Hatena::ブログ(Diary)

しのばずくん便り

news

2018年・第20回不忍ブックストリート一箱古本市2018年4月29日[日]に開催予定です。

開催予定の一箱古本市店主さんの募集は終了しています。

開催予定の一箱古本市助っ人さんの募集は終了しています。

◎昨年の第19回不忍ブックストリート一箱古本市の全店主さん箱画像はコチラ!

◎一昨年の第18回不忍ブックストリート一箱古本市の全店主さん箱画像はコチラ!

◎公式サイト ⇒ http://sbs.yanesen.org/

◎公式ツイッター ⇒ @hitohako

◎不忍ブックストリートへのお問合せはshinobazu*(*⇒@)yanesen.orgまでお願いいたします。

2009-04-08 店主さんの出品場所

お待たせしました! 店主さんの出店場所の発表です。まずは5月3日から。

[] 5月3日(日・祝) 開催スポットは9ヵ所です。


【古書ほうろう】 http://www.yanesen.net/horo/

*朝霞書林

鶴さもあれ顔淵生きて千々の春 其角 

昨年の秋の一箱では、総売上第二位を達成!今回も数多くの署名本の他、アートコラボ本、珍しい文庫などを取り揃えて皆様の御来箱をお待ちしております。呉智英師匠に教えを受けて20数年の店主がお薦めの本を並べます。補充入替もあります。来る度に発見!があるはずです。


*はなめがね本舗 http://hanamegane.com/

懐かし漫画や絵本、怪しいゆる本、昭和レトロな手芸本、料理本、カラーブックスなどなど、乙女ゴコロをくすりと擽る本たちと一緒にお待ちしております。その他こけしグッズ少々アリ。


*九十九屋(つづらや)

小説・メディア評論・エッセイ・掘り出しマンガ、その他よろずの品揃え。女性2、3人で和気藹藹と一日開店。面白い方値引きします。


*菜の花堂

着物関係の本が多いです


*古書有古堂 http://d.hatena.ne.jp/u-sen/

古い本から最新刊まで!ひとりでがんばります。


*おだしか

今回で3回目の参戦。10円本も用意する予定です。


*ルーフス雑貨商

西に東にさまよい歩く放浪の雑貨商をコンセプトに、二度目の参加になるroofs雑貨商、今年は高知県にある沢田マンションをテーマにした小冊子も扱っております。その他も手作り冊子雑貨を用意して、ムードはすでに“ボロロマンティック”。たくさんの方との出会いを楽しみにしております。


*Blue Beat Books

評論、エッセイ、小説など、文庫中心にいろいろそろえる予定です。


【コシヅカハム】 http://koshiduka.jp/

*gotta http://kirakaze.blog6.fc2.com

いろいろなジャンルの本を出す予定です。気軽に手が出せる料金にします。エッセイや写真集(手作り写真集もあり)などまだ詳細は未定ですが来てくださる方が楽しんでもらえるものにしたいと思います。


*007〈ダブリ王セブン〉は二度抜く

昨年は〈W(タブリ)の悲劇〉でお世話になりました。既に持っているにもかかわらず、さまざまな理由でついつい抜いてしまったダブリ本たち…。あれからまた随分と溜まってしまいました。参加二度目の今回もそんな珠玉のダブリ本(笑)を中心に箱作りをします。シブめの文芸書や随筆集、映画&芸能関係書など、映画のDVDも少々あるかもです。どうぞよろしくお立ち寄り下さい。


*古本 寝床や

初出店です。絶版文庫を中心にさまざまなジャンルのものを出品予定です。どうぞお立ち寄りください。


*つん堂

絶版文庫と草森紳一の本を中心に出品します。


芸工展2009スタッフ有志

芸工展スタッフの皆が2009の活動費を集めるために過去を整理昇華し個々の本棚や蔵、本部の書庫までをひっくり返して出て来た珠玉の名作や珍品、研究本、マニア本等掘り出し物ミクスジャンルで集め生活応援素人価格出品致します。


*脳天松家

今年もやります、お買い上げの方にもれなく昔の絵葉書プレゼント!小特集は、手紙にまつわるあれこれです。


*古書・思いの外 http://omoinohoka.com/

今回も、人文書から落語、艶本、はたまたヒップホップまでを横断した、ルール違反の選書でご機嫌をうかがいます。


*せみのいえ

ファッション、アート、映画など雑誌を中心に取り扱います。世界中の雑誌(?)をご用意しています!!


