Hatena::ブログ(Diary)

清水正ブログ

2015-06-08

『熊谷元一〜一年生〜』齋藤響 

清水正への原稿・講演依頼は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

こちらもぜひご覧ください。

「早稲田塾が選んだ大学教授」

http://www.wasedajuku.com/channel/good-professor/detail.php?professorid=44

ドストエフスキーファンのブログ「エデンの南」http://plaza.rakuten.co.jp/sealofc/13089/


人気ブログランキングへ←「人気ブログランキング」に参加しています。応援のクリックをお願いします。


f:id:shimizumasashi:20140725083331j:image

清水正の著作・購読希望者は日藝江古田購買部マルゼンへお問い合わせください。

連絡先電話番号は03-5966-3850です。

FAX 03-5966-3855

E-mail mcs-nichigei@maruzen.co.jp

f:id:shimizumasashi:20150206165308j:image

第一巻〜第六巻まで3500円+消費税。第七巻7000円+消費税

f:id:shimizumasashi:20120403173904j:imagef:id:shimizumasashi:20120318203208j:imagef:id:shimizumasashi:20101124104051j:imagef:id:shimizumasashi:20101019072415j:imagef:id:shimizumasashi:20100721112633j:imagef:id:shimizumasashi:20080704144056j:image

ここをクリックしてください。清水正研究室http://shimi-masa.com/

f:id:shimizumasashi:20120829170256j:image

四六判並製160頁 定価1200円+税

京都造形芸術大学での特別講座が紹介されていますので、是非ご覧ください。

ドラえもん』の凄さがわかります。

http://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg&feature=plcp

清水正へのレポート提出は  qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお送りください。



人気ブログランキングへ←「人気ブログランキング」に参加しています。応援のクリックをお願いします。






日芸図書館企画の展示「写真家 熊谷元一」は六月二日より十六日まで日芸アートギャラリーで開催されています。詳しくは日芸図書館(03-5995-8306)にお問い合わせください。


熊谷元一写真集『黒板絵は残った』(D文学研究会発行・星雲社発売)は五月三十日に刊行されました。

f:id:shimizumasashi:20150423170849j:image定価は1800円+消費税

購読希望者は日藝江古田購買部マルゼンへお問い合わせください。

連絡先電話番号は03-5966-3850です。

FAX 03-5966-3855

E-mail mcs-nichigei@maruzen.co.jp

四月三十日の読売新聞夕刊15面に芥川喜好氏の「時の余白」で紹介、また五月二十一日に長野朝日放送で十分ほど特集番組として放映されました。

熊谷元一〜一年生〜』

 齋藤響 映画学科3年 

 自分が初めて描いた絵を、果たして覚えているだろうか?

 日芸のアートギャラリーにおいて『黒板絵は残った』と題して、展示された熊谷元一の写真を眺めながら、その疑問が頭に飛び込んできた。写真には熊谷元一が自分の小学校で撮影した、生徒たちの絵が写っていた。それは生徒たちが自由に、何の制約もなく描いたものだ。

 子供たちの絵は、多種多様だ。誰も絵に関して特別な知識を持っているわけではない。だからこそ生まれる自由な発想、それが詰まった黒板となっていた。ある子どもは、おそらく自分の家であろう日常を描き、またある子どもは、ファンタジーのように現実から逸脱した絵を描く。絵の隣に日記のように字を添えたり、平面の中で奥行きを描こうとした痕跡もあったりした。今、大人になった私たちが絵を描いたなら、こうも十人十色な黒板は生まれないだろう。私たちは年を重ねる過程で、正確に物を描写する技術、対象に奥行きや陰影をつける知識を得てしまっている。その結果、描かれる絵は一つの方向に向かい、同化する。

 子供だけが持つことを許された自由な発想の土壌、これを耕すのが子供の仕事だとしたら、その土壌を塀で囲い、死守するのが大人の仕事になるだろう。その点、熊谷元一の仕事は偉業と言える。

