Hatena::ブログ(Diary)

清水正ブログ

2016-09-29

日芸図書館企画・清水正監修『日本のマンガ家゜畑中純』が刊行

清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。


清水正が薦める動画「ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ」

https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk

これを観ると清水正ドストエフスキー論の神髄の一端がうかがえます。日芸文芸学科の専門科目「文芸批評論」の平成二十七年度の授業より録画したものです。是非ごらんください。


京都造形芸術大学マンガ学科特別講義(2012年6月24日公開)

ドラえもん」とつげ義春の「チーコ」を講義

日芸図書館企画・清水正監修『日本のマンガ家 畑中純』が刊行されました。

わたしが図書館長に任命されたのが平成22年12月1日、それから五年十か月経過、今年の9月24日退任することになった。日本のマンガ家シリーズも今回の畑中純によって幕を下ろすことになった。日芸ライブラリー三冊、日本のマンガ家五冊、林芙美子研究雑誌二冊、日芸図書館案内では日野日出志つげ義春林芙美子の特集を組んだ。

f:id:shimizumasashi:20160929142323j:image

表紙デザインは森嶋則子さん。

採用できなかった表紙デザインを紹介します。

f:id:shimizumasashi:20160929142338j:image

f:id:shimizumasashi:20160929142350j:image

f:id:shimizumasashi:20160929142358j:image

f:id:shimizumasashi:20160929142408j:image

f:id:shimizumasashi:20160929142416j:image

2016-05-16

「畑中純の世界」展を観て(連載31)

今年は宮沢賢治生誕百二十周年にあたる。今まで単行本に収録していない千五百枚強の賢治童話論

を刊行することにした。『清水正宮沢賢治論全集』第二巻として今年中に刊行する予定で準備に入った。現在、校正中。

清水正が薦める動画「ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ」

https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk

清水正の講義・対談・鼎談・講演がユーチューブ清水正チャンネル】https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%8Bで見れます。是非ご覧ください。

京都造形芸術大学マンガ学科特別講義(2012年6月24日公開)

ドラえもん」とつげ義春の「チーコ」を講義

https://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg

清水正ドストエフスキー論全集』第八巻が刊行されました。

f:id:shimizumasashi:20151026083445j:image


清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

清水正『世界文学の中のドラえもん』『日野日出志を読む』は電子書籍イーブックジャパンで読むことができます。ここをクリックしてください。http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/190266.html


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

f:id:shimizumasashi:20120829170256j:image

四六判並製160頁 定価1200円+税

f:id:shimizumasashi:20120929113023j:imagef:id:shimizumasashi:20120206130506j:image

ここをクリックしてください エデンの南 

畑中純の世界」展を見て

 秋山聖太



畑中純の世界観について

私は畑中純という人物を雑誌研究の授業で扱うまで知らなかった。今回畑中純の世界展を観て感じた女性像について述べる。

畑中純Wikipediaだと漫画家、または版画家と書かれている。世界観では版画の作品も多く展示されていた。そこには宮沢賢治の作品もモチーフにした版画作品があった。オッペルと象、風の又三郎注文の多い料理店銀河鉄道の夜、どんぐりと山猫等。それぞれが畑中純の世界観で宮沢賢治を表現されていた。中でも気に入ったのはオッペルと象、本来はオツベルと象だが、何故オッペルなのかは不明。白い象が泣いているのだが、何かと哀愁漂い惹かれた。

版画においては芸術作品と言える素晴らしいものだ。だが畑中純の漫画作品は女性の裸を描くような「まんだら屋の良太」が主流に思える。私は単に畑中純は成人男性が読むようなアダルト作品を描いていると思ったのだが、作品を観てそのような考えは変わった。

