あそことは別のはらっぱ。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-04-09

新年、予定が狂いまくったので狂ったついでに映画見たりしてみる。

新年、予定が狂いまくったので狂ったついでに映画見たりしてみる。を含むブックマーク

2018年(仏暦2561年)1月1日です。

正直2日間かけて地方まわってバンコクに戻ってきましたが、特にすることを思いつきません。頼みの綱のBACCは年始休みですしね。

することがないときタリンチャン水上マーケット、ということでバス乗り場まで行きます

f:id:shidho:20180101075120j:image:w360

バス待つついでに買ったコンビニおにぎり。なんでおにぎりがこんなところで売れるかな、と思ったら酢飯でした。なるほどこれはおにぎりと言うより変形寿司なのか。

水上マーケットに行くもツアーがない

f:id:shidho:20180101094837j:image:w360

前にもどこかで書いたような気がしますが、タリンチャン水上マーケットは土日だけの水上マーケットなのですが、祝日オープンしています。たぶん朝イチで行けば水上マーケットめぐりのツアーボートにも乗れるはず。

でもって到着。

f:id:shidho:20180101082229j:image:w360

まだお腹が空いているのでそばを食べます。

f:id:shidho:20180101083001j:image:w360

なんか昔DACOとかでも紹介された店らしい。

なかなかおいしい。

水上マーケットめぐりのツアーボートですが、祝日はやってないんだとか。なんでも「他のマーケットが開いてないから」だとか。それもそうか。いきなりあてが外れました。

f:id:shidho:20180101090733j:image:w360

餌買って

f:id:shidho:20180101091328j:image:w360

魚の餌やりとかします。ついでに

f:id:shidho:20180101083755j:image:w360

ミルクティー飲んだり

f:id:shidho:20180101085004j:image:w360

クイジャップとかも食べます。

f:id:shidho:20180101092125j:image:w360

お菓子買って

f:id:shidho:20180101092302j:image:w360

食べたりします、まあここに長居無用だな、と思った割には満喫していますね、まあ戻ります。

博物館発見するも場所がわからない

帰りはソンテウ。シリラート病院そばの船着き場まで行く路線に乗ります。方向は来た道を戻る方向。以前は反対方向に走ってわけのわからない場所に着きました。

途中マップを見ていたら、なにか小さい博物館があるようで、時間もあるので降りてみます。おかしい、なにもないぞ。

f:id:shidho:20180101101513j:image:w360

「博物館」というタイ語はあるのですが肝心の建物がよくわからない。諦めて別のソンテウに乗り、先に進みます。終着は病院のロータリー

f:id:shidho:20180101104038j:image:w360

こちらの船着き場にも魚の餌が売ってます。ここからチャオプラヤー・エクスプレスに乗って、パーク・クロン桟橋まで。

f:id:shidho:20180101111112j:image:w360

ヨートピマン・リバーウォークに着きましたが祝日だからなのか閑散としてるな……。

DVDショップが閉店していたりなかったり

旧市街を走る環状バスに乗ってチャイナタウンに向かいます。

f:id:shidho:20180101122049j:image:w360

DVD屋さんに向かったのですが、ここも新年でお休み。

しょうがないので昼飯の店を2軒ほど探しますが、片方は夕方からのみ営業、もう片方はやっぱり新年休み。

f:id:shidho:20180101122418j:image:w360

でも猫はカワイイです。ますますしょうがないですね。ここからバスでなんとなくシーコンスクエアまで向かってみることにします。確か懇意にしているDVDショップの本店があったはず。

バスで1時間ほど揺られて、オンヌットまで。オンヌットからは

f:id:shidho:20180101135925j:image:w360

ソンテウに乗ってようやく到着。

f:id:shidho:20180101150848j:image:w360

シーコンスクエアはけっこう巨大なショッピングモールです。

f:id:shidho:20180101143041j:image:w360

なんとなく昼飯に汁なしスキヤキ食べて、

f:id:shidho:20180101143905j:image:w360

BLコミック

f:id:shidho:20180101144157j:image:w360

全部日本人作家翻訳っぽいことに戦慄しつつ、DVDショップ探しますがありません。おかしい。

f:id:shidho:20180101144650j:image:w360

端から端まで

f:id:shidho:20180101144752j:image:w360

歩いてどうもおかしいとなって調べて気が付きました。あ、このチェーン店、シーコンスクエアから撤退してる。ここまでほとんど無駄足でした。しょうがないのでサイアムスクエアまで戻ります。

