。
お陰様で子ども食堂も世間様のお役に立てるようになりました、一重に皆様のご支援の賜です。
ありがとうございました。       合掌