水族館劇場 http://www.suizokukangekijou.com/

演劇関連、水族館劇場モノ、だけにかぎらず、色とりどり揃えます。


*ヤン・ホルフ

基本は「ヤン・ホルフ」精神で、広く、浅く、安く、をモットーに、売れそうにない本を多数取り揃え、皆様のお越しをお待ちします。


*青ベリー

ジャンルは、講談社文芸文庫河出文庫を中心とした文学,旅行記,広義サブカルチャー、エセ−、まんが。ノンフィクション、美術手帖、ムー等で、割合としては 文庫:単行本で約2:1 となる予定です。ジャンル大別し、場所によりですが、見易い店舗(?)にしたいと考えております。


【花歩】 http://d.hatena.ne.jp/shinobazukun/20070413

*古書北方人 http://d.hatena.ne.jp/kozokotani/

いつもの、本好き、古本好きのこだわり本、講談社文芸文庫、ちくま文庫、平凡社ライブラリーなど、良品廉価の出品です。さらに今回は、雑誌「東京人」など東京、下町中心の本や雑誌も。

 

*あいうの本棚 http://ameblo.jp/aiunohondana/

東京都内を中心に活動している移動型古書ユニットです。古くても今新鮮に感じるもの(カッコいい!)、驚きや発見のあるもの(レトロで可愛い!)など、日々の暮らしに彩りを添える、見 ても、読んでも、飾っても素敵な本を揃えています。あなただけのとっておきの一冊との出合い、新しい世界の扉が開かれますように。


【アートスペース・ゲント】 http://d.hatena.ne.jp/shinobazukun/20070420

*ドンベーブックス

一箱古本市の参加3回目となります。この春より東京でともに暮らす2人で、引っ越し直後のどさくさのなか段ボールから出てきたところより見繕いまして出品します。何かしら見っけものがあるかもしれません。なにとぞのぞいてやって下さい。


*おやじランナーの連帯

話題の書を中心に、普通の品揃えでやります。決してマニアックではありませんが、大切に読んだ本をきれいなままで販売します。よろしければお立ち寄りください。お買い上げの方には、ポストカードプレゼント!手作りブックカバーも付くかも…(予定)


*hondana.

20代女子二人組の本棚。小説、漫画、エッセイなど。古本屋めぐりにもちょうどよい丈夫なハンドメイドのトートバッグも用意してます。


*挫折書房

挫折にジャンルなし。あの時流行っていたあの本、この小説、読もうと思っていたあのシリーズ... すべて読みかけで二度と開くことがなかった数々の書籍を販売致します。中には洋書や辞書もあるかも? 本人も十数年ぶりに片づけた部屋から発掘したものばかり、紙屑になる前にもう一度、誰かに読んでもらいたいと思ったものばかりです。是非覗いて見てください。


*しょぼん書房 http://d.hatena.ne.jp/azukin/

秋に続いて、2回目の一箱古本市参加させていただきました。毎日本屋さんに行く事が生き甲斐の店主が買い集めた書籍の中から、旬の作品を取り揃えて出店したいと思います。どうぞよろしくお願いします。 


【貸はらっぱ音地+香隣舍】 http://ondi.exblog.jp/

*ぼろ舎

ボローニャから来た店長「ぼろーにゃん(羊のぬいぐるみ)」がお迎えする「ぼろ舎(ぼろや)」は文庫や漫画などをお値段100円メインの品揃えです。100円以上の本は欲しい気持ちを熱く語ってくれると値引きするかもしれません?(笑)おまちしてます。


*書肆紅屋  http://d.hatena.ne.jp/beniya/

昨年春以来、2度目の出店になります。シブいとしかいいようのない本をお手ごろ価格で販売します!