映画のついでにマンゴー食べたり豚トロ炙りを食べたり

正直戻るのにもそこそこ時間がかかるので、夕方からなにしようかな、ってな感じで映画情報を探していました。とりあえずミニシアターしかやってなかった映画が1日1回だけだけど中心部の大きい映画館でやってるらしい。これを早速ネット販売で購入します。でもおそらく中心部に戻っても1時間くらい余るな、てなわけで

f:id:shidho:20180101162708j:image:w360

「マンゴー・タンゴ―」に向かいます。

f:id:shidho:20180101161346j:image:w360

世界各国のアジア人観光客で溢れかえっている名物店。複数人だと待たされますが1人だと

f:id:shidho:20180101161217j:image:w360

相席前提で

f:id:shidho:20180101161247j:image:w360

ほとんど待たずに入って、

f:id:shidho:20180101161718j:image:w360

屋台の昼食2食分だか3食分の高価なマンゴーデザートを堪能します。

さて、映画は

f:id:shidho:20180101185612j:image:w360

「Die Tomorrow」というやつ。「ある人が死ぬ前の日に何をしていたか」をドキュメンタリー風に描いたオムニバス風の映画です。「風」が付くのはもちろんドキュメンタリーでもなければ監督複数のオムニバスでもないから。1日1回だからか劇場はほぼ満席でした。3時間前には左右に空席がある座席を取ってたのに座ったら両側にタイ人が座ってましたからね。

映画そのものは意欲作と言えるでしょう。とは言え死生観とかいろいろ静かに出てくる話だし、死ぬ瞬間は基本出てこない作品ですので少々飽きる作品です。その上「出てくる人次の日に死ぬ」ってことが前提としてわかってますからね。とはいえ「君の膵臓をたべたい」での死に方くらいのサプライズはないわけではありません。そのうちDVDが英語字幕付きで出たら買いたいですがたぶんこの人の映画、DVDにはならないだろうなあ。

さて、この映画終わってさらに次の映画を見ることにします。英題

f:id:shidho:20180101215208j:image:w360

Fireworks」(花火)という日本映画ですが、もちろん北野映画ではありません。アニメ作品

f:id:shidho:20180101215219j:image:w360

アレです。タイ語だとระหว่างเราและดอกไม้ไฟは「私たち関係、そして花火」になるのかな。副題がดอกไม้ไฟจะสวยได้อย่างไรถ้าไม่มีเธอ「花火はきれいに見えるだろうか、もし君がいなかったとしても」となってるような気がしますがなんとなくの翻訳なので正確さを気にしてはいけません。

まあ、こっちで見ると1000円しないのでちょうどいいなと。自分以外の観客は、高校生大学生かわかりませんが数組いたかな。さっきの映画と比べるとかなり空いている感じですがまあこちらは複数館上映でしかも1日複数回上映ですからこんなものでしょう。音声は日本語のままで、英語字幕とタイ語字幕が両方つく感じ。「茂下町」が「if」のダジャレになってることは特に説明がなかったですがまあいいんだろうな。なお観客の一部は途中で飽きてじゃれ合ったりしてましたがそこ含め皆スタッフロールまできちんと見て帰る感じで、普通タイ映画上映とは違うな―と思いました。タイの映画館、基本スタッフロールが始まったら皆帰りますからね。日本アニメだから帰らないのか、みんなきちんと最後まで見る習慣になったのかはまだわかりませんが数ヶ月前のホラー映画ではスタッフロールで皆帰ってましたから作品によるのでしょう。「Die Tomorrow」も最後まで残っている人が多い映画でした。

夕食は、映画と映画の合間に

f:id:shidho:20180101192209j:image:w360

東北タイ料理店

f:id:shidho:20180101192502j:image:w360

ビールを飲みつつ

f:id:shidho:20180101193048j:image:w360

サクッと済ませました。うまかった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shidho/20180409

