毎日読む心の栄養ドリンク このページをアンテナに追加 RSSフィード

Q 心の華て何だろう? 

A それは誰の心にでもある自分にしかない花をいいます。

Q 具体的に何を指してるの?  

A いろいろです。一生懸命に勉強や仕事を誇りを持ってやっている姿を人様が見たときに感動する姿のことです。ですから私たちは毎日毎日いろいろな花を咲かせるのです。

だからこそいろんな人の役にも立てるのです。ですから「こんな花」と示すことは出来ません。示すことはできませんが自分で行動したり、お手伝いしたり、勉強したりした中で誰しも感動することがあるはずです、それが「心の華」です。

誰にでも「花がある」ことを信じ家族や、友人、知人の方と接し明るく楽しく充実した使命感のある社会生活を送って欲しいと念じるのです。そんな気持ちから皆さんに「心に華」があることを知って欲しいと願いブログを平成10年から「毎日読む栄養ドリンク」のタイトルで 私、斯波最誠が皆さんとお話をしたり体験、経験、修業をした思いを毎日綴っているのです。

 私は19才から31才まで比叡山延暦寺にて修業、実践の場として宇治市にあります心華寺に入山、今日があります。入山時は一人の来訪者もありませんでしたが現在は個人の修行道場、企業研修道場として年間1万人を越す皆さんが入山くださいます。

 比叡山ご開祖である伝教大師様の誓願「一隅を照らす」精神継承の寺としてに比叡山根本中堂に燦然と輝く一千二百年不滅であります「不滅の法灯」を平成10年7月に「分灯」いただきました。

 日常では本尊様である「辯財天信仰」の新たなパワースポットの寺として全国からの参拝者が絶えないという状況です。起床から就寝まで修行、参拝者の皆さんと共に楽しく厳しい道場生活を過ごす毎日です。このような中で得られました体験を生かして皆様の「心の華を咲かせて欲しい」と願う日々です。

 ブログへの書き込みメッセージ、ご相談どのようなことでもお役に立てればと願っております。

 「心に華を咲かそう」という旗を掲げ「京都・大阪・愛知、一宮・東京・九州、小倉・神戸」の六カ所で「にんげん学」講座と称し月一度の四書五経を教材にして「こころ」を学ぶ勉強会を開催しております。ご一緒に自分の心の華を咲かせましょう。

 私は僧侶であり、心華寺という寺を基点に活動しておりますが皆さんが考えておられるような偏った信仰に導こう、信仰心を植え付けようとして活動しているわけではありません、宗教は宇宙の教えです。

 真理に目覚めイキイキとした人生を送って欲しいと活動をしております。その事を多くの方が感じ取ってくださっています、ですから沢山の企業様も研修にご活用くだされております。安心して扉を叩いてください。

世界平和をお祈りいたしましょう。

Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。 

合掌 

2017年01月22日(日曜日)

人生には苦しみが必要 05:21 人生には苦しみが必要を含むブックマーク

おはようございます。

二十日の大寒は寒さがましでしたが、昨日今日とやはり大寒らしく厳しい寒さですお大事下さい。

自然に厳しさが必要なように、人生にもやはり厳しさが大切です。誰しも厳しいのは避けたいものです。が、そうはいかないのが人生!。

人生を歩む上において「失敗は避けられないのです」、当然あることなのです。人生を設計し歩んでいくわけですが、その通りに歩めば成功は間違いがありません。それと同じように、私は人生設計図の中に、「書いてはいませんが、失敗も最初から含まれているように思うのです」。それに気づくべきだと私は考えています。

心学の多くの書に「失敗を糧に」という教えがあるように、最初から人生の設計図に「失敗も入っていると気づいた人間が一歩ずつ成功への階段を上がっていくのです」。そして、そういう人を見て勇気づけられる人も出てくるのです。又、そのような人をお手本とする人も出てくるのです。

多くの人は目の前の失敗をマイナスにしか受け止めなかったり、人生をあきらめたりしがちになります。しかし、起きたことをあとでふり返ってみたら、「あーそういうことだったのか」と「腑に落ちる経験を、誰しも一度や二度はしているのではないでしょうか」。

自分の人生を「より本来的な形で生かせるように失敗があるのだと私は考えています」。いかがでしょう?、皆さんは、どう思われますか?。

これに気づかず「なぜ今までのやり方がうまくいかないんだとイライラしたり」「やっぱり自分に才能なんてないんだと思い込んだりすると、負のスパイラルにハマってしまい、せっかく今まで築いてきた人生を台無しにして終いかねないのです」。

「失敗は自分の未来の設計図をより確かにし、生かすためにある」と考えるべきです。ある意味「人生には失敗が必要なのです」。なぜか?