*お好み本ひろしま2009 http://okonomibon.cocolog-nifty.com/blog/

2009年秋開催予定「お好み本ひろしま2009」を代表して出店致します。小説・文庫、単行本を中心に揃える予定です。箱の中には、ブッククロッシング中の旅する本も混ざるかも。


*Book×Travel 旅行会社

今まで出会ってきた本のなかから、いくつか旅に出すものを選びました。いっしょに本の旅に出てくださる方とお会いできることを願っています。素敵な本の旅もサポートします。どうぞお越しください。


岡崎武志堂 http://d.hatena.ne.jp/okatake/

とにかく売れどころを、買いやすい値段で売ることに徹し、完売を目指す。花より古本、の心意気であります。特製古本おみくじも作ります。


*のり屋

20代〜30代の女性が家に帰ってきて、本棚を見たらほっとするような本たちを出品しようと思います。本には包装紙をリサイクルなどして自作の帯をつくり、本の中のセリフでよかったものや、読みたいシチュエーションなんかを書いて紹介できればいいなと思っています。


*古本 文句堂 

小説(国内・海外)、対談本や写真・画本系まで、旧文句堂で出し切れなかった在庫をいっぱい持っていきます。あとは着物・古布などを利用した色鮮やかなブックカバーを驚きの低価格(?)で。

【藍と絹のギャラリー】 http://www.yanesen.net/shop/shop/521/

*野宿野郎 http://nojukuyaro.net/

ミニコミ誌「野宿野郎」と今度こそ「野宿」やら「野郎」やらが含まれた題名の本を売ります。あるのかな。ないかもな。それから「野宿占い」をおまけしたり、「エア寝袋協会(仮)」の会員募集のお知らせもします。


*うずまき屋 http://www.kittari-hattari.com

小説や暮し本をお求めやすいお値段でおゆずりします。去年の参加時、買いにきてくださった方たちと楽しくおしゃべりできたのがうれしかったです。


*たけうま書房 http://takeuma-books.com/

一昨年の秋から4回目の参加になります。今回はミニ特集としてCD付きの本・雑誌を集めようと思います。また<勝手にCDブック>と題して「タウン・アンド・カントリー+ポール・ボウルズ」等つながりのあるCDと本をセットにして出品の予定です。よろしくお願いします。


*ミゥ・ブックス

「一箱」の楽しさに魅了され、はや5回目の申込となります。「普段着の本棚」といった感じでエッセイ、小説、評論などバラエティある箱をめざします。常盤新平澁澤龍彦横尾忠則松浦弥太郎種村季弘戸板康二穂村弘紀田順一郎等.......まずは、お手にとってご覧ください!!!


【特別養護老人ホーム谷中】 http://info.ekaigo.biz/000toky23/035dait/12112047.html

*四谷書房 http://yotsuya-shobo.com/

単行本・新書・文庫を特価にて販売。2冊ワンコイン(500円)本もあり。


*カリプソ文庫

3回目の参加になります。文庫本を中心にいろいろ出したいと思っています。晴れるといいなー。


*やっぱり本を読む人々。 http://booksns.so-netsns.jp/

web上のSNS「やっぱり本を読む人々。」からの出店です。webという特性を生かして、全国にいる参加者の方々から本の提供を募りました。多種多様な本たちが集まる"一箱"で参加いたします。


*モンガ堂

西荻からの参加です。文庫本を中心に出店しますので覗きに来て下さい。


*orz文庫

毎度おなじみの中途半端な品揃えのorz文庫です。今回もラノベ、新書、漫画、アメコミ、小説のほかビデオ、DVD、ゲームなど用意致します。ラインナップはmixiにて、出来るだけ発表したいと思います。


*みうら書店

3度目の参加です。去年は「酒とエロ」をテーマに出店をしました。今年はそれらにくわえ、ブーム(?)であるBLを置くつもりです


*もす文庫 http://d.hatena.ne.jp/masubon/

もさ夫、ジョナ子、ますぼんによる本好きユニット。この春で4回目の登場!国内外の小説、エッセイ、絵本を中心に、あなたのところへ旅立つ本をそろえます。新しい看板でお出迎え?めざせ、「おもしろい本、ありもす」。


往来堂書店】 http://www.ohraido.com/index_n.cgi

*旅愁の会

フィクション中心の品揃え。実用性皆無。さして珍しい本はありませんが、面白い本を揃えたいですね。


*マツリカ文庫

5月、散歩にうってつけの季節。歩いて、眺めて、立ち止まって、ふりかえって、気づいて、驚いて、ひとやすみして、見上げて、想って、また歩いて。万緑のなか、街に出て歩きたくなるような本を集めました。散歩のお供に連れて行ってもらえるとうれしい、和布雑貨も作りました。いろいろな方に出逢えるのをたのしみにしています。


