あそことは別のはらっぱ。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-12-01

戦勝記念塔に残っているロットゥーの路線を足で調べてみた。

戦勝記念塔に残っているロットゥーの路線を足で調べてみた。を含むブックマーク

ロットゥーが何なのかについては前のエントリーを参照のこと、というか、これ、前のエントリーの続きです。

バンコクのロットゥー発着点が各バスターミナル移転したけど、正直各バスターミナルってバンコクの郊外みたいなところだから、もともとバンコク郊外に行くためのロットゥーが移転する意味ないよね、みたいなことはやっぱり言われていたらしくて、一部のロットゥーは戦勝記念塔に残っているんです。そんなことはまあこの話が出ていた頃から聞こえていたんだけど、さてバンコク郊外に行くロットゥーってなんだろうな、と思うじゃないですか。

例えば昔はその戦勝記念塔からスワンナプーム空港に向かうロットゥーとかあったんだけどそれはどっちなんだろうなとか。前回訳したPDFにはそのものズバリでスワンナプーム行きのロットゥーは一つも書かれていなかったんで、戦勝記念塔に残っているか、もともとスワンナプーム行きはなくてどこかに行く途中で空港に寄っているのか、荷物がそんなに積めないロットゥーに空港行きは無理があるか何かの理由廃止になったか、まあその辺は想像するけどどれも確定情報じゃない。まあそんな感じでアヌサワリーチャイなんとか略こと戦勝記念塔の周りにあるロットゥー看板写真をバシバシ撮って調べてきた結果がこのエントリーです。なおアヌサワリーチャイなんとか、というのはだいたいその辺にあるタイ語の「戦勝記念塔」表記と同じ。なんか長いんで、チャイ、から先は(以下略)って書かれてる。赤バスとかの車掌は行き先連呼するのに「アヌサワリー」すら言わない。「サワリ―」って言うけど最初に聞いたときはなんでこの人こんにちはこんにちは言ってるのかなと思った。その程度のタイ語能力なんで詳しい話はもっとタイ語に詳しい人のエントリをお待ちください。(そういうエントリがあがりそうなんで上がったらそのリンクをここに張る予定)。

あとね、看板、よく読んだら一番上が行き先だけど、経由地とかきちんと書いてあったのね。でも写真撮った時にはそこまで気が付かなかったからピンボケで読めなかったりした。次回は気をつけるわ。

1枚め

f:id:shidho:20161030152651j:image:w360

ราชมงคลธัญบุรี คลอง6 ต.153 50฿

チャマンガラ大学の6番運河。153番路線。50バーツ

2枚め

f:id:shidho:20161030152819j:image:w360

ซีคอนสแควร์ ต.156B 35฿

シーコンスクエア。156B番路線 35バーツ。

ซีคอน-พาราไดซ์ ห้างธญญาพาร์ค สวนหลวง ร.9 ตลาดนัดรถไฟ ถนนศรีนครินทร์

シーコン-パラダイス タンニャパーク ラマ9世公園 鉄道市場 シーナカリン通り

ดินแดง-ฟอร์จูน ถนนพระรามเก้า

ディンデーンのフォーチュン ラマ9世通り

3枚め

f:id:shidho:20161030152836j:image:w360

บางบ่อ ต.129 60฿

バーンボー 129番路線 60バーツ

แยกบางนา ราม2 เมกาบดงนา โฮมโปรกิ่งแก้ว หัวเฉียว บางโฉลง รพ.บางนา2 เอแบค

バンナ交差点 ラマ2世 メガバンナー キンケーウのHOME PRO フワチュウ大学 バーンチャロン バンナー第2病院 ABEC(アサンプション大学)

กิ่งแก้ว โฮมโปร บางพรี บางนา2

キンケーウ ホームプロ バンブリー バンナー2

4枚め

f:id:shidho:20161030152958j:image:w360

มีนบุรี 3 ด่วน ต.93 สีม่วง 30-35฿

ミンブリー 3高速 93番紫路線 30-35バーツ 

รามอินทรา-ตลาดมีนบุรี

ラムイントラ ミンブリー市場

5枚目

f:id:shidho:20161030153628j:image:w360

อ้อมน้อย 35฿

オームノイ 35バーツ

บรมราชฯ พุทธมลฑ...