一番「自分が苦しいところ、辛いところに立ち向かいませんと、本当の自分の確立はならず」「自分のものでない人生を生きることになるのです」。これではいけません、「なおさら嫌な思いで生きることを自分で仕向けていくのです」。

それが先日書いていますように勤(つと)めるが「勤(つらい、苦しむ)」となる、イヤイヤ毎日を送ってしまう。

また、人生で何の苦労もしていないと「薄っぺらな人間になってしまいます」。悲しみや苦しみを経験したことがある人は、「人間に深みが生まれ、同じ悲しみ苦しみを体験した人に共感されたり、応援されやすくなるのです」。

人生の悲しみや苦しみ、病気や不運は、「その人にとって自分らしい最高の人生を送るための仕掛けとして必要だからあるのではないかと思います」。

大寒に思うところでした。今日も何か厳しさを感じたら、「自分に必要だからある」と考え努(つと)め楽しんでください、良い休日を。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

☆心華寺の庭の梅です。

f:id:shibasaijyo:20170122085938j:image

f:id:shibasaijyo:20170122090059j:image

f:id:shibasaijyo:20170122090012j:image

f:id:shibasaijyo:20170122090118j:image

樽床美花樽床美花 2017/01/22 07:46 斯波最誠和尚さま、おはようございます。
ひんやりした朝ですが、春が近づいている気配を感じます。季節は順に巡ってきますね。人生も順番があるのですね。楽あれば苦あり…。与えられた場をしっかり生きなければ。楽しんで努めます。今日もありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2017/01/22 08:55 樽床 美花さん ありがとうございます。
冷たいですね、どうぞお大事ください。
そうですね、梅の花芽も随分膨らんできました。春は静かに側まで来ています。季節はありがたいものです。
苦楽半分ずつが人生なのでしょう。理屈でわかっていながら、両極に囚われてしまいがちとなる、気をつけなければと毎日戒めています。
楽しんで努めてまいりましょう。
ありがとうございました。    合掌

2017年01月21日(土曜日)

小欲知足 05:26 小欲知足を含むブックマーク

おはようございます。

今朝は冷たい風が吹いています、お気をつけてください。よくよく考えて見れば、考えずともわかることなどですが、多くの人の力で支えられています。ありがたい、お陰様です。

一昨日も神戸でお世話になり、昨日も一宮に車を一週間もあずかっていただき、取りに行くまできちんと保管して下された。

身近なことで沢山お世話になり、お力をいただいています。幸せは身近にあるという思いがここ数日再認識しております。多くの方々のお力を感じただけで勇気と明日への希望、そして喜びが湧き、喜びの今日を過ごせます。

白隠禅師「坐禅和讃」に「たとえば水の中に居て 渇(かつ)を叫ぶがごとくなり」という件(くだり)があります。「水の中に居ながら、のどが渇いたと叫んでいる」という愚を書いています。

今現在何不自由ない暮らしの中にありながら、足りない足りない、欲しい欲しいの思いで暮らすことほど愚かで寂しい人生はないでしょう。現在不足の生活をしているのは、やはり、過去の今という時に不足を感じ不足の事態を自分が招いたのです。

今に不足を言っているから、「今という連続の人生が不幸となるのだなぁ〜」と新神戸から名古屋まで新幹線に乗りながら思うところでした。

名古屋駅から一宮マツダのGさんにお電話し、尾張一宮駅までお迎えに来ていただき、その上「鰻丼と鯉の洗い」までご馳走になった、幸せな私です。

名神高速彦根あたりの道路脇やサービスエリアにうずたかく積まれてある残雪を見て、ああ、車を取りに行く一週間の必要がこの思いをさせてくれるためだったのかと、感謝しつつ帰ってきました。

