Hatena::ブログ(Diary)

清水正ブログ

2012-01-05

ベトナム研究旅行(連載22)

清水正への原稿・講演依頼はqqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。

ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

ここをクリックしてください エデンの南   清水正の林芙美子『浮雲』論連載    清水正研究室  

清水正の著作   D文学研究会発行本   グッドプロフェッサー

ベトナム研究旅行(連載22)

平成23年9月5日

八時起床。九時半にホテルで朝食。午後二時から『蒼ざめた馬』論を一時間ほど執筆。五階のロビーでホットコーヒー。三時半ロビーに集合。小型バスでメコン川に向かう。ガイドのフクさんは日本語堪能。ベトナム人の平均月収は日本円で一万七千円。一カ月の食費は一万二千円から一万三千円。一戸建ての建築費は五百万から七百万とか。一時間ほど走って途中で休憩。村の中にある休憩所で果物などを食べる。子犬が二匹たわむれている。のんびりした気分を存分に味わった後、村道を歩いてメコン川支流の船着き場に着く。小舟に乗って川を進む。異様なほどの静けさ。十分ほどしてココナッツ・キャラメル制作場に着く。観光客相手のヤラセで、何人かの女性がキャラメル包装の仕事をしている。一番年長の女性にベトナム語で「イェートゥーン」(かわいい)と言うと満面の笑み。キャラメルを六包購入(十五万ドン)。しばし休憩した後、別の船着き場に行く。今度は少し大きめな船にメンバー全員が乗り込む。夕闇せまりつつあるメコン川を進んで、夕食場所に着く。水牛が一匹つながれていた。食卓に全員そろって乾杯。この席にはメンバー以外の三人も同席。お互いに自己紹介して和気あいあいの宴となった。途中、トイレにたったが、日本では絶対に見られない闇が覆っていた。食後、再び船に乗り、木々の枝葉にとまっている無数の蛍の点滅する光に一同、神秘的な感動を覚える。三十分ほど夜のメコン川を進んで、ニトーへ着く。途中、大型船の接近などもあり、緊張もしたが、山崎さんの奥さんからの携帯電話なども入り、なごやかな気分のうちにメコン川の旅を終えた。上陸してトイレ。この有料トイレの前でベトナム女性が働いていた。傍らには小さな子供がすやすやと寝ている。「イェートゥーン」と言うと、たちまち若い母親はすばらしい笑顔で応えてくれた。この言葉の威力はすごい。小型バスに乗って一時間半、ようやくホーチミン市へ到着した。ホテルで少し休憩した後、メンバーで「どらえもんかか」へ行き食事をする。

f:id:shimizumasashi:20110905120559j:imagef:id:shimizumasashi:20110905120653j:imagef:id:shimizumasashi:20110905143635j:imagef:id:shimizumasashi:20110905143750j:image

f:id:shimizumasashi:20110905170013j:imagef:id:shimizumasashi:20110905170341j:imagef:id:shimizumasashi:20110905170417j:imagef:id:shimizumasashi:20110905170511j:imagef:id:shimizumasashi:20110905170814j:imagef:id:shimizumasashi:20110905171046j:imagef:id:shimizumasashi:20110905171309j:image

f:id:shimizumasashi:20110905171325j:imagef:id:shimizumasashi:20110905171355j:imagef:id:shimizumasashi:20110905171727j:imagef:id:shimizumasashi:20110905171823j:imagef:id:shimizumasashi:20110905172007j:imagef:id:shimizumasashi:20110905172034j:imagef:id:shimizumasashi:20110905172609j:imagef:id:shimizumasashi:20110905174658j:imagef:id:shimizumasashi:20110905174708j:imagef:id:shimizumasashi:20110905175232j:imagef:id:shimizumasashi:20110905175908j:imagef:id:shimizumasashi:20110905180203j:image

f:id:shimizumasashi:20110905180319j:imagef:id:shimizumasashi:20110905180347j:imagef:id:shimizumasashi:20110905180543j:imagef:id:shimizumasashi:20110905180548j:imagef:id:shimizumasashi:20110905180608j:imagef:id:shimizumasashi:20110905180722j:imagef:id:shimizumasashi:20110905180851j:imagef:id:shimizumasashi:20110905180950j:imagef:id:shimizumasashi:20110905181316j:image

f:id:shimizumasashi:20110905181401j:imagef:id:shimizumasashi:20110905181504j:imagef:id:shimizumasashi:20110905181603j:imagef:id:shimizumasashi:20110905181642j:image

f:id:shimizumasashi:20110905181918j:imagef:id:shimizumasashi:20110905182058j:imagef:id:shimizumasashi:20110905182223j:imagef:id:shimizumasashi:20110905182738j:imagef:id:shimizumasashi:20110905183125j:image

f:id:shimizumasashi:20110905184149j:imagef:id:shimizumasashi:20110905184204j:imagef:id:shimizumasashi:20110905184450j:imagef:id:shimizumasashi:20110905184919j:image