 当時この黒板に絵を描いた子供たちが、大人になってから集まったインタビュー映像がある。その中で、一人の女性が「自分の描いた絵が不安で人に見られるのも嫌だった。しかし、熊谷先生はその絵を気に入ったと言い、とても褒めてくれた」と語っている。絵の上手さという誘惑から子供たちを守るには、自信や賛美を与えなければならない。そうでなければ、子供たちは忽ち筆をおいてしまう。

 また写真の中には子供たちが実際に絵を描いている時の様子も収められていた。子供たちはカメラには目も向けず、一心不乱に黒板と対峙していた。この一枚を撮影するだけでも、数多くの苦労と時間を有したはずだ。なぜなら人は自然とカメラを意識してしまうからだ。江戸時代、映画のカメラが発明されたばかりの頃、日本の風景を映像に撮った西洋人がいる。その映像には、人々がもの珍しそうにカメラを見て通り過ぎる姿が残っている。あまりに露骨なため、滑稽ですらある。熊谷元一が撮ったのは、ましてや子供である。カメラを意識の外へと運ぶには、より多くの知恵や工夫が必要になる。

 さて、ここで本文冒頭の問いに戻る。正直に告白すれば、私は自分が初めて描いた絵など思い出せない。いや、幼稚園の頃ですら記憶にない。だが、熊谷元一が撮影した『一年生』の写真を見ながら、自分がどんな思いで絵を描いていたか、それだけは少しだけ思い出せた気がする。子供の絵というものは、描いた本人以外には到底理解できないもので、それ故、親たちの笑いの種になってしまうのが常である。しかし、そこには当時の現状が、悩みが、想いが必ず反映されており、私は、今となっては欠落してしまったその記憶が呼び起される瞬間を、その写真の内部に見つけ出したのだ。

2012-10-02

「文芸批評論」平成24年度夏期課題「ロジオン・ロマーヌイチ・ラスコーリニコフについての考察」小谷はんな

清水正への原稿・講演依頼・D文学研究会発行の著作購読希望は

 qqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

ここをクリックしてください エデンの南   清水正の林芙美子『浮雲』論連載    清水正研究室  

   グッドプロフェッサー

京都造形芸術大学での特別講座が紹介されていますので、是非ご覧ください。

ドラえもん』の凄さがわかります。

http://www.youtube.com/watch?v=1GaA-9vEkPg&feature=plcp

f:id:shimizumasashi:20120816101244j:image

 『世界文学の中のドラえもん (D文学研究会)

全国の大型書店に並んでいます。

池袋ジュンク堂書店地下一階マンガコーナーには平積みされていますので是非ごらんになってください。この店だけですでに?十冊以上売れています。まさかベストセラーになることはないと思いますが、この売れ行きはひとえにマンガコーナーの担当者飯沢耕さんのおかげです。ドラえもんコーナーの目立つ所に平積みされているので、購買欲をそそるのでしょう。

我孫子は北口のエスパ内三階の書店「ブックエース」のサブカルチャーコーナーに置いてあります。

江古田校舎購買部にも置いてあります。

f:id:shimizumasashi:20120829170256j:image

四六判並製160頁 定価1200円+税

「文芸批評論」平成24年度夏期課題

ジオン・ロマーヌイチ・ラスコーリニコフについての考察

小谷はんな

 ロジオンの〈アレ〉を考察するにあたって、まずはロジオンという青年について考えてみようと思う。

 彼は「軽薄で、虚栄心が強く、不断に自己を正当化」する「変種の詐欺師」もしくは「悪党の相貌」が窺える人物であると、先生は著書『ドストエフスキー論全集5』で述べられている。故に、彼はアリョーナやルージンを嫌悪するのだ。自分の中にあるそういった憎むべき〈もの〉を、彼らの中に見てしまったから。

