Hatena::ブログ(Diary)

shibataismの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-08-03

事務連絡:メールサーバー不調かも

| 17:40 | 事務連絡:メールサーバー不調かも - shibataismの日記 を含むブックマーク

メールサーバーの調子が悪かった可能性があるので、僕に無視されたかもと思っていらっしゃる方は、お手数ですが再送していただくか、twitter/facebookで催促お願いいたします。

直近1週間分くらいが怪しいです。

2009-07-30

Don't bite the bullet (嫌なことは我慢しなくていいんだよ)

| 10:29 | Don't bite the bullet (嫌なことは我慢しなくていいんだよ) - shibataismの日記 を含むブックマーク

少し前ですが、Paul Grahamが書いた"Maker's Schedule, Manager's Schedule"が素晴らしい。

http://paulgraham.com/makersschedule.html

(日本語訳)http://d.hatena.ne.jp/lionfan/20090723#1248360184

There are two types of schedule, which I'll call the manager's schedule and the maker's schedule.

スケジュールには2種類ある。私はそれをマネージャーのスケジュールとクリエイターのスケジュールと呼んでいる。マネージャー=スーツ、クリエイターギークとするとより分かりやすいかもしれません。

権力側の人は大抵スーツのスケジュールで動く。スーツは命令によって動く。

Most powerful people are on the manager's schedule. It's the schedule of command.

このあたりのレトリックがすごい。commandと言われるとすごく軍隊みたいなイメージですね。他方、

When you're operating on the maker's schedule, meetings are a disaster. A single meeting can blow a whole afternoon, by breaking it into two pieces each too small to do anything hard in.

ギークのスケジュールで動いていると会議は悲劇だ。たった一つの会議で午後の有意義な時間が全く無意味な二つの時間に分断されてしまうからだ。


非常に上手い例なのだが、この感覚がスーツ側には全く理解できないんだと思います。あるソースコードを書いている時、論文を書いている時、僕は最低でも3時間を1ペアにしないと作業が進みません。その3時間の間は他のことは一切しません。トイレも行かない、メールも見ない。電話も出ない。笑

1時間、2時間だと調子が上がってくる前、あるいは調子が良くなってきた時に作業を中断しなければならず、ものすごく時間が無駄なのです。逆に3時間、一つのことに集中できると、1時間、2時間で出来ることの何倍もの生産性になる。


大抵の会社はスーツの方が偉くて忙しいから、スーツの論理がギークの時間を分断してしまうわけです。こうならない場所はスタートアップグーグルか大学くらいだと思います。

こういう感覚をスーツのスケジュールの人にちゃんと理解してもらう必要があるなぁと再認識した次第。


僕は、ギーク側のスケジュールで生きていきたいので、しばらくはbite the bullet(嫌なことを我慢する)しないでいきたいと思います。笑

2009-07-10

iPhone 3GS + Kindle DXカバーのみ開封の儀

| 15:06 | iPhone 3GS + Kindle DXカバーのみ開封の儀 - shibataismの日記 を含むブックマーク

というわけでようやくiPhone 3GS手に入りました。

まずは...

f:id:shibataism:20090710145440j:image

Kindleケースを開けるとiPhone3GSが!(注:実際はそんなことはありません。)


AT&Tショップに行ったら、結局$500のデポジットを払わされて、アクティベーションしてもらえました。スタンフォード割引でbefore taxで18%オフで、450分の通話+500text messageで大体毎月$91くらい。日本と変わりませんね。

f:id:shibataism:20090709033538j:image

まずは箱。

f:id:shibataism:20090709033600j:image

箱を開けるとiPhone!

f:id:shibataism:20090709033639j:image

日本から持って来た黒のiPhone(16GB)と今回買った白のiPhone 3GS(32GB)


そしてまだ本体は手に入らないものの、ケースだけ先に来たKindle DX

f:id:shibataism:20090710145350j:image

箱はこんな感じでした。

f:id:shibataism:20090710145406j:image

ケースの外身。

2009-07-06

アメリカで携帯を買うのに苦労しているという話

| 16:24 | アメリカで携帯を買うのに苦労しているという話 - shibataismの日記 を含むブックマーク

日本でiPhone3GSを買うのを猛烈に我慢して、アメリカに来たらこちらで買おうと思っていたんですが、買うのにかなり苦戦しています。

f:id:shibataism:20090706075314j:image

まずは、大先輩の支援を得て、Apple Storeで買おうとオンラインから申込。無事に成功して、最寄りのApple Storeに来てね!というメールが来ました。

Stanford Shopping CenterのApple Storeに実際にパスポートを持っていってみると、アメリカ政府が発行した身分証明書がないと買えないよ、と言われる。アメリカ政府が発行した身分証明書とは何?と聞くと「SSNかカリフォルニア州の運転免許」と言われる。そんなのどちらも持ってない。SSNは入国してから7〜10日経たないと申請さえできない。運転免許も当然ない。