皆さんありがとうございます。今日も身近な方々へ感謝の思いを強くして不平をいわず、不足を言わず、不満を言わず、小欲知足の暮らしで笑顔で過ごしましょう。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

☆昨日お昼にいただきました鰻丼と鯉の洗いです。Gさんごちそうさまでした。

f:id:shibasaijyo:20170120123801j:image

f:id:shibasaijyo:20170120123814j:image

海東 広美海東 広美 2017/01/21 06:20 斯波 最誠和尚様 ありがとうございます。井戸の中にいて喉が渇いたと言っている自分の姿が強烈な画像になって見えました。今日は今から一つ一つが有り難いことだと丁寧にふりかえりすごします。今朝もまたありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2017/01/21 07:53 海東 広美さん ありがとうございます。
そうですか、良かったですね、誰でも同じように、今の感謝に気づかないままに不足を言ってしまっていることが多いのではないでしょうか。
丁寧にふり返りお過ごしください。
ありがとうございました。      合掌

2017年01月20日(金曜日)

対人関係を良好に 07:08 対人関係を良好にを含むブックマーク

おはようございます。

「にんげん学」神戸初講座「論語を読む」新会場でのスタート、ご出席の皆さんありがとうございます。スタートにご出席いただける、感謝いたします。

良いですね、終われば「坊さん居酒屋に変身」いろいろな方と論語の話しが楽しくできます。これが本当の勉強かもしれません、来月もよろしくお願いいたします。

来月の開催日は2月28日(火)です。開講日は一定していませんので、開講日に気をつけてください。来月又お会いしましょう。

人間関係の要の一つ、論語はすべて対人関係を良好にするための教え、公冶長(こうやちょう)第5-12に「子貢曰(しこういわ)く、我れ人のこれを我れに加えんことを欲せざるは、吾れ亦(ま)たこれを人に加うること無からんと欲す。子曰く、賜(し)や、爾(なんじ)の及ぶ所に非ざるなり。」

訳「子貢が「自分がしてほしくないと思っていることを強要されるのは嫌なので、私も自分がしてほしくないと思っていることは他人に強要しません」といった。孔子は「賜よ(子貢)よ、それはとてもお前にできることではない」と答えた。」

いかがです、孔子は弟子の子貢に対してお前には難しいことだと言っています。難しいことですが、これはきっと「奮起を促した言葉でしょう」。

「自分にとって不快なことは他人にもしない」とても大切なことです。若いとき経験の浅いとき、又つきあい始めの頃は謙虚に振る舞い、不快にならないように気をつけますが、経験を積んだり、先輩格になったり、おつき合いが長くなったり、指導的立場になったりしますと、ついつい言わずもがななことを言ってしまい、不快を生じさせ、人間関係に亀裂を生じさせたり、言ってしまった後で後悔し、臍(ほぞ)をかむ(「春秋左伝」にある。荘公(しょうこう)六年から。自分のへそをかもうとしても及ばないところから、後悔する。すでにどうにもならなくなったことを悔やむ。あとで悔やんでも遅い)ことになりかねないのです。

不快に感じること、してほしくないと感じることは日常の中で意外と多いのです。悪口や、不平不満をいう、理不尽なことで怒る、欠点ばかりを見つけるなど、挙げればきりがありません。

不快に感じることを言わないために、どのような意識、心を保つことが大事となるのでしょう。それを孔子は「恕(じよ)」「思いやり」を持てと教えたのです。どのような思いやり、恕でしょう。それは「相手の立場、視点に立って物事を見ることだ」と言っています。そうすると「相手がされて嫌だと思うことが見えてくる」のです。

不快な事ってどのようなことでしょうか?。悪口をいう、不平をいう、いじわるをする、欠点ばかりをみつける等々でしょうか?。

相手の立場になれば、自分が嫌なことは人にしないようにできるようになります。自分が嫌なことは当然人も嫌なことです。嫌だなと思ったことをしないようにすれば、対人関係が良好になると教えます。

だからこそ「頭で考えたり、口でいうのは簡単だが、行動に起こすことの難しさを忘れてはいけないのです」。

今日から気をつけましょう。素晴らしい言葉、愛語、優しい言葉をかけてお過ごしください。素晴らしい一日でありますよう。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