(よくわからなかった)

มหาชัย(สมุทรสาคร) ต.127 50฿

マハーチャイ(サムットサコン) 127番路線 50バーツ

ด่วนพระรามสอง บางกะดี่ แสมดำ วัดพันท้าย ตลาดลีลา เมืองใหม่ เคหะฯมหาชัย รพ.มหาช้ย ตัวเมือง

ラマ2世高速 バーンカディ セメーダム ワット・パンタイ リラ市場 ムアンマイ マハチャイの家(略) マハチャイ病院 市内中心部

6枚目

f:id:shidho:20161030153635j:image:w360

โลตัสพระราม2 ต.71A 30฿

ロータスラマ2世 71A番路線 30バーツ

7枚目

f:id:shidho:20161030153655j:image:w360

ท่าน้ำนนท์ ต.88A 30฿

ノンタブリー埠頭 88A番路線 30バーツ

เรวดี กระทรวงสาธารณสุข บิ๊กซี

ルワディ 公衆衛生ビッグC

8枚目

f:id:shidho:20161030153707j:image:w360

ปากเกร็ด ต.64 30฿

パークレット 64番路線 30B

9枚目

f:id:shidho:20161030153722j:image:w360

บางใหญ่ ต.88 35฿

バーンヤイ 88番路線 35バーツ

ศาลากลาง ม.บัวทอง

サラクラン ブワトン

10枚目

f:id:shidho:20161030154151j:image:w360

ตลาดบางบัวทอง ต.88 35฿

バーンブワトン市場 88番路線 35バーツ

ท่าอิฐ แยกบางพลู ตลาดบางบัวทอง ศาลากลาง

イット埠頭 バーンプルー交差点 バーンブワトン市場 サラクラン

11枚め

f:id:shidho:20161030154201j:image:w360

พระราม3หน้าแบงค์กรุงศรี ต.69 30฿

ラマ3世 クルンシー銀行前 69番路線 30バーツ

อนุสาวรีย์ทางด่วน ลาบางโคล่ สุดสายถนนพระราม3 จอดหน้าแบงค์กรุงศรี

高速道路記念塔 バンコー ラマ3世通り終点 クルンシ―銀行前

12枚め

f:id:shidho:20161030154216j:image:w360

ราชวุฒิ(บางแค) ต.6 40฿

ラチャウット(バンケ―) 6番路線 40バーツ

เดอะมอลล์บางแค

ザ・モール バンケ―

ด่วน ลง ม.สยาม สถานีรถไฟฟ้าบางห้วา ซีคอน ตลาดบางแค

高速を降りて サヤーム大学 BTSバンワー駅 シーコン バンケ―市場

13枚め

f:id:shidho:20161030154220j:image:w360

สนามบินน้ำ 30฿

ナームビンナーム 30バーツ

ศาลากลาง บิ๊กซีรัตนาธิเบศน์ เซ็ลทรัลรัตนา สะพานพระนั่งเกล้า กระทรวงพาณิชน์ กองสฯ

サラクラン ビッグCラタナチベット セントラル・ラタナ プラナングラオ橋 商業宝くじ

14枚め

f:id:shidho:20161030154233j:image:w360

เมืองทองธานี ต.86 30฿

アントンタニ 86番路線 30バーツ

ด่วนพหลฯ แจ้งวัฒนะ วงวียนหน้า มสธ กรมที่ดิน อิมแพค เมืองทอง

パホン高速 チェーンワッタナー (略) スコタイタマティラット大学 土地学科 インパクト ムアントン

15枚目

f:id:shidho:20161030154320j:image:w360

สะพานใหม่(โทลล์เวย์) ต.82 30฿

サパーンマイ(有料道路) 82番路線 30バーツ

ราชภัฏพระนคร โลตัสบางเขน ชอยสายหยุด บิกซีสะพานใหม่ ตลาดยิ่งเจิญ

ラジャバット大学 ロータスバーンケン ソイ・サイユット ビッグCサパーンマイ インチェン市場

読んでみて

実際読んでみると、大学に行くロットゥーが多いですね。観光に役立つ路線というと、パークレット行きは土日に使えそうですし、マハーチャイとかノンタブリー埠頭行きは鉄道やチャオプラヤーエクスプレスの帰りに使えそう、インパクトアリーナ行きも展示会やコンサートに使えそうな気もします(大人運行の際どうなるかはわかりませんが)。ただまあ、基本的には生活路線だけが残った感じですね。

路線番号はどこまで役に立つのかはわかりませんが、行き先と路線番号を一緒にして検索すると、たまにタイ語のロットゥー情報サイトが引っかかったりするので、先々役に立つかもしれません。あと、乗るバス対応でたまーに使えたりしますが過信は禁物です。

