Hatena::ブログ(Diary)

しんさんの出張所 はてな編 このページをアンテナに追加 RSSフィード

カレンダー
2007 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2016 | 05 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 06 | 08 | 11 |
2018 | 02 |

2011-05-28

[][]はじめてのJavaFX 2.0

JavaFX2.0のベータが公開されました。正式版は秋とのことですが、方針変更してからのスピードは結構早く、1.xのときのような言語、プラットフォームを広く設定して収束できなかったことは2.0ではないように見えます。

あくまでもJavaAPIとなったので、JavaVMを利用する他の言語でも扱えるということになります。たぶんFXScriptのような軽い開発を考えている人にとってはGroovyあたりがよいのかもしれませんね。

でも、GUIって結構イベント飛び交うので型がしっかりわかるJavaJavaに限りなく近い書き方をしたGroovyあたりがいい気もします。


というわけで、今回は誰も書かないような一番基本となるセットアップからプロジェクト作成、実行までの手順を軽く書いてみます。


ダウンロード

http://www.oracle.com/technetwork/java/javafx/downloads/index.html

ここにある一番下のプラグインだけダウンロードするとよい。展開してNetBeansのメニュー「ツール」−「プラグイン」でダイアログ開いてダウンロード済みのタブを選択、展開したファイルをくわせる。SDKは別途用意する必要なし。


プロジェクトの作成

http://shin.cside.com/diary/2011/0528-01.png

プロジェクトの新規作成でJavaFXアプリケーションが選べるようになっている。最初カテゴリが追加されていなくてあせったけど、あくまでもJavaというのがポイントか。


実行

プロジェクトを開くとNetBeansお約束のサンプルコードがすでに入っている。

全ソースは省略なしで以下の通り。コメントだけ削除してます。

import javafx.application.Application;
import javafx.event.ActionEvent;
import javafx.event.EventHandler;
import javafx.scene.Group;
import javafx.scene.Scene;
import javafx.scene.control.Button;
import javafx.scene.paint.Color;
import javafx.stage.Stage;

public class JavaFXApplication1 extends Application {

    public static void main(String[] args) {
        Application.launch(JavaFXApplication1.class, args);
    }
    
    @Override
    public void start(Stage primaryStage) {
        primaryStage.setTitle("Hello World");
        Group root = new Group();
        Scene scene = new Scene(root, 300, 250, Color.LIGHTGREEN);
        Button btn = new Button();
        btn.setLayoutX(100);
        btn.setLayoutY(80);
        btn.setText("Hello World");
        btn.setOnAction(new EventHandler<ActionEvent>() {

            public void handle(ActionEvent event) {
                System.out.println("Hello World");
            }
        });
        root.getChildren().add(btn);        
        primaryStage.setScene(scene);
        primaryStage.setVisible(true);
    }
}

F6、もしくはツールバーやメニューから実行するだけ。


実行結果。

http://shin.cside.com/diary/2011/0528-02.png

ボタンをクリックするたびにログがでます。アイコンJavaのやつじゃないところがなんかを気にしてる感じ。


とりあえずコードを1行も書かないで実行確認するところまでできました。

2011-05-27

[]Wii バーチャルコンソール6月ラインナップ

5月31日分含む。

スーパーファミコン

ネオジオ

アーケード

ファミコン


結構いいのあるな。

2011-05-23

[]mixiアプリ PONPON 11,000人突破!

おかげさまでmixiアプリ PONPON 11,000人突破しました!

http://mixi.jp/view_appli.pl?id=29033

2ヶ月強で1000人増えたColorBlockとくらべて一ヶ月弱で1000人増えていることとColorBlockの増加の減少具合を考えると14,000くらいはいけそうな感じがします。

もっともそれは次のmixiアプリをリリースしてリンクが入ったことも関係しているかな。PONPONリリース後ColorBlockのユーザーちょっと増えてたし。やはり次のmixiアプリをしっかりリリースするのが大事。

2011-05-22

[]ゆうべはおたのしみでしたね

コピペ防具屋も実装。宿屋もついでに実装。

http://shin.cside.com/diary/2011/0522-01.png

とりあえずとまると「ゆうべはおたのしみでしたね」と表示してある。宴会が盛り上がったのだろう。

あとは街の施設としては道具屋と神殿(魔法屋?)がのこってる。まだまだおわらない。


全体的な実装度としては20%程度かな。やっぱりWIZのようにメッセージだけで街を実装しておくべきだったかな。最初はそういう方向だったけど、どうせならと色気を出したのが運のつき。

規模としてはColorBlockの100倍程度、PONPONの30倍程度はいってる。パズル系とかよいシステム最初に実装してしまえばコード量はたいしたことないけど、そのアイディアを出すのが大変なのに対して、こちらは実装の難易度は低いけど、とにかくやることが多い感じ。

