Hatena::ブログ(Diary)

しんさんの出張所 はてな編 このページをアンテナに追加 RSSフィード

カレンダー
2007 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2016 | 05 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 06 | 08 | 11 |
2018 | 02 |

2013-03-24

[][]ファイアーエムブレム覚醒

いくらでもいいことがかけるけど、今回はあえてあんまり細かいことは書かないでおこう。

素晴らしい作品だった。そして延々と育てることができるゲームシステムと携帯機との相性は最高。

ほぼ毎日寝る前にプレイしていた。クリアに10か月くらいかかった。すごい。1週目でここまで遊んだのはないかも。

ただし、ドーピングアイテムが大量にたまると思うのでそれを使うと簡単にカンストできるかもしれない。自分は数十個も溜め込んだままクリアした。レアな武器もほぼ使わず。


気になったところ

  • リザイア、太陽が圧倒的に強い
  • 遭遇船などシナリオに関係ない奴は突撃が多い
  • ハードクラシックの序盤はものすごくきつい。今まではハードというのは従来のユーザー向けには普通くらいだったが
  • 外伝の数が異常に多い。メインと同じくらいある
  • 最後の外伝だけ大量の敵の数で難易度が異常に高い。こちらも大量に出撃できるが、出撃枠が多いということはそれだけの数を育てていないといけないということ。でも、そういうのは今までなかったので斬新でよい
  • キャラが多すぎる。親が引退しないのですさまじい数に。さらに過去作のキャラが大量に出る。
  • 世代はどうしてもスキルの数が子供より少ないので地味
  • クリアを目的とするなら子供の成長が足りない

いいところ

  • 子供の個性を持たせるためにどの親をくっつけるか考えるのが楽しい
  • 銀製の武器は鋼より命中率が悪くなり、金で解決という扱いじゃなくなった、ちゃんと育てないと使えなくなったのがいい
  • LVがカンストしても他の職業に変えることが可能
  • スキルを組み合わせるのが楽しい

いつもの評価

 評価
システム★★★★★
シナリオ★★★−−
サウンド★★★★−
グラフィック★★★★−
総合評価★★★★★

ポリゴン化した戦闘はGCWiiとよくはなっていったけど、方向的にこれはまずいんじゃないかと思っていたところに適度にデフォルメした今作は落としどころがうまいと感じた。この方向で今後も行ってほしい。

また、UIがDS2作とくらべて大幅に変わり遊びやすくなった。DS版では上画面がステータスだったが、今作のほうがプレイしやすい。タッチ操作をあえてすべて捨てるという決断になったわけだが、それでいいと思った。

いろいろとあるけど、シリーズ集大成、シリーズ最高傑作といっていい出来だろう。個人的にはFC版初代をベースに作ってくれるといいと思ったけど、DS版がまぁああいう出来だし(遊べないわけではないです。並のゲームと比べたら十分ありです)、SFC版は下馬システムがクソだし、紋章いれてるので容量の問題でカットされてるのが多いしといまだFC版からかえられない。FC版は奇跡の出来だったんだなぁとかおもた。

2013-03-23

[][]3DS 怪獣が出る金曜日

Guild02

なんだけど、ばら売りのみ、しかも目立たないDL専用ソフトということで、このシリーズはもう終わったとみていいか。宣伝ももちろんほとんどしていない。大量のDSiウェアと同じようなレベル。

そのGuild02の第1弾。


ボリュームと価格とB級感

ボリュームは正直大きくはない。2時間程度でクリアできるだろう。

値段が800円ということで、ボリュームはこんなところか。

ただ、DSiウェアスマホのゲームなら800円あればもっとたのしめることもあると値段とプレイ時間を天秤にかける人にはお勧めはできない。

あと、いかにも低予算ゲームっぽい感じも多いので、B級が好きな人じゃないと厳しいかもしれない。食べ物ではB級のグランプリとかかなり好評のようだけど。

LV5という大手が出すソフト、としてみると結構きつい点数がついちゃうかな。


ゲーム内容

序盤中盤はひたすらプレイヤー=子供のくだらない遊び、が続く。大人から見て「くだらない」ことではあっても、子供は全力で遊んでるんだよなぁという寛大な心が必要。年齢によっては当時を思い出せる人はニコニコしながら楽しめるのかもしれない。

自分は昭和40年年代生まれのため、微妙にわかりにくい。30年代の人はドンピシャなのだろうか。ただ、地方は東京から数年くらいたってはやりものなどが伝わるとかまじで普通なので、田舎育ちのおいらはそこまで年数が離れていないかもとか思ったり、思わなかったり。

ゲーム中はじゃんけんを利用したお遊びがでてくるのだが、怪獣カードとかいうのもあんまりぴんと来ない。ただ、当時を思い出すとなぜか「めんこ」とかにじゃんけんのマークがついてることが多かった気がする。ふつうに「めんこ」をだすのはだめだったのかな?

