Hatena::ブログ(Diary)

目指せ三冠王!宅地建物取引主任者(宅建)・マンション管理士(マン管)・管理業務主任者(管業)絶対合格ドリル:更新 このページをアンテナに追加 RSSフィード

スポンサードリンク
スポンサードリンク

2012-10-02

マンション維持修繕技術者試験 11-40

| 23:00 | マンション維持修繕技術者試験 11-40を含むブックマーク

【問題40】マンションの換気・空調設備に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.マンション採用される換気は、第1種機械換気方式が多い。

2.給気が不十分な場合に、必要換気量を確保するには、換気扇の排気能力を大きくする。

3.エアコンは10年前より高性能で高効率化しており、更新では新機種との交換が有利である。

4.エアコン室外機の設置については、騒音対策として密閉のカバーで覆うのが良い。


■ANS 3


マンション採用されるのは第三種機会換気法が多い

換気が有効に行われるためには、給気が重要である。

騒音等の対策として、隠蔽型の設置方法もあるが、必ず所定の開口率を確保するなど、排出機能にも注意する。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shikaku3/20121002/1349186418
リンク集
Connection: close