Hatena::ブログ(Diary)

滋賀県立近代美術館 公式ブログ RSSフィード

2015-06-19

夏休み子ども美術館、今年のテーマは「カゲとカタチの大ぼうけん!」

f:id:shiga-kinbi:20150603085903j:image

もうすぐ夏休み。県立近代美術館では毎年夏に、子どもたちや初心者を対象とした美術入門編の展示『夏休み子ども美術館』を開催しています。6月30日(火)から始まる今年の夏休み子ども美術館は、「カゲとカタチの大ぼうけん!」と題し、今年は美術の基本要素である「光と色彩」「形態と構図」をテーマに開催します。

《かげの ある え、かげが ない え》《なんだか おかしな かげの せかい》《シルエットと みずに うつった かたち》《かたちが あわさり なにかが うまれる》《かくされた かたちを さがしてみよう》《えの 中の かくれた せん》などのコーナーにより、美術作品の中の光と影の効果やその意味、単純な形から複雑な造形への変貌など、美術のさまざまなトピックスに触れ、アートへの親しみを増していただくのが狙いです。

展示作品数は、現代美術部門28点、日本画・郷土美術部門22点。および併設の小倉遊亀コーナー(14点)と工芸展示コーナー(4点)を含めて、総展示点数は計68点(予定)となっています。作品展示の他に、カードで遊べるプレイコーナーも用意しています。展示に関連したワークショップイベントなどを多数開催いたします。詳細は追ってお知らせいたします。


ここでは展示作品のさわりをご紹介いたします。

f:id:shiga-kinbi:20150603085904j:image

▲秋岡 美帆「ゆれるかげ」

かげを しゃしんに とって、さくひんを つくったよ。いったい なんの かげかな?

f:id:shiga-kinbi:20150603085905j:image

▲野口 謙蔵「梅干」

なつの あつい おひるどき。みじかく こい かげが その しょうこ。

f:id:shiga-kinbi:20150603085906j:image

▲アントニ・タピエス「黒い空間」

かげの ような ぶきみな もようが うかびあがって なんだか こわいね。

f:id:shiga-kinbi:20150603085907j:image

▲山元春挙「富士二題」

右は あさ、左は 夕がたの え。やまの かげが どちらに あるかで それが わかるのさ。

f:id:shiga-kinbi:20150603085908j:image

▲フランク・ステラ「イスファハーン」

はんぶんに きった まるが、5つ くみあわさって さくひんに なったよ。どこに あるか わかるかな?

f:id:shiga-kinbi:20150603085909j:image

▲冨田 溪仙「雲上鶴図」

たくさんの ツルが まるい かたちを つくったよ。いくつ あるかな?


■常設展示「夏休み子ども美術館:くカゲとカタチの大ぼうけん!」 6月30日(火)−8月30日(日)

休館日:毎週月曜日 ただし7月20日(月・祝)は開館、翌21日(火)休館

観覧料(共通):一般 500円(400円))、高大生 300円(240円)、小中生 無料 ( )内は20名以上の団体料金。

※企画展の観覧券で常設展も観覧できます。

※毎日、午後2時から美術館サポーターによるギャラリートークを行います。

 

Copyright © The Museum of Modern Art, Shiga All Rights Reserved.