☆Mさんから手編みの帽子とマフラーのプレゼントをちょうだいしました。

f:id:shibasaijyo:20170119103133j:image

f:id:shibasaijyo:20170119103116j:image

☆ご出席の皆さんありがとうございます。南薩摩旨いもんキリシマ山荘さん、ごちそうさまでした。ありがとうございます。来月もよろしくお願いいたします。

f:id:shibasaijyo:20170119182913j:image

f:id:shibasaijyo:20170119203840j:image

f:id:shibasaijyo:20170119204916j:image

f:id:shibasaijyo:20170119204925j:image

f:id:shibasaijyo:20170119204944j:image

f:id:shibasaijyo:20170119211215j:image

f:id:shibasaijyo:20170119212846j:image

f:id:shibasaijyo:20170119213513j:image

最後の〆の卵かけご飯の玉子の黄身が二つ、今年は良いことがありそうです。

f:id:shibasaijyo:20170119215029j:image

海東 広美海東 広美 2017/01/20 09:01 斯波 最誠和尚さま おはようございます。穏やかなお天気の後に厳しい冷たい日が来ました。穏やかな日と同じように過ごしたいです。軽くて暖かくてお洒落なお手編みのマフラーとお帽子、拝見するだけで春が来たみたいです。和尚様きっとお似合いになられるでしょうねとても素敵ですね。
対人関係で感情より先に自分が抑えられる自分が出てくるように、やはり和尚様のブログを拝読して日々自分を諌めていかなければと思います。昨日は般若心経をお唱えする意味をお教えいただきましてありがとうございます。昨晩、ささやかに般若心経をお唱えしていると、ふと、今まで唱えていた感覚と違う感覚に気づきました。「行こういこう覚りの世界へ」と、唱えている自分も、呼びかけられているような今までにない感覚です。そして心華寺さんの毎年の大きな法要での護摩焚きの時山伏さんたちが何度も般若心経を繰り返しお唱えされているのも、お寺のお部屋などに般若心経があるのも、写経で般若心経をするのも、そういうことだったのか、と気づきました。「行こういこう覚りの世界へ」というお話は以前にも和尚様からお伺いしていた記憶がありましたが、昨日再びお伺いして、このように感じました。お話をお伺いすること、とても楽しいです。知らなかったこと知りたかったことがわかること楽しいです。今日もありがとうございます!

樽床美花樽床美花 2017/01/20 12:22 斯波最誠和尚さま、こんにちわ。
神戸の新しい会場、いいですね。お食事処での勉強会というのも、新しい試みで今後の展開が増えそうです。
お付き合いが長くなると、ついつい甘えがでてしまいます。親しき仲にも礼儀あり。“親しい間柄だからこそ”を注意していき、よりよい人間関係を続けて行くよう心掛けます。今日もありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2017/01/20 17:53 海東 広美さん ありがとうございます。
厳しい日と穏やか日、どちらもなければいけません、対ですから。だからこそ穏やかに過ごしたいですね。
暖かい手編みの帽子です。昨日いただき、早速神戸にかぶって行きましたありがたいことです。
私も毎日ブログを書かせていただくことで自分を戒めているのです。書き終えて、「よし、今日もこのように過ごすぞ〜」と気合いをいれるのです。そうやって漸く過ごしているのです。少しずつ少しずつ、行こういこうです。
これからも日々お唱えしましょう。行こういこうと。
ありがとうございました。      合掌

樽床 美花さん ありがとうございます。
そうですね、先日も言志四録で学びましたが、境遇は如何ともしがたいものです。だから若いときは型にはめて修行し、どんな境遇、環境にあったとしてもぶれない自分に導いたのです。
今の年になって、どのような場所でも法を説ける、話せるようになったようです。時習、修養は続けてこそです。自分を試し楽しんで昨日は講座をすすめることができました。
ありがとうございました。     合掌

