Hatena::ブログ(Diary)

しんさんの出張所 はてな編 このページをアンテナに追加 RSSフィード

カレンダー
2007 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2016 | 05 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 06 | 08 | 11 |
2018 | 02 |

2018-02-16

[]株式会社Abby社員募集中(Unity)

株式会社Abbyでは技術者を募集しています。

今回募集している技術はUnity技術者です。

UnityなのでC#知識は古いくらいがちょうどよいです(PC以外だと動かない、エラーも出ないとか普通にあるの困る)。

言語よりもIDEを使い慣れている、勘所などそちらを重視します。


今まではスマホ向けに開発をしていましたが、今後はスマホのほかにもプラットフォームを広げる予定です。


https://www.abby.co.jp/

興味がある方は弊社ホームページの採用を参照、または自分宛てにTwitterのDM(@shinsan68k)などでもかまわないです。

もちろん自分以外の弊社社員と顔見知りでしたらそちらからコンタクトをとって構いません。

ご応募お待ちしております。

2017-11-16

[]株式会社Abby社員募集中(Go/Unity)

株式会社Abbyでは技術者を募集しています。


今回募集している技術はGoとUnity技術者です。

Goの技術者サーバーサイドの技術者となります。Go言語だけではなくRDBの基本的な知識も必要です。HTMLJS知識もあるとなおよいです。

Unity技術者Unityを触ったことがある、指示されて末端で作業をしただけだけという人ではなく、自分なりのベストプラクティスがある、スマホなどマルチプラットフォームでのノウハウがある、など開発面においてチームを引っ張っていける人を募集しています。



https://www.abby.co.jp/

興味がある方は弊社ホームページの採用を参照、または自分宛てにTwitterのDM(@shinsan68k)などでもかまわないです。

もちろん自分以外の弊社社員と顔見知りでしたらそちらからコンタクトをとって構いません。

ご応募お待ちしております。

2014-11-13

[][]AbbyでJava技術者募集(急募)

よねのはてな - 株式会社Abby 社員募集

http://d.hatena.ne.jp/yone098/20141113/1415840694

こちらに書かれている通り、現在Abbyでは技術者募集です。もう少し具体的に書いてみます。


先に結論書きます。

「Java技術者が”大至急”ほしいです。」

ですので、ダイレクトにJava技術者募集と書きました。


Java技術者とありますが、Javaが第一言語である必要はありません。Javaが使えればいいだけです。特別めちゃくちゃ高スペックを望んでいるわけではありません。ふつうにコードが書け、普通に会話が成立すればいいのです。基本客先常駐などはしていませんし、顧客との打ち合わせ、納品もほぼ米林が行っているため、9割9分私服で構いません。自分は10割ですが。スーツ捨てたので。さらに言うとジャージも多いです。


どんな感じの会社なのかは前にも書きました。まずはこちらを参考にしていただけるとよいかと思います。

株式会社Abbyに就職しました

http://d.hatena.ne.jp/shin/20140608/p1


募集している部署

すでにリリースしているアプリが2本あることからわかるように。うちではSI以外の仕事もしています。今回募集するのはそのSI以外のお仕事です。いわゆるクリエイティブなお仕事ですかね。

今まで開発していたのは移植やリメイクでしたが、次の開発は1からの立ち上げとなります。そのため、細かい仕様にも意見を出せる可能性もありますし、ユーザーに直接アプリを届けることができます。

自社での開発より、SIのほうがよいという人もいるかもしれません。が、今回このソフトの完成まではそちらの開発にかかりきりになっていただきます。なので、その後はSIメインで働くということは可能かもしれませんが、今すぐほしいのはSI向けではありません、と一応はっきりさせておきます。


技術的なこと

普通に、誠意的に一般的なレベルのJavaのコードが書ければそれでよいです。誠意というのはまじめに淡々とこなせればいいだけということです。人の話を聞かない、ミスしてもそのミスを隠そうとして嘘をついたり、言い訳を一生懸命考える、そういう人じゃなければいいというだけです。社会人として当たり前の基準で、技術者としてのスキルではありませんが、一応念のため書いておきます。

