小春日和 このページをアンテナに追加

2010-07-17 Our Prelude

shimadora2010-07-17

お久しぶりね。

もう、かれこれ1カ月も放置しちゃった。

さくらんぼマラソン以降ちょっと体調が優れなかったり、

旦那が夜PCを占領していたり、

ツイッターに移行していたりでなかなかブログ更新できませんでした。

まま、色々あったんですが、これだけは書かなくてはっ!

[]デビュー30周年武道館コンサート 00:02 デビュー30周年武道館コンサートを含むブックマーク


今年は3日間のうち初日と2日目に聖子様詣をして参りました。

初日は雨の中、Nさんと。

2日目はうって変わって青い空のもと同級生4人で。

聖子様繋がりがどんどん増えていくのが嬉しい。

聖子ちゃんのコンサートって誘ってもだいたい嫌がられないの。

一度は見て見たかったと大抵おっしゃいます。

そして見終わったあとは皆さん「すごいねー」の連発。

そうなんです。彼女はこうして30年走ってきたんです。

ライブからだいぶ経ってしまいましたが、

感動は褪せるどころか増すばかり。

思い出して涙が出てしまうことも。

30年、あっという間だったと聖子さんは言うけれど、

沢山のものを犠牲にして、傷つく事も多かったと思います。

楽曲に恵まれ、スタッフに恵まれ、ファンに恵まれたとしても

やはり彼女の努力なしには歌手として続けることは出来なかったでしょう。

歌が好き、好きだから続けたい。

歌う事は聖子さんにとって生きることなんだと改めて思い知らされました。

30年芸能界で現役で生きていることは奇跡。

アイドルと呼ばれた人たちで今、毎年アルバムを出し全国ツアーが出来るのって聖子さんしかいないと思う。

それだけ愛されてるんだな。神様に選ばれた人なんだよ。ほんとに。

デビュー30周年にあたり、レコード会社を長年のソニーからユニバーサルへ移籍。

その知らせを聞いた時は「ちょっとぉ〜何も今、このタイミングでしなくても」と正直思いました。

30周年まではソニーに居て、記念のアルバムはもちろん松本隆作詞&ユーミン作曲。

それが80年代の黄金期を愛するファンとしての理想でした。

でもね、そんな節目にわざわざ移籍してセルフプロデュースでアルバム制作。

バンドメンバーも変えて、どうしたの?姫ご乱心?ってちょっと心配になってました。

そして出したアルバムのタイトルが「My Prelude」(序章)

やるね、聖子。

これだけやってまだ序章ですか。

でもね、それが本当なんだなってライブを見て実感しました。

今ハッキリと言えるのは私は今の聖子さんが一番好きってこと。

アイドル時代の聖子ちゃんももちろん大好きだけど、それを越えて今が一番なの。

そう思っていた矢先、一緒に参加した友達からこんな素敵メールが。

個人名は伏せて紹介させてもらいますね。


夜な夜なアルバムを聴いて「朝までずっと夢心地」です。

土曜日はほんとありがとう!このアルバム聴いて思うのは、

いまの聖子ちゃんには、「ママの恋の手ほどき」とか「キッスはイヤといっても反対の意味よ」とか、

もうそんなの要らないんだなあってこと。素直でストレートで気持ちいい。

ちょっぴりワンパターンだけど、それも聖子ちゃんの世界があるからこそ。

コンサートに行く度に、聖子ちゃんのこと好きになってます。

思えば2年前のパセラから始まったのでした…

●●(ワタシの名)とみんなに感謝!

私にとっても新しい世界へのプレリュードになりそうです


彼女はこの夏が過ぎたら、海外に転勤が決定しまいます。

ライブを見ながら様々な思いが交錯していたと思います。

でも聖子さんを見て勇気が湧いてきたんじゃないかな?

最終日参加した私の姉(3人子育て、フルタイム25年勤務)も「聖子ちゃんが30周年なら私ももうひと頑張りする」と言ってました。

聖子さんがいつもいう「歌ってすごいですね。人の人生をも振り返れる」という言葉。

今回のMy Preludeというアルバムもあと10年したら「あーあの時」と振り返れそうな、そんな素敵なアルバムです。

私にとっても何か節目になるような、そんな気がする年なのです。


ライブの途中、アニメーションが流れ不思議の国を旅する聖子ちゃんのような女の子が

辿っていく道に今まで出したシングルのジャケットが次々と画面に映され

そこに聖子さんの声で「この30周年は私のものだけではなく、皆さんの30周年のお祝いでもあるのです」というメッセージが流れました。

もうここで私は涙腺決壊でした。

あぁ、彼女と同じ時代を生きていて幸せだなって。

彼女の優しさ、強さ、美しさ、憧れです。

これからもずっと見ていきたい。


そのためにはまず健康!

元気がなくては聖子さんは見れないぞ。

心身共に鍛えて追い掛けます。


松田聖子さま、デビュー30周年本当におめでとうございます。

ありがとう。あなたの歌で人生どれだけ楽しくなった事か。どれだけ救われた事か。

心から感謝します。そしてこれからもどうぞ末永く宜しく。

norinori 2010/07/18 15:15 久々に行ったconcertが聖子ちゃんで本当に良かったよ。私みたいな本チャンファンでなくてもソラでフルコーラス唄える歌が一杯あるのはやっぱりスゴい。色んな歌一緒に大声で唄いながら、その時その時代の色んなこと思い出して、私まで涙が溢れてきたわ。やっぱり30周年の重みがあるからこそだよね。
学生時代付き合ってた人が聖子ちゃんの大ファンで、その当時「どういうとこが好きなの?」と聞くと「世間からブリッコブリッコといじめられてる聖子ちゃんを守ってあげたくなる」と言われ、守られるタイプでもなく、おまけにトシちゃんファンだった私は益々アンチ聖子ちゃんに拍車がかかったけど、でもきっとホントは誰しもしたくても出来ない“女の子”を潔くやってのけてる彼女に嫉妬してたんだろうね。今、彼女を見ていると色んなこと経験していらないもの取れて、素直に自分のしたいことだけをやってる感がみてとれて、こっちも年齢重ねたぶん、いいものはいい!って素直な気持ちで感動できて。。ホントに誘ってくれたどらちゃんに感謝だわ☆ありがとう♪

shimadorashimadora 2010/07/19 01:02 noriさん>こちらではお久しぶり!先日はお付き合いありがとうございました。私達が見た初日はマイケルの歌も2曲披露してくれたし、サービス満点で楽しかったですね。ファンでない人も2番まで歌えるってスゴイですよね。聖子ちゃんの歌声にはそれだけ人の心を共鳴させるパワーがあるのだと思います。私達も聖子ちゃんのように日々頑張りましょ。そして次回は是非ディナーショーへ!!

Connection: close