Hatena::ブログ(Diary)

清水正ブログ

2014-05-03

小林秀雄、林芙美子縁の大島への一泊二日の旅

五月二日、小林秀雄林芙美子縁の大島への一泊二日の旅。f:id:shimizumasashi:20140502121931j:image

東京竹芝桟橋より汽船で大島へと向かう。

f:id:shimizumasashi:20140502142423j:image

岡田港へ到着。少し気取ってみました。

f:id:shimizumasashi:20140502180018j:image

大島温泉旅館で夕食。文芸評論家山崎行太郎さんと。

f:id:shimizumasashi:20140502180133j:image

一行、五人全員の記念撮影。今回の旅は林芙美子研究家の山下聖美さんと今年、日芸から慶応大学の大学院に進学した内山くんと日芸大学院に進んだ愛称オドマリーさんと、山崎行太郎さん。

f:id:shimizumasashi:20140502200122j:image

旅館で働くエジプト人のシャフィさんと。。日本語が日本人よりうまい。彼のおもてなしはすばらしかった。

f:id:shimizumasashi:20140503100523j:image

五月三日。朝食後、ロビーにて。背後の壁には「わたしゃ野に咲く一重の椿 八重に咲くきは更にない」と大島節の一節が書かれている。なかなか味わい深い詞である。

f:id:shimizumasashi:20140503100837j:image

f:id:shimizumasashi:20140503102014j:image

f:id:shimizumasashi:20140503103530j:image

f:id:shimizumasashi:20140503105503j:image

三原山頂口にて記念撮影。

2014-03-20

湯河原温泉「加満田」へ

清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。


清水正『世界文学の中のドラえもん』『日野日出志を読む』は電子書籍イーブックで読むことができます。ここをクリックしてください。http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/190266.html


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

f:id:shimizumasashi:20120829170256j:image

四六判並製160頁 定価1200円+税



昨日は湯河原温泉「加満田」へ。この温泉旅館は昨年の二月に初めて訪れ、たいへん気にいった。都会の喧騒から離れ、静かさを満喫した。小林秀雄が缶詰になって原稿執筆した旅館としても知られている。『小林秀雄ベルクソン』の著書もある文芸評論家山崎行太郎さん、林芙美子研究家の山下聖美さん、大学院生の大谷明子さんと四人で湯河原の街と温泉を楽しんだ。

f:id:shimizumasashi:20140319121206j:image

f:id:shimizumasashi:20140319113407j:image

f:id:shimizumasashi:20140319130446j:image


f:id:shimizumasashi:20140319131400j:image

f:id:shimizumasashi:20140319131747j:image

f:id:shimizumasashi:20140319131837j:image

f:id:shimizumasashi:20140319132931j:image

f:id:shimizumasashi:20140319141923j:image

f:id:shimizumasashi:20140319143614j:image

f:id:shimizumasashi:20140319143803j:image

f:id:shimizumasashi:20140319175910j:image

f:id:shimizumasashi:20140319154338j:image

f:id:shimizumasashi:20140319154636j:image

f:id:shimizumasashi:20140319154932j:image

f:id:shimizumasashi:20140319155545j:image

f:id:shimizumasashi:20140319160410j:image

f:id:shimizumasashi:20140319162000j:image

2013-02-06

湯河原の旅・第二弾

 二月三日の湯河原の旅。東京から湯河原まで約一時間半。今回は林芙美子研究プロジェクトチームの山下聖美さんと、山下さんの本「宮沢賢治」に挿画60枚を描いて、イラストライター「のろのろ太」としてデビューすることになった藤野智士くんとの3人旅。車内では中村文昭氏とのドストエフスキーをめぐっての対談「ネジ式対談ドストエフスキー」の校正。四時間ほどの対談であったが、校正にはその何倍もの時間を要する。何しろ四百字詰め原稿用紙に換算すると250枚にもなる。これは三月に刊行する「江古田文学」に掲載される。

 湯河原駅に着いたのはお昼。駅前でリゾートマンション販売営業マンに声をかけられ、少し話す。彼においしいと評判のうどんや「うさぎや」を紹介される。店を出ると、店に隣接した喫煙所にいた営業マン氏に再会。雑談していると、彼は江古田に住んでいたということで親しくなる。彼は「株式会社タカラレーベン」第2営業部に勤める鳥海弘一さん。 

 海に向かってたらたら散歩。この日は日差しも柔らかく散歩日和。マックでコーヒーの後、再び駅へと向かう。途中、歌手の五月みどりさんが経営するお店をのぞくと、そこにご本人がいらした。なにを隠そう、わたしは五月みどりさんのファンなのです。さっそく店に入って「ファンです」と挨拶して握手してきました。近頃、テレビで見ていないと思ったのだが、今度新曲がでたということであった。あまりの美しさにめまいがおきそうであった。

