Hatena::ブログ(Diary)

しんさんの出張所 はてな編 このページをアンテナに追加 RSSフィード

カレンダー
2007 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2016 | 05 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 06 | 08 | 11 |
2018 | 02 |

2014-11-21

[][]GB カエルが為に鐘は鳴る クリア

当時は途中でぶん投げたけど、名作といわれていた。そこで名作というからには後半面白いのかもしれないということで今回は最後まで何とかやりきった!まぁ安いし、大丈夫だろう!

システム

ゼルダから戦闘のアクション性を取り除いたようなゲームでよりパズルっぽさ重視。所持アイテムにより、相手に与えるダメージと自分がうけるダメージが固定化されてそれですすめるというもの。

まぁパズルっぽいという意味では逆にロマンシアはこうなるべきだった、とは思うがw


シナリオ

正直あのノリについていけない。学生だった当時でもついて行けてなかったので、そりゃ大人になったらよりつらいわな。


ただし、最後の一気にするっと進めてエンディングへ行くところだけは素晴らしかった。ゲームの難易度的に泊ることもなく、メッセージもラスボスまでほぼ流れず、ゲームをしている感じが強くて。

え?シナリオ?と思うかもしれないけど、これも意図した流れということでシナリオの項目にしておく。おそらくこのクリア直前の気持ちよさが、クリアした後名作だと感じさせる部分だと思う。

これが最初からずっと続いていればね。今まで抑圧されていたもの、せき止められていたものが一気に勢いに乗って流れた、という感じというか。つまり、変身とかそういうのはどうでもよかったというわけ。この最後のところの流れでは変身はないから。パズルではなく気持ちよくキャラをジャンプさせて広いマップを動かせればよかったというのがよくわかる。

ただし、当時のGBで容量に余裕があるはずもなく、広いマップを気持ちよくジャンプアクションさせる余裕はなかったのだろうなとは思う。変身を使ったパズルではなく、キャラのジャンプ力強化などを駆使して進むようなスタンダードなもので。


そういえば、最後のエンディング間近で一気に流れる怒涛の展開がすさまじいゲームとして、同じ任天堂ファミコン探偵クラブ2 後ろに立つ少女というのがある。1と違って、通常の会話などで徐々に先に進む楽しさが2にはあって、かなりよくできているのだがラストはすさまじかった。

思えばどちらにも坂本賀勇氏が絡んでいる。が、たまたまだろう。ゲームのマップや流れなどまで口を出していたとは思いにくいため。


サウンド

印象に残るものは特になかったな・・・


グラフィック

当時のGBの水準を考えるとかなり頑張っているのがよくわかる。

文字の大きさなどもコントロールしていて、ここで叫んでいるのかどうかなど雰囲気が感じ取れる。問題はそのノリについていけないためにこれが逆効果になっているのではあるが。手間なのはものすごくわかるが、かえってしょぼく、安っぽく見えるし。


評価

いつもの5段階評価

 評価
システム★★★−−
シナリオ★★−−−
サウンド★★−−−
グラフィック★★★−−
総合評価★★−−−

VCの価格なら問題なけど、実機の定価だと当時でもちょっとなぁ。というゲーム。

残像がひどいゲームボーイでどう楽しませようかと苦労した感じはあると思う。

しかし、今回も正直途中でぶんなげようと思ったくらい合わないゲームだった。先を見たいというテキストやシステムになっていないのが原因か。

おそらく誰がやっても同じ結果、同じような行動になるタイプが心底合わないのだろうと思う。AVG系も好きなものが少ないのもそれが理由か。もっともテキストや音楽が良ければそれだけでいいんだけれども。とんがっていればよい。闇の血族みたいな。

2014-11-13

[][]AbbyでJava技術者募集(急募

よねのはてな - 株式会社Abby 社員募集

http://d.hatena.ne.jp/yone098/20141113/1415840694

こちらに書かれている通り、現在Abbyでは技術者募集です。もう少し具体的に書いてみます。


先に結論書きます。

Java技術者が”大至急”ほしいです。」

ですので、ダイレクトにJava技術者募集と書きました。


Java技術者とありますが、Java第一言語である必要はありません。Javaが使えればいいだけです。特別めちゃくちゃ高スペックを望んでいるわけではありません。ふつうにコードが書け、普通に会話が成立すればいいのです。基本客先常駐などはしていませんし、顧客との打ち合わせ、納品もほぼ米林が行っているため、9割9分私服で構いません。自分は10割ですが。スーツ捨てたので。さらに言うとジャージも多いです。


