ダメダメ憲法研究家の独りよがり(仮)

2013-04-26 途中まで

[]自称めいちょ 22:39 自称めいちょを含むブックマーク

 自称名著*1の最新版について途中まで。


続きを読む

*1:陰口って、表で言われていることと違うことが言われているわけで、大人って怖いなあと思ったり、おとなになったら陰のこともきちんと耳を傾けないといけないなあと思ったりする。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shiga_kenken/20130426

2013-04-07 おひさ

[]完成度の低い教科書の一例 20:55 完成度の低い教科書の一例を含むブックマーク

 どうも、1年半以上ご無沙汰してしまいますた。タグとか完全に忘れてしまいました。(´・ω・`)

 先日、大学に行ったセンパイから「授業で憲法を教わったのだけれど、そこで使った教科書が完成度が低いと先生が怒っていた」ということを聞いた*1ので、その教科書を入手して、ちょっと書いてみるテスト。

 ただ、最近かなり忙しくて、あまり時間がとれないので、以前途中まで読んだときにメモしたものを手がかりに*2、再度読み直すことなどせず、箇条書き程度に書いてみます。

 もっとも、この程度のことは、既に同業者の方から指摘を受けているかもしれませんが、そういう場合、今後の付き合いの関係で、「けなす」ことはないだろうから、率直に書こうと思います*3


続きを読む

*1:今年度は別の定評ある教科書を使うそうな。

*2:数ヶ月前のメモを今読んで意味がわからないのは、デフォルト…。(´・ω・`)

*3http://twitter.com/kfpause/status/317971649838317569からも想像できるように、こんなふうに「悪口」「否定的評価」を繰り返していると、「知り合い」が減るなど、まずいかもしれませんが。

shiga_kenkenshiga_kenken 2013/04/08 13:51 書き忘れた箇所もあるけれど(例:151頁の学生無年金障害者訴訟には最高裁判決があるでしょ、とか。)、重要なことを書き忘れていたので、それを補足。
260頁:条例制定権は「…地方の実状に応じて法律とは異なる規制を行うことができると解すべきであり」と言い切った形で最高裁判決を引くのはマズイのではないか。
せめて「…行うことができる場合があり」と言わないと。
さらに、先占理論を同一目的・同一事項に限定することに疑問があるし、最高裁判決が同一目的・同一事項以外のことにも言及しているという意味で判例紹介としては不適切なのかなと。

以上のことは、おそらく上記の注4にも関連して,「要約・文字数削減」をしようとして、意図とは異なる内容になってしまったのではないかなと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shiga_kenken/20130407

2011-09-04 お〜しゃぜりぜ〜(謎

[][]「基礎体力」 00:55 「基礎体力」を含むブックマーク

 2つ前の8月11日の日記(http://d.hatena.ne.jp/shiga_kenken/20110811#1313047235)の続きなのかも。



 新書くらいは何冊か読んで書いたほうが良かったの鴨しれないけれど、そんなめんどうなことは姉妹…。

 別に体系的・網羅的に書くわけではないので、「情報収集の仕方」とかはパス。



続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shiga_kenken/20110904

2011-08-14 やっぱりかいちゃった

[]「筋の通った答案」とLRAの基準 17:58 「筋の通った答案」とLRAの基準を含むブックマーク

 改めてエントリーを書く必要はないのではないか、書くとしても長々と書くのではなくて、「AとBを読んでください」と一行で書けるかもしれないけれど、ダラダラと書いてみるテスト。(´・ω・`)

 別に、木村先生に対して直接返答しているつもりはなくて、読んでくださった方が、今後どこかの場面で参考にしていだければ幸いと思う程度です…。

 結局のところ、泥縄状態ですし、1週間程度では大した進歩もなく、調査不足・勉強不足なところ*1が多々あるかもしれませんが、ご容赦願います。m(_ _)m(2つ前の日記の文章を若干流用。)


続きを読む

*1:探し方が悪い、読んでいない、読んでいても読み方が悪い、読んでいても忘れているかもしれない、などによる悪循環…。(´・ω・`)

shiga_kenkenshiga_kenken 2011/08/14 20:24 > 「筋の通った答案」

 たとえば、空知太事件と同一事案で、原告・被告・裁判所の主張を記述する問題があったとする。

 そのときに、別に、目的効果基準を使って合憲だと論証したって構わないよね。
 最高裁判例から真っ向から衝突するけれど。

 記念すべき888番目の行政判例研究において、

> 本件に目的効果基準を適用すれば、本件利用提供行為は合憲だとされる可能性が高かった。
〔木村草太「空知太事件最高裁判決判例評釈」自治研究87巻4号138頁(2011年4月)〕