2016-11-29

ロットゥーが各バスターミナルに分散したので分散先を調べた。

ロットゥーが各バスターミナルに分散したので分散先を調べた。を含むブックマーク

ロットゥー言って分かる人どのくらいいるのかな。タイによく行く人には常識だと思いますがたぶん知らない人は知らないので改めて。

タイ文字ではรถตู้って書いてミニバンハイエースみたいな形で12人位乗りくらいのワゴン車がありますがアレのことです。で、ここで言うロットゥーつうのは、あのワゴン車そのものではなく、1人1人でバス料金払って乗れるサービスのことを言います。料金は大型バスよりはちょっと高め、タクシーよりはもちろん安め。ここ10年弱で一般的になった交通手段ではあるのですが、タイ語がわからないと微妙に使えないのでガイドブックにもあまり詳しくは載ってません。ウェブサイトとかブログとかでガッチリ書いているのを見て調べるのが乗るための一番わかりやすい手段かな。行き先さえ連呼してれば有名どころならだいたいなんとかなります。(帰りのことをどうするかという問題はまあ置いておきます)

で、このロットゥーの便利なところは、バンコクからですと戦勝記念塔のところからほとんどの路線が出ていて、どこのバスターミナルよりも交通の便が良かったところにあります。北バスターミナルとかタクシーでも使わないとたどり着けなかったからなあ。それがBTSの駅から徒歩で行けるというだけで移動時間の短縮になるのは非常に便利でした。良かった、とか、でした、とか過去形なのは、今年10月から戦勝記念塔のロットゥー乗場はほぼ全て廃止になって、各バスターミナルに分散したからなんですね。

この告知、10月の初め頃に告知されて、PDFもダウンロード可能です。ところがこれ全部タイ語なんですね。読めない人にはつらい。いちおう日本語の情報がDACOのサイトにあるんですが、さてどうだろう、ということで訳してみました。

で、それ。

PDFにはいくつか重複があったのでそれを除いて訳を貼り付けたのがこちらです。著作権とはあるのかな、少なくとも私は主張しませんので自己判断により自由にお使いください。

なお、各バスターミナルに向かうシャトルバスDACOの既報によると半年間の運行だそうですが、これにはいつまでとか書かれていませんでした。

読み方。

地名はまあなんとか訳しましたが、地方スーパーマーケット名とかで書かれていたりもするのでまあその辺はなんとかしてください。たぶんそういうところに元々行き来していた人はこんなのなくてもなんとかなると思います。ディンデンとかパヤタイとか書いてあるのはバス会社名かなと最初は思ったんですが、どうも戦勝記念塔のバス乗り場のことっぽいです。そう言えば戦勝記念塔のバスのりばにそういう振り分けがあったな、と今になって思い出しました。

f:id:shidho:20161030153428j:image:w360

この写真地図、北が左になってます。なんかどういう原則かよくわかってないんですがタイの地図には北を上にするみたいな暗黙の了解存在しません。アップしたPDFの地図もN記号っぽいものありますがこれ全然北の向きを示しているものじゃないのでお気をつけください。

で、緑がパホンヨーティン、赤がディンデーン、青がパヤタイ、黄色がラチャウィティ―ですね。それぞれ戦勝記念塔に接続している通りの名前です。おそらくバスもその通りに向かう際はこれらの乗り場に止まってたんでしょう。PDFには、ここに書いてない地名が2つほどありますが、それらおそらく別のロットゥー乗り場だと思われます。

注意

各バスターミナルに移転、とは書きましたが、南バスターミナルは少し事情が違います。南バスターミナルは10年ちょっと前に、新南バスターミナル(サーイ・タイ・マイ)ができてほとんどのバスはそちらから出ていますが、ロットゥーはそちらに移転していません。旧南バスターミナルから発着します。旧南バスターミナルって何ていうのかなと思ったら「サーイ・タイ・ピンクラオ」だそうです。ピンクラオは旧南バスターミナルがあるところあたりの地名ですね。

続き

で、各バスターミナルに行かなかったロットゥーがあったのでそれも調べました。(次のエントリー)

2016-11-18

iPhone5に入っている古いOSを最新のOSにする際にハマったことあれこれ(現在進行中)

iPhone5に入っている古いOSを最新のOSにする際にハマったことあれこれ(現在進行中)を含むブックマーク

行きつけの酒場マスターが、販促に使っているポイントシステムを新しいものに変えた。前まではFelicaかなにかのワンタイムパスなシステムと音声認識ハイブリッドな感じのタッチ端末を置いていたのが、店舗ごとの独自アプリインストールさせて二次元バーコードでスタンプを認識させる方式になった。そのポイントシステムの是非はまあ置いておくとして、あと前バージョンでたまっている200ポイント以上の来店ポイントの行き先はともかくとして、問題ひとつ