 しかし、本当にそれだけだろうか。

 『ドストエフスキー論全集5 『罪と罰』論余話』第三部に、こんな一節があった。

 ――彼は自分が非凡人であるのかそうでないのかといった〈個人的関心〉にとらわれ、「おれにあれができるだろうか」という〈妄想〉にとり憑かれていた。もし彼が、自分を過剰な〈革命家〉として認識していれば、ネチャーエフの言う「彼のうちにあるすべては、ただ一つの関心、一つの思想、一つの情熱、つまり革命によってしめられている」の〈革命〉の箇所に〈あれ〉を当てはめることができたであろう。(中略)ラスコーリニコフには、ネチャーエフに見られた革命家としての認識も覚悟もない。『罪と罰』の出だしの部分から彼は深く思い惑っており、未来に対する確信がない。

 そう、ロジオンには、未来に対する確信がない。確信がないまま、彼は己の理論に基づいて、高利貸しの老婆・アリョーナを殺してしまったのだ。

 その行動はどこか、先のことは考えない間違った刹那主義を思わせるし、何より現実と夢想の線引きを上手く出来ていない妄想家としての面が強いように感じられる。

 昔、こんな事件があった。中学生くらいの男の子が、同級生私刑の末に殺してしまったのだ。その時、彼が「ゲーム感覚だった」と言った言葉を今でも覚えている。その少年とロジオンが同じだとは言わない。彼は、曲がりなりにも元・法学部の人間であり、成人している一人の立派な青年である。だが、現実とゲーム…空想との世界が入り混じり、大きな事を起こしてしまうあたり、彼らはどこか似通っている。

 ロジオンは、母プリヘーリヤからラスコーリニコフ家の再建を過度に期待されている存在であり、また、父親亡き後の一家の大黒柱となるべき長男である。彼の重荷はいか程のものだろう。都会へ出て、所謂“はっちゃける”気持ちもわからないでもない。その心は、現代の若者にも通じるだろう。“高校デビュー”“大学デビュー”といった言葉が存在するように、人は、環境が変われば自分も変われると思い込む生き物である。

彼も、恐らくその類だったのではないだろうか。いくら思想を巡らせていようと、深い悩みを抱えていようと、ロジオンだって若者である。都会へ出て、母親から解放された新しい自分を楽しみたい。そんな願望を持っていても不思議ではない。

 しかし、彼は“大学デビュー”に失敗した。金銭問題だったり、婚約者の死だったり、理由は様々だし決して彼一人が悪いわけではない。だが、彼が悪くないわけでもない。こうして彼は屋根裏部屋で、今でいう“引きこもり生活を始めざるおえなくなり、今でいう“ネットサーフィン”の代わりに自分の殻に閉じこもって妄想を始めた。

 そして今回の論点でもある、「おれにあれができるだろうか」に行き着くのである。

 では、〈あれ〉とは何なのか。

〈あれ〉とはとても多様性のある言葉である。読み手次第で、いか様にも解釈できるのだ。そしてそれは、先生が『ドストエフスキー論全集5』で仰っていたように、「〈あれ〉を単なる老婆殺しと見ていたのでは、『罪と罰』の深層に分け入ることはできない」、とても重要な言葉として描かれている。

確かに、表層的に見ると〈あれ〉とは〈老婆アリョーナ殺し〉である。そして、それに続く、盗んだお金で立ち上げる慈善事業であり、その成功でもあると言える。

だが、それはあくまで表層的な話だ。

ジオンが生きていた1865年当時のモスクワは、ネチャーエフのように革命運動に燃える若者でひしめき合っていた。彼らが目指すものは新しいロシアであり、そのために、ロジオンの「おれにあれができるだろうか」の〈あれ〉に〈皇帝殺し〉を当てはめ、現にそれを見据えることのできる人種の人たちだった。

 しかし、先にも述べたように、ロジオンは未来に確信を抱いていない青年である。当時の革命家たちのように、手に入れたい未来があるわけでも、叶えたい世界があるわけでもない。

