Hatena::ブログ(Diary)

shigeponの日記

(技術系の日記はrhacologに移動しました)

2008-07-09

Google技術講演会in京都

7月6日Google技術講演会in京都へ行ってきました。

とりあえず結論から

#=「Google最高!」

ハイアットリージェンシーとかえらい高級なホテルカジュアルな服を着た人たちが集まるという面白い光景を見つつ。

軽食→講演→交流会

を楽しんできました。

ちなみに「京都」ということでGoogleの講演と同時にはてなの講演もありましたが、まぁ講演の話は誰か書いてくれてるだろうと思います。


キャンセルする人」の割合が予想よりとても少なかったからか、交流会もかなり混雑してました。しかもそれくらい人がたくさん居たのに

#==知ってる人が一人も居ない

やっとkumatchさんを見つけましたが、kumatchさんも全然知ってる人居なかったようです。(学生や教員の方々が多かったような・・・という話も聞きました)

kumatchさんに今作ってるアプリカオス具合を見せたりとかしてる内に・・・


#=なんと抽選の1番に当たりました。

すげー!抽選なんかお米とかしか当たったこと無いよ!

という訳でGoogleのデジタルフォトスタンドを頂きました。どうもAdsenceで貢献されてる方とかに送られてる商品みたいです。

という訳で当たったときに言えなかった一言を

#=Google最高!

あとはrhaco名刺を求められてrhaco名刺モテ威力を味わったり、写真撮ってもらったりしました。

#==第2の結論:rhacoモテ

さらにその後懇親会に紛れ込んだんですが、なんと人数約50人で居酒屋へ!良く入れたものだと思いますが、なんとか入ってGoogleはてなの方たちなどと色々聞かせて頂きました。

取り仕切って頂いたcuzicさんnitoyonさん

飲み代を負担していただいたGoogle様

#=本当にありがとうございました

これからも関西でどんどんイベントなど開いてくれたらうれしいです!東京には興味あるけど、出来れば関西にGoogleが来てくれたら嬉しいなぁ〜〜〜!

2008-02-29

逆引きrhaco22: rhacoチュートリアル

rhaco本家にもチュートリアルはあるんですが、他のブログの方が紹介されている記事が素晴らしいので紹介します。下記の順序で読むとわかりやすいと思います。

チュートリアル順序:

1.環境作り(PDT) - sotarokさん

2.簡単な掲示板作成 - anatooさん

3.サンプルアプリblogkitを見る - sotarokさん

lingrで話題が出たので転載しておきました。

2008-02-25 rhaco-jaにペットが!?

id:riafさんがlingr:rhaco-ja楽しいペットをおいてくれました。


rhacophpドキュメントを教えてくれるbotを置いてみたよ!

doc generic.Views::read

とか

doc strpos

とかで遊んでみるといいよ!

だそうです。オラも遊んでみます!

2008-02-23

はじめて通天閣の下を通った

cocoitiさんが関西にやってくるということで会ってきました。何年も大阪に居るのに初めて通天閣の下を通りました。

酒が全然ダメなので、飯とかコーヒーになってスンマセン><。しかも喫茶店がなかなか見付からずに連れ回してスンマセン><

色々話をして色んな刺激をもらって来ました。あれもやりたい。これもやりたい。そして「とりあえず」病を直したいー。

自分の中でなんとなく整理出来た点とかもあり、こういう「話合い」が出来る場は大事だなぁと思った夜でした。

2008-02-19

逆引きrhaco(?)18:doctestを使う

※追記があるのでrhacoアプリ開発日誌も参考にして下さい。

doctestは「Pythonのdoctest便利ー!」と聞かされてカッとなって作った(パクった)テストツールです(違ってたら修正よろしく〜)。

便利な点は

1.コードテストが同じファイル内にある

2.ユニットテストテストが書いてある場合、どのユニットテストを見れば良いか分かる

3.テスト書いてないかどうかも分かる

4.trunkではドキュメントと同時にテストも表示されて例文代わりになって便利!

5.trunkではテストファイル単位フォルダ単位で自由に選べる

この4点だと思います。

早速簡単なのを書いてみます。

適当プロジェクトを作ってlibrary/Hoge.phpを作ったとして


<?php
class Hoge {
  var $fuga;
  /**
  * class hoge
  * これはjavadocやphpdocsです
  * @author shigepon
  */ 
  function Hoge($fuga){
  /***
  * $h = new Hoge('rhaco');
  * eq('rhaco',$h->fuga);
  * neq('conveyor',$h->fuga);
  * neq('shigepon',$h->fuga,'テスト結果の欄にコメントを付けれますよ');
  * assert(isset($o->fuga));
  * //これはdoctestなので、コメントは//とか付けます
  */
    $this->fuga = $fuga;
  }

  function foo(){
  /*** #pass */
  //テストを「飛ばしたよ」と明示する場合
  }

  function bar(){
  //doctestを書かないとNONEと結果に表示されます。
  }

}
?>

という感じで書きます。doctestを行う手順は

1.setup.phpアクセスする

2.上部の「testリンククリックする。

これだけです。

さらに、

3.上部に実行するファイルフォルダを選択できるコンボボックスがあるので、選択

4.executeボタンクリック

で、指定したファイルフォルダテストが可能です。

使えるメソッドは

eq(予想する値,実際の値,表示するコメント)→予想値と等しければtrue

neq(予想する値,実際の値,表示するコメント)→予想値と等しくなければtrue

assert(実際の値,表示するコメント) →値がtrueならばtrue

の3種です。

rhacoでは気軽にテストを書けるので「転ばぬ先の杖」的に書いておけば幸せになれるかもしれません。

ちなみにRhaco自身のテスト内容はsetup.phpのrhacodocリンク、またテスト結果はRhacoフォルダ/_testapp/setup.phptestリンクから見ることが出来ますが、

非常にたくさん/*** #pass */が書いてあります。

/*** #pass */を埋めようと思う人は是非、lingrのrhaco-jaページなどで「テスト書くよ!」と言って下さい。