f:id:shimizumasashi:20110905185330j:imagef:id:shimizumasashi:20110905185402j:imagef:id:shimizumasashi:20110905185721j:imagef:id:shimizumasashi:20110905185741j:imagef:id:shimizumasashi:20110905185824j:imagef:id:shimizumasashi:20110905190002j:imagef:id:shimizumasashi:20110905190023j:imagef:id:shimizumasashi:20110905190031j:imagef:id:shimizumasashi:20110905190112j:imagef:id:shimizumasashi:20110905190348j:imagef:id:shimizumasashi:20110905190500j:imagef:id:shimizumasashi:20110905190520j:imagef:id:shimizumasashi:20110905190607j:imagef:id:shimizumasashi:20110905190751j:image

f:id:shimizumasashi:20110905190851j:imagef:id:shimizumasashi:20110905190901j:imagef:id:shimizumasashi:20110905191046j:imagef:id:shimizumasashi:20110905191115j:imagef:id:shimizumasashi:20110905191253j:image

f:id:shimizumasashi:20110905191423j:imagef:id:shimizumasashi:20110905191516j:imagef:id:shimizumasashi:20110905191651j:imagef:id:shimizumasashi:20110905191912j:imagef:id:shimizumasashi:20110905193051j:imagef:id:shimizumasashi:20110905193100j:image

f:id:shimizumasashi:20110905193232j:imagef:id:shimizumasashi:20110905193953j:imagef:id:shimizumasashi:20110905194017j:imagef:id:shimizumasashi:20110905201811j:imagef:id:shimizumasashi:20110905201822j:imagef:id:shimizumasashi:20110905202316j:image

f:id:shimizumasashi:20110905202826j:imagef:id:shimizumasashi:20110905210804j:imagef:id:shimizumasashi:20110905222939j:imagef:id:shimizumasashi:20110905223002j:imagef:id:shimizumasashi:20110906002008j:imagef:id:shimizumasashi:20110906002021j:imagef:id:shimizumasashi:20110906002735j:imagef:id:shimizumasashi:20110906013442j:imagef:id:shimizumasashi:20110906013451j:imagef:id:shimizumasashi:20110906013456j:imagef:id:shimizumasashi:20110906013515j:imagef:id:shimizumasashi:20110906013509j:imagef:id:shimizumasashi:20110906013549j:imagef:id:shimizumasashi:20110906013724j:image

2012-01-04

ベトナム研究旅行(連載21)

清水正への原稿・講演依頼はqqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。

ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

ここをクリックしてください エデンの南   清水正の林芙美子『浮雲』論連載    清水正研究室  

清水正の著作   D文学研究会発行本   グッドプロフェッサー

ベトナム研究旅行(連載21)

平成23年9月4日(日曜)

日本食料理屋「どらえもんかか」を出てホテルへ帰る途中、みやぎ専門店で小袋やバッグなど購入。喫茶店に入ってベトナムコーヒーで落ち着く。ホテルに戻って二時間ばかり休憩。午後八時半ロビーに集合。日本語のできるガイド付きのバスでベトナム音楽・舞踊の観れる店へ。山崎行太郎さんの情熱的な写真撮影の姿が印象的であった。十時半頃ホテルに戻る。

f:id:shimizumasashi:20110904173443j:imagef:id:shimizumasashi:20110904173453j:imagef:id:shimizumasashi:20110904203158j:imagef:id:shimizumasashi:20110904203444j:imagef:id:shimizumasashi:20110904203945j:imagef:id:shimizumasashi:20110904204024j:imagef:id:shimizumasashi:20110904204040j:imagef:id:shimizumasashi:20110904204156j:imagef:id:shimizumasashi:20110904204301j:imagef:id:shimizumasashi:20110904205407j:imagef:id:shimizumasashi:20110904205413j:imagef:id:shimizumasashi:20110904205435j:imagef:id:shimizumasashi:20110904205453j:imagef:id:shimizumasashi:20110904205833j:imagef:id:shimizumasashi:20110904212345j:imagef:id:shimizumasashi:20110904212448j:imagef:id:shimizumasashi:20110904213459j:imagef:id:shimizumasashi:20110904213525j:imagef:id:shimizumasashi:20110904215657j:imagef:id:shimizumasashi:20110904215716j:imagef:id:shimizumasashi:20110904215849j:imagef:id:shimizumasashi:20110904222529j:imagef:id:shimizumasashi:20110904223015j:imagef:id:shimizumasashi:20110904223728j:imagef:id:shimizumasashi:20110904223846j:image

2011-12-31

ベトナム研究旅行(連載20)

清水正への原稿・講演依頼はqqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。

ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

ここをクリックしてください エデンの南   清水正の林芙美子『浮雲』論連載    清水正研究室  

清水正の著作   D文学研究会発行本   グッドプロフェッサー

ベトナム研究旅行(連載20)

平成23年9月4日(日曜)

