Hatena::ブログ(Diary)

さくら通り法律事務所

2015-02-27

産経新聞のこの記事はニュース価値がないか!

 秋田県内の新聞報道でちょっとふしぎなことが起こっている。

 自殺者まで出て本部長訓戒を受け、依願退職扱いになった元秋田県警交通部長
(退職時=警視正)が、4月に県警所管の第三セクター暴力団壊滅県民会議の専
理事に就任することになっていたことを、産経新聞秋田支局がネットニュースで記
事にした。

 パワハラ処分の元秋田県警交通部長が三セク専務理事就任へ
 2015.2.24 07:02

 産経新聞ネットニュースによると、県議会で取り上げられることになった。

 パワハラ元県警幹部の天下り 秋田県議会きょう追及
 2015.2.25 07:01更新

 ≪部下へのパワーハラスメントを繰り返し、本部長訓戒処分を受けて退職した県警
の小松雅美元交通部長(60)が県警所管の第三セクター暴力団壊滅県民会議の専
理事天下りする問題で、県議会教育公安委員会の小松隆明委員長自民)は24
日、報道陣に対し「県民が納得するのは難しいのではないか」と話すとともに、25日
委員会で小嶋典明県警本部長らに質疑を行うことを明らかにした。

 小松委員長は「なぜ、(再就職先が)そこなのか。ほとぼりの冷めない中で、なぜこう
いう人事に至ったのかという疑念を感じる」と話し、「(委員会の結論として)厳しい言い
方にならざるを得ないのではないか」との見通しを示した。

 県警は24日、産経新聞報道を受けて、三浦潔総務課長が県議会各会派を回っ
て非公開の経緯説明を行った。

 小松委員長によると、三浦課長は自民党に対する説明で「県民会議側が決めた人
事」
と述べたが、県議から「県が出資する第三セクターであり、決定にあたって県警とや
り取りがあったはずだ」や「なぜ公表できなかったのか」などと厳しい意見が出たという。

 小松委員長は、県警の説明について「(自民党議員は)皆さん、納得できていないと
思う」と述べた。≫

 ふつうは、警察を異常なまでに庇う議会(特に与党)が批判的な態度を鮮明にしてい
る。
 産経新聞の追及はさらに続く。

 パワハラ元幹部天下り 秋田県警、事実上の白紙化「厳しい意見踏まえる」
 2015.2.26 07:02更新

 ≪部下へのパワーハラスメントを繰り返し、本部長訓戒処分を受けて退職した県警の
小松雅美元交通部長(60)=退職時は警視正=が県警所管の第三セクター暴力団
壊滅県民会議の専務理事天下りすることが固まっていた問題で、県警は25日、県議
会関係者に対し「小松氏の専務理事就任は認めない」と伝えた。この日の県議会教育
公安委員会で追及を受けた県警の小嶋典明本部長も「厳しい意見を踏まえたい」と、事
実上の白紙化を表明した。

 この問題が24日に産経新聞報道で明らかになって以降県議会では教育公安委
員会や第三セクター調査特別委員会委員を中心に批判が噴出。議会関係者によると、
県警の担当者が25日、非公式に接触し、県警の第三セクターに対する指導監督権限
に基づいて
、小松氏の専務理事就任は認めないと伝えてきたという。

 教育公安委員会ではこの日、県警幹部への質疑が行われた。松尾友彦警務部長は
「人事に関しては県民会議の中で議論が行われる」との説明を繰り返し
委員からは
「納得できない」(自民、北林康司氏)、「この通り決定すれば県民会議も県警も県民の
信頼を失う。再考すべきだ」(新みらい、土谷勝悦氏)といった声が相次いだ。

 松尾警務部長が「県民会議の専務理事は、暴力団対策での知見、経験や社会正義に
強い意欲、関心を持っている人になっていただくべきだ」と述べたのに対し、石川ひとみ
氏(社民)はパワハラも暴力ではないか。(専務理事就任は)社会正義なのか」批判
した。

 小嶋本部長は「厳しいご意見を県警として重く受け止めたい。県民会議から相談があっ
た場合は、それを踏まえて話し合いたい
」と頭を下げた。小松隆明委員長自民)は「
員会の意見を県民会議に伝えてほしい
」と強く求めた。

 一方、小松氏への再聴取について、松尾警務部長は「再び本人から事情を聴くことは
考えていない
」と述べ、昨年3月の同委員会での角田秀人警務部長の答弁や志村務本
部長(いずれも当時)の報道陣への説明を翻した。≫

 「県民会議から相談があった場合は、それを踏まえて話し合いたい」という答弁は、ま
だあきらめていないということだろう。小松委員長の「委員会の意見を県民会議に伝えて
ほしい」は、伝えさえすればいいよ、とも読める。「再び本人から事情を聴くことは考えて
いない」はきっぱりと言い切っている。今後も監視し続ける必要がある。

 強烈に保守政権寄りの報道をしていると見られがちな産経新聞が、警察批判記事を立
て続けに3本も書いた。

 他の新聞、秋田魁新報讀賣新聞朝日新聞毎日新聞ネットニュースはどうかとい
うと、どこも1本も記事を出していない。県民、国民に知らせるニュース価値が無い、とい
価値判断をそろってしている。そうだろうか。

マエヤンマエヤン 2015/03/01 18:34 秋田在住です。今の秋田の産経新聞の記者が優秀なんですよ。
朝日新聞は一日遅れ(25日付)で、北海道の原田さんのコメントなどを載せてかなり大きく報道しましたよ。
読売と秋田魁新報はそのまた一日遅れで県議会の質疑を簡単に書いただけです。毎日とNHKに至っては完全無視ですよ。県警だけでなく、マスコミも腐ってますよ。

shimizulawshimizulaw 2015/03/02 09:46 お知らせ、ありがとうございます。
産経新聞にはときどきとても優秀な記者がいます。この一連の記事を書いた記者は
そういう記者のひとりなのかもしれません。産経新聞(の記事)は、人権派の人た
ちからは否定されがちですが、記者は1つ1つの記事が勝負です。読者は1つ1つ
の記事で、記者の仕事を評価すべきです。
他紙の傾向をみると、朝日、讀賣、秋田魁はなるほど。毎日はいつもの毎日とちょ
っとちがうぞ。NHKは会長問題でいろいろ言われますが、警察組織批判の内容を
含んでいる報道を淡々とやってしまうこともあります。秋田支局のトップの意向
が反映しているのでしょうか。他の民放局はどうだたったのでしょう。それとの
横並びでしょうか。
いまの組織内の雰囲気を反映していることでしょうか。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shimizulaw/20150227/1425041724