ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

XRQ技研の業務日誌(XRQ Tech Lab)

2013-09-28 QRPの楽しみ

ヘッドフォーンより小さなリグ

 猛暑続きだった季節も収まってきたようだ。朝晩はちょっとした羽織るものが欲しい気温になり、虫たちのきれいな声が聞こえてくるこの頃である。厳しい暑さの中では秋の訪れを待ち望んでいたのだが、夏の終わりを感じ出すと寂しさも湧いてくる。

 7MHzバンドは賑やかだ。休日ともなれば各地に移動している局が電波を出している。コンディションによって伝播のしかたが時々刻々と変わってくるので、そのタイミングをねらって呼びかける。簡単なアンテナと小電力でも交信が可能だ。私の場合、アンテナは20m長のEFHWと1/4λのダイポールを使っている。家の周りに立木を利用した目立たない線を延ばしている。ダイポールにあってはほぼ直角に曲げた状態での伸展である。

 リグ(送受信機)はもっぱら、最大出力でも4Wのものだ。電信専用なので手のひらに載るような小さなリグである。ヘッドフォーンを耳に信号を聞いていると、すぐ近くの千葉県の局からの信号が聞こえず、和歌山奈良の局が強力に入ってきたり、微かに聞こえていた九州の局がだんだんにはっきりと強いシグナルを送ってきたり、不思議な世界を体験できる。

 この周波数帯は電離層の影響を強く受け、直接伝播するよりも、電離層と地面との反射によって伝わっていくことが多い。そのため、電離層の高さによってその反射した電波の到達地点が変わることになる。電離層が高くなれば遠距離に到達し、下がってくると近距離となる。電離層では反射とともに減衰という現象も起こるので、安定した2地点間の通信経路としてはこの周波数帯は適していない。

 電離層は太陽の影響を強く受ける。そのため伝播のしかたは日中と夜間ではまったくその様相が変わる。電波の到達距離では日中はほぼ国内専用であり、夜間になると海外の局が多く聞こえてくる。

 先日の夕方、移動している局がそろそろ撤収を開始したらしく、通信終了を意味する「CL」という符号を打ち出し、次第にバンドが静かになってきたころ、聞き慣れないコールサインが聞こえてきた。結構シグナルが強力だったので何気なく呼びかけると、私のコールサインの一部と?が返ってきた。すぐに、自分のコールサインを繰り返し送信した。すると、相手からの私のコールサインとともに「599」が返ってきたのだ。これはR:了解度・S:信号強度・T:音質を表す数字である。それぞれが最高であるというレポートをもらうことができた。交信の後でそのコールサインを調べてみると相手はフランスの局だった。ヨーロッパまで私のシグナルが届いたのだ。それも、常夜灯に使われるナツメ電球程度の小さな出力4Wである。

 さまざまな自然条件が重なり合って、そのフランスの局のアンテナと私のアンテナとの間にうまく通路が形成され、貧弱な電波でも繋がることができた偶然の出来事である。

 小電力での通信を「QRP」と呼ぶ。最近、このような設備で交信に挑む人が増えている。大きなアンテナを設置し、数kWという大出力の数百万円もする送受信機を使えば、遠くの局と交信できるチャンスは増える。しかし、電離層の状況など自然条件に比べたら、そのような人間のできる設備投資などは些細なことでしかない。自然の作り出す奇跡的なチャンスを、じっくりと楽しむおもしろさに多くの人たちが魅せられているのであろう。

 QRPにはもう一つの魅力がある。手作りのおもしろさだ。自然界にチャンス委ねて楽しむのだからリグなどの高性能を追求する必要はない。一人一人の技量に応じて送受信機やアンテナなどを作り、その結果として通信ができることを楽しむのだ。

 自然環境への挑戦を続けてきた人間であるが、荒ぶる自然の前にはその力の小ささを思い知らされた。自然に挑むのではなく、その中でどのように生きていくかが問われている。QRPの楽しみ方もその一つの方向だと思うのだ。

2013-09-19 台風一過

コスモス畑

今日は台風一過の青空が広がっている。台風18号は北海道の東側を過ぎ、熱帯低気圧に変わったようだ。南西諸島を通過し、本州に近づいてきた頃から各地に被害が出始めていた。台風の西側にあたった滋賀県などでは数十年に一度といわれる大雨が降った。新たに制定された「特別警報」が発令されたが、「直ちに命を守る行動を・・」と言われても激しい風雨の中では避難が難しかったようである。京都などの有名な観光名所が洪水の土砂に覆われている様子は痛々しい。