どんな感じの会社なのかは前にも書きました。まずはこちらを参考にしていただけるとよいかと思います。

株式会社Abbyに就職しました

http://d.hatena.ne.jp/shin/20140608/p1


募集している部署

すでにリリースしているアプリが2本あることからわかるように。うちではSI以外の仕事もしています。今回募集するのはそのSI以外のお仕事です。いわゆるクリエイティブなお仕事ですかね。

今まで開発していたのは移植やリメイクでしたが、次の開発は1からの立ち上げとなります。そのため、細かい仕様にも意見を出せる可能性もありますし、ユーザーに直接アプリを届けることができます。

自社での開発より、SIのほうがよいという人もいるかもしれません。が、今回このソフトの完成まではそちらの開発にかかりきりになっていただきます。なので、その後はSIメインで働くということは可能かもしれませんが、今すぐほしいのはSI向けではありません、と一応はっきりさせておきます。


技術的なこと

普通に、誠意的に一般的なレベルのJavaのコードが書ければそれでよいです。誠意というのはまじめに淡々とこなせればいいだけということです。人の話を聞かない、ミスしてもそのミスを隠そうとして嘘をついたり、言い訳を一生懸命考える、そういう人じゃなければいいというだけです。社会人として当たり前の基準で、技術者としてのスキルではありませんが、一応念のため書いておきます。

使用マシンはあいかわらずWindowsでもMacでもLinuxでも構いません。

開発環境もEclipseでもNetBeansでもIDEAでも構いません。自分はNetBeansメインで利用しています。

得意なOSで得意な環境で全力を出していただければ。


Javaの技術としては、JavaSEが使えればそれでかまいません。EEの各種技術は知っていればいろいろな場面で活躍できるのでなおよいですが、なくても構いません。これ自体は判断材料ではありません。まぁここ以外完全に同じスペックを持った人が2人現れたら有利にはなりますが。

あると有利なのは、イベントを伴ったコードを書いたことがあるかどうかです。Javaでいえば、AWTやSwingJavaFXあたりを書いたことがあるなら完全に採用できるレベルにあると思います。Java言語を知っているのは必須として、Java以外でクライアントサイドを書いたことがある人もその考え方を知っているので有利です。とはいうものの特別難しいものではなく、ボタンを押したらメッセージを表示するなどができれば構わないレベルです。


一応わかりやすい基準として自分がlibGDXの連載記事を書いていますが、こちらが理解できていれば問題ないです。WebGLHTML出力とシェーダのところ以外が理解できていれば完全に問題ないと言い切れるかと思います。

このへんみてみてください。PC上でのみ実行で構わないです。

http://qiita.com/shinsan68k/items


というわけで、必要なのはJava言語を知っている、あとのスキルは有利になるかどうかだけのオプションです。

あ、あと一つありました。やる気ですね。上でかいた誠意の単語にも含まれているところではありますが、適当に椅子に座っているだけで給与が降ってくると考える人だけはお断りです。


今回も、もしも直接応募する前に何か聞きたいことがあれば、自分の方までメールやTwitterでもなんでも聞いていただいて構いませんので相談に乗ります。実際にそれで夏に一人採用していますので大丈夫かと思います。もちろん、直接会社の方へ応募を出してもかまいません。


大至急と書いてある通り、本当にすぐに来ていただいて構わないです。一度お会いして話をしてみるのが早いかと思われます。

https://twitter.com/yone098https://twitter.com/mopemope の漫才についていけるかが一番大事なスキルかもしれません。


ご応募お待ちしております。

2014-11-09

[][]libGDXの基礎10 シェーダを設定する

今回はシェーダを設定できることを書きました。

http://qiita.com/shinsan68k/items/db51b2b711fd42dbace5

サンプルの解説と実行結果を得るだけならものすごくテキストが短いです。さくっと理解できるかと思われます。


記事の大半はBatch上でのシェーダの扱い方の注意にさかれているといっても過言ではない、非常に地味な内容です。

Batchそのものはインターフェースですので、実装依存の解説ともいえます。

2014-11-01

[][]libGDXの基礎9 音を鳴らす

今回は効果音を鳴らしています。

http://qiita.com/shinsan68k/items/e4741270234bd699fa0d

非常に簡単なので何も解説はいらないでしょう。

ゲームは音が入ると一気に質が上がる感じがあります。効果音は効果的なのです。