*ピンぼけ堂

70年代の婦人雑誌(主婦の友、女性自身、暮らしの知恵)や子供の本(キンダーブック)を中心に出品します。古書としての価値はありませんが、なかなかおもしろいです。懐かしい一冊があるかもしれません。その他には自作の陶器、ヨーロッパ蚤の市で買ったものなど。全体的にピンぼけな感じで。


*歩きながら考える http://www.arukan.net/

同人誌の最新号のテーマである「道」に関わる古本を販売するつもりです。販売方法はフリーマーケット方式に従って行います。よろしくお願いいたします。


【猫町カフェ29】 http://cafe29.blog98.fc2.com/

*タビノトリカゴ書店 http://blog.goo.ne.jp/missb0130/

Books Birdy改め、タビノトリカゴ書店でございます。3回目の出店です。読書はこころの旅。あなたの小さな旅のお手伝いができれば幸いです。小説、エッセイ、趣味の本。各種とりそろえ、お買い上げの方には小さなオマケもご用意して、お待ちしております。


*AZTECA BOOK http://atform.exblog.jp/

美術、デザイン、インテリア、建築、写真、絵本等のモダンなビジュアルブックを出品します。


*市川糂汰堂(いちかわじんたどう) http://tokyo-clip.cocolog-nifty.com/tclip/

定番の東京散歩本に加えて、思わずそうだったのかと驚くおもしろい生活本、趣味本や随筆本など、楽しい本を持っていきます。

[] 5月4日(月・祝) スポットは10ヵ所!


【根津教会】 http://www15.ocn.ne.jp/~nzc/

*ゆず虎嘯(ゆずこしょう)

春夏合わせて5回目の参加となりました。前回よりもパワーアップした品揃えを目指してただいま奮闘中。絵本や写真集、エッセイにミステリーなど種種雑多な本を用意して皆さまのご来店をお待ちしております。


*LIBRE TONSURE http://d.hatena.ne.jp/sutendo/

三度目の参加です。今回も前回好評だった建築関係、幻想文学関係を中心に雑多なジャンルを取り揃えております。また参加日に近くなりましたら、ブログに販売リスト・目玉商品情報をUPしますので、そちらもご覧下さい。また、懲りずに「黒死館逍遙」のBNも持参予定です。


*すみこの窓

古本は自身が主に思春期〜最近に読んでいた日本の作家の小説、幽遊白書・お父さんは心配性・すごいよマサルさん等マンガ全巻セットなどアラウンド30世代のツボを突くラインナップ。ファッション系の写真集もあります。自作のブックカバーや巾着袋などの布小物(カエル、猫、パンダ、乙女アンブレラ柄や生成の無地)の販売も。おしゃれというよりドキュンとするファンシーな物でお客さんを明るく元気にするお店にしたいです。


*ジャンク洞

人文・歴史書がメインです。社会学系や歴史関係の本がメインになるかと。小説も若干置きます。


*やべや

初参加で右も左もわかりませんが、主に小説、漫画、雑誌を揃える予定です。 なんとなく手にとってなんとなく買って頂ければ。 本を間に色んな方とお話できたら嬉しいです。


*あり小屋 http://blogs.yahoo.co.jp/aricoya_books

お手頃価格の絶版文庫を出品する予定です。


*yom yom古書部 http://www.shinchosha.co.jp/yomyom/

Yonda? の表紙でおなじみの文藝雑誌「yom yom」スタッフが引越し(個人的な)のため泣く泣く放出するお宝の数々に瞠目されたい。出版社だけに古本の値つけは超イイカゲン也。気が弱いだけに値切り交渉にも弱い也。


【クラフト芳房】 http://d.hatena.ne.jp/shinobazukun/20080430/p2

*屋根裏の散歩会 http://www.asahi-net.or.jp/~JB7Y-MRST/index.htm

ミステリの愛好会です。海外・国内ともジャンルを問わず、広い範囲のミステリについて語り合うオフ会兼読書会を、月1回都内で行なっています。本を読むだけでなく、買うのも大好きなメンバー達が、うず高く積まれた蔵書を放出。ミステリに限らず、時代小説、コミックと多岐に渡った品揃え。


*本と本の雑貨 BOOK LOVE http://honnozakka.exblog.jp/

本と本にまつわる雑貨を扱うBOOKLOVE.。今年はルリユール(工芸製本)仲間とともに参加。仲間と集めた本の他に、チェコの版画紙、ドイツの伝統的な染紙製法で制作した紙、フランスのマーブル紙などを使用したノート類も揃えました。「本」をモチーフにしたピアスやマグカップ、ピンバッチ、キーホルダー、世界の図書館のポストカードなど、本好き(ブック・ラブ)のための雑貨も!