使用マシンはあいかわらずWindowsでもMacでもLinuxでも構いません。

開発環境もEclipseでもNetBeansでもIDEAでも構いません。自分はNetBeansメインで利用しています。

得意なOSで得意な環境で全力を出していただければ。


Javaの技術としては、JavaSEが使えればそれでかまいません。EEの各種技術は知っていればいろいろな場面で活躍できるのでなおよいですが、なくても構いません。これ自体は判断材料ではありません。まぁここ以外完全に同じスペックを持った人が2人現れたら有利にはなりますが。

あると有利なのは、イベントを伴ったコードを書いたことがあるかどうかです。Javaでいえば、AWTやSwing、JavaFXあたりを書いたことがあるなら完全に採用できるレベルにあると思います。Java言語を知っているのは必須として、Java以外でクライアントサイドを書いたことがある人もその考え方を知っているので有利です。とはいうものの特別難しいものではなく、ボタンを押したらメッセージを表示するなどができれば構わないレベルです。


一応わかりやすい基準として自分がlibGDXの連載記事を書いていますが、こちらが理解できていれば問題ないです。WebGL/HTML出力とシェーダのところ以外が理解できていれば完全に問題ないと言い切れるかと思います。

このへんみてみてください。PC上でのみ実行で構わないです。

http://qiita.com/shinsan68k/items


というわけで、必要なのはJava言語を知っている、あとのスキルは有利になるかどうかだけのオプションです。

あ、あと一つありました。やる気ですね。上でかいた誠意の単語にも含まれているところではありますが、適当に椅子に座っているだけで給与が降ってくると考える人だけはお断りです。


今回も、もしも直接応募する前に何か聞きたいことがあれば、自分の方までメールやTwitterでもなんでも聞いていただいて構いませんので相談に乗ります。実際にそれで夏に一人採用していますので大丈夫かと思います。もちろん、直接会社の方へ応募を出してもかまいません。


大至急と書いてある通り、本当にすぐに来ていただいて構わないです。一度お会いして話をしてみるのが早いかと思われます。

https://twitter.com/yone098https://twitter.com/mopemope の漫才についていけるかが一番大事なスキルかもしれません。


ご応募お待ちしております。

2012-07-27

[]コンピュータ嫌いを大量に作るための授業


ちょっと前に実家に戻ったことがあって、小学校の甥っ子に会う機会があった。

今はコンピュータの授業があるらしい。

そして自分の名前を入力して名刺を作ったというのだ。


で、「入力方法は?」ときいたら返ってきた答えが「ローマ字」。

ローマ字は知っている?って聞いたら、もちろん知らない、と答えた。たしかにアルファベットは習ってないよね、その年齢だと。


まったく知らない謎のアルファベットという文字を強制的に使わないといけない授業か。おいらだったらたぶんさじ投げてる。今頃プログラマにはなっていないだろう。

当時さわっていたPCはローマ字入力はなくて、ひらがな入力だった。配列も今のPCのような配列ではなくて50音配列。左上から右方向に、12345というところにあるのが確かあいうえお。1段下がってQWERTがかきくけこ。こういう配置だったため、自分の名前を入力は出来た。

普通ひらがな入力にするんじゃないのか?と思った。ローマ字入力に慣れている人はきにしないかもしれないけど、ひらがな入力にすることによってゲーム感覚で自分の名前の文字を自主的に探し出して打ち込むことが出来る。

さらに、いまどきのPCなら標準であるもとして入力パッド。マウスやタブレットで文字を描くことで文字を入力させる。この2つを真っ先に使うべきだろう。

アルファベットやローマ字を勉強してからローマ字入力にいったほうがいいんじゃないかな。



おそらく小学、中学のコンピュータの授業は使い物になるものを教えるのではなく、コンピュータに対してアレルギーを持たないことを中心にしていると思う。

それが正反対のことをしているという感じだった。


うーん。

技術者は大量に増えているという感じはないし、今後はどんどん順調に減っていきそうだね>コンピュータ技術者

2012-03-22

[]mixiアプリの新方式がやっと使えるようになった

http://developer.mixi.co.jp/news/news_apps/010172.html

新方式でもアプリケーションのインストール状態を取得、フィルタリングできるようになった。

これができないおかげで、新方式は事実上使えないものだった。

前進した。というか、やっと新方式がスタートラインにたった。

そう、あくまでも入り口に立っただけ。


ただし、Oauth2ベースの仕様ということでかなり開発側は手間になったのは確か。

一方でドメインが同じになったため、通信がしやすくなったと思われる。今まではPCはmixiのサーバー経由でしか通信が出来なくて、問題のきりわけが出来ないことが多かった(どうも動作が怪しい)が、それがなくなるので解決はしやすくなるはずだ。