怪獣カードを手に入れるためのパーツ取得のアニメーションが時間かかりすぎてたくさんばらまかれたときいらいらする。

序盤中盤と書いたが、盛り上がるものもないので序盤と中盤を分けるものはないのでお察しください。終盤とそれ以外しかないということ。

終盤は一気に話が進む。ここは面白かった。


話は細かいストーリーがいきなり開始、終了していく。たくさんあって、順番にクリアするものではなく、並列で動いていくため、正直プレイヤーはついていきにくい。こっちをやろうとしていて、寄り道してしまったり、当初の目的を忘れてしまうって感じは非常に子供っぽくていいんだけれども、ゲームのフラグ管理としてはあんまりいい感じはしない。フラグを建てるとセーブされる上に、頻繁にフラグ立てる割にはセーブ時間もかなりかかるのもマイナス。


近くに行けば勝手に話が進むものもあれば、特定の場所でAボタンを押さないといけないところもある。Aボタンは会話のみかと思っていたので面くらってしまった。

あと、会話するときはキャラクターは所定の場所に必ず歩く。話しかけると振り向くとかそういうのはない。そしてその場所にある着ていくときにキャラクターにぶつかると非常に時間がかかってしまったりする。正直このへんあんまりよくない。


思っていたのと違った

そのタイトル名から毎週金曜日には怪獣が出る、一定時間のお話かと思っていた。「先週はこいつが出たけど写真が取れなかった!つぎはあらかじめ準備しておいて・・・こうしよう!」とかそういう方向の。

でも実際は金曜日当日、しかもその1日で終わる。想像していたのと全然違った。完全に肩透かしを食らってしまった。

小学生ということは学校が終わってからの夕方以降の話なわけで、プレイ時間とそうそう大きく変わらないかも。

雰囲気的には土曜日だったらよかったかなーというところ。あの腹を空かせて帰ってきてそのあと同遊びに行くかどうかのわくわく感。毎週土曜日は夏休み前日のわくわく感があったなーみたいな。


いつもの評価

 評価
システム★−−−−
シナリオ★★★−−
サウンド★★★−−
グラフィック★★−−−
総合評価★★★−−

終盤の話は面白いものの、ストレスを感じるところが非常に多いので人を選ぶ作品。

応援している母親はひたすらかわいい。おつむがちょっと足りない感じ、天然ボケ系だけど。

終盤面白くなっていって、ここからよくなるのか!と思ったら終わってしまって残念、みたいな。途中で小さくまとめる方向に行っちゃったのかなぁ。

クリア後とかミニゲームとかいらないから、終盤からのあの面白い話をもうちっとつづけるだけでよかったのになと思った。こういう小粒なゲームは1つに絞って作ったほうがいい気がする。そしてこのゲームのいいところはその雰囲気と終盤のぶっとんだお話。そこだけに集中でよかった。

2013-03-20

[]Softbank4Gの下り規制が取れた?

昨日の夜から下りの速度がちゃんと出るようになった。

ふつうは休日だと朝から、平日だと昼前くらいには速度が落ちていき夜には下り速度がめちゃでなくなっていたが、今のところまだ大丈夫。上りはずっと爆速。

下りで屋内で30,40Mふつーに出る感じ。

4Gはパケット代が高い上に、以前は3Gの定額の安いMAXに入っていたためかなり上がるようになった。これくらいの速度が出るなら文句はないけどね。


スループットだけなら3Gはかなりでるんだけど、3GPINGが遅いため、ブラウジングとか細かくアクセスするようなものは苦手。

それでもプラチナバンドのおかげで未対応機種にくらべるとはるかにつながるし、3G自体がつながらない場所は今のところない。問題は4Gだけだった。


どうも2月くらいから規制が入っていた模様だが、今後も安定して10Mでてくれればいいな。

2013-03-19

[]意外とうまいトップバリューの塩ラーメン

値段が激安だけど、意外といける。味付けはサッポロ一番やマルチャン塩とかの方向。

というわけでこれとキリンラーメン塩をまぜてみる。キリンラーメン愛知県インスタントラーメン

美味しい順に

1.サッポロ一番塩=マルチャン塩

2.マルチャンおいしい塩=トップバリュー塩

3.キリンラーメン

4.昔ながらの塩

5.正麺

2013-03-10

[][]AQUOS Phone XX 203SH 購入

例のIGZO搭載のSBMAndroidスマホ

いままで005SH使っていたのでそれとの比較になる。


さくさくのUI

さすがにレスポンスを大幅に改善したといわれるAndroid 4.1のせいなのか、さくさくである。

Android標準は基本的に過去に使ったアプリをどんどんキャッシュしていく感じのUIなわけだが、これが2.x時代はつぶされていた。恐らくメモリが足りないのでそれを意識して利用されるとこまるとか、アプリの稼働状況がわかりにくいなどもありそれはつぶされていた。

今回は標準に合わせられたようだ。

キャッシュさせるとメモリが問題になる気がするけど、この端末はメモリが2GBある。現時点では最高レベルで、OSが違うので比較はできないが一応iPhone 5の倍、4sの4倍もある。