 駅からバスで五所神社へ。節分の豆まきに参加。タクシーで温泉旅館「加満田」へ。着いたのは午後三時。小林秀雄がいつも宿泊していたという部屋に案内される。小林秀雄関係の本が揃えられていた部屋で女将に取材。その後で庭園を散歩、温泉につかる。部屋に戻って校正。六時から二時間ほどかけて食事。八時四十五分タクシーで駅へ向かう。駅前の柱に貼られていた五月みどりさんのポスターと記念撮影などして、九時四分、湯河原駅から東京へ。f:id:shimizumasashi:20130203120252j:image

湯河原駅ホームにて。藤野智士くんと。

f:id:shimizumasashi:20130203130039j:image

f:id:shimizumasashi:20130203122750j:image

三人で「丸天うどん」を食べました。

f:id:shimizumasashi:20130203130944j:image

鳥海弘一さんと記念撮影。

f:id:shimizumasashi:20130203142635j:image

f:id:shimizumasashi:20130203142708j:image

樹齢八百年の楠。威風堂々。まさに神樹の風格。

f:id:shimizumasashi:20130203142810j:imagef:id:shimizumasashi:20130203143327j:image

五所神社の節分儀式。

f:id:shimizumasashi:20130203155525j:image

温泉旅館「加満田」へ到着。

f:id:shimizumasashi:20130203155659j:image

小林秀雄が宿泊した部屋の入り口

f:id:shimizumasashi:20130203150236j:image

まずは部屋で寛ぐ。

f:id:shimizumasashi:20130203153904j:image

小林秀雄関係の本が展示された部屋。

f:id:shimizumasashi:20130203153953j:image

林芙美子特集の「江古田文学」も置いてありました。

f:id:shimizumasashi:20130203154837j:image

静かで美しい庭園を散歩。文人墨客に愛された旅館であることをしみじみ納得。

f:id:shimizumasashi:20130203154900j:image

f:id:shimizumasashi:20130203154929j:image

f:id:shimizumasashi:20130203155026j:image

f:id:shimizumasashi:20130203155156j:image

f:id:shimizumasashi:20130203155223j:image

f:id:shimizumasashi:20130203155929j:image

「加満田」のご主人が小林秀雄逝去の際の新聞記事をスクラップしたものを見せて戴いた。

f:id:shimizumasashi:20130203155734j:imagef:id:shimizumasashi:20130203155748j:imagef:id:shimizumasashi:20130203155833j:image

f:id:shimizumasashi:20130203163759j:image

食事までの間、「ネジ式対談ドストエフスキー」の校正。

f:id:shimizumasashi:20130203174833j:image

一枚描くのに三時間をかけたという、力作挿画を手にする藤野くん。山下著の「宮沢賢治」は近々刊行の予定。二冊本のテキスト用著作。

f:id:shimizumasashi:20130203175644j:image

待ちにまった食事の時間。生ビールが特別おいしかった。

f:id:shimizumasashi:20130203175929j:imagef:id:shimizumasashi:20130203190721j:image

女将と記念撮影。余裕があればこういう場所で原稿書きたい。とにかく静か。

f:id:shimizumasashi:20130203195605j:image

「芸術新潮」で紹介された「加満田」と文人たちの関係記事。

f:id:shimizumasashi:20130203195630j:image

f:id:shimizumasashi:20130203195835j:image

小林秀雄が愛した部屋にいること自体に不思議な感覚を覚える。二十歳のころ、わたしが最も真剣に立ち向かったのが、小林秀雄ドストエフスキー論であった。その部屋で、対談ドストエフスキーの校正をしたというのも何かの縁か。

f:id:shimizumasashi:20130203200437j:image

食事の後のコーヒーは実にうまかった。

f:id:shimizumasashi:20130203205533j:image

五月みどりさんが経営するお店。

f:id:shimizumasashi:20130203205553j:image

f:id:shimizumasashi:20130203205820j:image

五月みどりさんと記念撮影。

2013-02-04

小林秀雄がこよなく愛した湯河原の温泉旅館「加満田」

三日は湯河原の「加満田」へ。小林秀雄がこよなく愛した湯河原温泉旅館小林秀雄が宿泊した部屋「満天星(どうだん)の間」で寛ぐ。

f:id:shimizumasashi:20130203154659j:image

湯河原温泉旅館「加満田」

f:id:shimizumasashi:20130203151030j:image

「満天星(どうだん)の間」で。

f:id:shimizumasashi:20130203154023j:image

るりこ女将に取材。


清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

京都造形芸術大学での特別講座が紹介されていますので、是非ご覧ください。

ドラえもん』の凄さがわかります。

http://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg&feature=plcp

f:id:shimizumasashi:20120816101244j:image

http://www.youtube.com/user/kyotozoukei?feature=watch