その「店舗ごとの独自アプリ」をマスター自身はインストール出来ないことだった。

iPhone5に入っているOSはiOS6だった。

かいバージョンは覚えていない。とはいえiOS10が最新バージョンの時代に、流石にiOS6は古い。これに最近カスタマイズされた独自アプリは確かに入らないだろう。ポイントシステムの営業の人もいろいろ試してみたようだが入らなかったようだ。正直何を試したのかはさっぱりわからないがそういうことだ。本人は自分更新する店舗説明とかが確認できないのがもどかしいので、どうしても自分のiPhoneにそのアプリを入れたいようだった。であれば、アップデートするしかないわな、iOS10に。

iPhoneの容量は16GBだった。

店に無線LANはない。手持ちのWifiルータを使う手もあったけど、そもそもバックアップを取っていないというので、とりあえずPCでバックアップを取ることにした。先々このノートPCを無線LANルータ化できればiCloudバックアップとかアプリアップデートとか楽になるだろうな、と思いつつその話はまだ先のことだ。

バックアップにはそこそこ時間がかかった。特に時間がかかったのが、FacebookYahooLineのバックアップが取れないことに対する対処。本人はゲームとかは時間と金の無駄だと思っているようで*1App Storeを使ったことがほとんどない。Facebookはともかく、Lineのアップデートも全くしていなかった。本人も使っていないiCloud経由でなんとかLine内容のバックアップが取れないかと思ったが、iOS6ではiCloudの新規設定ができないし、なぜかかかっているApple IDのロックを解除することもできない(iForgotにつながらない)。YahooとFacebookはバックアップが取れなくてもID,Passを覚えていればなんとかなることと、Lineについてはメール認証が通っていれば友達リストだけは再取得できることを話してバックアップしないことに同意をもらった。

あと、見たら、iPhone5の容量は16GB。そのうち10GBくらいを写真が使っていた。アプリはほとんどなしで、2〜3GBくらいを「その他のデータ」ってやつが占めていた。あれだ、「ベン・ハーレンタルすると消えて残り容量が増える謎のデータ」ってやつだな。いずれ、残り容量は500MBくらい。これやっぱりオンラインでのアップデートは無理だったな、と思いつつ、iTunes経由でアップデートを始めて、放置するように話してその日は店を後にした。

Adobe AirがPC上でアップデートを始めた

翌日朝にメッセージが来た。内容は、

「Adobe Airのアップデートを聞かれているんだけど、これはアップデート成功なのかな」

うん、Adobe AirにiPhoneが1ミリも関係しないことは分かる人にはわかるがわからない人にはわからない。PCもあまり使っていないところで久々にネットに繋いで放置したのでオートアップデートのダイアログが出たんだろう、と思って、アップデートできた場合の確認方法を教えたが、やはり本人では確認できないようだった。まあ本当にアップデートできていれば画面の外観は大幅に変わるわけで、そのへん全く話していないってことはアップデートできてないんだろうなとは思った。

その翌日に店に向かって話を聞くと、やはりアップデートできていなかった。実はこの時点でその理由は2つ考えられた。一つは例の容量不足、もう1つはPCの省電力設定。接続している機器がどんな通信をしていても、キーボードマウスを触らなければ待機状態になるのが最近の賢いPCの挙動だったが、本人その話をすっかり忘れていて、とりあえず省電力設定から待機状態にならないようにはさせてもらった。で、バックアップも取っているので、データの消去にも同意いただいた。

消去する前に思い出したのが、バックアップデータのバックアップを取ること。このiPhone、つなぐたびに毎回バックアップを取りに行っている。データ消去したあとのバックアップでそれを上書きされてはたまらない、なので一応バックアップデータのフォルダを全てコピーした。これが30分くらい。で、今度こそ、とiOS10へのアップデートを開始し、やっぱりそのへんで店を後にした。

「iPhoneを探す」がどこにあるかわからなかった

翌日昼、本人がFacebookに「新しいOSだと操作感覚わからん」と書いているのを見て、とりあえずアップデートには成功したのだなとは思った。別途メッセージで「昨日言われたことを参考にバックアップから戻そうとしたが、何かメッセージが出てきてバックアップから復元できない」というので、また店に行った。