2018-03-13

大晦日なので鍋を食べたり新年の花火を見たりしてみる

大晦日なので鍋を食べたり新年の花火を見たりしてみるを含むブックマーク

f:id:shidho:20171231201103j:image:w360

バンコクの大晦日です。大晦日だからか、こちらも大雪ですね。*1

さて夕食です。別に年越しそばを食べようとは思わないのですが、せっかく大晦日なので大晦日っぽいものを食べたいな、と思って考えた末、鍋を食べることにします。チムチュムです。

f:id:shidho:20171231220322j:image:w360

結局数日前に夕食を食べた東北タイ料理店と同じお店です。

とりあえずビールを頼みつつ、2杯めはウイスキーにします。

f:id:shidho:20171231202203j:image:w360

実際にはウィスキーではなくラム酒焼酎の混合物だったような気がします。

f:id:shidho:20171231202352j:image:w360

肉は早めに来ましたが、野菜はけっこうかかりました。

f:id:shidho:20171231203701j:image:w360

全部入れて

f:id:shidho:20171231205927j:image:w360

茹でて

f:id:shidho:20171231204503j:image:w360

食べます。

f:id:shidho:20171231215149j:image:w360

ウィスキー(の、ソーダ割り→水割り)もほぼ

f:id:shidho:20171231220227j:image:w360

なくなります。

f:id:shidho:20171231210525j:image:w360

こういうところで酒盛りしていると行商がやたら来るのですが、今日は大晦日なのであんまり断らないで買います。

f:id:shidho:20171231211431j:image:w360

バラとかアメとか。

どっちもそんなに、というか全く要らないものです。どっちかというと施しに近いような気がします。

さて、2次会みたいなつもりで近辺のパブを周ってみます。

f:id:shidho:20171231221310j:image:w360

けっこう混んでます。やっぱり大晦日だからかな。あんまり空席もありません。

f:id:shidho:20171231221410j:image:w360

しょうがないのでここからそれほど遠くないところにある花火大会会場に行ってみることにします。

f:id:shidho:20171231222552j:image:w360

f:id:shidho:20171231222557j:image:w360

こちらも混んでいます。

f:id:shidho:20171231223434j:image:w360

ビアガーデンなどもう入れない感じ。

f:id:shidho:20171231225141j:image:w360

なんとなくデパートに入ったら閉店後だったみたいで、

f:id:shidho:20171231225814j:image:w360

裏口から追い出されました。

f:id:shidho:20171231230536j:image:w360

もういちど同じところに戻ってきます。

f:id:shidho:20171231232218j:image:w360

この時点で23時過ぎくらい。いずれいい暇つぶしにはなりました。

f:id:shidho:20171231233408j:image:w360

24時近く、なんとなくカウントダウンが始まりましたが、

f:id:shidho:20171231235946j:image:w360

カウントダウン終了以前に花火が飛び出しました。やっぱりこの辺アバウトです。

f:id:shidho:20180101000027j:image:w360

f:id:shidho:20180101000105j:image:w360

f:id:shidho:20180101000151j:image:w360

電車はまだあるのですが、

f:id:shidho:20180101002926j:image:w360

混んでそうな気がするので歩いて帰ります。混んでいるところを抜け出すのに30分、そこから30分くらいかな。都心初詣よりは空いている気もしないでもありません。

f:id:shidho:20180101005833j:image:w360

遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。

*1:嘘です

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shidho/20180313

2018-03-07

遺跡でインスタ映えを目指すカップルを見る

遺跡でインスタ映えを目指すカップルを見るを含むブックマーク

ピマーイ2日めです。つうか1泊2日の予定なのでもう発つんですけどね。

まず、朝食のために昨日の屋台が並んでいたあたりに行ってみます。昨日の豆乳屋さんがあればいいな、と思ったのですが夜の屋台と昼の屋台は全くやっている人が違うみたいですね。

屋台の向かいにあるラーメン屋さんに入って

f:id:shidho:20171231083005j:image:w360

辛いラーメンを頼みます。

f:id:shidho:20171231082857j:image:w360

固い米のクッキー名物らしいので持ち帰りで一緒に買います。

屋台にたこ焼きっぽいけど味はまったくたこ焼きとは似ても似つかぬお菓子

f:id:shidho:20171231100005j:image:w360

カノム・クロックを売ってる店があったのでついでに買います。

ピマーイの一番の名物は「ピマーイ遺跡」でありまして、実は泊まった宿と屋台街の間に入口があります。開場時間を調べようと思って寄ってとんでもないことに気が付きました。

