Hatena::ブログ(Diary)

清水正ブログ

2017-03-13

清水正の湧き出る泉と貝の名(連載2)




清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

清水正が薦める動画「ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ」

https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk

これを観ると清水正ドストエフスキー論の神髄の一端がうかがえます。日芸文芸学科の専門科目「文芸批評論」の平成二十七年度の授業より録画したものです。是非ごらんください。



清水正宮沢賢治論全集 第2巻』が刊行された。

清水正宮沢賢治論全集 第2巻』所収の「師弟不二 絆の波動」より飯塚舞子「清水正の湧き出る泉と貝の名」を数回にわけて連載する。


f:id:shimizumasashi:20170302200749j:image


清水正の湧き出る泉と貝の名」(連載2)

飯塚舞子


 さて、そんな清水先生だが、講義を受けていると、やはり占っているのではなく、全て清水先生ご自身が見通しているのだと思わされる。清水先生の講義は、学生にその場で小説を朗読させ劇を演じさせたりと、かなり独特なのだが、特に私が印象的なのは、目をつむり、マイクを片手に淡々とお話されている姿である。まるで自身の中に沸々と湧き出る泉の水を、ひたすらに外に出し続け、何かを潤しているようで、神秘的ですらある。そして、淡々と語る静けさの中に、誰にも勝てぬ程の熱意を感じるのだ。清水先生の頭の中では、膨大な量の考えが巡っているのであろうが、その考えを全く澱むことなく言葉にし、学生へと伝える。講義を受けていると、それらは決してどこかから拾ってきたような言葉ではなく、すべて清水先生の中で構築されたものであることはすぐに分かる。そして、それらは講義だけでなく批評にも共通しているのだ。



f:id:shimizumasashi:20170305212809j:image

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shimizumasashi/20170313/1489417001