なんか毎日店に来るよう営業されているように見えるかも知れないが、もともとこの店自体にはほぼ毎日行っているので行動的にはiOSがあろうとなかろうと大した差ではない、あるとすれば20時台のツムツムフィーバータイムに全く関われなかったことくらいではあるが、まあそれはそれとして行ってみたらわかったのは「バックアップから回復」するためには「iPhoneを探す」をオフにしないといけないことだった。それもそうだ、というのでとりあえずiCloudの設定から「iPhoneを探す」の設定をオフにした。しかし元々iCloudの機能だとはいえ、「iPhoneを探す」の設定がここにあるのって初見殺しだよなと思った。もしくはマスターがその言葉を覚えて書いてくれればいいのにとか少し思った。

本人も忘れているApple IDがあった←イマココ

バックアップからの回復は30分くらいで終わった。iOS10ではiOS6時代のバックアップは使えない、とか言われるのは嫌だな、と思ったがそんなことはなかった。あとはバックアップの取れなかったアプリを再インストール、と思ったら、バックアップは取れなかったもののアプリがあった部分に「準備中」との文字が出ている。不審に思いつつもApp StoreでLineをダウンロードしようとすると、先日までとは違うApple IDに対するパスワードが求められた。

話を聞くと、このApple ID、前に使っていたキャリアメールのアドレスだという。今のApple IDとは1文字違い。本人はキャリアメールのアドレスを変えたらApple IDの変更手続きをしなければいけないことも知らなかった。まあ自分も知らないことがいっぱいある。そういうことならこっちのIDでいろいろやればよかったのかもしれないが、このID、PCからログインしようとすると「ロックされています」と出る。ロックを解除するためには解除コードを送ってもらうか、「秘密質問」に答えるしかない。しかし解除コードの送られるメールアドレスは既に使われていない。秘密の質問はまあありきたりだが、しかし本人がその答えをひらがなでかいたかカタカナでかいたか、もしやスペース区切り漢字で書いていたか、そもそもその答えが正しいかをすっかり忘れていた。よくある話だ。自分も秘密の質問に「今自分の左にあるものは?」と書いて、10年以上たった今その答えが全くわからなくてそのIDを放置している。ここから先はサポートにでも聞いて、Apple IDのロックを解除してもらうくらいしかない。しかしApple、どうやって本人確認するつもりなんだろうな。

今後の課題

今使っているApple IDはもしかしたら、今まで全く使っていなかったものかもしれない。iOS6上のiPhone5ではサインインそのものがうまくいかなくて、PC上のiTunesでサインインしたら利用規約が出てきたというのがその推測理由だ。

ただ新規登録ならパスワードなど2度入れるはずだし、自分が新規登録したのではないとしたい。古いApple IDに未練はないが、一度でも登録に使われたメールアドレスには移行できないからだ。

本人確認ができてApple IDのロックが外れたとして、次にどれをやればいいのか、いくつか案はあるがよくわからない。Apple IDの登録からiPhone 5を外せばApp Storeから新しいIDでアプリがダウンロードできるのかどうか、たぶん出来ると思うのだがこれもやってみないとわからない。

あとあれだなあ、初日に飲み代無料にしてもらえそうになって断ったんだけど、これは無料にしてもらったほうがよかったな。

*1:その事自体否定はしない。実際けっこう自分も無駄遣いしている

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shidho/20161118

2016-11-01

สนามหลวง(王宮前広場)はお祭り会場だった。

สนามหลวง(王宮前広場)はお祭り会場だった。を含むブックマーク

10月下旬タイに行ってきていました。それについてはそのうち書こうと思います。というかその話を書いていたらいつまでたっても表題の話につながらないので。

いつの話?

王宮前広場に行ったのは、10月の29日、30日です。その前にいたチェンマイホステルオーナーでもあるタイ人から「なんだかんだあって今はいろんなイベント自粛しているけれども、王宮では人数を区切ってお参りが出来るみたいだから行ってみたらどうかな」と言われたのですね。確かにこれを逃したら行けないイベントではあります。

とは言え、まあそこまでしっかり考えずに向かったら、とんでもないことになりました。

どうやって行った?