頭に来たので、時間をあけて再度お店に行って、違う店員に同じことを言っても、全く同じ結果でした。というわけで断念。ただ、この人はもう少しいい人で「AT&Tショップに行けば、$500のデポジット払えば、SSN無くても買えるよ。」とのこと。


というわけで、今度はPage Mill Rd.とEl Camino Realの交差点にあるAT&Tショップへ自転車で行く。そしたらなんと在庫がない、と言うではないですか。1km先のApple Storeにはあるんだから、そこから持ってきてよ、と思うが仕方ない。32GBのWhiteが最も速く手に入るという情報だけは得る。この時点で一旦、頭を冷やすのに帰宅。その日は用事があったので、翌日まで考える。


翌日、諦めてAT&Tショップで注文することに決める。July 4thの祝日でも朝9:00からやっていたので助かった。朝9:00に行ったら僕しか客がいなかった。申込自体は10分くらいで終わる。「確約はできないが5日以内にここに届く。届いたらメールするから、取りにきてね。」とのこと。「5日ということは、火曜か水曜ということだよね?」と念を押したらYesとのこと。

というわけで、まだ手に入っていませんが、注文するだけで相当苦労しました。

洗濯機までオンライン化されていてびっくりした

| 16:20 | 洗濯機までオンライン化されていてびっくりした - shibataismの日記 を含むブックマーク

Stanfordの寮に入って一番驚いたこと。それは洗濯機がオンライン化されていることです。

洗濯室は寮ごとに1つとかしかないので、皆の共有スペースです。僕の場合、部屋は4Fで、洗濯室は1Fなので洗濯しに行くのも結構大変です。

そこで、このサイトの出番です。

なんと、洗濯室にあるすべての洗濯機ごとに番号が降られていて、どの洗濯機が稼働中か、あるいは空いているかが全部見れます。また、「●番の洗濯/乾燥が終わったらメールで通知」という昨日もあり、ピックアップを忘れずに済むのでかなり便利です。

「情報家電」が既に寮で実現されているよ、という話でした。

2009-07-04

高いけどとても近代的なスタンフォードの学生寮

| 04:39 | 高いけどとても近代的なスタンフォードの学生寮 - shibataismの日記 を含むブックマーク

無事にスタンフォードに到着して、二晩寝ました。時差もだいぶ取れてきてよい感じです。

f:id:shibataism:20090704122254j:image

まず、スタンフォードではvisiting scholarは通常、学生寮には入れません。本来なら自分でアパートを借りなければなりません。

僕の場合、最初は9/1からvisiting scholarの予定だったのですが、多くの人のすすめで英語を何とかするために、英語のサマースクールに行くことにしました。サマースクールはEnglish for Foreign Students(EFS)というもので、6週間英語だけをやります。

大きくわけて、

  • 688 - Intensive English and Academic Orientation for Foreign Graduate Students
  • 688V - Intensive English and Academic Orientation for Visiting Scholars

という2つのコースがあり、前者はMBAなどの修士用、後者が研究員用です。(僕は後者を受講します。)

http://www.stanford.edu/group/efs/688v.html

このコースを受けている6週間の間は、身分が「学生」なので、学生寮に入れます。6週間後に引っ越すことになります。

サマースクールにapplyして合格すると、入寮希望を出し、どの寮に入るかがアサインされます。

僕がはいった寮は、恐らくこの近辺では最新の建物で、4階立てでエレベーターもあります。共用の洗濯場、コンピュータールームもあります。とても奇麗でびっくりで、建物も部屋もオートロックで日本のマンションみたいです。今は夏休みで人がほとんどいないので、とても静かで不気味なくらいですが、おとなしい日本人(?)としては最適です。

f:id:shibataism:20090704122355j:image

さて、この学生寮ですが、値段も結構高いです。そもそもスタンフォード大があるPalo Alto近辺というのは超高級住宅地で、東京よりも家賃が高いのではと思うほどなのですが(面積あたりだと都内の方が高いかもしれませんが、そもそも狭い部屋がないので1部屋にするとこちらの方が高いくらい)、値段も結構高いです。