ただし、認証のダイアログがでるような仕組みはきついんじゃないかなーという気がする。mixiアプリ立ち上げて、「こういうものにアクセスしようとしていますがよろしいですか?」ってきかれたらびっくりして閉じちゃう人もたくさん出るんじゃないかなぁ。

これを問題ないといえる人は技術者だけでしょ。こういう細かいものの積み重ねがmixi離れを加速するのかも。ユーザーも開発者も。

少なくともmixiのプラットフォームでの開発はかなり大変。それは技術じゃなくて、いきあたりばったりでいきなり仕様が変わったりとかそういうところがね。それで開発者は離れてしまってると思う。実際新ID方式が完全移行したときアプリが一気に減ったよね。ユーザー数かなりか空けるものでも。


これで新方式にみんな移行するのだろうか?

少なくとも既存アプリは動きが違いすぎて無理だろうし、新規に作るアプリでも新方式はサーバーが必須になってしまっているため個人などではお手軽感はない。やり取りもめんどくさくなってるし、ダイアログを再度開くとリダイレクトで動いてしまい、クライアント側のステートがすべて消えるってのはかなりWebアプリとして致命的だ(リフレッシュトークンも期限切れがあるため)。


「こんどのmixiアプリ新方式は開発しやすくなったよ!どんどん開発してくれ!」ってものだったらみんな新方式に移行するとは思うんだけどねぇ。旧方式は使えなくなります、というときがくるまでは新方式は使われなさそうだ。そしてそれが強制されたときは新方式に移行するのではなく、ほとんどのところは撤退するだろうね・・・

・・・

・・

とはいえ、今のところ個人レベルで万単位のユーザーを相手にアプリを配布できるのはmixiくらいしかないわけで、mixiはぜひユーザーまたは開発者の方向を向いてほしいものだ。

2012-02-06

[]日本の技術者の保持スキル

VB超人気。.NET時代はVBよりC#にいってほしいんだけど。

http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20120206Apr.html


COBOL多いねぇ。自分はもうCOBOLはかけないと思うけど。リハビリが必要。

Fortranも多いし、アセンブラも多い。

Delphiがおもったよりいるのが意外?

Perlのスキル持ってる人がPHPより多いのも意外すぎる。Perlって使いこなしてる人のコードは呪文のようだけど、そこまでいってる人はあんまり見たことがない。まぁPHPもちゃんとおかしい挙動も含めて使いこなすのは超難しいか。

2011-10-12

[][]第42夜 個人でも使える国内クラウドを比較する

と書いたものの、調べてみると国内で高レスポンスを得られるクラウド検索してみたらAmazon Web Servicesをのぞくと2つだけだった。あわせても3つ。選択肢ないやん・・・。


日本は法人格もってるかそうでないかで明確にサービスを分けてるけど、海外はそこに差をつけてないのが多いですね。これ、勉強してみようとか試してみようという敷居が段違いなのでスタートアップでの手軽さは国内と海外とで大きな差があるのがわかります。

技術者に優しい海外とそうでない日本。


とまぁ愚痴はおいておき、その2つを紹介してみよう。AWSもサーバーが国内にあって高レスポンスなので国内用としてカウントしてもよいと思うが、すでに紹介済みなのでそちらを参照してください。



ここでいうクラウドはGmail等のサービスではなく、レンタルサーバーの延長、サービスを提供する側が利用するものをさします。VPSとの違いはわかりにくいのですが、マシンのリソースを綺麗に分割して提供しているもの、とかってに考えています。