畑中純の描く女性は、女性の魅力を最大限に引き出している。ただ脱げば魅力的、というわけでなく、姿勢や服の着方で魅力を表している。それと身体のライン、とても綺麗に描かれて絵からセクシーが伝わる。特に脚の膝から下に特徴がある。ふくらはぎは丸み帯び、足首を伸ばしていて角ばった箇所をなくすことにより、女性らしさを効果的に出している。それと身体の露出をあまりしてない絵も多いのは、露出部分に意識がいくようにしているのであろう。胸が出てしまえばそちらのほうに目がいってしまうが、脚の一部分だけが露出していることにより、その部分に強烈な美を感じる。

顔や胸をリアルに描かないのは、漫画で女性の身体をリアルに近い形で表現すると、美しさから離れ、絵からは醜さしか残らないからではないだろうか。人間の顔というのは、絵で描くのと実際で見るのでは受ける印象が違ってくる。表情をつくる細かい筋肉を描くことが難しいのだ。絵の表情から感情を読み取るのは難しい。そこに嫌悪感を抱いてしまう。だからこそ、顔はフィクションで済ませることにより、醜さを出さないようにしたのではないだろうか。胸にも同様なことが言える。胸が魅力的に思えるのは、実際に目の前で存在するからだ。膨らみを感じることができる場合のみである。絵は平坦だ。胸の膨らみを表現しようとすると、物足りず微妙に感じてしまう。畑中純は現実の女性と絵の中の女性は別のものとして捉えているからこそ、うまく表現できるのだ。

現代の女性というのは、スタイルが良かったり背が高いというのが魅力的と言われる。メディアで取り上げられる美しい女性というのは、皆細身である。それぞれ好みはあるだろうが、世間ではそうなっている。しかし、私は女性の美しさの真髄には、必ず母性が関係してくると確信している。

人が生まれて初めて愛する女性は母親だ。誰しもが母親の愛情を欲しがり、また愛情を返すだろう。これは後の恋愛の感情となる最初のスタート、原点である。この原点なくして女性を愛することはない。そして母親からの母性をダイレクトに感じるのは授乳、乳房だ。寛容な温かさ、柔らぎに人は愛情を感じる。人が女性に魅力を感じるのは豊満。つまり丸みだ。細身ではない。それが好みだったとしても、本能に訴えかけるのは丸みだ。畑中純にはそれがわかる。畑中純は本能をくすぶる絵を描くのだ。

畑中純の女性関係がどの程度のものなのかわからないが、きっと素敵な女性と関係をもっていたのだろう。そうでなければ、あの絵は描けるはずがない。描くには自らが体験して意識することが必要だろう。

もし畑中純が生存していたならば、きっと私と意識が合い、美味しいお酒が飲めたであろう。



2016-05-15

「畑中純の世界」展を観て(連載30)

今年は宮沢賢治生誕百二十周年にあたる。今まで単行本に収録していない千五百枚強の賢治童話論

を刊行することにした。『清水正宮沢賢治論全集』第二巻として今年中に刊行する予定で準備に入った。現在、校正中。

清水正が薦める動画「ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ」

https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk

清水正の講義・対談・鼎談・講演がユーチューブ清水正チャンネル】https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%8Bで見れます。是非ご覧ください。

京都造形芸術大学マンガ学科特別講義(2012年6月24日公開)

ドラえもん」とつげ義春の「チーコ」を講義

https://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg

清水正ドストエフスキー論全集』第八巻が刊行されました。

f:id:shimizumasashi:20151026083445j:image


清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

清水正『世界文学の中のドラえもん』『日野日出志を読む』は電子書籍イーブックジャパンで読むことができます。ここをクリックしてください。http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/190266.html


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

f:id:shimizumasashi:20120829170256j:image

四六判並製160頁 定価1200円+税

f:id:shimizumasashi:20120929113023j:imagef:id:shimizumasashi:20120206130506j:image

