ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

shino-jiのスマホ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2008-02-18

DateBk6の日本語版!夢かこれは?

 昨日まではPalmTXと、そして今日は丸一日、EeePCと格闘している最中に、夢のような記事が目に飛び込んできました。MA-CYさんのこのエントリー。DateBk6Japaneseじゃないですか!?forJapaneseじゃないんですね。

 ダウンロードは

DateBK6http://www.pimlicosoftware.com/datebk6.htm

で可能。

 PIM統合アプリとして8Date、たこすけ、アジェンダス、そしてこのDateBK6が私のPalmの中でうごめいております!

ちょっと空き容量どうにかならないの?

 空き容量を減らそうと、Documents and SettingsをCドライブからDドライブに移そうとあれこれやって、成功かと思いきや、減ったはずのCドライブの空き容量が逆に増えてるじゃありませんか!?な、なんとあと23メガバイト。何だコリャ?ソフトはほとんどDドライブにインストールしているはずなのに、何かがおかしいのか。とりあえず思い当たる節を削除して100MBまでは回復したけれど、空き容量不足の警告というかお知らせが定期的に出てきちゃいます。200MBは空いておかないとダメだって・・・そんなことは分かってるんだけど何をこれ以上削ったらいいの?

 とまあ一応WindowsXPのいろんな軽量化のサイトを見て、削りに削って214MBの空きを確保。このままではもうダメですね。とうとう諦めて外付けのDVDドライバーを注文しちゃいました。

 リセットしてバックアップファイルがリストア出来ないのかなんて、EeePCにリセットボタンを探したりとPalmを混同してしまうような錯乱状態に陥っております。ああ、また散在してしまった。

ClipPROの安定使用

 PalmTXの再構築でDBCacheクリアをしてもClipsのクリップボードに履歴が残るようになりまして、気を良くしまして、再構築の途中でありますが、

ClipPROhttp://www.pocketscience.com.au/products.asp#ClipPRO

がうまく動作するのではないかということでPalmTXに入れてみました。

 以前に導入した際はDBCacheクリアで不安定になることから見送った経緯があります。RescoRockerでロックしておくとうまく動作するという報告は一部にありましたが、当方の場合、やはり不安定でした。さて、結果はやはりResetDoctorでDBCacheをクリアしますとリセットがかかってしまいます。

 ならばキャッシュが残らないようにすれば良いのではと、素人判断でありますが、NuROMでROMにこれを焼き付けようと、ClipPROをROMに入れました。

 さて、結果は・・・、おおっ!DBCacheクリアでリセットが再現しませんぞ!

 ということはTreo650でも同じ理屈でROMにClipPROを焼けば不安定にならないのではないか、ということになりまして、これまた早速Treo650のROMクッキングでClipPROを焼きまして、さあ、検証。

 おおっ!!テキスト編集の機会が多いTreo650でClipPROが使えるようになるのはこれは有難い。もっと早く気づけば良かったです。

 さてPalmTXの再構築を続けなければ・・・。