f:id:shidho:20171231084631j:image:w360

タイ人20バーツ外国人100バーツの入場料が、年末年始に限って無料なんです。

せっかくなので、持ち帰りの食べ物を手にしたまま入場します。

f:id:shidho:20171231084807j:image:w360

ピマーイ遺跡はアンコールワットでおなじみ、クメール遺跡の1つです。話によるとその中でも一番古いものだとか。

無料だからかなのかはわかりませんが、朝8時頃からそこそこの人数の入場者がいます。目立つのはカップル。

f:id:shidho:20171231085406j:image:w360

3脚を持ち込んで撮影会やってます。自撮りとかの自分が写ってる写真撮るの、タイ人好きだからなあ。あんまり邪魔しないようにしつつ見て回ります。

そんなに広い遺跡では

f:id:shidho:20171231092120j:image:w360

ありませんが、暑くないなか見られるのはありがたいです。

f:id:shidho:20171231085942j:image:w360

あちこち

f:id:shidho:20171231090051j:image:w360

写真に

f:id:shidho:20171231090407j:image:w360

収めつつ一周して宿に戻ってきます。

持ち歩いていた食べ物を食べて、一休みしたところで自転車を借ります。タダで借りられるのはありがたいな。

まず向かったのは博物館

f:id:shidho:20171231102120j:image:w360

遺跡にある仏像関係は全部複製で、

f:id:shidho:20171231103145j:image:w360

本物はこちらに保管してあるそうで。

そうそう、博物館も今日は入場無料でした。おそらくタイらしい博物館のため、無料なのはかなりありがたいです。

タイらしい、というのは、まあやる気が感じられない、というくらいの意味。たとえばこれ。

f:id:shidho:20171231102505j:image:w360

ジオラマが飾ってあるんですが、説明文章通路側ではなく窓に面して置かれているんですね、さかさま。

とは言えあちこちから持ってきた遺物

f:id:shidho:20171231103534j:image:w360

それなりに興味深いものではあります。

さらに、そこから少し遠出して池のそばへ。

f:id:shidho:20171231110802j:image:w360

空中から木の根が生えているという観光地

f:id:shidho:20171231111131j:image:w360

大晦日だからか昼前でもそこそこ混んでいます。

f:id:shidho:20171231111117j:image:w360

ひと通り見て、11時半ごろ宿に戻ってきます。ここのチェックアウトは12時。

f:id:shidho:20171231115455j:image:w360

宿から南に歩いたところにあるのがピマーイのバスターミナルお腹が空いたので近辺の飯屋で「何食べられるの?」と聞いて、

f:id:shidho:20171231120358j:image:w360

豚足煮込みを食べます。

食べている間にバスが出ていきましたが、ここからコラートへのバスは30分おきには出ているようなので、あまり心配せずまったりします。

f:id:shidho:20171231121417j:image:w360

これは正月に食べるらしいブタの煮凝りらしい。試食は出来ませんでした。頼めば良かったかな。

f:id:shidho:20171231122726j:image:w360

帰りのバス。

コラートのバスターミナルからは大型バスを探します。帰りは下り道だしね。

f:id:shidho:20171231143944j:image:w360

さてこのバス、やたら豪華です。

f:id:shidho:20171231144828j:image:w360

まず、お菓子と水が着きます。

f:id:shidho:20171231160125j:image:w360

椅子はもちろんUSB充電コネクタがあって、さらに背もたれにはマッサージ機能付き。あとフリーWifiが飛んでいるところまでは確認したのですが、パスワードを聞き忘れました。まあこれだと、4時間でもかなり快適です。

f:id:shidho:20171231180441j:image:w360

ここからバスとBTSを乗り継いで、初日にも泊まった宿に戻ります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shidho/20180307

2018-02-26

年末に東北タイに出かけて帰省ラッシュに巻き込まれる

年末に東北タイに出かけて帰省ラッシュに巻き込まれるを含むブックマーク

ホテルをチェックアウトしまして、ロットゥーの乗り場を目指します。

コンパトム、駅とチェディ―を結ぶ道の中間あたり、ちょっと曲がったところにバンコク行きのロットゥー乗り場があったのを昨日見つけたのですが、

f:id:shidho:20171229180249j:image:w360

このロットゥーはBTSバンワー行きと南バスターミナル行きだったりするのですね。今日行きたいのは北バスターミナル。できればバンコク中心部は避けて直行してもらいたいものです。と思って昨晩検索していたら「大学そばの乗り場から北バスターミナル行きがあるよ」との記述を見かけたのですね。なので今回はそちらに向かいます