ここをクリックしてください エデンの南 

畑中純の世界」展を見て

 松義邦


畑中純の世界」展をみて私は、平和について考えました。畑中純の描く「まんだら屋の良太」世界では、男も女も、子どもも大人も、堅気もヤクザも、さらに民族、思想、宗教までも大きく包容し存在し、その彼ら人間が産まれたままの姿で一緒にお湯に浸かっている。そこでは差別や争いはない。 共に同じ空間になんの違和感もなく存在をしているのである。世界中では今なお戦争が行われ、日本でも集団的自衛権の強行採決によるデモ運動、価値観の違うもの同士の争いは留まる気配はない。平和とは一体なんなのか。集団的自衛権は国民の平和を守る法案だと安倍首相は言っているが、日本国民の大半はそれを理解する前に強行採決され、日本は明らかに平和とは程遠い方向に進んでいると思える。戦争は別々の国がまたは同じ国でも地域間による、互いが互いを侵略するために、相手を武力によって制圧しようとする。 それによって勝った国が得るものは一体なんなのだろうか。それは平和と呼べるのだろうか。私たちは常に周りの人間を意識してしまっている。人間に優劣をつけ、すぐに争いを持ちかける。互いを受け入れようとせずに、自分の考えを相手に押し付けることで、自分の存在を確立させ、相手を抑圧しようとする。安倍首相含め、私たちは日常生活の中で常にそういった行いをしてしまっている。仮にもし、集団的自衛権が廃案になった場合、日本国民の求めている平和とは憲法9条を守ってきた戦後70年の延長にあるのか。私はそれも疑問に思う。自衛権が廃案になっても、日常的な争いは続けられる。 互いを受け入れようとしない自分勝手な生活は続けられ、私たちは安倍首相と同じような存在であり続ける。 平和に答えはないが、私が今考える平和は、互いに受け入れながら共存し、均衡が保たれている状態を平和と呼ぶのだと思う。相手を受け入れるのは相当容易なことではない。 共存するには相手の良いところを認め、溶け合う必要がある。そしてその均衡を保つことは受け入れ共存することよりもさらに難しい。かの有名なガンジーは平和な世界を作るために非暴力非服従を唱え、争いが起き均衡が崩れると、自ら断食を行いまた均衡を取り保とうとした。取り戻した均衡もすぐに崩れまた争いは行われる。 ガンジーはその度に断食を行い、平和な国を目指したがその夢は叶うことなくこの世を去った。ガンジーにできなかったことを今の私たちにできるのだろうか。 ガンジーは一人しかいなかった。だから私たちはできるだけ多くの人間がガンジーにならなくてはいけない。断食をするのではない。自分なりに均衡を保とうとするべきなのだ。それは小さなところからでよい。自分の周りとの人間関係から少しずつ意識して均衡を保とうとするのだ。その数が増えればきっと日本は、ましてや世界が平和に近付くのではないだろうか。そうなっていく世界は遠い遠い未来かもしれないし、もしかしたら来ないのかもしれない。私たち一人一人が真の平和について考える日は来るのだろうか。

畑中純の描く湯の中は、平和、というのが実によく表されていると思う。様々な人種、価値観の持った人たちの産まれたままの姿には普通だったら誰しも抵抗のあることだと思う。しかし彼の描く世界では、それは簡単に受け入れられ、なんの恥ずかしみも感じられない。その均衡は崩されることなく、絵の中に閉じ込められている。絵の中で起きているその世界は、その世界外で起きている争いから完全に切り離されたように思える。絵の中にある平和の形、永遠にその均衡は守られたまま、現在も、そして未来も存在し続ける。彼らの逞しい姿にも、現代を生きる私たちとは少し違った世界であり、閉塞的な現代とは明らかに違った印象を受け取ることができる。あくまでこれはファンタジーの世界であり、現実ではなく、理想郷である。その理想郷は理想のままで訪れることはないのかもしれない。現代で実際に「まんだら屋の良太」の世界があったとすれば、受け入れることはかなり難しいかもしれないが、絵の中であれば、それは永遠に私たちの中の理想郷的な世界で存在し続けると私は思う。この日本が少しでも理想郷に近づけるように私たちは、受け入れ、共存し、均衡を保たねばならない。そう思います。

2016-05-11

「畑中純の世界」展を観て(連載29)

