”homebound archives”

2011-03-24 センチメンタル・ジャーニー sentimental journey

shibuya_igloo2011-03-24

逃げ去る星は

ゆっくり夜空をのぼる

重なる雲は

朝を吐き出している


完全なわたしは

よく冷えた単2を口に

含んで あたたかい

愛を取り戻していた


もうやめた

ひとりで負けるのは

折れ曲がった

海岸線のように


身軽な旅の

終わりにナイフを入れた

レモンの形が

掌に焼きつけられた


わたしの体温が

ゆっくり階段をのぼる

橋の向こうでは

宇宙が手を振っている


もうやめた

ひとりで去るのは

くだけ散った

氷のかけらのように