そこそこの道路なんですがバイタク乗り場はありません。ありませんが歩いていたら「どこ行くんだ」って話しかけてくるバイクタクシーには出会います。「パインカフェのある通りのパクソイ」って言っても通じません。そもそもパインカフェ閉店してるみたいですしね。なので、見つけたタイ語サイトをそのまま見せたら、なんかわかったみたいでそこまで連れてってくれます。30バーツだったかな。

f:id:shidho:20171230084606j:image:w360

ロットゥー何台かありますが「どこ行きたい」って言われて「北バスターミナル」って言うと、なんだか話が続きます。話の中に5,1,5という数字が出てきます。あーこれ南バスターミナルからの路線バスの番号だ。中心部通っていいならそのバスが確かに接続しているのです。

半ば諦めてロットゥーに乗り込みます。運転席直後の席はまあまあです。所要時間40分程度。スマホゲーにうつつを抜かしている間にバスはメジャーピンクラオの向かいに着きます。一緒に乗った人のほとんどはそこで降ります。ロットゥー南バスターミナルことピンクラオバスターミナルは微妙に歩きに優しくないので、普通に都心に入るならこちらのほうが便利なのですが一縷の望みをかけて降りないでいると、不審がった運転手が「どこ行くんだ」ってまた話しかけてくるのでその旨話します。でもって終着バスターミナルへ。でもって掲示板等を確認しますがやっぱり北バスターミナルに行くロットゥーはありません。やっぱりダメでした。

f:id:shidho:20171230101517j:image:w360

しょうがないので歩道橋でもう一度向かいに行って、バスを待ちます。

f:id:shidho:20171230101820j:image:w360

511番バス、これ乗るといろいろ捗るんですが今回は使わない、というか、とりあえず目的地は戦勝記念塔。途中で降りてバスを乗り換える手もありますが微妙です。というか途中で降りたんですが道路を横断している間に北バスターミナル行きのバスが通り過ぎていきました。

f:id:shidho:20171230110201j:image:w360

どうしようもないのでカレー食べます。でもって、目指していたバスに乗り間違えます。これ北バスターミナル行きじゃなくて北バスターミナル発のやつだったよ。けっこうな時間をロスしながら、やっとのことで目的地行きのバスに乗り換えます。1時間ほどのロスでした。

f:id:shidho:20171230121535j:image:w360

バスターミナルは年末ということもあって混んでいます。なんか昔の上野駅みたいだ。今回の目的地中間地点はコラートです。コラート行きのロットゥーはけっこう簡単に見つかったのですが、バスがけっこう混んでいるらしい。

f:id:shidho:20171230135820j:image:w360

1時間に2本ほどあるはずのバス、2時間待ちです。まあ今日は移動だけを考えていたので合わせて3時間おくれならそれほど困りません。とは言え少し買うのに迷ったのは事実です。でもってきっぷ買ったあとカレー食べます。

f:id:shidho:20171230133856j:image:w360

さて今回ロットゥーを選んだのは、コラートへの峠道がけっこう急だからです。前回バスに乗った時にはかなりのノロノロ運転になったのですね。こういうときはバンのほうが力があるんじゃないかなと。ちなみに乗ったバンは当然のように

f:id:shidho:20171230144342j:image:w360

ガソリンスタンドで給油してからの出発となりまして、18時過ぎの到着となります。

f:id:shidho:20171230182955j:image:w360

今回の目的地はコラートではなくその先のピマーイ。コラート新バスターミナルからローカルバスに乗り換えなので、バス停を探すとターミナルの裏のほうにありました。

f:id:shidho:20171230183532j:image:w360

ありましたが満員らしい。

「ピマーイ行きたいやつはそこ並んでおけ」と言われたのでバス乗り場の横で待ってますと、おばさんがやってきて「ピマーイ行きたいの、こっちよ」と言います。行きたい人は数人いましたのでタクシー相乗りでもするのかなと思いましたら向かったのはタクシー乗り場、ではなくバスターミナル出口。出口では警察らしい人がバスの検問をやっています。たぶん定員以上に載せていないかチェックしていたのですね。その外で乗る分にはあまり関係ないらしい。数人が満員のバスにさらに乗り込みます。おばさんはそのバスの車掌でした。