今年は宮沢賢治生誕百二十周年にあたる。今まで単行本に収録していない千五百枚強の賢治童話論

を刊行することにした。『清水正宮沢賢治論全集』第二巻として今年中に刊行する予定で準備に入った。現在、校正中。

清水正が薦める動画「ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ」

https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk

清水正の講義・対談・鼎談・講演がユーチューブ清水正チャンネル】https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%8Bで見れます。是非ご覧ください。

京都造形芸術大学マンガ学科特別講義(2012年6月24日公開)

ドラえもん」とつげ義春の「チーコ」を講義

https://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg

清水正ドストエフスキー論全集』第八巻が刊行されました。

f:id:shimizumasashi:20151026083445j:image


清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

清水正『世界文学の中のドラえもん』『日野日出志を読む』は電子書籍イーブックジャパンで読むことができます。ここをクリックしてください。http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/190266.html


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

f:id:shimizumasashi:20120829170256j:image

四六判並製160頁 定価1200円+税


ここをクリックしてください エデンの南 

畑中純の世界」展を見て

 大神田みずき





入り口からすぐのところに『畑中眞由美 像』がありました。俯いた顔がとても美しかったです。暗めの色彩に、赤いセーターがよく合っていました。ふっくらとした頬や唇に、可愛らしさと、日本の女性らしさを感じました。

続いては宮沢賢治のゾーン。『雨ニモマケズ』、1996年の木版画です。まずは1枚目、左上の大きな目が印象深いです。背景の細やかさにも目をひかれました。個人的に、右上の映写機が好きでした。左下のコンパスが北を向いてないのが、くるくると回り続けるコンパスを想像させてくれました。 2枚目ですが、なんといっても右側の長い男性。おそろしく不気味でした。そして、宮沢賢治といえばこの写真、と言っても過言ではないあの写真が忠実に描かれていました。女性の顔には哀愁 が漂い、空の列車は煙をふき出し……神秘的な世界がそこにはありました。

注文の多い料理店』、まず目をひかれるのは大きな猫です。顔の真ん中が木に隠れているのが雰囲気がでていました。2人の男と2匹の犬が今まさに動き出して、店に入っていきそうです。

1983年の木版画、『猫の事務所』。これはとにかく可愛いです! 小物ひとつひとつが細やかに描かれているのも魅力的でした。

『永訣の朝 宮沢賢治』。これも1996年の作品です。陰影のつけ方が素敵でした。かなり影がある感じです。お隣の『永訣の朝 宮沢トシ』は陰影があまりなく、かなり明るいです。その対比がまた良く、これは2枚揃って初めて完成形になるのかな、と思いました。あめゆじゆとてちてけんじゃの文字は、とても味がありました。

そして『ツェねずみ』、『オッペルと象』を過ぎ目に留まったのが、『セロ弾きのゴーシュ』です。中央の男性(セロを弾いているのでおそらくゴーシュ)の存在感がすさまじかったです。彼の耳はいったい……?

そして『小岩井農場』。列車を降りているところ、臨場感があっていいですね。

風の又三郎』を過ぎ、 『銀河鉄道の夜』の4枚にたどり着きました。どれもひとことで言えば綺麗です。しかし、1枚1枚、綺麗のかたちが違います。個人的に右から2枚目、列車内から外を見ている画がいちばん好きでした。

そして『どんぐりと山猫』。こちらはたくさんの場面がありました。その数なんと9枚! 最後(一番右)の画が不気味でしたが、すごく引き込まれる絵でした。馬の目と、人の目 。どちらも目を合わせてはいけないような、そんな気がしました。

『水仙月の四日』を見ていると目に飛び込んできたのは、お隣『月夜の電信柱』です。きりりとした顔がこちらを見つめてきます。その後ろにはまた電信柱さん。その後ろにもまたまた電信柱さん。描かれているのが1本ではないところ、好きでした。電信柱は何本も繋がっているものですものね。

