Hatena::ブログ(Diary)

626Labの日記

2017-03-17 (茨城班)リブ切出し

気がつけば3月も下旬!!

寝かしつけている時の1分はとても長く感じるのに、1日や1週間はあっという間に過ぎていってしまう。きっと気がつけば、大会当日になってしまうんだろーな。

それまでに息子くんは「パパ」といえるように日々練習を重ねていかなければ。ちなみに「あーたん」とは呼べるようになっています\(^o^)/

さて、茨城班は活動場所が増えました。これまでは、パイロットの家だったのですが、出張の関係でメンバーの家でも作業を進めています。ちなみに普通のアパートです。なので、周囲のおうちへの配慮をしながら作業を進めなければいけません。

活動内容は、印刷後に買い出しを行い、船体リブ三枚の外形切出をしました。

f:id:shiga626Lab:20170322220904j:image

活動後の写真です。部屋に雪が積もってる、、わけではなく発泡です。

お部屋のお掃除も大変(:_;)繰り返しになってしまいますが、作業場はメンバーの自宅です。

2017-03-08 (茨城班)フェアリングの設計会議

(茨城班)フェアリングの設計会議

書類も無事に提出し、今は書類審査に受かると信じて突き進んでます。

結果が出るまではドキドキの日々です。

今日は食事時間からずーっと会議でした。ものすごい気合を感じました!

まずはフェアリングの今後の進め方についてです。どの作業にどれくらい時間がかかるのか、接着時間にやれることは?など綿密に話し合われていました。

社会人チームだからどうしても仕事優先になってしまい思うように作業が進まないようです。けれども、これまでの経験を活かして,効率の良い作業と技術をフル稼働で機体製作をしているんだろーなと見ながら思っています。

f:id:shiga626Lab:20170308195305j:image:w360

その後,今後の予定の確認をしました。茨城版は,GWに滋賀に合流です。

そのためにコックピットが車に乗るか確認もしました。無事に乗り、一安心だったそうです。

のせている写真がないのは、その頃には息子くんが寝ていたから(。-ω-)zzz. .

コックピットが乗っているところを見たかったな−。

2017-02-26 主翼の製作進行中

主翼の製作進行中

主翼の製作も順調に進んでいます。

初めての切出しプランク構造。

以外に作業はサクサク進む。

f:id:shiga626Lab:20170307213706j:image:w360

f:id:shiga626Lab:20170307213707j:image:w360


そろそろ、翼が増えて置き場所に困る時期になってきた。

f:id:shiga626Lab:20170307213708j:image:w360

2017-02-11 合宿

大会書類作成のための合宿を行いました。

いつもはパイロットの自宅で作業をしていますが,今日は場所が違います。

そこで,なんと茨城県メンバーのフリード+にコックピットを積んで出発です。

新しいシートに傷がつかないように,丁寧に作業が進められていきます。

f:id:shiga626Lab:20170213231828j:image

無事にのりました。

さすがフリード+。コックピットも運べるように作られているんですね♪

固定するための紐をひっかけるところ(名前が分からずすみません)もあり安心・安全に荷物が運べそうです。

f:id:shiga626Lab:20170213231829j:image

この車を見てから,さらに大きい車がいいなーと思っています。

2017-02-10 大会書類作成中

最近の茨城県の活動は,大会書類作成です。

活動までに各自で作成して,意見を交わしあって,次回の活動までに直しをするというハードなスケジュールです。

毎回宿題があって,仕事後にも頭をフル回転している姿を見て,ついつい夜食を出したくなってしまいますが、、。そこは我慢して,私が食べています。

わが子も一生懸命お手伝いをしようとしています。

f:id:shiga626Lab:20170213230240j:image

「このコード美味しいよ☆」というわんばかりの喜びで,ブンブン振り回しています。

そんなことをしていたら当然怒られるわけで、、

慌てて退散だーとなりました。

f:id:shiga626Lab:20170213230238j:image

そうなんです。ズリバイですが前にすすめるようになりました!!

行動範囲が広がり,目が離せないことが多くなってきました。

だから一緒に子育てしてほしいのですが,この日は明け方まで書類作成にかかり,起きてきたのは昼前でした。