装丁家・大貫伸樹の装丁挿絵探検隊

2011-08-26 これが伊勢田邦彦の挿絵界デビュー作か?

伊勢田邦彦:画、野口活『新島襄』(「新偉人ロマンス」橘書房、昭和26年)を入手した。これまでは、伊勢田自身が『からくり黒兵衛』(児童憲章愛の会、昭和53年)に記載されているの略歴に、 22:55

1921年京城に生まれる。

京城師範学校(旧制)卒。 

1947年より挿絵執筆。

1975年第3回作家クラブ賞(絵画部門)受賞。 

出版美術家連盟理事。

と、書いているように、挿絵執筆は昭和22(1947)年に始まり、江戸川乱歩怪人二十面相』(光文社、7月初版)が挿絵界デビュー作品ではないかと思われた。ところが、今日入手した野口活『新島襄』は昭和26年刊行の奥付には重版とは記されていないので、これが初版だと思っていたのだが、昭和17年に刊行された戦時中版があることが分かった。まだ実物を確認していないが、もしこれが確認出来たら、伊勢田が21歳の時に描いた作品ということになる。戦時中で人材が少ないとはいえ、全く挿絵の経験のない新人に装丁、挿絵を託すというのは大抜擢であり、一体どのようないきさつで採用されたのかその辺のエピソードにも興味を惹かれる。


f:id:shinju-oonuki:20110826224208j:image

伊勢田邦彦:画、野口活『新島襄』(「新偉人ロマンス」橘書房、昭和26年)


f:id:shinju-oonuki:20110826224209j:image

伊勢田邦彦:画、野口活『新島襄』(「新偉人ロマンス」橘書房、昭和26年)


f:id:shinju-oonuki:20110826224210j:image

伊勢田邦彦:画、野口活『新島襄』(「新偉人ロマンス」橘書房、昭和26年)


f:id:shinju-oonuki:20110826224211j:image

伊勢田邦彦:画、野口活『新島襄』(「新偉人ロマンス」橘書房、昭和26年)


f:id:shinju-oonuki:20110827071312j:image

伊勢田邦彦:画、野口活『新島襄』(「新偉人ロマンス」橘書房、昭和26年)


f:id:shinju-oonuki:20110827072032j:image

伊勢田邦彦:画、野口活『新島襄』(「新偉人ロマンス」橘書房、昭和26年)


f:id:shinju-oonuki:20110827152803j:image

伊勢田邦彦:画、野口活『新島襄』(「新偉人ロマンス」橘書房、昭和26年)

これが通信教育で学んだだけの新人の挿絵かと思われるほどに、デッサン力は秀でている。しかし、挿絵としては魅力に欠ける。標準レンズのカメラで同じアングル(目の高さ)で、人物が全身映るように撮影した素人写真のようで、画面構成は単純で人物の表情にも工夫がなく、読者を引き込むだけの力がない。 15:54


これまでデビュー作と思われていた江戸川乱歩怪人二十面相』(『江戸川乱歩全集1』光文社、昭和22年)と比較してみると『怪人…』の方が、わずかに上達しているように見えるので、『新島襄』のほうが若いときに描いたものと推察される。

たった今、ネットで注文した日本の古本屋・千葉県の古書店から、「昭和17年は誤記で、ご指摘の通り昭和26年でした」とのメールがはいった。危うく間違った話を書くところだった。せっかくの推察が間違いだということが証明されてしまった。ショック! 20:02


f:id:shinju-oonuki:20110827153354j:image

伊勢田邦彦:画、野口活『新島襄』(「新偉人ロマンス」橘書房、昭和26年)