 第五部に、このようなことが書かれていた。

 ――ロジオンは表層意識の次元で高利貸しの老婆アリョーナ殺しを〈あれ〉と見なしていたが、革命家たちは明白に、諸悪の根源は〈皇帝〉の存在にこそあると見なしていた。〈社会のしらみ〉は、一人の老いた高利貸しではなく、専制国家君主の皇帝であると明確に認識していた。(381ページより)

 ロジオンは革命家ではない。彼に、皇帝殺しは不可能である。

 著者であるドストエフスキーは、ロジオンの言葉に含みを持たせたのかもしれない。だがしかし、ロジオンはそんなこと考えもしなかったのではないだろうか。

 先ほど、彼と母プリヘーリヤについて少し触れた。彼女は、一人息子に過度な期待を寄せ、うざったいほど重い愛情を捧げる母親である。そう、“母親”なのである。どんなに息子の人生を押しつぶそうと、彼女はロジオンの“母親”なのだ。これほど重い愛でロジオンを縛り付けるプリヘーリヤのことだ、彼が実家にいる間、猫可愛がりしていたであろうことは想像に容易い。ロジオンは、そんな愛情に包まれて生きてきた青年である。どんなに重苦しかろうと、彼は母の愛に浸って、育ってきた。

 そんな青年が、いきなり一人で都会へ出てきたのだ。プリヘーリヤは子離れできない親である。だが、それと同じくロジオンも、親離れできていないのではないかと私は思う。確かに彼は法学部の学生で、自分の理論を持っていて、何やらいつも難しいことを考えているような気配がする。現に、彼は独自の犯罪理論を打ち立て、それに沿って行動した。しかし、彼の精神年齢はどうだろうか。母親に対するどこか子供じみた反抗的態度、先を考えずに起こした老婆殺し、私には、ロジオンが幼い少年のように思えてならない。彼は、体ばかりが成長してしまった、母親離れできない少年なのではないだろうか。

 だからこそ、改めて思う。彼に〈皇帝殺し〉を思いつくことはできない。それを…革命を思い描くには、ロジオンの心は幼すぎる。

 ならば、〈あれ〉とは何なのか。やはり表層的な〈老婆殺し〉でしかないのか。

 『ドストエフスキー論全集5 『罪と罰』論余話』第三部には、このようなことも書かれている。

 ――〈あれ〉とは、表層レベルでは〈老婆アリョーナ殺し〉であり、隠された深層レベルでは〈皇帝殺し〉と言えるが、究極的には〈復活〉を意味している。屋根裏部屋で生きながらにして死んでいるような生活を送っていた〈一人の青年〉が、何よりも望んでいたのは〈復活〉なのである。

 ここでいう〈復活〉とは、何もイエスキリストのように本当に一度死んで生き返ることを指しているのではない。それは、彼が無神論者であると同時に、ここまで通して見てきたロジオンという青年が、自殺まがいなことを考えるような人物ではないことから明らかである。

 彼の望む〈復活〉とは、彼の人生が再び輝くこと、彼が彼の人生を歩むことを指しているのではないか。ラスコーリニコフ家再建を期待され、母プリヘーリヤの敷いたレールの上を歩いてきたロジオンは、自分の足で人生を歩いているという認識が乏しかったのではないか、と私は思う。故に、心が成長…自立できないまま大人になってしまったのではないだろうか。そして、「おれにあれができるだろうか」と思い悩み、やがて殺人を犯してしまった。

 ロジオンが最終的に求めていたものとは、一体何だったのか。私は、彼は〈生きているという感覚〉が欲しかったのではないかと思う。妄想と現実の狭間に生き、どこか地に足着かない生活を送っていたロジオン。そんな自分を現実に連れ戻す〈切っ掛け〉。それを求めていたのではないだろうか。だから、殺した。