【Gallery Jin+classico】 http://galleryjin.com/ http://www.classico-life.com/

*こちどり http://blog.livedoor.jp/cochidori/

着物&オンナの情念本を中心に、こちどりオリジナルブックカバー和布小物もご用意。6回めの出店の今年も、こちどり姉妹、ゆるりと着物で参戦します。ぜひお立ち寄りください。大好きな谷根千エリアで、ご縁のあるみなさま、はじめてのみなさまと、笑顔でお会いできるのを楽しみにしています。


*ボン・ボン・テレン

映画に関する出版物などを中心に、幅広く手にとっていただけそうなものを選びます。映画、映像作品の原作となった本はもちろん、多くの映像作家にインスピレーションを与えたであろう作家たちの著作、映画評論など、作品理解に役立つ手引書を揃えます。


*村上さん本舗

村上春樹さんの本しか置きませんので興味のある人はぜひ来てください。よろしくお願いします。


*ゆず書房

70〜80年代日本のフォーク・ロック関連本を中心に、芸能、サブカルチャーなど販売します。お客さまへのサービスとして、愛犬「ゆず」(コーギー)をモチーフとした栞をつけます。


*オヤジ書房新社

以前、店主をやらせていただいた時は、コンセプトを凝りすぎたのと値付けのミスで惨憺たる結果になりました。今年は、あまり品揃えに凝りすぎず、共同店主さんがそれぞれ持ち寄った本を売ります。映画本、評論集、小説、あと80年代の雑誌あたりが中心になると思います。


*あさひ庵

雑誌や小説、実用書、コミックなどバラエティにとんだ品揃えです。手作りのブックカバーなど小物も充実!


*くちぶえブックセンター

品揃えのテーマ、ただいま迷走中デス。


*四四庵

音楽部、広告部、文学部、ボクシング部の各ブロックあり。本、雑誌や資料... を置きます。店主1 オリジナル冊子出来たての予定。 


【ギャラリーKINGYO】 http://www13.plala.or.jp/sd602kingyo/

*人力旅人の本箱 http://blog.goo.ne.jp/watarureport/

第4回と第6回に続いて3度目の出店です。今回も拙著『沖縄人力紀行』(彩図社刊)を中心に、旅、しかも徒歩や自転車など「人力」の移動手段にこだわった旅に関する本・雑誌・絵ハガキを取り揃えております。ちなみに、過去2回ともに拙店の近所で出店した他店が販売数や売り上げの上位を記録するというジンクスが続いていますが、今回も大家さんがご一緒の場合は、何かとても良いことが起こるかもしれません。


*嫌記箱 http://park22.wakwak.com/~mangaya/

自分で買って読んだ新しい本を売ります。


*ひとひ http://nobuevery.jugem.jp/

こんにちは。初めて一箱古本市に店主として参加させていただきます。雑誌・小説・エッセイなど、休みの日にコーヒーを飲みながら読むような本を選んでみました。本を開くことで、せわしない毎日を楽しいものへ変えたり、ほっと一息つくことができたりしたらいいなぁと思います。私が気になって集めた本たちを可愛がってください。


*はなうた http://hodohodo-books.com

身につけるものや生活することのそばにあるストーリーを、色をテーマにぎゅっと集めてお届けするリトルプレス「はなうた」を作っている2人がいままで読んだり聴いたりしてきたものを並べたいと思います。もちろん「はなうた」も買えますよ〜。


*徹夜男女 http://d.hatena.ne.jp/twosexallnight

文学と美術、古典の名作と最近の新傾向。不景気かつ忙しい世の中ですが、本ぐらい時間を忘れて読みたいものです。通勤電車の中、毎日十ページ、前日にどこまで読んだか覚えてない、そんなぬるい読書をしていませんか。寝るのを忘れて、気がついたら朝、どうせ読むなら、それくらいの本を読みたいものです。男女とも徹夜必至、わき見転落注意、鉄板の品揃えで臨みます。ブログもどうぞ。