さあ、入ってきました。[カオスとエロスとファンタジーの曼陀羅宇宙]のコーナーです。

『オバケ15話 「明暗」 より』。このあたりから文字がでてきました。「黒く塗れ」という、いきなりインパクトのある文字です。

イグアナのような、鯉のような……とにかくお魚の絵は、とても雰囲気がありました。2枚連続で中央に大きな魚(?)がいるのがまた、それを強く感じさせました。

ここから漫画風の画がたくさん出てきます。色付きのものはとても鮮やかで、ペンが細かいです。かと思えば、かなり太いタッチのものもありました。この描きわけ! とても好きです。筆で書いたような「水やろか〜」の文字を、10秒ほど見つめてしまいました。

『百八の恋』ゾーンに入りました。印象に残ったのは1枚目です。前は鮮やか、後ろはぼかす。タッチを変えることで、遠近感を出している手法にはとても感心しました。

そしてそして、やっとここまできました、『まんだら屋の良太』です。赤、黒、白で描ききっているインパクトの強さといったらありません。日の丸が描かれていたからでしょうか、やはり白と赤が使われていると、日本が連想されますね。

良太の顔が大きく描かれているものもありました。フチが太いので、パッと見ていちばん目に焼きついたのがこれだったかと思います。先生の言っていた、「九鬼谷温泉は現実的な時間・空間を超えた永遠の理想郷として描かれている」というのが、これらの画を見て少しわかったような気がしました。やはりエロスを感じますね。

『ガキ』はとにかく繊細でした。細やかな線、これにはもう目を奪われてしまいました。

畑中純さんの画を見て感じたのは、「人間」と、「像や魚、木などの物体や風景」の、タッチの違いです。物体はすごく繊細で、写真のようでした。再現率が高いと言えばいいのでしょうか。しかしそれとは逆に、人間はあえて本物っぽさをなくしていると言いますか……「写真」より「自分の絵」にしているという感じがしました。

「カオスとエロスとファンタジーの、怪しくも牧歌的な逸楽の世界」に、どうやら私も誘われてしまったみたいです。





2016-05-10

「畑中純の世界」展を観て(連載28)

今年は宮沢賢治生誕百二十周年にあたる。今まで単行本に収録していない千五百枚強の賢治童話論

を刊行することにした。『清水正宮沢賢治論全集』第二巻として今年中に刊行する予定で準備に入った。現在、校正中。

清水正が薦める動画「ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ」

https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk

清水正の講義・対談・鼎談・講演がユーチューブ清水正チャンネル】https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%AD%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%8Bで見れます。是非ご覧ください。

京都造形芸術大学マンガ学科特別講義(2012年6月24日公開)

ドラえもん」とつげ義春の「チーコ」を講義

https://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg

清水正ドストエフスキー論全集』第八巻が刊行されました。

f:id:shimizumasashi:20151026083445j:image


清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

清水正『世界文学の中のドラえもん』『日野日出志を読む』は電子書籍イーブックジャパンで読むことができます。ここをクリックしてください。http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/190266.html


ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

f:id:shimizumasashi:20120829170256j:image

四六判並製160頁 定価1200円+税


ここをクリックしてください エデンの南 

畑中純の世界」展を見て

 森本勇太


畑中純さんの展示会、まんだら屋の良太を読んで感じた事」

僕は、雑誌研究で行なわれた畑中眞由美さんの講演会で話を聞くまで、畑中純さんの作品を読んだ事は一度もなかったのですが、授業で〈まんだら屋の良太〉を知り、自分なりに調べ、実際に手に取り読んでみました。

調べるまでは、ごく普通の漫画だと思っていたのですが、十年間にわたる連載や漫画家協会賞を受賞していたりと、素晴らしい功績を残しており驚きました。

またアシスタントを雇わず、巻数53巻にまで及ぶ大作を描き上げ驚異の連載を成し遂げていた事が、僕にとっては衝撃的でした。

そして、実際に読んでみて、文学性の強いストーリー漫画だと思いました。更に、作中のキャラクターは数が膨大であるにも関わらず、それぞれ描き分けられていて、その各キャラクターにしっかりとした人物設定があった。そういった、細かい部分にまで気を配り作品を構成している事に感銘を受けました。

