Hatena::ブログ(Diary)

目指せ三冠王!宅地建物取引主任者(宅建)・マンション管理士(マン管)・管理業務主任者(管業)絶対合格ドリル:更新 このページをアンテナに追加 RSSフィード

スポンサードリンク
スポンサードリンク

2012-10-02

マンション維持修繕技術者試験 11-25

| 22:57 | マンション維持修繕技術者試験 11-25を含むブックマーク

【問題25】屋根・外壁の防水改修に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.断熱材のある露出アスファルト防水層の改修に、塩化ビニル樹脂系シート防水・絶縁工法適用する。

2.既存の防水層やシーリング材を撤去した下地には、改修材料の接着性を確保するためのプライマー塗りなどの下地処理が必要である。

3.外壁ALC接合目地のシーリング材を改修するに際し、ALCパネルの目地部周辺に大きな欠損部がある場合は、その部分を予めセメントモルタルで補修整形しておく。

4.シーリング材が充てんされている外壁コンクリートクラック誘発目地の改修に、シーリング材再充てん工法適用する。


■ANS 3

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shikaku3/20121002/1349186238
リンク集