 一方、台風の東側の遠く離れた関東地方では、積乱雲が発達し、大きな竜巻が発生したようである。突然の強風で屋根が飛ばされたり農業ハウスが壊されたり、電柱街路樹がなぎ倒されたりしている被害が出ている。

 これまでも毎年台風の来襲を受けているのだが、今回のような猛烈な雨や、台風から離れたところでの強風被害は初めてのように思う。地球全体での気候が荒々しく変動しているのだが、身近なところでもさまざまな被害が続いている。

 「数十年に一度の・・」「千年に一度のプレート移動が・・」「南海トラフエネルギーが溜まって・・」「未曾有の・・」「想定外の・・」耳慣れない言葉が次々に現れている。

 被害に遭われた方々にできるだけの支援をし、少しでも早い復興を祈りたい。

 ところで、気になった言葉がある。「熱帯低気圧」と「温帯低気圧」である。よく気象情報で”熱帯低気圧が発達し、台風○号になった。”とか、”台風は勢力を衰えさせ熱帯低気圧になった”と使われる。近づいてくると下り坂の天気になったり、荒れ狂ったりする低気圧なのだが、この二つはどのように異なるのだろうと調べてみた。

 結論から言うと、その生成過程が異なるようである。熱帯低気圧は熱帯地方の海上で暖められた空気の上昇気流によって発生した渦巻きであり、その中心風速が17.2m/秒を超えると台風と呼ばれるそうだ。また、温帯低気圧は暖気団と寒気団がぶつかり、上昇気流の発生によってできる渦巻きで、前線を伴っていることが多いという。この二つは発生する場所による違いではなく、発生過程の違いによる名称のようである。そのため、温帯低気圧は風速が強くなっても台風にはならず、台風が弱まっても温帯低気圧にはならないのだという。

 今回の、台風から遠く離れたところで発生した竜巻は、台風の影響で急激に発達した積乱雲によって10個も同時に発生したようである。台風の渦によって太平洋上の暖気がその縁に沿うように押し出され、列島上の寒気団とぶつかって起きた現象のようだ。

 大地の動きや大気の動きが複合的に連続して起こると、思いも寄らない、それこそ想定外の事態が発生する。これまでの経験則が通用しない災害になる可能性がある。

 人の英知はそれを乗り越える底知れない力を持っていると信じたいが、ともかく日々身の回りを再点検し、減災に努めたいものである。

2013-09-15 鳥の大群

ムクドリの大群

 打ち上げが延期になっていたイプシロンが無事に衛星を軌道に乗せることが出来た。これまで培ってきたMVロケットからやH2AH2Bロケットなどの技術を統合した新型のロケットである。世界の宇宙ビジネスに対応するためには確実で安価なロケットが必要であると開発されたとのことである。打ち上げ予定時刻に打ち上げ予定海域に貨物船が進入したとのことで打ち上げが14:00に延期された。JAXAのリアルタイム中継でその様子を見たのだが、画面では起動がだんだん下がっていくように見えはらはらどきどきだった。それでもアナウンスは順調に飛行し予定通りに一段目、二段目と燃焼を終了し、予定軌道に乗ったようだ。初号機と言うことでいろいろなトラブルもあったが、ともかく、新しいロケットの門出を祝いたい。

 先日の台風17号が熱帯低気圧に変わったと思ったら、台風18号が偏西風に乗って日本列島を横断しそうなコースを取り始めている。ロケットの打ち上げには支障はなかったようだが、今度は近畿東海、関東に大型台風の接近である。

 その台風と関係があるかどうか定かではないが、ムクドリの大群が変わった動きをしていた。普段は夕方になるとねぐらにしている木々の中に入っているのだが、この日の夕方はたくさんの鳥たちが鉄塔に留まっている。その数は数え切れないほどで、鉄塔の横棒に等間隔に並んで喧しい鳴き声を上げている。時々カラスが近づくとその近くの鳥たちが飛び立って逃げるのだが、すぐに戻ってきていた。何のためにこんな大群が集まっているのか不思議なのだが、日が暮れるに従って徐々に数が減り、どこかへ飛び去っていった。