そして、細かくしっかりとした人物設定があるからこそ、内容も充実させる事が出来ているのではないかと思い、エロスであったり人情や面白さがあって、どこか共感する事もできました。

〈まんだら屋の良太〉はエロス・性描写がすごく多く、汚い等、否定的な意見を持つ人もいると思います。畑中眞由美さんを招いた講演会でも、長男の元さんが「汚くて僕はあまり好きじゃやない、読めない」と仰っていました。もちろん、自分の父親が描いた作品であるからこその特別な想いがあるのだと思いましたが、読んでいく内に汚い、読めないとは思わなくなり、人間のありのままの姿や人間の欲という風に見えてきます。

人間の生命力のある、ありのままの姿だと思うので僕はすごく好きです。

描いている描線もとても開放的で濃く太く、人の生命力やあるままの姿をそのまま描いている線だと感じました。授業で先生も仰っていた「畑中純さんだけにしか描けない描線」という意味が何となくですが分かったように思えました。

そして、冒頭で「文学性の強いストーリー漫画」だと言いましたが、それは良太のセリフを読む事によって感じる事が出来ました。

文学が好きな人が書いた様な、文学者が書いたという様な。そのような感覚に陥りました。

恐らく、畑中さんは文学に対しての知識が物凄く豊富で、文学に精通していたのではないかと思いました。

読んでいると、作品にどんどん引き込まれていき、そして良太自身の人間性にも引き込まれていきました。

大人でもなく、子供でもなく。中途半端な部分もあり、共感しながら読む事が出来ました。

学校で開かれている展示会では、「まんだら屋の良太」以外にも、様々な作品があり、とても興味深かったです。

畑中眞由美さんの貴重なお話や「まんだら屋の良太」を読んだ直後に鑑賞した展示会なので、尚更、強く他の作品に対しても興味が湧いてきました。

展示も絵の展示や本の展示を交互に展示していて、飽きる事のない展示であると個人的には思いました。

展示作品の中で最も気に入った作品は、版画展示の「宮沢賢治・雨ニモマケズ」です。

何故なら、漆黒の線が深く濃くはっきりと分かりやすく、版画そのものの印象はとても力強いものでした。しかし線は丸く優しく描かれており、描かれている動物と人もとても優しい版画だったからです。

畑中純さんの人柄が出ているのではないかなと少し思いながら観ていました。

お会いした事はもちろん無く、写真でしか見た事のない畑中純さんですが、娘さんがお父様の事を聞かれ答える際に、思わず泣いてしまったり、眞由美さんのお話を聞きながら、頷いていたり、その様な家族の姿を見ていると、畑中純さんはとても優しく、良い父親であったんだろうと自然に思えました。

その優しさが滲みている展示作品だったと思います。

「まんだら屋の良太」の世界の様に現実世界も戦争や文化の違い、過去に囚われず、全てを受け入れる事が出来たらと物凄く感じました。

この展示と同時期に池袋で開かれている、世界報道写真展を観に行きました。

現実世界は漫画とは違い、あたり前の様に人を殺している状況です。到底、全ての人を受け入れる事が出来るという状況ではありません。世界情勢については日々の報道で耳にしていた事ですが写真という媒体を通してそれを目の当たりにし、ショックを受けました。

日本は、そういった国からみるとまだまだ平和ですが、最近では安保法案が強行可決され揺らいでいます。

戦争を行い、同じ人類で再び殺し合いを始めてしまうのか。それは誰にも分かりません。

しかし、世界平和を願っている人が世界中に多くいる事は紛れもない事実です。

僕自身も世界平和を願っています。

今の不安定な世界情勢であるから、殊更に畑中純さんの描く全てを受け入れるという、漫画だからこその異世界に強い魅力を感じてしまうのかもしれません。