たとえば2.4GHzのCPUがあった場合、VPSはそこに同居しているマシンで瞬間的にフルのマシンパワーが使えたり使えなかったりするもの、クラウドは1.2GHzのCPU2個としてそれを限度に提供、あわせて2.4GHzとして上位プランとして提供も可能というものです。

1.2GHzくらいという数値が出てきた理由はこれは各社指標に使っている仮想CPUの単位として事実上標準ということ。AWSもそうですし、Google AppEngineもそうです。


では順に見ていきます。

いつものお約束。間違っていても泣かないこと。それぞれのサイトにあり情報をまとめただけです。


GMOクラウド

http://www.gmocloud.com/service/cloud/public/

GMOのクラウドはリソースを細かく設定可能なのが説く量です。CPUも1%単位で割り振り出来ますし、メモリは1MB単位、HDDは1GB単位で調達が出来るようです。

そのほかオートスケール機能があり、スケールアップやスケールアウトが可能です。ロードバランサーもあります。

また、CDNサービスもあります。

http://www.gmocloud.com/service/cloud/network/

面白いのがプランで仮想サーバーが固定されない点です。スペックを自由に仮想マシンとして割り振ることが可能です。

たとえばメモリだけ見てみますが、8GBの契約した場合これで1つの仮想マシンを構築するだけでなく、メモリを2GBで4個の仮想マシンとして割り振るといったことが可能のようです。あくまでも契約はリソースの最大限度。

つまり、国内クラウドでよくある月額での料金設定ですが、より細かい単位でリソースを調整できるため、そのデメリットを打ち消しやすいということです。

http://www.gmocloud.com/service/cloud/public/feature/virtual-server/


価格は月額料金ゼロのプランもあり完全従量制も可能ですが、細かい単位でのリソース増設はコストパフォーマンスが悪いようなので、月額料金あるプランのほうがいいとおもわれます。

プラン料金は以下の通り。

プランCPUメモリHDD料金
Z00------0円
Z100.10.5GB10GB950円
Z200.21GB40GB2,500円
Z500.52GB40GB4,000円
Z10014GB40GB8,000円
Z20028GB40GB14,000円
Z400416GB40GB22,000円

プラン名はCPUリソースの数と一致していてわかりやすいです。

初期費用はすべて0円。

全プラン14日の試用期間つきだそうです。

OSは基本CentOS 5.5、WindowsServer2008も追加の支払いで利用可能です。下位のプランで割り引かれないことを考えると、基本WindowsServerは企業向けという位置づけのようです。


SaaSesクラウドサービス

http://www.saases.jp/cloud/

低価格VPSが有名なところですね。

ややこしいのですが、クラウドサービスはIaaS以外もあり、IaaSだけでも3つあります。

Osukiniクラウド

http://www.saases.jp/cloud/osukini_cloud.html

OsukiniサーバーというLinux用VPSをすでに展開しているので、名前からわかるようにそのクラウド版です。

非常にシンプルです。基本価格は月額1000円。これに1CPUと1GBメモリ、HDD80GBが含まれます。

仮想CPU1個とメモリ1GBをセットで増設するとプラス1000円。HDDを80GB単位で増設すると+900円。

プランCPUメモリHDD料金
基本11GB80GB1,000円
CPU&メモリ増設+1+1GB--1,000円
HDD増設----+80GB900円

最大でCPU4つ、4GB、HDD320GBとなります。


ThunderHeadクラウド

http://www.saases.jp/cloud/thc.html

こちらも名前からわかるようにVPSのThunderHeadのクラウド版のようです。

ただし、CPUリソースごとにプランが分かれており、HDDとメモリを増設できるようです。

プランCPUメモリHDD料金
タイプ111GB80GB3,630円
タイプ222GB230GB7,260円
タイプ344GB430GB14,520円

プランによってHDDとメモリの最大増設可能数に制限がかかるので、CPUをあまり必要しないタイプ1でメモリやHDDを大量に増やしたい、といった用途は無理です。

ただし、タイプ1のHDD最大容量230GB、メモリ4GBはCPU1つ十分な量でしょう。

メモリ1GB増設で630円、HD50GB増設で525円です。

OSはWindowsServer 2008。

エラスティッククラウドコンピューティングサービス Industria

http://www.saases.jp/cloud/industria_001.html

コレが俗に言うクラウドでしょう。前項目2つはVPSの延長ともいえます。

ロードバランサーやオートスケールがあります。

プランCPUメモリHDD料金
Standard Small10.5GB35GB390円
Standard Entry11GB35GB980円
Standard Medium12GB35GB2,500円
Standard Large24GB35GB4,500円
Hi-Performance Small48GB35GB8,800円
Hi-Performance Medium416GB35GB17,000円
Hi-Performance Large832GB35GB39,000円

