Hatena::ブログ(Diary)

清水正ブログ

2011-10-19

八年ぶりにつげ義春氏とお会いする

清水正への原稿・講演依頼はqqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。

ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

ここをクリックしてください エデンの南   清水正の林芙美子『浮雲』論連載    清水正研究室  

清水正の著作   D文学研究会発行本   グッドプロフェッサー

本日は午後二時前に調布駅前の喫茶店で

つげ義春氏とお会いし、「チーコ」と「紅い花」の原画を見せていただく。貴重な原画を見せていただいたばかりでなく、原画の限定復刻版を二枚ほどサイン入りでいただいた。感謝のもうしあげようもない。わたしの「マンガ論」はつげ氏の「チーコ」の講義から始まる。十年以上も変わらない。今年はすべての講義をビデオ撮影しているので、「チーコ」講義のDVDをさしあげることにした。今日、つげ氏とお会いしたことでまた批評意欲もわいてきた。

f:id:shimizumasashi:20111019135723j:image

f:id:shimizumasashi:20111019135806j:image

f:id:shimizumasashi:20111019140747j:image

f:id:shimizumasashi:20111019142227j:image

f:id:shimizumasashi:20111019143632j:image

武本Timothy武本Timothy 2013/09/12 14:13 20年ぐらい前に、マンガを英語に翻訳させてくださいとの手紙をつげ先生にお送りしました。「翻訳してもらうことに興味がありませんし、翻訳してもらっても大して興味が示されないだろうからお断りします」というようなお返事をいただいて、まるでマンガに出てこられるせりふだなぁと思いました。

現在でも、英語版のご本人の詳しいWikipediaページによれば『無能の人』と「ネジ式」と「大場電気鍍金工業所」と「Red Flowers」しか英訳されていないそうです。今手にもっている大好きな『なつかしい人』(夢の散歩・懐かしいひと・夏の思い出・事件・事件・退屈な部屋・下宿の頃・庶民が合宿)が1つも英訳されていません。
 もう1つ、刑事が逃亡の末に捕まえた犯人に足枷をつけて洞窟の中でおいて助けを探しにいく短編の名前は今お調べできませんが、 神話的です。私もどこかで彼かに足枷をつけているような気がします。
 またお会いになられたら、久留米に居たイギリス人(僕の手紙を覚えていないでほうが、)はまだマンガを英訳させてもらいたいとお伝えいただければ幸いです。武本(旧姓ロイヤス)ティモシー。山口在住・48歳・山口大学教員

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shimizumasashi/20111019/1319027589