Hatena::ブログ(Diary)

はてなダイアリー - KLaxon - O.P. on HATENA

KLaxon - O.P. on HATENA
 | 

2004/11/7 [Sun.]

ロリコンの法則(まなめはうす) 00:51

湾岸道さんの、2004年11月5日の湾岸日記 その6:ロリコンかどうかの目安で知ったのですが…俺の場合はこんな式。

¥Large¥pi¥sqrt{31}

π には 3.1415 くらいまで入れてみると…なるほどなかなか面白い数字になりますね、17.4911…だって。

俺ストライクゾーンの下一杯って 20 とかだからギリギリセーフなのか、とか何とか。あはは。

そうそ、上記の数式ですが、折角だしってんで今まで一回も使ったことのない数式表示使ってみました。*1 うは、TeX の作法って全然分からないなぁそういえば…X680x0 版の TeX *2 も持ってるのになぁ…勉強しとけば良かった。

社員旅行に行ってきた…けども 23:23

本家で良いだけ書き倒したので当ダイアリーでは割愛。明るい話ばかりでもないですので…たは。

社員旅行終了後、映画「隠し剣 鬼の爪」を観たよ 23:23

観る動機は「矢口真里が「感銘を受けた」とやぐちひとりで言っていた、というのを@nifty:@homepage:エラーで見たから」、という全くもってどうかと思う動機だったのですが。*3

さて…この項書くにあたってキーワード「隠し剣 鬼の爪」から余所のダイアリー見てビックリした、「たそがれ清兵衛劣化コピー」「マンネリ感抜群」「またか、って感じ」と酷評が結構多いのですよ。

…。

俺すっかり満足して帰ってきたんですよ。確かにまぁ「先の読めすぎる展開もどうよ」とか「笑い取るシーン、こんなに要るか?」とか「松たか子はミスキャスト直前な綺麗さっぷりだし男が考える女性の理想像そのまんま過ぎだよなぁ…」とかあるけど、だからって突っ込む気ないですよ。「何じゃこりゃ!面白いじゃん!」と素直に満足してるんですね。

「単純明快な勧善懲悪ストーリーの時代劇上等」「ラヴは貫け」「不器用でも男は筋通せ」、でピンとこれれば面白がれるんじゃないかなぁこの映画。そう思ったです。

個人的にはタイトルになってる「隠し剣」の隠しっぷりの淡々さが完璧にツボでした。まぁ、ど派手な「隠し剣」じゃ隠してないですもんね。あのシーンはアレでアリだと思うし、キッチリ主役と一緒に「淡々と燃え燃え」モードになってました。技を繰り出した瞬間アドレナリン大放出。燃えた。

ラヴは貫け、って意味じゃ、3 組のつがいが出てくるんですが…カタチはまるで違うけど、各々が貫いてるのでホッと出来ましたですよ。まぁ 1 組はトンでもないことになるんですが、惚れた相手のためにソコまでするか、ってくらいなのに報われない、てのはなんか考えさせられちゃいました。でも貫いてるから良し。許す。そんな感じ。

あとそうそう、松たか子がやってる役、良すぎ。飯喰ってる時に主人公が告白して、そのせいで泣くシーン(コレ以上書くとネタバレするので伏せますが)で俺一緒になって涙流してましたよ。「せ、切ないっ…」とか何とか思いながら。アレで悲恋一直線だったら救われないよなぁ、とか思ったけどそんなこともなく安心できたのも好印象でした。ラストの一言はミエミエだったけど、だから何だ、ソレでイイじゃん、何が悪いの?って感じ。

んー…前述のたそがれ清兵衛観ると感想変わるのかなぁ。チョと興味でたかも。

*1:ちなみに [tex:\Large\pi\sqrt{31}] 、という書き方。てふてふっと軽く TeX 書ける人にはなんてことないんでしょうけどね。んー…コレだけ書くのに 3 分もかかるってどうだ俺。とっほほ。

*2ISBN:4890525424、のハズなんですが…ないのかな、AMAZON には。嗚呼。

*3:この「やぐちひとり」キャプチャレポは必見です。矢口ラヴ過ぎ。スケッチブックからピョイと顔を出してる矢口で悶絶(俺が)。

 | 

Recent topics

[ Copyright (C)hatena. All Rights Reserved. ]