装丁家・大貫伸樹の装丁挿絵探検隊

2006-06-06 2006-05-30 造本探検隊109(ニック・バントック『不思議な文通』)

shinju-oonuki2006-06-06

●造本探検隊109……ニック・バントック『不思議な文通』(河出書房新社、1993年2版、定価2500円)を教えてくれたのは、「わたしつくるひと」だ。内容は、絵はがきと本文中に貼り込まれた実物とおんなじ封筒に入った手紙の間で繰りひろげられる孤独な画家と謎の女性との不思議なヴィジュアル小説。いわば大人の絵本だ。

ニック・バントック宣伝キャンペーン主任を自称する「わたしつくるひと」の説明では、絶対にジョセフ・コーネルの影響を受けている、とのことだ。自称コーネル狂いの私は、早速この本を入手。4通の封筒が貼り込まれていて、その中には手紙も入っているのには興奮した。この手紙が、小説の本文なのだから、アメリカ人ながら繊細で嬉しくなるほどに小粋な発想でしゃくだね。

 

●『不思議な文通』は、斎藤昌三のゲテ本に匹敵するかな?

主に戦前に多くのゲテ本を発行した書物展望社の社主・斎藤昌三は、使い古しの番傘や筍の皮、紙型、酒嚢などを表紙の素材として用いた装丁界のダダイストとも言える。丁度、時を同じくしてアメリカではジョセフコーネルがシュールレアリズムやダダイズムの影響を受けた、箱にがらくたを詰め込んだような「コーネルの箱」と呼ばれる作品を発表していた。

共に画材として精算されたものではない素材を使い、過去の常識や慣習を否定するような、あるいは、あざけるような作品を次々と発表した。

f:id:shinju-oonuki:20060606074357j:image

写真上は『不思議な文通』表紙、写真下は、封筒が貼り込まれている本文頁。封筒から手紙を取り出しながら読み進むのは、文通を実体験しているような錯覚に陥り、たのしい。この奇をてらった表現はゲテ本と呼ぶに相応しい。

tamaetamae 2006/06/09 14:37 『不思議な文通』は3部作で、全巻揃えて持っていました。過去形なのは、誰かに一冊やってしまったせい。
話題になった時、すぐに買って栞嬢に自慢するも「あの本は高すぎるわ。子ども向けの『ゆかいな郵便屋さん』をお買いなさい」と言われ、当然そっちも購入しましたさ。

shinju-oonukishinju-oonuki 2006/06/09 14:55 確かに高い。私も1点しか持っていません。このゲテ本ぶりには大満足しています。他の本にも貼り込みなどがあるの? それなら買ってしまうんですが。郵便つながりで、天沼春樹/出久根育『郵便配達マルコの長い旅』(毎日新聞社、 2004年、?1,365) なら持っているんですが……。

KcouscousKcouscous 2006/06/10 10:49 他の本にも貼り込みがあります。日本ではまだ出ていませんが、その後にもさらに続きの3部作があって(全部で6巻!)ますます「ゲテ本」度が増していきます。子ども向けの絵本でも封筒を張り込んだ本は何冊か出ていますが、不思議さと不気味さと手の込み具合はもう異次元ですね。

shinju-oonukishinju-oonuki 2006/06/10 11:25 話を聞いているだけだと、ストレスがたまっちゃう~。もう3部作をそろえるしかないな〜。帰りに購入するぞ〜。全部で6巻ですか!!ニック・バントックから目が離せませんね。宣伝部長〜〜。