久留宮    ひろみ久留宮 ひろみ 2017/01/21 05:53 斯波 最誠 和尚さま
おはようございます。ありがとうございます。「にんげん学」神戸初講座「論語を読む」新会場での嬉しいスタートの御様子をありがとうございます。お陰様で昨日も東京講座でご一緒下さっているTさんが想いある言葉、幸せを下さいました。お陰様の学友に感謝ばかりです。学び真似ますよう努めてまいります。お陰様です。ありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2017/01/21 07:50 久留宮 ひろみさん ありがとうございます。
いい感じで新しい会場でスタートできました。師友はいいものです切磋琢磨出来ます。
学び真似ぶようにしていきましょう。
ありがとうございました。     合掌

2017年01月19日(木曜日)

相手を思いやって 05:00 相手を思いやってを含むブックマーク

おはようございます。

今朝の今の時間は寒さがましです、しかし油断しませんように。私が反省し改めなければならない事の一つ、「他人を責めてしまう」ということです。いつからか「上から目線」になってしまった、情けないことです。

今夜は「にんげん学」神戸初講座「論語を読む」です。衛霊公(えいれいこう)第15-15に「子曰く、躬自(みみずか)ら厚くして、薄く人を責むれば、則ち怨みに遠ざかる。」

訳は「自分に厳しく他人に優しく接すれば、対人関係の怨みごとは生まれないだろう。」

「相手を思いやって、人の失敗を許す」ということを孔子は教えています。難しいことですが、「人を育てる基本でしょう」。愛がなければいけません。

「自分に甘く、他人に厳しい人は沢山いるのではないでしょうか?」かくいう私が代表かもしれません。自分の間違いは簡単に許しても、相手の失敗は絶対に許さないという人は、誰からも信用されないし、怨まれるのは当たり前です。

こんな人間にはなりたくありません、誰も怨まれたいとは思っていないにもかかわらず、偏ってしまう、こんな偏りを正すために「心学が重要なのです」、心学を読みお手本として、「己の言動を正す鏡にすることで正しさが伝わるのではないでしょうか」。

他人を許しても、自分を甘やかすことをしないためにも心学は鏡です。教えはお手本で有り、鑑(かんが)みて、キチンとできているかどうかを照らし合わせてみることができるのが心学の教える素晴らしさです。いわゆる言行一致。

今夜の「にんげん学」神戸初講座「論語を読む」兵庫県の皆さん会場でお待ちしております。会場を間違いませんように。

今日もキチンとできているかを鏡を見て楽しく過ごしましょう。良い一日を。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

☆第3回「NPOこころはな・ひきこもり女子会」のご案内

f:id:shibasaijyo:20170119045650j:image

海東 広美海東 広美 2017/01/19 05:47 斯波 最誠和尚さま おはようございます。和尚様が天候などの自然の出来事をご自身への諌めや励ましにされている(私の勝手な想像ですが)と感じて自分もそのように自然を感じようと思いました。
私は和尚様から人様に対して真っ直ぐ素直に謙虚に受け容れ、なにかひっかかる事があってもそれに執着しない。。ということを学んでいます。まだ自分の中で完成していませんので進行形です。
昨日はY様から思いがけず私にまで有り難いお言葉いただきまして嬉しいやらお恥ずかしいやらで恐縮いたします。和尚様のブログコメント欄をおかりしましてお礼申し上げます。ありがとうございます。昨日の心華寺さんでの工事停電お見舞い申し上げます。今日もしっかり努めて勤めます。ありがとうございます。

久留宮    ひろみ久留宮 ひろみ 2017/01/19 05:47 斯波 最誠 和尚様
おはようございます。ありがとうございます。
自分に厳しく他人に優しく接しますよう、言行一致しますよう楽しく努め過ごしてまいります。お陰様です。ありがとうございます。

竹本 卓竹本 卓 2017/01/19 07:41 斯波最誠和尚さま ありがとうございます。
宇治では大変お世話になりました。いい想い出が出来ました。
自分に厳しくしておれば、他人に優しく接していても、自分に厳しいところをちゃんと相手が見ているから、人は育つものだと前回の小倉講座の食事会でお聞きしたことは心底納得しました。特に今年は「己を正すのみ」ですから、しっかりと取り組むことにします。明日は私が部会長として主催する全体会が開催されますが、100名を越える参加者となりました。15日に学んだ「言志四録」のお話を引用して自分なりにお話をしてみます。

