Hatena::ブログ(Diary)

目指せ三冠王!宅地建物取引主任者(宅建)・マンション管理士(マン管)・管理業務主任者(管業)絶対合格ドリル:更新 このページをアンテナに追加 RSSフィード

スポンサードリンク
スポンサードリンク

2012-10-02

マンション維持修繕技術者試験 11-33

| 22:58 | マンション維持修繕技術者試験 11-33を含むブックマーク

【問題33】パネル型又は一体型の受水槽・高置水槽更新する修繕設計に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.1日使用水量の10分の2から10分の3を、新設受水槽容量算定の基準とした。

2.既存水槽は分割されていなかったため、中間仕切付き受水槽を選定した。

3.耐震クラスA以上の仕様として、設計標準震度1.0の高置水槽を選定した。

4.屋内設置のステンレス鋼板製受水槽には、防露対策を講じないこととした。


■ANS 2


,およそ1日使用水量の4/10~6/10としている場合が多い。

耐震クラスA以上とは受水槽1.0、高置水槽1.5

げ案發棒澆韻ステンレス鋼製又は鉄板製の吹奏には、防露対策を講じる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shikaku3/20121002/1349186335
リンク集