と書かれているわけだし。

実際に地裁・高裁は目的効果基準を使ったわけだし…。(ただし、両判決の結論は違憲。)

academicacademic 2011/08/21 17:41 わたしは、この木村草太先生の自治研究87巻4号、138頁を、読んでいないので、この間の論旨、論理上、どのような事実関係に基づく、どのような解釈であるのかを、分かっていないのですが、この「答案」質疑を述べた文を読み、一瞬、目を見張るというか、今まで見たことのないものでしたから、興味を抱いて、コメに一筆書かせて頂きました。

 小生は、このような頭を使う学問的な論証には、とうてい馴染めないので、理解するには足らないのですが、実は私もこのような本件の「問題点」に近い、この判例に係るテーマを、少々感想として密かに抱いてきまして、この後とも同様にどこかで消化と言いますか、解決の案を欲しかったのが、正直のところでした。
 
 というのは、私は、ヒョンナ偶然で、この空知太の砂川政教分離訴訟に、直接関係する羽目になり、昨年の1月20日最高裁大法廷へ、この事件判決の傍聴に行き、谷内原審原告・控訴人、上告人と、久しぶりに会って、その折に法廷外の道すがら、ご苦労会パーテイへ同道し、「最高裁判決の違憲にも拘わらず、高裁差し戻しとなったこと」について、不満を聞き役となった経緯でした。

 その他、この私が書いたツマラナイ、ブログ記事をクリックして頂けると書いてあるように、偶々、国立信州大学旭本部キャンパスの旭町内、キャンパスから約20メートル程のところに、自宅があって良く知っているので、キャンパス内神社を国家賠償法訴訟で提訴して、平成16年7月14日東京高裁にて、憲法第89条政教分離原則に反するとの、判決となって、その後、住民監査請求と住民訴訟を提起して、平成19年3月3日に財務省、文部科学省、国立信州大学法人などが、その神社を収去として跡地を更地とした経過となり、この国賠判決文が右の砂川市空知太政教分離訴訟の1.2審、最高裁上告審へ提出され、判例として証拠採用された経緯でした。

shiga_kenkenshiga_kenken 2011/08/22 17:22 ☆academicさん

 はじめまして〜♪

 「筋の通った答案」としては、別の既存の意見(例:愛媛玉串料判決の反対意見など)でもよかったのですが、木村先生の評釈を出してしまいました。
 条件付で、上記のように書かれていましたが、条件やこの見方に対する木村先生の反論は省略してしまいました…。
 うかつにも、木村先生の評釈を出した結果、新たにコメントを書いてくださる方がいらっしゃったということで…。

 (*_ _)つ旦~ ドゾ

 さて、木村先生の評釈に関しては、著者ご本人様がブログを書かれているので…、と思いましたが、
 すでに、コメントを書かれていたのですね…。
 http://blog.goo.ne.jp/kimkimlr/e/fa79b66555b62d49122d2b50887cd57b

 というわけで、academicさんの疑問については、木村先生の評釈を読まれるのが重要なことかもしれません。
 あと、空知太事件最高裁判決に関しては、ジュリスト1399号(2010年4月15日号)所収の安西文雄報告・座談会、調査官解説〔ジュリスト同号のものよりも詳しい、清野正彦・法曹時報63巻8号(2011年8月)〕などは必読文献でしょう…。

 リンク先を読ませていただきました。
 いろいろと訴訟されているのですね…(^^;。
 白翁稲荷神社事件のほか、あまり知られていない大天白七福稲荷神社事件の高裁判決確定の事情をお教えいただければ幸いです。最高裁だったらどう判断しただろうとかとも思ったもので。
 『裁かれたキャンパスの神社』等に書かれているのであればすみません。読んでいない私が悪いのですが…。

 いろいろと訴訟されているようなので、白翁稲荷神社・大天白七福稲荷神社の2つの事案に限って言いますと、前者については、高裁の判決文が判例タイムズに掲載されましたが地裁判決がどうだったのか、後者については地裁・高裁の判決文は公表されていませんよね。判決文が、紙媒体かネットかどこかで読めれば良いのかなと思いました。
 政教分離関連で何も貢献していないのに、自費で訴訟されている方に、生意気言ってすみません。

 山口進・宮地ゆう『最高裁の暗闘』(朝日新書、2011年)192頁によると、裁判所構内の祠が問題となったけれど、「砂川市の神社と裁判所の祠は別だ」ということになったらしいです。
 政教分離問題は根が深いと言いますか、いろいろと検討しなければならないような気がします。

 アクセス数の少ない私のブログに、わざわざ、書き込みありがとうございました。m(_ _)m

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shiga_kenken/20110814

2011-08-11 けちみゃくそうじょう の かしか

[][]情報の共有状況 16:20 情報の共有状況を含むブックマーク

 前回までの話とは、一応、別の話です。


続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shiga_kenken/20110811
Connection: close