Hatena::ブログ(Diary)

清水正ブログ

2018-02-10

『林芙美子「浮雲」における死と復活の秘儀  成瀬巳喜男の映画「浮雲」を視野に入れて』を刊行

f:id:shimizumasashi:20180221214212j:image

清水正が薦める動画「ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ」

https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk

これを観ると清水正ドストエフスキー論の神髄の一端がうかがえます。日芸文芸学科の専門科目「文芸批評論」の平成二十七年度の授業より録画したものです。是非ごらんください。

清水正の著作はアマゾンまたはヤフオクhttps://auctions.yahoo.co.jp/seller/msxyh0208で購読してください。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/msxyh0208

日芸生は江古田校舎購買部・丸善で入手出来ます。

新刊本の紹介

漸く『清水正ドストエフスキー論全集』第10巻「宮沢賢治ドストエフスキー」の校正が終えた。栞原稿の校正も終えたので三月には刊行の運びとなりそうだ。この巻には「椎名麟三ドストエフスキー」「坂口安吾ドストエフスキー」も収録する。

今年一月に刊行した『ドストエフスキー曼陀羅』八号には入院中に執筆した『罪と罰』論250枚を掲載した。『罪と罰』に関しては何度書いても飽きることがない。今回もさまざまな謎解きに挑戦している。

また三月に刊行の「江古田文学」に「動物で読み解く『罪と罰』の深層」を掲載する。


f:id:shimizumasashi:20180118234737j:image

f:id:shimizumasashi:20170302200749j:image

2018-01-18


清水正が薦める動画「ドストエフスキー罪と罰』における死と復活のドラマ」

https://www.youtube.com/watch?v=MlzGm9Ikmzk

これを観ると清水正ドストエフスキー論の神髄の一端がうかがえます。日芸文芸学科の専門科目「文芸批評論」の平成二十七年度の授業より録画したものです。是非ごらんください。

清水正の著作はアマゾンまたはヤフオクhttps://auctions.yahoo.co.jp/seller/msxyh0208で購読してください。

日芸生は江古田校舎購買部・丸善で入手出来ます。

清水正宮沢賢治論全集 第2巻』が刊行された。



f:id:shimizumasashi:20170302200749j:image

f:id:shimizumasashi:20180118234737j:image

2017-12-27

9冊目の林芙美子論『林芙美子「浮雲」における死と復活の秘儀ーー成瀬巳喜男の映画『浮雲』を視野に入れてーー』(D文学研究会)を刊行する。限定200部。





帯状疱疹後神経痛も二年になる。痛みは同じ。外には出る気にもならない。一日中痛いのでほとんど睡眠が取れない。横になって動画を観るか本を読んでいる。それでも一時間から二時間は原稿を書くことにしている。

林芙美子の『浮雲』論、『罪と罰』論、それに『源氏物語』論にも取りかかった。

来年早々に9冊目の林芙美子論『林芙美子浮雲」における死と復活の秘儀ーー成瀬巳喜男の映画『浮雲』を視野に入れてーー』(D文学研究会)を刊行する。限定200部。

2017-12-16

『浮雲」放浪記No.4』刊行

昨日14日『「浮雲」放浪記No.4』私家版限定200部が刊行、研究室に納品された。この本は林芙美子関係ではハ冊目の著作となる。「浮雲」論は現在も引き続き執筆中である。

今日は今年度最後の金曜会。椎名町の「正ちゃん」で開催。

2017-10-18

「文芸批評論」は林芙美子の『浮雲』

f:id:shimizumasashi:20170406221129j:image


NHK Eテレ「100分de名著 宮沢賢治スペシャル」にて指南役も務められた山下聖美教授による『清水正宮沢賢治論 解体・再構築批評によるケンジ童話論の革命』が刊行されました。</span




本日の「文芸批評論」は林芙美子の『浮雲』について。受講生がまだ読み終えていないので、恋愛体験を披露してもらう。面白い話ばかりだが、発表はできない。