Hatena::ブログ(Diary)

真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

2017-09-20

解散、左翼安倍自民の企てに野党と支持者は目一杯の警戒を!

f:id:shinjitunoseijika:20160517213906j:image

☆安倍首相、早ければ今月28日に衆院解散の可能性=報道

複数の国内メディアは、安倍晋三首相が早ければ今月28日召集の臨時国会冒頭で衆院を解散する可能性があると伝えている。17日付朝日新聞朝刊は、安倍首相が年内解散の検討を与党幹部に伝えたとし、臨時国会冒頭での解散を視野に北朝鮮情勢などを見極めて最終決断するとしている。

また、NHKは安倍首相が公明党の山口那津男代表との会談で、臨時国会の会期中に衆院解散・総選挙に踏み切ることを排除しないという考えを伝えたと報道
17日付日本経済新聞朝刊は、安倍首相は早くて今月末の解散、10月中の衆院選を模索しているもようだと伝えた。

共同通信によると、公明党が16日、緊急の幹部会合を開き、年内の衆院解散・総選挙も安倍首相の選択肢としてあり得るとの認識で一致したという。
朝日新聞は、解散時期について、最も早い場合は今月28日で、10月10日公示、22日投開票、または17日公示、29日投開票の日程を想定していると指摘した。

22日投開票の衆院青森4区、新潟5区、愛媛3区のトリプル補選は、10日の告示後でも、衆院解散の時点で中止となる。
http://www.excite.co.jp/News/world_g/20170917/Reuters_newsml_KCN1BS00F.html

(解説)

この情報を受けて、野党側支持者は、一層引き締まった行動が必要です。

前回の選挙の時もそうですが、あまり時間を与えず、選挙に踏み切ることを左翼安倍はしています。
ようは、野党側の選挙協力網が完成する前に、あるいは政策協力がまとまる前に、という考えた方をしているんです。

それでは、左翼安倍側も、準備不十分ではないか?と思われがちですが、違うんですね。
現在、左翼自民支持率は高いです。
安倍は、落選する議員は出ると思っていますが、それでも大勝すると思っているんです。

今、野党側にとって、マスコミの逆風じゃないですか?
蓮舫がつぶされ、山尾がつぶされ、前原も週刊誌に嫌がらせをされている状態です。
左翼安倍からしてみれば「してやったり」という具合です。

なので、野党側支持者も、些細なことで揉めている場合じゃありませんし、その余裕はないです。

本来なら、自民・公明の政策を上回る、魅力的なものを熟考の上、野党側も国民に示すべきですが、ゆっくり考えている時間もないです。
経済、景気、雇用、社会保障全般、など国民が一番気になることを公約に入れて、野党はがんばるべきです。
戦争法案、共謀罪など、思想の件は優先順位を下げて、より一層国民のやって欲しいことを実現すべきです。

左翼安倍は、北のミサイル問題を追い風と考えて、戦争法案など正当化を偽装しています。
現行憲法で、我が日本国が出来ないのは、侵略戦争だけで他はすべて諸外国と同じように機能するのが、真実ですが…

北のミサイル問題を抑えるのには、挑発行為である米韓演習を控えさせることです。
これを条件に、北に譲歩を求めるのが一番ですが、北への危機は米国の武器販売と大きく関わるので、煽りは入れ続けるでしょうね。
そこで、野党が上手い具合に正論が言えると良いのですが。



政治的世直しコミュニティのご案内

真実の政治家保守派通信
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国良い輪 と覚えてください

自民党は反日政党です!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125

民主党/民進党(保守派通信
http://mixi.jp/view_community.pl?id=6225858

自民・公明の売国を正すには、政権交代の受け皿が必要になります。
対抗勢力を育てる為に、皆様のご協力をお願いします。