午前六時に起きてシャワー。ホットコーヒー。七時半朝食。そとは雨模様。宿泊ホテルに戻って荷物をまとめる。八時十五分、タクシーでダラット空港へ。小雨降るダラットは尾道信州屋久島の様相を見せていた。ダラット空港でベトナムコーヒーを購入。プロペラ機でホーチミン空港へ。ホテルに十一時半到着。十二時より『蒼ざめた馬』論を執筆。午後一時半にロビー集合。昼食。五人で日本食料理屋「どらえもんかか」へ。山崎行太郎さんはホテル、此経啓助さんは単独行動。サッポロビール三本。オシンコ、枝豆、シオカラ、醤油ラーメン。約400000ドン。しばらくぶりの日本食にみんな満足。店内は「ドラえもん」など日本のマンガ本がたくさん棚に置いてある。仲居の若いベトナム女性は日本語が達者。日本へ行ったことはないとか。店を出るとすぐに靴磨きの男三人がとりつき離れない。靴の修理と磨きで2ドル払うことになった。ホテルへ帰る途中、みやぎ専門店で小袋やバッグなど購入。ホテルに戻って二時間ばかり休憩。午後八時半ロビーに集合。日本語のできるガイド付きのバスでベトナム音楽・舞踊の観れる店へ。一人175000ドル。十時半頃ホテルに戻る。

f:id:shimizumasashi:20110904084817j:image

f:id:shimizumasashi:20110904093751j:image

f:id:shimizumasashi:20110904094014j:image

f:id:shimizumasashi:20110904103502j:image

f:id:shimizumasashi:20110904104400j:image

f:id:shimizumasashi:20110904104743j:image

f:id:shimizumasashi:20110904105042j:image

f:id:shimizumasashi:20110904105327j:image

f:id:shimizumasashi:20110904105711j:image

f:id:shimizumasashi:20110904110812j:image

f:id:shimizumasashi:20110904113056j:image

f:id:shimizumasashi:20110904113100j:image

f:id:shimizumasashi:20110904114250j:image

f:id:shimizumasashi:20110904114315j:image

f:id:shimizumasashi:20110904114400j:image

f:id:shimizumasashi:20110904134553j:image

f:id:shimizumasashi:20110904134558j:image

f:id:shimizumasashi:20110904134619j:image

f:id:shimizumasashi:20110904134714j:image

f:id:shimizumasashi:20110904135018j:image

f:id:shimizumasashi:20110904135210j:image

f:id:shimizumasashi:20110904135752j:image

f:id:shimizumasashi:20110904155809j:image

f:id:shimizumasashi:20110904155837j:image

f:id:shimizumasashi:20110904162211j:image

f:id:shimizumasashi:20110904162220j:image

f:id:shimizumasashi:20110904162256j:image

2011-12-30

ベトナム研究旅行(連載19)

清水正への原稿・講演依頼はqqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。

ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

ここをクリックしてください エデンの南   清水正の林芙美子『浮雲』論連載    清水正研究室  

清水正の著作   D文学研究会発行本   グッドプロフェッサー

ベトナム研究旅行(連載19)

平成23年9月3日(土曜)

ダラット市場の祭りの喧騒の場から離れ、酒井教授にお別れの挨拶を交わした後、一行はホテルへと戻った。途中、見なれた人が屋台の店で酒を飲んでいるを発見。この日、別行動をとっていた此経啓助さんに偶然出会うことになった。さっそく山崎行太郎さんが一緒に酒を飲むことにしたのか、此経さんの前に座って一杯やりはじめた。私はまじめにホテルに戻って寝ることにした。九月三日は忘れることのできない濃い一日であった。

f:id:shimizumasashi:20110904015810j:image

f:id:shimizumasashi:20110904015814j:image

f:id:shimizumasashi:20110904015843j:image

f:id:shimizumasashi:20110904015850j:image

f:id:shimizumasashi:20110904015900j:image

f:id:shimizumasashi:20110904015919j:image

f:id:shimizumasashi:20110904015933j:image

f:id:shimizumasashi:20110904020028j:image

2011-12-29

ベトナム研究旅行(連載18)

清水正への原稿・講演依頼はqqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。

ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

ここをクリックしてください エデンの南   清水正の林芙美子『浮雲』論連載    清水正研究室  

清水正の著作   D文学研究会発行本   グッドプロフェッサー

ベトナム研究旅行(連載18)

平成23年9月3日(土曜)

ステージではベトナムの歌と舞踊。美しいベトナムの歌姫と舞姫に時を忘れ写真撮影したが、迷子になるのを恐れて一行の元へと戻った。この日は朝から晩まで内容豊富な一日で、特に偶然とは言え、独立記念日の祭りに参加できたのは何よりの幸いであった。この日はもうひとつの偶然がかさなったが、それは次回で。

f:id:shimizumasashi:20110904013838j:image

f:id:shimizumasashi:20110904013944j:image

f:id:shimizumasashi:20110904014024j:image

f:id:shimizumasashi:20110904014045j:image

f:id:shimizumasashi:20110904014049j:image

f:id:shimizumasashi:20110904014056j:image

f:id:shimizumasashi:20110904014121j:image

f:id:shimizumasashi:20110904014226j:image

f:id:shimizumasashi:20110904014229j:image