10月29日は、フアチャン桟橋からボートに乗ってパンファー桟橋まで行きました。フアチャン(หัวช้าง)桟橋はBTSで言うとサイアム駅とラチャテウィー駅の途中にあってたぶん一般旅行者なら1番めか2番めに利用しやすいボート駅です。ここから西に向かってボートに乗ると終点まで1駅か2駅。こっち方向はどこまで乗っても同一料金です。そうすると終点がパンファー(ผ่านฟ้า)桟橋。ワットサケットという小山のお寺を見に行くのにはなかなかいい位置にある駅なのです。この近辺に昼には閉まってしまうカオマンガイの店とか、土日にしか営業していないお粥屋さんとかを巡るのが当初の目的でした。それからチャオプラヤー川に行ってソンテウにでも乗って水上マーケットにでも行こうと思っていたのです、当初は。

途中で通行規制がどんどん増えていく。

パンファーまで行くとまあほぼバンコク旧市街です。一方通行が増えていきます。そんななかバンコク庁舎で記帳したりしながら王宮方向に向かっていくと、だんだん通行規制が増えていくんですね。とは言え通行規制は自家用車だけで、バイクとか、まして歩行者は規制されません。なのであまり気にせず歩いていましたが、とある歩行者橋で「此処から先は検問で通れないようにしているから、先に行くなら別の橋を渡れ」と書かれているんですね。

検問なんだけど、検問じゃないテントがいっぱい張ってある。

検問そのものはタイでは珍しい存在ではありません。名だたるデパートのほとんどには入口にガードマンと金属探知機のゲートがあります。BTSは大丈夫ですが、MRTもやはり入り口に同じようなものがあります。同じような検問が王宮そばに入るところにあったわけです。別にパスポートとかIDカードの掲示とか求められません。先月はじめには月末のテロとかが警戒されていましたからその一環もあるのかもしれません。

入るとまたテントがいっぱいあります。保健省の健康チェックとか書いてあります。まあご老人の方とかも来るのでそういう対策かなと思ったらそれだけじゃなかった。

うちわ配ってます。黒い絵に白一色のシンプルなうちわ。お悔やみにはちょうどいい感じです。

おしぼり配ってます。ちゃっちい薄い生地ですがちゃんとタオル地のやつ。

ヤードン配ってます。鼻に突っ込んで吸うとスースーするやつですね。

ミネラルウォーター配ってます。いや、別にミネラルウォーターじゃなくて飲水ですね。でもコンビニでは10バーツくらいするやつです。

シンプルな白いアイスクリーム、たぶんタイなのでココナツアイスだと思いますが、それがコーン盛り付けられて配れています。

もうね、暑さ対策グッズがこれでもかと配られているのです。

いえ、暑さ対策グッズだけではありません。陸軍省だったかな、兵隊さんのところには食べ物屋台も出ています。日本のお振る舞いでも豚汁いれて配るような発泡スチロールのおわんにガパオライスが盛り付けられて配られてますし、その向かいにはピザを作ってるフードトラックが止まっています。袋にもち米と挙げた豚肉を入れたお弁当は私ももらいました。おなかいっぱいでなかなか食べられなかったのがあれですが。

歩いているタイ人はほぼ全員が上下黒の服装です。上だけ黒の人はこの1週間あちこちで見てきましたが、上下黒なのは本当にこの界隈だけでした。みんなお悔やみのために、服装整えてきているのですね。

その割には遺影の横で自撮りかましたり、自撮りも普通の顔バージョンサングラスバージョンの2種類を撮っていたりという撮り方です。

あちこち座り込んでいるタイ人もいっぱいいます。ただしみな日陰です。みんな涼しい場所はなんとなくわかっているのですね。

ワット・プラケオの前に来ましたら、違和感の正体がわかりました。

この近辺は交通の要所でもあるので、いつもは車がたくさん走っているのです。それが全くない。その代わりにシャトルバスを走らせているけれども本数が少ないので完全に歩行者天国状態です。

午前中で気温はそこまで高くないけど炎天下なので人はそれほど歩いていません。じゃあどこにいるかというと王宮前広場なのです。

王宮前広場はすごい行列だった。

入ると無料電話と無料Wifiの告知が貼られています。はい、ここでも無料なのです。

飲み物は水だけではなく何かのジュースとかお茶っぽいものとかコーヒーっぽいものも増えました。ストロー付きです。なんだかわからないけど植物も配れています。FacebookURLをもったおじさんがいます。

どこで配ったものかはわかりませんが、亡くなった国王肖像画を持った人がたくさん歩いています。

これが王宮前の外周。その1段内側には行列があるのです。

この行列がたぶん、例のお悔やみ場所につづいているのでしょう。とりあえず行列の最後尾に着くために歩いてみるのですが、行列が途切れないのです。

途中に救護室っぽいものがいっぱいありました。配っているものは少しずつ種類を変えて似たようなものがたくさん配れています。飲み水ボトルは一度断ったら「こっちのほうが冷えてるから交換してあげる」って言われて交換してもらいました。確かにそのほうがありがたいです。