樽床美花樽床美花 2017/01/19 08:14 斯波最誠和尚さま、おはようございます。
そんな言い方しなくても、こちらの事情もくんでほしい…と、責められたことに反論できずに心の中で責めてしまうことがあります。思っていたら言わなくても言ったことと同じですね。相手に言わせてしまう原因が自分にあることを反省します。己を正すことに集中します。今日もありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2017/01/19 09:28 海東 広美さん ありがとうございます。
私たちは自然と共に、宇宙と共にあります。そこに感謝をしますと、周りの事柄がすべて共に在るという思いができるのです。私のために、私に気づきなさいと教えているように思うのです。
天も人様も如何ともし難いものであり、畏敬することで調和が生まれるのではないでしょうか。
私も日々進行形です。般若心経の最後、羯諦羯諦波羅羯諦という経文は、行こういこう、さあ行こう覚りの世界へ、という現在進行形を言っているのです。
停電で生活が一日だけでも変わることは大変です、大震災の被災者の皆さんのご苦労は想像もつきません、祈るだけです。ご心配いただき感謝いたします。
Yさんもきっとお喜びでしょう。
ありがとうございました。      合掌

久留宮 ひろみさん ありがとうございます。
自分に厳しく人様に優しく、しっかりと心がけて接してまいりましょう。言行一致ですね。
ありがとうございました。       合掌

竹本 卓さん ありがとうございます。
こちらこそ、遠路ありがとうございます。私は果報者です。しっかりと努めなければ罰が当たります。言うだけの人間にだけはなりたくないものだと、先人、賢人の言動を学べば学ぶほど感じます。教えに恥じないように努めていきます。
皆さんに素晴らしい教えを伝えてください。きっと竹本さんの熱意で心を揺さぶられる方がおありになります。
ありがとうございました。       合掌

樽床 美花さん ありがとうございます。
そうですね、思いの方が強いのが心です。ですから内なる思いが大切となります。なぜなら必ず反動する行動となるからです。私はこの反動に気をつけるように心がけています。
ありがとうございました。      合掌

2017年01月18日(水曜日)

苦労のない幸せはない 05:27 苦労のない幸せはないを含むブックマーク

おはようございます。

今朝も車の窓が凍てついている冷たさです、体調管理に気をつけて下さい。昨日で阪神淡路大震災から22年、忘れることができません、忘れてはなりません。天災は誰の上にも降りかかります。お祈りしましょう。ご冥福をお祈りしましょう。

大切なことは沢山あります。「苦労のない幸せはない」と知ることも大事です。菜根譚(さいこんたん)、前集74項に

「人生には苦しい日々もあれば、楽しい日々もある。そのような日々に鍛えられながら得られた幸せは長続きする。

疑ったり信じたり、丹念に調べたりしながら考え続ければ、やがてその知識は本物となる。」

いかがです、洪自誠(こうじせい)の教え。「苦しみの中の苦しみを味わってこそ、人の上に立つ人になれる」という諺もあります。先日の合同講座での言志思録の中にも、佐藤一齊先生が心学の古典を読み、「納得できるところと、できないところがある」と述べています。

それは自分の力量が未熟だったり、実践できていなかったりがあるからです。だからこそ学問は「一意専心」で臨むべきです。目標を立てれば「苦労するのが当然だからです」。目標を立てたからこそ、様々な試練が待っている。だからこそ鍛えられるのです。壁にぶつかったからといって途中で投げ出さないことです。

学びを「楽になるため、楽をするためと、地位を得るためと考えることが大きな間違いです」。物を知る、ということの「喜びに目覚めることが知ることであり学問です」。それでこそ人間性が豊になる。

地位を得たい、財物を得たいと考えたときから苦痛となり、人間性が堕落する。本物の知識とすれば、人は放ってはおかないのです。「黙っていても、仕事の方から、地位の方から慕ってくるようになるのです」。一意専心に自分を磨けば「分相応、身の丈にあったことをするようにもなります」。このような人を世間様は放ってはおかないのです。

生があれば死があり幸いがあれば災いがある。善いこともあれば悪いこともある。私たちはこのことを知らなければならない。愚かな者は、ただいたずらに、災いをきらって幸いだけを求めるが、道を学ぶ者は、この二つを超えて、そのいずれにも執着せずにイキイキと歩むのです。

