Hatena::ブログ(Diary)

渋谷カイロの日記

2009-07-28

1.大人の姿勢-1

1.猫背の観察

 猫背のことを医学では「円背」といいます。

猫がうずくまった格好から定着してしまった猫背姿勢ですが、猫は決して猫背ではありません。

飼っている方は、うずくまった後の猫は、

四肢をふんばって背伸び運動しているのをご存じでしょう。

なのになぜ、人間は背伸び運動をやらないのでしょう。不思議ですね。

自分の身長通りという姿勢は

残念ながら仕事運動をしていると、とることができません。

それなりに背中を丸めなくては、何もできないからです。

それは仕方がないとして、基本姿勢の理解がないと、

仕事では丸まる姿勢、運動では構える姿勢が癖になってしまいます。

文明の利器に囲まれた現代生活の中で、よほど注意していない限り、

猫背にならない方が不思議なのです。

まずその猫背姿勢をの写真で観察してみましょう。

f:id:shibuyachiro:20080217071908j:image


見較べてみていかがですか。

猫背では、丸まった背中のために首がすくんで、肩にうまったようになります。

横向きの姿では頭が肩の前に出て、アゴが上がり、両手が真横ではなく前に下がります。

立つと何げなく両手を組む。これも猫背の大のクセですね。

男性だと真夏でも、両手をズボンのポケットに突っ込んで歩く人がいます。

猫背を筋肉の面から観察してみましょう。

仕事運動で、背中を丸めるためには、胸の筋肉(大胸筋)が縮んでくれなくてはなりません。

ところが、この大胸筋はたえず元の位置に戻すー

ということは頭を上げる時は身長通りになるようにしないと、縮んでしまう習性があるのです。

前肩という人があります。

人とは違って自分の両肩は前側についていると思うのでしょうが、

これは縮んだ大胸筋に両肩が引っぱられているーつまり猫背なのです。


猫背に自信(?)のある方は裸で鏡に向かってみましょう。

縮んだ大胸筋が両肩を前方に出し、肋骨にへばりついたようになっていませんか?

痩せた方に限りません。

ホルモンの関係もあって一概にはいえませんが、女性では乳房が貧弱になります。

ある40歳の女性が、1年がかりで縮んだ大胸筋の引き伸ばしに励んで猫背を直しました。

その喜びの報告ですが、私のこれまでの人生で、乳房が一番美しく整いましたとのことでした。

その反対に、これは太った女性に多いのですが、

自分乳房を目立たないようにと、わざわざ猫背になっている人もいます。


           姿勢教育

姿勢の正しいアドバイスを求めている方、必要な方が大勢います。

そういった方たちのお役に立つ知識と能力を身に付けませんか?

私が塾長を務める姿勢教育塾は、

誰でもわかる優しい言葉で理解できる講義と実技のプログラムで、

姿勢が原因となる身体の不調を取り除くことができます。

http://siseijuku.com/