f:id:shidho:20171230194748j:image:w360

バスはコラートの市街地際をかすめ、さらに数人乗せてピマーイに向かいます。1時間半くらいかな。時計台の前で降ります。時刻は8時前後

f:id:shidho:20171230200940j:image:w360

ナイトマーケット撤収準備中でしたが、こちらは生鮮市場らしいのでその脇の食堂

f:id:shidho:20171230201554j:image:w360

お粥など食べます。

f:id:shidho:20171230201529j:image:w360

こちらはお粥屋さんとなりの豆乳屋さん。ただし何も頼んでない。何か絵になるかなと思って撮ってみただけ。

まあ、食べてから宿へいったん戻りまして。

f:id:shidho:20171230203652j:image:w360

やっぱりお粥では満腹にならないのでブラブラして

f:id:shidho:20171230215510j:image:w360

見つけたラーメン屋へ。

f:id:shidho:20171230220539j:image:w360

午後10時ごろ、私が最後の客でした。

f:id:shidho:20171230221605j:image:w360

ピマーイ、全般的に夜が早いな、と思うもきっちりセブンイレブンは開いていたので、ビールを買うなどして、ついでに

f:id:shidho:20171230224015j:image:w360

アニメDVDなんかも買ってみます。別にここで買う必要ないんだけど、この先買いにいけるかよくわからないしね。279バーツは1000円ちょっと。かなり安いです。タイ語吹き替えも気になるな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shidho/20180226

2018-02-08

バンコク(と、ナコンパトム)でアヒルまみれになる

バンコク(と、ナコンパトム)でアヒルまみれになるを含むブックマーク

LCCなので、台北から4時間ほどでバンコク・ドンムアン空港に着きました。

時差で1時間ほど得をして、なんだかんだで

f:id:shidho:20171228191847j:image:w360

バスBTSで移動して宿についてから夕食です。

アヒルまみれその1・アヒルの嘴の炙り焼き。

ปากเป็ดย่าง パーク・ペット・ヤーンといいます

f:id:shidho:20171228203847j:image:w360

ปากがパークで「口」の意味。パクソイの「パク」と同じらしいです。パクソイは「ソイの口」か。大通りから小道(ソイ)に入る入口出口のことなので「口」で間違ってないですね。話がいろいろ逸れました。

あんまり日本では見かけない食材なのでタイではけっこう積極的に頼んでいますが、あんまり食べるところがありません。普通にペット・ヤーンを頼んだほうがオトクなような気はしないでもありません。

そのほか東北タイ料理の店なので ซุปหน่อไม้

f:id:shidho:20171228203512j:image:w360

スップ・ノーマイも頼みます。ซุปは検索すると「スープのタイ文字表現」って出てくるんですが、ものがスープじゃないだけにイサーン方言なのかもしれない。ちょっと調べたけどよくわかりませんでした。

アヒルまみれじゃないその1・火葬

さてその翌日です。例によって

f:id:shidho:20171229090252j:image:w360

屋台の朝食と両替を済ませて、フアチャン桟橋から

f:id:shidho:20171229094502j:image:w360

フェリーボートでパンファー桟橋へ向かいます。降りたところにいる

f:id:shidho:20171229095348j:image:w360

バイクタクシーに乗ってサナーム・ルアンへ。ここ近くに見えますが歩くと20分くらいかかるんです。バス停位置微妙なのでバイクタクシーが楽です。バイクタクシーは40バーツだったかな。ちょっとばかし高いような気がしますが

f:id:shidho:20171229100435j:image:w360

目的地目の前に止まったのであまり気にしないことにします。目的は「前国王の火葬場」です。

ここの見学たっぷり2時間弱ほど。後ほど別エントリにする予定です。

アヒルまみれその2・ワットドンワイ水上マーケット

なかなか来ないバスにしびれを切らして、パタデパートまで別のバスに乗って

f:id:shidho:20171229123835j:image:w360

軽く飯を食べ、そこから目的のバス(556番)に乗って

f:id:shidho:20171229134544j:image:w360

ドンワイ寺まで行きます。普通の水上マーケットは観光目的なのですがここは毎日やっているという噂を聞いたので。今日の目的地はもう少し先なので、もし全く営業していないようならさっさと先に進むつもりでしたが、

