Hatena::ブログ(Diary)

りゅうせいぐん を はずさない

2015-07-14

洋画ランク

ヤバい内容覚えてない。
忘れる前に書く。


S・・・すごい

 ショーシャンクの空に
 トイ・ストーリー3
 グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち
 フォレスト・ガンプ/一期一会
 トイ・ストーリー
 バック・トゥ・ザ・フューチャー


A・・・文句無しに面白い

 ライフ・イズ・ビューティフル
 グリーンマイル
 トレーニングデイ
 ミッドナイト・ラン
 12モンキーズ
 イーグル・アイ
 ノッティングヒルの恋人
 トイ・ストーリー2
 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2
 カーズ
 ローマの休日
 バタフライ・エフェクト
 レオン
 マイ・ボディガード 
 デジャブ
 フライト
 オーロラの彼方へ
 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3
 イントゥ・ザ・ワイルド
 ギルバート・グレイプ
 フライト・ゲーム 
 ウルフ・オブ・ウォールストリート
 パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー


B・・・面白い

 ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ
 ファイト・クラブ
 ミスト
 卒業
 アップタウン・ガールズ
 トゥルーマン・ショー
 LIFE!/ライフ
 SAW
 イエスマン “YES”は人生のパスワード
 セント・オブ・ウーマン/夢の香り
 (500)日のサマー
 幸せへのキセキ
 ラブ・アクチュアリー
 エコール
 バグズ・ライフ
 WALL・E/ウォーリー
 アイデンティティー
 ブラック・スワン
 ジュマンジ
 アビエイター
 ウォールフラワー
 マスク
 ゼロ・グラビデ
 ニュー・シネマ・パラダイス
 キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
 カッコーの巣の上で
 タワーリング・インフェルノ
 キック・アス
 キック・アス ジャスティス・フォーエバー
 イコライザー
 もしも昨日が選べたら
 ファニーゲーム


C・・・まあまあ

 アイ・アム・レジェンド
 小説家を見つけたら
 ディスタービア
 1408号室
 幸せのちから
 七つの贈り物
 インサイド・マン
 ウォルト・ディズニーの約束
 インセプション
 ブルース・オールマイティ
 ターミナル
 サイコ
 モンスターズ・インク
 シャッター アイランド
 ソードフィッシュ
 カーズ2
 ダイ・ハード
 ラスベガスをぶっつぶせ
 ビッグ・フィッシュ
 トータル・リコール(2012年版)
 ギャング・オブ・ニューヨーク
 スピード
 キャリー(2013年版)
 モールス
 HICK ルリ13歳の旅
 

D・・・微妙

 宇宙戦争
 シャイニング
 セブン
 シークレット ウインドウ
 市民ケーン
 フラッシュダンス
 食べて、祈って、恋をして
 シックス・センス
 モーターサイクル・ダイアリーズ
 パラノーマル・アクティビティ
 エターナル・サンシャイン


赤字は最近観た作品


割とどれも面白かった気がする。
中でも『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は特に面白いし、印象深い作品だった。

・ウルフ・オブ・ウォールストリート

実在の人物で、証券詐欺、投資詐欺をしていたジョーダン・ベルフォートの人生を扱った作品。いい感じで狂ってる。のっけからキチガイテンションで始まり、徹頭徹尾まともな人間がほとんど出てこない。ディカプリオが大体ファックファック!と連呼しながら詐欺行為をするかセックスするかドラッグキメてるかで3時間が過ぎる。映画だから多少の脚色はしているのだろうが、それにしたって豪快過ぎる。特に凄かったのが幻のドラッグ『レモン』を決めた後のディカプリオ。アヘ顔晒して地面をのたうち回り、芋虫の如く這いながら移動して、家に帰ってフラフラになりながらろれつが回らない状態で絶叫する。今作に限らないが、ディカプリオのこういう演技がとても好きだ。その他ディカプリオが奥さんと赤ちゃんプレイしたり、嬢とSMプレイしたりする。完全に人格破綻者ではあるが、そんな彼がウォール街で成り上がっていく様は実に爽快。やってることは犯罪だし、まともな人間じゃないが、凄まじいカリスマ性がある。まともじゃないからこそカリスマを感じるんだろうな。正直こういう生き方は憧れる。や、犯罪してまで稼ぎたいわけではないが、自分のやりたい放題に生きるという点がね。少々過激な内容ではあるが、笑えるし、爽快だし、とにかく狂った勢いを感じる作品。投資とかの話なので稀に小難しい単語が出てくるが、大体はディカプリオが視聴者に詐欺だと説明してくれるので分からなくても安心して観ることが出来る。是非お勧めしたい。

クロエ・グレース・モレッツ

最近出演作品を漁ってるんだけど、この娘どんだけ可愛いのよ。とにかく可愛い。ダコタ・ファニングに匹敵するかもしれない。とりあえずキック・アスを観ろ。それを観ればきっとわかる。わかるんだ。キック・アスを観たらHICK ルリ13歳の旅を観よう。キック・アスは面白いが、13歳の旅は本当にクロエちゃんしか見るべき点が無い。しかしこの映画はそれで十分なんだ。恐らく制作サイドも分かってやってるんだと思う。なんていうかね、わかるんですよ。映像的に。何だかんだキャリーも外せないか?モールスも捨てがたい。イコライザーは主演みたいな扱いになってるけど、ちょい役でしかなかった。まあデンゼル・ワシントンは相変わらずのカッコ良いし面白かったが。何はともあれとりあえずはキック・アスだ。ヒットガールのクールビューティーさにメロメロになること間違いなし。

・ラフィー・キャシディ

トゥモローランドのインタビューかなんかでチラッと見ただけなんだけど、どえらい美少女でしたね。トゥモローランドは後で観に行きたい。

インサイド・ヘッド

これは絶対観に行く。