ただし、ノウハウはたまっていくので、次回続編作るときなどはさくっとつくれるようになってるはず。実際OSブラウザごとの差異をみるのが一番手間がかかったところだったから。

[]mixiアプリ ColorBlock 19,000人突破

おかげさまで19,000人突破しました。ありがとうございます。

http://mixi.jp/view_appli.pl?id=26130

2ヶ月ほど前に18,000人突破したのでかなりゆったりしたペースになってきており、2万人はかなり遠い感じです。次のxmixiアプリをリリースしてそのリンクを持って増えるといいかな。

2011-05-21

[]なにをかうかね?


http://shin.cside.com/diary/2011/0521-01.png

今日の実装。

誰が装備できるか、攻撃力はいくつなのか、特殊な効果はあるのかなどを表示しています。

2011-05-20

[]とりあえず生きてます

疲れがたまってる感じで家に帰っても平日はなにもできてないです。

週末くらいしか更新できないかも。

気分転換にゲームとかやるのがいいのだろうなーとかもおもったり。


とりあえず毎日入ってくる東電方面のニュースにいらいらしてます。業績悪くてつぶれそうなのにボーナスとかでるんだぜ。

2011-05-15

[]戦闘実装つづき

http://shin.cside.com/diary/2011/0515-01.png

http://shin.cside.com/diary/2011/0515-02.png

ダメージを与えると敵は点滅します。攻撃のメッセージからダメージのメッセージまで一瞬時間が空くのですが、やはり音がほしいですねぇ。


敵にはグループという概念を入れました。DQと同じ、というかそのベースになってるWIZと同じですね。

これで魔法は単体、グループ、全体という範囲を持つことになって、属性という概念がなくともバリエーションを増やすことができた。

[]原発で事故は起きないので大金かけた無人ロボット破棄

JCOの事故の後、無人ロボットの重要性から大金をかけて高い放射線の中で作業できる無人ロボットを開発しました。

しかし、それを破棄してたというのがすごい。


原発で事故は起きないのだからロボットは不要』

もう、危機管理がまったくないのがわかりますね。

やっぱり原発を運用できるのは核の対策ができてる、つまり原爆を保持している国だけですなぁ。

http://www.asahi.com/national/update/0514/TKY201105140193.html

2011-05-14

2011-05-12

[][]Chrome Web Store日本語版

まだ、日本向けに有料アプリは作成できないっぽいけど、口は用意されてた感じ。

Chrome Web StoreはGoogleアカウント持っていてクレジットカードを登録している人にとっては敷居が低い。


…低くないですね。該当しそうなのはAndroidを使っている人くらいでしょうか。


最大のメリットはブラウザChromeに固定されること。これによってブラウザごとの細かい動きの違いを解決できます。

また、Chromeは速度もすばらしく、ゲームに必要な動きの安定度が段違いです。どのへんがゲームなどを意識しているブラウザかと聞かれるとタイマー精度が1ms単位で、わりと正確だということです。IEとか16ms単位だったり、Firefoxは平均して指定したタイマーになっていればよいというアバウトさ。

Win32知っている人は「Chromeを立ち上げると他のアプリもタイマー精度が高くなる」という挙動でニヤリとするはずです。


ただ、Chromeに限りませんが、HTML5では音をまともに扱えません。音を扱うためにはFlashまたはAppletを埋め込む必要があるとおもいます。ランタイムがなくても動く、あれば音も出る、という仕組みならさほど問題は少ないかと思われます。


が、音どころか最初からAppletで作成してよい、ということならばJavaは非常に高速なのでゲームの速度もなにも考えなくてよいというオチがまっていて悲しくなりますけど。開発効率も圧倒的にJavascriptより上でしょうし。Webアプリと違ってJavaアプリはさくさく開発できますからね。

2011-05-11

[]ドラゴンクエスト25周年記念ロトセット

http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20110511_444588.html

なんとFCSFCDQ1〜3、合計6本がセットになったものがでるらしい。SFCの1・2は2本で1つだけど。

特にFC版の3作はやったことない人はぜひやってほしい。

コマンド選択RPGというものがコンシューマにない時代にあそこまでやりきったDQ1のすごさ。

DQ1の大ヒットにより他社があわてて参入するも、PTバトルをいち早く導入したDQ2の圧倒的な強さ。そしてここがおそらくシリーズで最も熱狂していてピークだったと思う。DQ2まではジャンプの後押しがすごかったのというのもある。

そして、やっとPTバトルが他社でもでてきたところで圧倒的な完成度のDQ3でけちらした。


それぞれ同じ時期に出た他者のRPGと比較するとDQはシステム、シナリオともに最先端であった。圧倒的であった。DQ4からは落ち着いた感じがして、スタンダードなRPGといわれるようになってしまったけど、DQ3までは本当にすごく、みんなDQを目指していたのだ。