で、もうすぐ半周、というところで気が付きました。この行列全く動いていません。それだけの量なんです。

そこに上半身Tシャツとはいえ、下半身は白のチノパン人間が並んでもあれだな、と思いました。で、王宮前広場を離れて王宮の方にいると、たくさんの人がいます。道路端に座っています。これはタイに来る前のニュースでも見ました。誰が来るのかはわかりませんが、誰かが専用車でここに来るのです。それが来るのを待っているのです。

そんななかでもうちわを、アイスクリームを、飲水を配っている人がいます。歌と踊りがないだけでもうほとんどお祭りなんです。そんなことを言っている間にヤクルトを1本もらいました。王宮そばの大学の壁には生前王様活躍が描かれた壁画があって、そこでタイ人が記念撮影をしています。一旦出ると外では王様の写真が1枚10バーツ、5枚買うと1枚おまけで売られています。私もなんか2枚買いました。

いや、大変だな、と。これが1日め、29日の出来事です。

王宮前広場に来るのも、無料、無料だった。

29日はほとんど歩いて王宮前広場に行ったようなものでした、そこから離れるのもチャオプラヤーエクスプレスボートとか使ってますので、移動手段にはそれなりにお金を使っています。ちょっと気になったのは「青旗ボートを半額割引で運行しますよ」という告知くらい。まああれだけ混んでいるわけですから、ボートの割引くらいはあるだろうな、と思ったのです。

30日は別の水上マーケット(ワット・ドンワイ水上マーケット)に行くつもりでした。これはgoogle mapで調べるとマッカサン駅前からバスが出ていますが、実際はそんな運行はなされていない。王宮前広場の北側で折り返し運転しているらしいのです。なのでそこまでは別のバスで行く必要があります。

さてどのバスで行くかな、と思ったらそこで来たのが「王宮前広場まで無料」バスでした。そうなんです。昨日無料で配っていたのは飲み食いするものばかりではない、移動手段まで無料なのですね。

それだけでは足りないのか、バンコク各地のバスターミナルなど交通の要所はシャトルバスが走っています。南バスターミナルから北バスターミナルから東バスターミナル、戦勝記念塔、そのほか聞いたことのないバス停までいろいろ走っています。

バスを降りたらまた無料です。飲水もらって、お弁当もらって、今度はポスター写真ももらいました。ポスターの行列はあまりに並びすぎて検問と勘違いされて「ポスター要らなかったら横通って先に勧めますよ」みたいな案内までされていました。飲水やお弁当はともかくポスターはほしかったので並んでいたら目的の556番バスに乗り逃して、次のバスまで30分以上待つことになりますがまあそれはそれです。

ええ、バス停は臨時のバス停が4箇所に分散されているのです。もともと王宮前広場周辺が、この近辺のバスの集散場所にもなっていますから、それらのバスの移動先やらシャトルバスの位置などが掲示されていて、さらにそれらが来るときに案内する人がいる。それでもまあ大混乱な感じのバス停周りでした。さらにバス停周りには先ほど言ったような無料配布の屋台が立ってますが、さらにでかい壁掛けの絵とかペンダントを売っている人もいます。そういえば昨日船着き場のそばにはリボンを模したバッジとか売っている人もいました。

ちなみにシャトルバス、普通のバスから観光バスっぽいもの、さらにミニバンまでありました。本当にシャトルバスなのかはわかりませんが、サービスでタダで乗れます、って書いてあるんで少なくとも無料なのは確かで、見た中で一番遠くから来ているのはパタヤからでした。

みんながみんな王宮前広場に集まっているわけではない。

それと、これは書いておいたほうがいいでしょうね。そこまでみんなが弔意を示すために無料の手段で集まったら他の場所はどうなっているのかと。

そこから40分ほどでたどり着いた、ワット・ドンワイ水上マーケットはそこそこ混んでました。タイの観光地あるあるで、駐車場に入るための渋滞が発生していました。

やっぱりそこは、いろいろいるんだろうなとは思いますね。ただ、そこにいるタイ人もほとんどが黒服でしたが。

(なお、写真は後ほど追加します)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shidho/20161101

2016-10-19

アウェアネス・リボンっぽい黒い胸章を作ってみた。

アウェアネス・リボンっぽい黒い胸章を作ってみた。を含むブックマーク

えーとですね、喪章の話です。

アウェアネス・リボンっていうのがなんだかわからない人も多いと思うんですが、乳がん帽子ピンクリボンとか言論の自由ブルーリボンとか、そういうのあるじゃないですか。ああいうリボン運動に使うリボンのことを総称して「アウェアネス・リボン」って言うんだそうです。さっきまで私も知りませんでした。