f:id:shidho:20171229134717j:image:w360

実情は噂通りでありました。8割位のお店が営業しています。

f:id:shidho:20171229140553j:image:w360

ここに来るのは2回めです。今回はどちらかと言うと飯を食べるためです。ですが、ちょっとしたものも買いたいなと。アヒルです。

f:id:shidho:20171229141859j:image:w360

このアヒル、ルークチャップというお菓子です。たぶん里芋系の芋かなにかで作った餡を、寒天で作った皮で包んでいる。

f:id:shidho:20170924110722j:image:w360

果物風の外見にするのが一般的ですが、ここドンワイマーケットにはアヒル外見のルークチャップがあるんです。

これ。アヒル好きの母が大好きだろうなとおもってここに来ました。あんまり安くないんですが、このネタのために寄ったといっても過言でないので営業してくれて助かりました。

ちなみにここで食べた飯は、

f:id:shidho:20171229144320j:image:w360

ナマズの生胡椒あんかけ炒め。生胡椒はやっぱり日本では食べにくいタイ料理かなと思います。

アヒルまみれじゃないその2・ターナー市場

今回の目的地は「ナコンパトム」です。正直ワット・ドンワイ水上マーケットもナコンパトムなのですがもうちょっと先。とはいえまだ3時くらいなのでもう1ヶ所寄ろうと思います。行き先はターナー市場。百年市場とも言われる古い建物が並んでいる場所です。6時位までにはナコンパトムに着きたいな、と思うと、目的はちょっと見るだけくらいになりそうです。

ワット・ドンワイからはいったん556番のバスに乗って「テスコロータス」で降ります。降りたのはテスコ・ロータスの向かい側、

f:id:shidho:20171229153013j:image:w360

歩道橋で反対側に渡るついでにテスコ・ロータスも見学してみます。

f:id:shidho:20171229153839j:image:w360

一応映画館もあるショッピングモールなのですが、バンコクからわざわざ来るほどのモールじゃないですね。でも、大きなショッピングモールなのでバス停も立派です。ついでにメータタクシーもたむろしています。

バス停が立派なので、バスもいっぱい来ます。ナコンパトム行きの長距離バスロットゥーも停まります。いざとなったらここからナコンパトムに直行できますね。でも目的は6147番バス。ターナー市場経由でナコンパトムに行くノンエアコンバスに乗って、ターナー市場の前で降ります。

f:id:shidho:20171229161901j:image:w360

ザボンのお店とか、

f:id:shidho:20171229162345j:image:w360

いい感じのお店はありますが、たぶんいちばんの売りである食堂はほぼ閉まっていました。まあせっかくなので

f:id:shidho:20171229163005j:image:w360

さっきのアヒルの

f:id:shidho:20171229163348j:image:w360

写真を撮っておきます。

アヒルまみれじゃないその3・ナコンパトム

ひと回りしたあと15分ほどバス停で

f:id:shidho:20171229164534j:image:w360

待った6147番バスはそこそこ混んでおりました。まあ終点で降りればそこが今日の宿泊地、ナコンパトムです。

ナコンパトムはいちおう地球の歩き方にも案内がありますが、

f:id:shidho:20171229180903j:image:w360

世界最大級仏塔で知られる街です。この仏塔の横にタイ最大級の屋台村があるらしいとのことで、今回はわざわざナコンパトムに宿を予約してやってきたのです。

確かに屋台は多い。ナイトマーケットとして見ればもっと大きいところがいくらでもありそうな気がしますが、それはそれです。

f:id:shidho:20171229183105j:image:w360

ラーメン

f:id:shidho:20171229183904j:image:w360

カキのお好み焼きを持ち込んだビールと一緒に食べます。食べ終わったのが19時。先ほど調べた、バンコク行きロットゥーの最終が20時過ぎでしたので、ここに食べに来ても日帰りできますね。予約サイトにはここに近い宿がなかったのでそこまで歩こうと思いますが、途中でバイクタクシーを見つけて乗ります。バイクタクシーで10分少々、20バーツ。これは歩かなくて正解でしたね。

f:id:shidho:20171229192009j:image:w360

部屋は広いです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shidho/20180208