 物語的には矛盾があるかもれない。だが、私はそう思うと、このロジオンという青年が普通の男の子のように感じられ、どこか親近感が沸くのだ。

(3355字)

2012-01-24

「文芸批評論」平成二十三年度最後の授業

清水正への原稿・講演依頼はqqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。

ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

ここをクリックしてください エデンの南   清水正の林芙美子『浮雲』論連載    清水正研究室  

清水正の著作   D文学研究会発行本   グッドプロフェッサー

本日、柏で人身事故があり一時間ほど遅れて快速が発車。ニ時四十分から始まる「文芸批評論」は四十分ほど遅刻となった。それでも熱心な受講生が教室に集まっていたので、最後の授業を雑談風に展開。この授業はドストエフスキーの『罪と罰』を中心に進めてきたが、三島由紀夫や志賀直哉、宮沢賢治つげ義春、藤子・F・不二雄、ソポクレスなどの作品も扱った。アットホームな雰囲気の中で一年間を過ごしたので、受講生の名前と顔もしっかり覚えた。最後にみんなで仲良く記念撮影。

f:id:shimizumasashi:20120124160309j:image

f:id:shimizumasashi:20120124160214j:image

2012-01-17

文芸批評論は『オイディプス王』の朗読・演技

清水正への原稿・講演依頼はqqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。

ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

ここをクリックしてください エデンの南   清水正の林芙美子『浮雲』論連載    清水正研究室  

清水正の著作   D文学研究会発行本   グッドプロフェッサー


本日の「文芸批評論」は演劇学科学生による『オイディプス王』の朗読・演技。「マンガ論」を受講したことのある学生が今年の「文芸批評論」には何人かいるので、朗読・演技にもすぐに対応、熱演してもらった。

f:id:shimizumasashi:20120117145704j:image

f:id:shimizumasashi:20120117145655j:imagef:id:shimizumasashi:20120117145805j:imagef:id:shimizumasashi:20120117145813j:imagef:id:shimizumasashi:20120117150033j:imagef:id:shimizumasashi:20120117150039j:imagef:id:shimizumasashi:20120117150620j:imagef:id:shimizumasashi:20120117154246j:image

2012-01-12

「文芸批評論」で(オディプス王」を講義

清水正への原稿・講演依頼はqqh576zd@salsa.ocn.ne.jp 宛にお申込みください。

ドストエフスキー宮沢賢治宮崎駿今村昌平林芙美子つげ義春日野日出志などについての講演を引き受けます。

ここをクリックしてください エデンの南   清水正の林芙美子『浮雲』論連載    清水正研究室  

清水正の著作   D文学研究会発行本   グッドプロフェッサー


「文芸批評論」はドストエフスキーの作品を主に題材にして授業を進めているが、当ブログでは「マンガ論」の授業内容は紹介しているが、この授業はまったくと言っていいほど取り上げていない。ただし、今年は「マンガ論」「雑誌研究」とこの「文芸批評論」の授業はすべてビデオ撮影してある。今年最初の「文芸批評論」は十二月十日に行ったが、ソポクレスの「オイディプス王」をとりあげた。十六年前に七百枚近くの『「オイディプス王」を読む』を刊行したが、これについて授業でとりあげることはなかった。昨年、大地震・津波・原子炉爆発と続いたので、その関連で「オイディプス王」をとりあげようと思った。昨年暮れから本格的にこの作品を取り上げたのは、実は『ドラえもん』にある。ベトナムでこの作品が大人気であること、ベトナムの日本料理店「どらえもんかか」に三度も足を運んだことなど、もあって、まずは『ドラえもん』論を書き始めて、今は『アポロンの地獄』を批評することになった。『ドラえもん』をドストエフスキー文学やソポクレスの『オイディプス王』などと関連づけて『世界文学の中の「ドラえもん」』を刊行する予定で進めている。

f:id:shimizumasashi:20120112135423j:image

f:id:shimizumasashi:20120112125154j:image