今日も背伸びせず、無理せず、見栄を捨て、しっかりと自分の位置を確かにして過ごしましょう。楽しい一日となります。素晴らしい一日をお過ごしください。

昨日開店しました「NPOこころのはな、子ども食堂」ご来店ありがとうございます。28名のご来店をいただきました。

※お願いがあります。子ども食堂をお手伝いいただけますボランティアの方を募集しております。宜しくお力添えください。時間は毎月第1、第2水曜日午後3時から7時半くらいです。0774-45-5561、斯波(しば)までお電話下さい。ありがとうございます。

※今日は心華寺が電気工事のため固定電話が通じません。寺も真っ暗になっていますが「心華荘」におりますので、ご用の方はそちらへお出でください。ご用件の方は携帯にお電話入れて下さればありがたいです「090-1146-4092斯波」。fbやラインでも結構です。ご迷惑をおかけします。

※明日は「にんげん学」神戸初講座です。楽しみにまいります。元気に新年の挨拶を交わしましょう。神戸講座の会場が変わりましたのでお間違いありませんように。

○受付:午後6時半。開講:7時から8時半までの講座です。

☆会場:南薩摩旨いもん「キリシマ山荘」。住所:神戸市中央区下山手通1-3-12ゼウスタウン1C。電話:078-392-2455。※お問い合わせ:0774-44-5380迄お願いいたします。

※会費:5千円(勉強会費、懇親会費込み)。※勉強会のみ参加の方:3千円。お茶の用意はありません各自ご準備ください。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。

日々の徳目、勤勉・質素・社会と人のために一隅を照らす。  合掌

☆「にんげん学」大阪講座で会場をご提供くださいますYさんの大学生のお嬢さんが「手作りカレンダー」を使ってくださいといただきました。可愛らしいカレンダーです。Yさんありがとうございます。

f:id:shibasaijyo:20170117182821j:image

☆「NPOこころのはな、子ども食堂」ご来店ありがとうございます。

f:id:shibasaijyo:20170118051820j:image

f:id:shibasaijyo:20170118052209j:image

昨日のメニューはカレーライス、油揚げと小松菜の煮物、味噌汁でした。

f:id:shibasaijyo:20170117170705j:image

f:id:shibasaijyo:20170117170655j:image

海東 広美海東 広美 2017/01/18 05:49 斯波 最誠和尚さま おはようございます。今年は特に寒さ冷たさが身に沁みます。そして今朝の一意専心のお話も寒さ以上に沁みています。今までの自分の生きてきた体験経験そして学んだこと、反省していることを、省みて自分を励まして進もうと思いました。たった一つのこの身体、がんばってもらいます。近い将来こども食堂でなにかお役に立てるように、コツコツ過ごしていきます。
素敵なカレンダーのように柔らかい感性を失わないよう意識して過ごします。ありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2017/01/18 07:54 海東 広美さん ありがとうございます。
今朝は手がかじかみました、冷たい朝です。
一意専心です。私は不器用なのでこの言葉が好きです。学んで理解できないところも出てきます、目標に向かってつまずくときも、そこからが本当の学びだと思っています。
子ども食堂のことを気にかけていただきありがとうございます。
可愛いカレンダーでしょう、このようなプレゼント嬉しいですよね、ありがたいことです。
ありがとうございました。     合掌

山中美季山中美季 2017/01/18 09:26 和尚様

おはようございます。
今日も大切な教えをありがとうございます。
そして、カレンダーを紹介して下さりありがとうございます。恐縮です。

その上に海東広美さま、和尚様、いつも温かいコメントをありがとうございます。

こども食堂のボランティアは一時的なものでも大丈夫でしょうか…もしなにか私にできることがあれば幸いです。

ありがとうございます。

斯波 最誠斯波 最誠 2017/01/18 12:27 山中 美季さん ありがとうございます。
可愛いカレンダーありがとうございます。とても嬉しいプレゼントです、カレンダーを見ることが楽しみになります。大切に使わせていただきます。
子ども食堂のボランティア、単発でも一時的でもありがたいことです。配膳や洗い物や後片付け等をお手伝いいただければ感謝いたします。嬉しいお言葉をいただきました。
ありがとうございました。      合掌