 自然の生き物の行動はなかなか予想がつかない。私たち人間の感じるものとは異なるものを感じているのかも知れないし、全く別の事情があるのかも知れまい。

 最近よく見かける鳥たちの種類も変わってきているように思う。ムクドリの数が一番多いが、ヒヨドリもよく見かける。またオナガもギーギーと鳴きながら長い尾を広げて飛び交っている。イエスズメの数は減ってきているようだ。川にはいつもカルガモが泳いでいるし、コサギもよく見かける。オナガがもやコガモも季節にはやってくるし、アオサギやカワウの姿を見かけることもある。公園が整備され、川も以前より浄化されたので鳥たちの生息が増えてきたのだろうが、自分の子供の頃の自然とはどこか異なっているようにも感じる。人間も自然の一部として、自然に影響を与えながら自然環境が変化していると考えるべきなのだろうか。

 宇宙への挑戦や気象環境の解析など科学技術が進んでいるが、自然と人間の関わりについてはまだまだ見えないところが大きいように思う。

2013-09-03 防災の日

防災フェスティバル

 南からの湿った暖気が上空の北からの寒気のぶつかっている。前線が日本列島に乗しかかるように停滞した状況である。天候が不安定になり、昨日は竜巻と思われる突風で大きな被害が出た。気象庁でも今年の天気について異常気象と言えるのか検証する会合を持ったという。地球規模の災害が続いている。スーパーコンピュータでの気象解析が進んできたこのごろになり、予測できない気象事象が頻発しているのは皮肉である。

 9月1日は大正12年9月1日に発生し甚大な被害を起こした関東大震災を忘れないために設けられた「防災の日」である。この日の前後は防災週間として位置づけられ、さまざまな防災に関する行事が行われる。

 先日、地域で行われた防災フェスティバルに参加した。消防署や消防団、町会や地域防災会などが中心になって災害への備えをアピールした。その中で応急救命のコーナーを担当し、胸骨圧迫による心肺蘇生法とAEDの取り扱いについて説明を行った。

 その中で、60歳代と思われるご夫婦がみえられ、とげのある質問をしてこられた。一通り心肺蘇生法の説明をした後、そのご婦人が次のような話をされた。

 お母様が国立の名の通った病院に入っていて、胸骨圧迫の蘇生をする状況になったという。その時、「大きな身体の若い医者が力一杯胸を押していた。そのおかげで母は、その後胸が痛いと言っていた。そしてまもなく息を引き取った。母が亡くなったのはあの医者があんなに強く胸を押したからだ。」と話されたのだ。

 病院でどのようなことがあったのかを知る由もない私としては、返答のしようもなく、お悔やみを伝えるしかなかった。そして、「心肺蘇生法を行えば必ず助かると言うことではないが、そのまま放置すれば亡くなってしまう方でも、蘇生法によって助かる命があるならば、できるだけのことをしたいとこの講習をしているのですよ」と伝えた。

 二人称の死を経験した者にとっては、さまざまな悔いが残り、「もし・・・・ならば」と考えてしまうのは致し方のないものである。いつまでも生きていてほしいと願うのは当然であり、死という現実を受け入れることの難しさは計り知れないものがある。

 胸骨圧迫蘇生法は究極の状況で行われるものだ。外部から胸郭が5cmも沈むほど大きな力で胸骨を押し、その下にある心臓を圧迫し、脳への血流を確保する。肋骨の骨折が起こるかも知れない。圧迫部の皮下出血は当然起こる。内臓部の損傷の危険もある。そんな危険を冒しても脳の酸素不足によるダメージを軽減したいということから行われるものだと理解している。

 AEDにしても、「止まってしまった心臓を再び甦らせるもの」と理解されているむきもある。しかし、 AEDはAutomated External Defibrillator,「自動体外式除細動器」と呼ばれるように心室細動によって本来の心臓機能が損なわれてしまったとき、機器が自動的に解析を行い、必要に応じて電気的なショック(除細動)を与え、心臓の働きを戻すことを試みる医療機器なのだ。これを使えば誰でもが甦ることのできる魔法の機器ではない。

 大人でさえ命と向き合うことは難しい。小学生や中学生にも心肺蘇生法やAEDの扱いを講習しているが、どこまで命の尊さに迫って伝えられているか自信はない。しかし、限りある命をその最後の時まで大事にしていくのだというこの取り組みは続けていきたいと思う。