ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

XRQ技研の業務日誌(XRQ Tech Lab)

2018-01-31 皆既月食

皆既月食はじめと終わり

 夕方、散歩をしていると東の空にぼんやりした光が見えた。何かの光が雲に反射しているのだろうと思っていたが、しばらく歩いていて見上げると、それが月であることがわかった。薄い雲に隠れたおぼろな月である。

 そう言えば、今日は2015年4月以来の3年ぶりに皆既月食が見られることを思い出した。ほとんど月の形もわからないような、この雲が晴れてくれなければ、せっかくの機会が台無しである。

 とりあえず、準備をして月食の始まるのを待った。9時を過ぎる頃に空を見上げると、あの雲はすっかりなくなっている。月食はすでに始まっていて日食のようにはっきりした食ではないが、地球の影が月を隠しているのがわかる。9時50分頃には皆既月食が始まった。赤い月の出現である。

 地球の影に覆われた暗い月は、手持ちの機材でははっきりとした姿をとらえることはできないが、普段の月とは全く異なった赤い色を記録することができた。皆既とは言っても地球を回り込んで月に到達する赤い光は、月の部分部分の明るさを変えている。

 左の写真は21:45のもので、右は22:45である。明るい部分が移動しているのがわかる。

 天候を心配していたのだが、冬の澄み切った空の中できれいな皆既月食を見ることができた。自然の美しさに感動である。