”homebound archives”

2011-03-25 人々の傘 people’s umbrellas

shibuya_igloo2011-03-25

人々の傘が 売り払われて

規格外の箱に 詰め込まれる

棚を埋め尽くすのは 荒野の瓦礫

棚に並べられるのは 取り上げられた果実


引き裂かれた夕餉が 毛布にくるまって

座り込む場所もなく 蒸発する

家や国の上にある 数字の束は

うどんのように伸ばされて ルーターにつながれる


泥まみれの親の子が円陣を組んで

午前2時のヘリよりも 高く飛び上がる

酒に浮かぶ虫よりも ささやかな声で

沖を走るサメよりも 赤い血の色で


深煎りの悲しみが 飲み尽くされて

アルカリの地層で リツイートされる

敵の居ない悪人は 他人の家で

散らばったクミンシードを かきあつめる


度し難い寒さに 背を丸め

長い睫毛のマネキンが ブルースを歌う

忘れられた姓よりも 背を丸め

ふやけた断面の ニンニクが歌う


人々の親の子が 毛布にくるまって

長い睫毛の地層に 詰め込まれる

敵の居ない虫よりも 高く飛び上がる

棚に並べられるのは ブルースの瓦礫


引き裂かれた傘が 円陣を組んで

午前2時の箱で ブルースを歌う

家や国の上にある ささやかな声で

散らばった断面の ルーターにつながれる


深煎りの寒さが 売り払われて

座り込むマネキンや ニンニクが歌う

酒に浮かぶ悪人は 蒸発する

うどんのように伸ばされて リツイートされる


沖を走る夕餉が 背を丸め

忘れられた姓よりも 背を丸め

ふやけたサメよりも 背を丸め

棚を埋め尽くすのは 赤い血の果実


人々の傘が 売り払われて

規格外の箱に 詰め込まれる

忘れられた悪人は 背を丸め

散らばった傘が ブルースにつながれる