上位プランでもHDDが増えてないのが気になりますが、分散ストレージを使うようになったあたりが原因でしょうか。

1500円で100GBずつ増やせるようです。最大2TB。

無償試用期間は14日。

OSはCentOS 5.6。


思ったこと

この2つのクラウドともにすぐに5分でサーバーを調達可能なのはいいです。


GMOは柔軟なリソース管理が売り。ロードバランサーも追加コストが要らないのも強みです。

契約と仮想マシンリソース割り振りが別というのがとても面白く、スケールアップやスケールアウトがしやすい印象です。たとえば最初に低スペックのマシン構成ながらもスケールアップ/アウトできるような構成に最初からしていけば手間がなくなる可能性もあります。さほどCPUリソースはいらないけどマシンを用意したい、でもそのために価格が跳ね上がるのがいやという場合にうってつけです。このへんはAWS以上に便利でしょう。

ただし、HDD量が上位プランであっても少ないのが気になります。仮想マシン数が無制限なのでここで制限をつけていると思われますが。CPUリソースも全体的に低いです。それと比較するとメモリはリッチです。AWSと比較した場合、Z100が基本となる構成ですが、これは複数仮想マシン造ればいいということでもあります。ただし、CPUは厳しくなりますが。

個人的にはCPUリソースとメモリのバランスからZ50以上がおいしいのではないでしょうか。


SaaSesは価格の安さが魅力です。Osukiniクラウドが安いのはもちろん、ThunderHeadクラウドのコストもWindowsServerとしては安いですし、ライバルはAWSくらいです。単純なコストだけで見るとVPSのほうが安いのですが、やはりクラウドの柔軟な構成とリソースの固定された割り振りは魅力です。IndustriaはWindowsServerは未対応ということでOsukiniの上位と見てよいでしょう。

ただ、SaaSesはサイトのドキュメント量が圧倒的に少ないです。OsukiniクラウドのOSがなんなのかとかそういうのすらありません。人的リソースが足りてないイメージです。もったいない。


OSと仮想マシンのリソースごとのプランを綺麗に分けてあるAWSのスマートさがわかります。OSがなんであるかは関係ありませんし。また、AWSは時間課金も強みです。そのかわりリザーブで年単位にしないと割高なのがマイナスですが。半年とか3ヶ月とかのリザーブがあるだけでぐっと使い勝手は変わる気もしますし、smallより下のプランが事実上存在しないのに対して、これら国内クラウドはsmall以下があります。


国内のクラウドの特徴として大抵転送量に課金をしていません。月当りの価格がわかりやすくなるメリットは絶大ですが、そのかわり月単位が最低なので、1時間だけ高スペックマシンを使いたい、瞬間的に大量にマシンを調達したいというのには向きません。

また、円単位で支払えるので為替に左右されないのも魅力となっています。ただし、今は超円高なのでAWSが激安になっています。この辺は良し悪しでしょう。

サポートされる言語はもちろん日本語。コンソールが日本語化されているのはやはり強みです。

2011-03-03

[]Amazon Web Servicesが日本上陸した衝撃

早くもIT技術者にとって今年最大のニュースじゃないですかね。

http://aws.typepad.com/aws_japan/2011/03/now-open-aws-region-in-tokyo.html

海外の欠点はレスポンスの悪さだった。シンガポールリージョンは結構早いけど、それでも国内VPSにくらべてかなり分が悪い。一方でGoogle AppEngineにくらべてこのリージョン選択はメリットだった。GAEは東海岸並みの遅さだったから。

それがすべて解決する。

また、データが近くにあるということは運用時のデータメンテナンスの実行時間が大幅に減るということ。今まではそのデータベースおいてるリージョンと同じEC2上でバッチ動かすとか面倒なことが多かったけど、この距離ならコマンドライン等からアクセスして終わり。らくちん。

場合によってはCloudFrontとの併用もしなくていいかも。


すげーよ!