これだけあるとたいてい利用するアプリはメモリ上に乗っているだろうけど、変にバックグラウンドでうごいていちゃったりして重くなるとかもあるかもしれない。

CPUは現時点での最高峰のSnapdragon S4 PRO 8064 krait 1.5GHzの4コア。コア数は2つあればたぶん十分だが、シングルスレッド性能が大事。シングルスレッドはおおむね005SHで利用されていた8255 scorpion 1GHzの倍くらい。4コアがきっちり動いたとして(それはほぼないけど)ピーク性能だけは8倍くらいのパワーはあるというわけだ。

CPUだけならS4 Plusのデュアルコアも1.5GHzで問題はない。この世代とのチップとの最大の差はGPU。S4 PLUSはAdreno225なのに対してS4 PROはAdreno320になっている。

解像度は1280x720ということでS4 PROがほしかったところ。S4 PLUSだと一回り小さい解像度の960x540あたりが無難だろう。携帯機はメモリの帯域もかなり弱くフィルレートがネックになっていることを考えてもこの世代フルHDは少しきつい。LPDDR3を使った次世代で利用するのがいいだろう。それだけピクセルサイズが増えすぎている。1280x720でぎりぎりといったところだ。

そもそも、PS3XBOX360といったマシンでもフルHDレンダリングが大変であまりないということを考えるとどれだけきついかわかるだろうか。

ちなみに005SHはS2でAdreno205。800x480だったが、これもこのチップでぎりぎりといったところだった。IS04あたりは出た時期が遅いにもかかわらずさらに遅いS1のAdreno200で、205の半分の速度しか出ない。OSのバージョンも2.1と古く快適にしろというほうが無理だった。



wifiの切り替えが早い

005SHと比べるとモバイル回線とwifiの切り替えが大幅に早い。

これは助かる。


ワンセグ感度

005SHは物理的に引き出せるアンテナがあったが、それを引き出した状態よりも、引き出せない203SHのほうがはるかに感度がいい。

正直あまくみてたが、これだけつかむなら利用するシーンは増えるかもしれないと思った。


ながもちバッテリ

アプリを起動していじってみたりしてみたところ、バッテリ同容量当たりは005SHと同じくらいの消費っぽい。つまり、バッテリ容量が倍になってるので005SHの倍は持つということか。

では待機時はというと、これが大幅によくなっている。9時間で3%くらい。がっつり触ってはいないが、通知LEDがひかっていたりたまにさわっていたりしてこれ。


画面更新が入るゲームとかバリバリ使う人ほど「それほど長持ちではないかも」と思うかもしれない。こまめに時計を見たりするような使い方程度だと恐ろしいほど持つと思う。



実は一番のポイントはさくさくでもバッテリでもない

それはクイック起動キーとブライトキープ機能だった。

クイック起動キーはディスプレイのほうの下にある物理ボタン。これに好きな機能を(アプリ起動とか)割当てができるほか、本体の電源ONボタンと同じスリープからの復帰が可能。

Android 4は物理キーが廃止されたため、電源を入れるのが面倒になっていることもある。もちろん、それを考慮してNとか搭載している機種もある。

スリープ解除中はこのボタンに単純に押した場合と長く押したときと2つショートカットを付けることができるのもよい。自分は短く押した場合はスリープにしてある。


ブライトキープ機能はモーションセンサーを利用して、手に持っている間はスリープに入らないようにということができる。ずっと見ているとスリープに入ってしまうのでそれを止めるために定期的に画面を触るとかしていたのから解放される。安定したところに置けば時間でスリープになるので、自分はスリープ時間は最短の15秒にしてある。

この機能をONにすると電源ボタンを意識して押すということが必要になってしまうため、クイック起動キーによるスリープ設定との相性が非常に良い。005SHのようにサイドに電源ボタンがある場合はまぁ押すのはそこそこいいのだが、203SHは上のため、わざわざ持ち替えたり両手で押したりしないといけない。ボタンが小さくかたくて押しにくいし。

このおかげで005SHのサイドにある電源ボタンですら押すのが面倒になってしまった。起動はHOMEでいいから楽だけどね。


スリープするときのアニメーションが地味にかっこいい。Android標準なのかどうかわからないけど。


不満点

不満点はSoftbank4Gの速度。逆に言えばこれしか今のところはない。

下りが非常に遅く、3G固定のほうが早い(設定で3Gと4G有効にするか、3Gだけにするかなど変更可能)。

どうも電波ではないようで屋外でも屋内でも同じ感じ。のぼりは早いことや3Gよりレスポンスはかなりいいので(PINGは1/2〜1/5とかざら)、おそらく速度制限してる。

レスポンスがいいということで細切れのデータが飛んでくるWebだと4Gのほうがいいかもしれない。DLはあきらかに3Gのほうが早い。900MHzのプラチナバンドも使えるということで、2GHz帯しかつかえなかった005SHよりあきらかに3Gがよい。9Mとか速度出るし。