葬式に出るわけじゃないんですが、ちょっと全土的に喪に服している場所がありまして、まあ対象の人も直接会ったことはないんですが哀悼の意は示したいなと思ったんですよ。なにせ黒い服が全国的に品薄だったりするらしいので。ユニクロでも黒い服が売り切れているとかで、これは大変なことだなと。

挙げたリンクの中にはリボンを配る計画もあるとされているのですが、実際いつ配られるのかはよくわからない。対象はそこの人だけらしいんですがまあいろいろ考えてこちらのユニクロTシャツ3枚(で1500円)を買ったりしました。炎天下歩く可能性もあるのに黒Tキツいですけどね。

という前置きで、喪章です。

パイロットの人は腕章が必要だったらしいんですが、半袖に腕章はちょっとつらい。胸章かなと思うんですが、胸につける徽章って日本だとほぼ葬式用なんですね。ゲスト用、もしくは係員用です。黒、リボンで検索してみると本当にそんな感じです。これもちょっとやだなと。

リボン、で検索して出て来る1枚の細い布をクルッと回した感じのリボン、売ってないのかな、と思ったのですがそういうのない。調べたら近所の「花王堂」に係員用の胸章売ってまして、受注生産とか書いてあるのでいちおう問い合わせたら黒だけは在庫があるそうなので6つほど購入してきましたがこれはこれで微妙です。なければ作るかと。

微妙と言いましたがこういうのは気持ち問題ですから、気持ちさえあればなんだって良いわけです。1個32円ならこっちのほうがいいような気もしないでもないので以下はオマケ的にお読みください。

この花王堂のそばにあったデパート1フロア使い切ってたダイソー、気がついたら撤退していたので少し離れたダイソーに向かいまして、いろいろ買いました。

f:id:shidho:20161019023032j:image:w360:left

安全ピン(50個入り)、バイアステープ(2.75m)、グルーガングルー(20本入り)、それにグルーガンです。ダイソー、100円ショップですが、グルーガンは200円。あとは100円ですね。

安全ピンはいろいろな大きさのものが売っているのですが、一番小さいものを買いました。バイアステープっていうのは手芸に興味のない方には馴染みが薄いと思いますが、布の縁取りに使うやつです。別にバイアステープでなくてもいいのですが、そのダイソーにはリボン売ってなかったんですね。同じような幅で使えそうなので、代用品みたいなものです。

f:id:shidho:20161019023110j:image:w360:left

これを適当な長さに切ります。10cmから15cmくらいがいいのかな。紙の芯に巻かれている関係上、必要のない折り目があるのですがまあこれはシゴくなりアイロンをかけるなりでのばせると思います。私は伸ばしませんでした。

f:id:shidho:20161019023144j:image:w360:left

試しに丸めてみたかんじがこちら。なんとなくいい感じになりそうです。

f:id:shidho:20161019023249j:image:w360:left

丸めたあたりにグルーガンで糊付けしてやります。本当はこの間に安全ピンも入れてやればいいのだと思いますし慣れたらその方法でもいけました。

f:id:shidho:20161019023300j:image:w360:left

まあ、これは慣れていないときの写真なので、いったん糊付けした上からもう一回グルーを載せてやります。

f:id:shidho:20161019023318j:image:w360:left

その上に安全ピンを載せて、固定。グルーは温度が冷える前ならそこそこ動かせますし、冷えた後はそれはそれで扱いが楽ですのであまり緊張しなくても大丈夫

f:id:shidho:20161019023616j:image:w360:left

材料はいっぱいあるので、いくつも作ってみました。バイアステープの表裏とか、安全ピンの位置とか、リボンを丸めた角度、交差位置など試行錯誤して作ってみると良いと思います。

原価とか

バイアステープは3m弱。このくらいの大きさだと15個から20個くらい作れます。となると、原価は5円から8円といったところでしょうか。安全ピンは50個入りなので1個2円。グルーは10個作ってもまだ半分以上残っていたので、まあ1円しないくらいですね。グルーガンを持っていれば1個あたり10円くらいで作れることになります。

といっても、他に工作などしない場合、余った部材は無駄になりますので10個作って30円。グルーガンの分を乗せると50円。そういう場合、売っている喪章のほうが安いかもしれませんね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shidho/20161019