いや、でも逆に考えると米国在住だとGAEやAWSがこのスピードで動いていたんだろ?日本という地理的要因だけでだいぶ不利だった。クラウドはかなり意識して使うものだった。

クラウドが当たり前になるってのはこういうことをいうのだねぇ。


せっかくなので日本リージョンでSimpleDBのレスポンスを計測。

日本以外は前回のここを参考に。

http://d.hatena.ne.jp/shin/20110115/p1

今回はなんと同じ検索で…47ms!

バッチでのデータプットもやってみたけど、5件で78msの書き込み。早い!


ここまで早いとスケールしてデータは安全なSimpleDBを使うというのはありだ。

EC2は高いから国内は格安VPSで、サーバーはたまに落ちるのはしかたないけど、データは消えないようにとかいう選択肢もある。EC2とセットと考えないほうが融通が利くかも。

それどころかここまで早いと普通にスタンドアロンのアプリでデータをSimpleDBにおくというのは十分ありだと思う。

いやーいろいろと妄想が膨らみますね!個人レベルでも強力なサーバーを立ち上げれるわけで。ソーシャルアプリはやはりレスポンス大事だし。いや、ソーシャルにかかわらずだけど。

2011-02-25

[][][][]あなたはマイコン族ですか?

http://smileboom.com/special/petitcom/index.html

なんて質問をこの時代に目にするとは…

しんさん調べによると30代のIT技術者の実に68%はマイコン族です。

そしてその中の80%はZ80ユーザーです。


調査方法は脳内にビビビっときた電波で判断しております。

2011-01-27

[]SCE がNGP発表で思ったこと

普通に考えて海外で受けの悪いPSPという名前をそのまま使うかどうかという点でまだ悩んでいるように見える。

だが、このblogをみにくるような人はNGPといえばもちろんネオジオポケットのことである。勘違いをしないように注意するべし。


スペックは予想通りだったとかあると思うが、今回の最大の特徴はコア技術が汎用品で出来上がっていることだ。過去にコンシューマ市場で汎用的なものを使ったのはMSX、SG1000/SC3000、初代XBOX。

当時と違い、今は十分なスペックが汎用的な製品の方向にのっかるだけで十分なスペックがある。また、市場原理が働くため、すぐ低コスト化、高性能化などができるはずだ。おそらく大幅な値下げが可能だろうし、それをしない場合収益向上といいこと尽くめ。

…だが。

ハードで差別化ができないと他社が同じようなので参入できるという問題がある。その場合勝負は価格のみとなる。つまり、MSがまったく同じハードで参入、低コストの本体や開発側にはライセンスなどを大幅ディスカウントするなどといったことが可能になってしまう。

また、基本構造がスマートフォンと同じため、今はなんとかハイエンドは維持で来ていても3年後はどうだろうか。スペックを固定化させるコンシューマのほうが見劣りしやすいはずだ。


どう考えてもこの点をSCEが見逃しているはずもなく、最終的にはスマートフォンとスペック差がなくなったところで、ブランド力を生かしてハイエンドのスマートフォンとして売り出す気がする。また、短期的に収益化させやすいという利点も今のSCEにとってはありがたいはず。


ただ、海外では日本以上に受けそうな気がする。汎用品を使えるということは移植が容易、技術者の募集が容易であるということで。


3G通信機能については評価が難しい。キャリアを通すことによって本体を分割、初期費用なしで購入できる可能性もある。

ただしパッケージソフトをダウンロードする力は3G程度ではなく、LTEでも荷が重いだろう。コストも合わせて考えるとなおさら。有線でもきつい。となるとポイントは低価格の低容量のライトなゲームとなる。DSiウェアのような300円程度のものだ。ダウンロードゲームをメインとすると小売からの反発にあうのはご存知の通りPSP GOが証明してくれた。


ハードの差別化は年々難しくなっていってるのは確か。となると最終的にはコンテンツの力が重要になる。SCEにその力があるかどうかがポイントになるだろう。