リメイクのほうは難易度が大幅に変わったり、プレイ間隔が大きく違うのでやらなくてもいいと思う。やったことがない人はコンシューマのRPGの原点をぜひ味わってほしい。特にDQ3は今なお楽しめるはずだ。最近のRPGと比べるとDQ3でも難易度高いと感じるかもしれないけど。


スクエニFFシリーズに比べるとリメイクの数が少なく、ベタ移植もほとんどない。コンシューマでは10年以上前が最後のリメイクだったのでバトルロードとかDQ9竜王とかシドー、バラモスってなんだろうと思った人はやってみるとよいだろう。

2011-05-10

[]まもののむれがあらわれた!

http://shin.cside.com/diary/2011/0510-01.png

雑魚だと一般的なサイズはこれくらいかなぁ。

DQ3魔法使いとかみてると4匹くらいでればいいので、もうちょっと大きめでもいいのかな。一番大きい雑魚はたしか3匹表示だったか。一方で小さいスライムのようなやつは8匹。

キャラはせっかく綺麗に書いてもらったので大きめに出したいところだが、実際のゲームとしては小さいけどたくさん、大きいから少ないってメリハリがきいていいんだよね。

2011-05-09

[]日当3万

福島原発の作業代。

命削ってる割には少なすぎないかね。

白血病になっても責任を負いませんという署名させられるとかも逆だろうと。

2011-05-07

[]じょうたい

「じょうたい」コマンドを実装。

http://shin.cside.com/diary/2011/0507-01.png

本当は今日はダンジョン実装がメインだけど、スクリーンショットが代わり映えしないのでこちらを急遽作成。

[]Wii VC 5月のラインナップ

5月はマニアックですねぇ。

スーパーファミコン

ラッシング・ビート乱 複製都市 800円

NEOGEO

ファミリーコンピュータ



メジャーなのはGANGAN行進曲あたりでしょうか。

そういや先週SFCクロノトリガーでてるので、未プレイの人はぜひやってみてください。SFCRPGではトップクラスの出来です。戦闘も多少リアルタイム性があったり、非常によくできています。

2011-05-06

[]つよさをみる

http://shin.cside.com/diary/2011/0506-01.png

ステータスを表示できるように。またステータスのパラメータそのものが仮すぎてアレだけど。

どこかでみたような配置かもしれないが、それは間違いなく気のせいである。

2011-05-05

[]ついに薄暗いダンジョン

http://shin.cside.com/diary/2011/0505-01.png

見てわかるとおり視界がわるい(すべてが見えていない)タイプのダンジョンだ。

2011-05-04

[]キャンプメニュー

とりあえず今日は軽めで。

http://shin.cside.com/diary/2011/0504-01.png

Aボタン(キーボードではZ)を押すとキャンプメニュー。

メニューを出すとき下に基本ステータスが表示される。


ドラクエ意識しすぎと思った人もいるかもしれないけど、気のせいなので勘違いせぬよう。




「はなす」がないのは町の人が外にいないため。そのため「しらべる」をもってきて「セーブ」を追加。オートセーブでないのは主にスマートフォンなどサーバーへの通信が失敗することもあるだろうということで、選択させる形にした。こういうところがスタンドアロンのゲームと違って手間なところだけどね。

2011-05-03

[]街ブラ


http://shin.cside.com/diary/2011/0503-01.png

街をブラブラ歩くことが可能に。

今までテストコードでは動かしていたので問題ないけどね。当初あげていたものとはマップチップが多少違うくらいか。


iOS 4.3のほうがAndroid 2.2より綺麗に動くくさい。スループットAndroidのほうがいいみたいだけど、レスポンスの安定性が違う。

つまりAndroidのほうはPCで言えばFirefoxみたいな感じ。ブラウジングにはいいけど、ゲームには不向きみたいな。Chromeみたいな動きだったら最高なんだろうけど。

2011-05-02

[]職業選択の自由

職業のバランス調整はまだしていないので、この数値はあてにならないけど。

http://shin.cside.com/diary/2011/0502-01.png

ちょっとした説明を入れるとその分マニュアルを省くことができるかわりに実装が手間になるが…。


マニュアル見ないでプレイできるのが理想だよね。

説明文章はファイアーエムブレムのクラス説明のような軽い感じで。

2011-05-01

[]キャラメイク

やっぱりこれがないと。

http://shin.cside.com/diary/2011/0501-01.png

普通にテキストを入力させるだけなら実装する手間はないんだけどね。これだけで半日がかり。

でも雰囲気出るじゃないですか。よくよく考えるとゲーム開始時だけしか使わない画面なんだけど気にしないことにする。