公開されている料金表を見ると、

http://www.stanford.edu/dept/rde/shs/pdfs/grad_rates_09.pdf

僕がいるEscondido Villageのstudio, one-bathタイプは、 Monthly rateが$1,092(約10万円)です。僕は6週間いることになっているので、大体$1500(約15万円)払うことになります。一人部屋で月10万円ですから、山手線の中くらいの感覚です(もちろん東京より部屋は広いですが)。


と以上が寮のお話ですが、少し脇道にそれて、ここまで来るのに相当大変でした、という話を少し。

最初のトラブルは成田空港にて、荷物の重量制限オーバー。今回は片道航空券にした方が都合が良い(日本に戻るときにアメリカ発の格安往復を買う方がいろいろ楽である)ので、マイルを使った1年オープンの航空券を買い、マイルが大量に余っていたのでビジネスクラスにしました。ビジネスなので大丈夫だろう、と思っていたら、そんなこと無かった。。。

調子に乗って、computer science系の教科書をスーツケースに無理矢理詰め込んだのが良くなかったのですが、とにかく大きい方のスーツケースが重かった。37kgあって、制限リミットの32kgを大きく超えてしまっていました。ANAのスタッフの方がとても親切で、方法は2つ。1つは5kg分を手荷物に入れる、もう一つは段ボールをあげるから37kgを2つに分割して、2つの荷物として預けてください、とのこと。どっちも嫌だったが仕方なく後者を選択。SFOに着いてから、baggage claimのところで、こそこそと段ボールから荷物を取り出し、スーツケースにつめ直していた怪しい日本人になりました。

皆さん、くれぐれも重量オーバーにはご注意を。本は後から郵送しましょうね。


さて、次のトラブルは、SFOでのシャトルが来ない事件。タクシー高いし、電車で行くと荷物が大きいから、という理由で今回はSFOから大学までdoor to door shuttleを使いました。$30と悪くない値段なのですが、空港に着いてからシャトルに出会うまでが大変でした。

僕が選んだ会社(というかサマースクールの案内の一番上にあった会社!)は、普通のシャトル乗り場とは別のところで乗らなければならず、何度電話しても、良く分からない英語で説明され、待てども待てどもシャトルが来ない。10:30に飛行機が着いて、税関を通ったのが11:30。シャトルが出発したのが12:30だったので、1時間くらい待たされたことになります。

が、運転手のおっちゃんはとても良い人でした(電話受付のおねーちゃんがアホだったという話)。大学近くで高速道路を降りた後に良く分からないサービス。「今日はSteve Jobsの家の前を通っていこう」とか言い出して、意味不明に遠回り。笑

Jobsの家の前を通ったら、ナンバープレートの無いJobsの例の車がありました。一同「あれ、もう出勤できるようになったんじゃないの?」という疑問の中、運転手は彼の車がなぜナンバープレートが無いのかは俺にも分からんと言い続けているうちに、大学に到着。シャトルの運転手まで、Appleの経営に興味がある、というのがさすがシリコンバレーだと勝手に痛感しました。


寮のFront Deskに着いてからは、荷物が重くて大変だった以外はトラブルなく、鍵をもらい、部屋に直行しました。というわけで冒頭に戻る、です。


寮に着いた後は、最低限生きていくのに必要な物品調達をしました。

まずは自転車。キャンパスが信じられないくらい広いので、寮が生協に行くだけで徒歩20分くらいかかって死ねます。というわけで、自転車を調達。後日先輩からお古を貸していただけるということなので、ひとまずはこの週末をしのぐためにレンタルで$35。

次に、水と朝食系を買い出しにMenlo ParkのSafewayへ。Safewayというのは、まぁジャスコとかイトーヨーカドーみたいなものです。たくさん買いたいが、自転車で運べる量には限界があるので、4Lの水とパン、シリアル系のみで断念。

最後に、ベッドシーツ、まくら、毛布。これが無いと寝れない。学内のオンラインショップでも売っているけど、当日配送が難しそうなので、生協で購入。全部で$70くらいという生協プライスで助かりました。部屋に戻ってみるとベッドが大きすぎてシーツのサイズがあっていないwのですが、仕方ないw。また後でちゃんとしたものを買おうと思います(どうせ洗濯しなきゃいかんし)。

というわけで、初日はこれで終わりました。