往来堂書店】 http://www.ohraido.com/index_n.cgi

*歴史と音楽堂

歴史(日本史)関係、音楽(主にクラシック)を中心に出品します。また、100円からの文芸書・文庫コーナーも。懐かしの昭和家電も少し出品する予定です。


*勝手にふるほん協会

基本的にサブカル系図書を扱うつもりです。そのほかに雑誌のバックナンバーや漫画なども取り入れて扱う予定です。


*トカゲ書林

興味のない人には興味がないかもしれない本、出品します。


*踊る人々 http://ameblo.jp/denseisya/

趣味が合えばお宝確実。合わなければごめんなさい。何はともあれ覗いてみてください。幅広く偏った品揃えで皆様をお待ちしています。


【映画保存協会】 http://www.filmpres.org/

*とみきち屋 http://ramble-in-books.cocolog-nifty.com/blog/

初参加の昨秋、南陀楼綾繁さんから「ナンダロウ賞」を頂戴しました。新人奨励の意味合いを込めてのものだと思います。今回も一箱の中にテーマを幾つか設け、当店独自の世界をつくります。文学、評論、伝記、日記、思想、哲学、クラシック音楽など、かための本中心ですが、 絶版、品切れ本(主に文庫)を多く揃え、喜んでいただけるよう努めます。テーマや出品本につきましては、ブログで紹介いたしますので、ご覧ください。


*どすこいフェスティバル

T大生協書籍部発。昨秋はあまりの安さに他店主さんを退かせ、お客さんからはうれしい悲鳴をいただきました。店名に全く関係ない幅広い品揃え。今回は『文庫本付きブックカバー』を引っさげて参上します。見た目でタイトルを当てた方には、いいことがあるかも!?


*鉱石書房

鉱物にまつわる本、静謐な世界を漂わせるアレコレ、揃えてお待ちしております。


*料理書専門古本屋 onakasuita http://onakasuita.ocnk.net/

当店は料理書をあつかう古本屋です。主力商品は読んで納得のレシピ本・ちょっと気の利いた食のエッセイです。今回、食のエッセイを中心に2:8の割合でセレクトするつもりです。販売ルールに(ございましたら)則って、かつポイントを押さえた外装・包装にしようかと思案中です。どうぞ、宜しくお願い致します。


*あたまるブックス http://norwichterrier.jp/

はじめまして。あたまるブックスです。我があたまるブックスはノーリッチテリア(犬)のあたまるくんが社長です。品揃えは、犬やペットの本・料理や生活雑貨の本など、生活にほんのり明るさを与えてくれる本達を集めました。本以外のグッズも扱う予定です。よろしくお願いします。


千駄木の郷】 http://www.oheikai.or.jp/sendagi/index.html

*本曜日堂 http://honyoubi.ocnk.net/

ネットで子どもの本を細々と売っております本曜日堂です。普段は、子育て中の親御さんが読み聞かせられるような定番の絵本を中心に扱っていますが、実際に手にとってもらえる良い機会ですので、ちょっと堅い児童文学周辺の本、関連がありそうなマンガ等を並べられたらと思っています。中途半端に古い本も持って行きます。どなたかが探している本があって新しい持ち主に手渡せたらいいのですけれど、どんな出会いがあるでしょう。


*ガター&スタンプ http://d.hatena.ne.jp/bookreviewking/

トヨザキ社長と池袋コミュニティカレッジの書評講座のメンバーがお薦めの本を持ち寄ります。トヨザキ社長による読みどころ指南付きのイチオシ本、また文学フリマで好評だった『書評王の島VOL.2』も出品予定!


*久原堂(きゅうげんどう)

私が奨める古本、自作のポストカード写真、DVD映画、こども古着などをお譲りしたいと思います。


*欠乏書房

読書の愉悦と懊悩、思索の不安と恍惚をあなたに!絶版・初版・品切・奇書・稀少本、全国的に欠乏気味な図書を中心に品揃え!愛書家による、愛書家のための、さすらいの古書店!2008春・秋に続き、3回連続3度めの出店。


*モンド部

本と美味しいものには目がない図書館司書組で、幅広く持ち寄る予定です。よろしくお願い致します。


*books joujou

品揃えは、店主の家にある本で、画集や小説、エッセーなどがメインです。自分で作ったミニコミ紙も販売したいと思ってます。店名のように(フランス語で「おもちゃ」)、どこか楽しい本屋を開きたいと思います。販売の仕方として、書店オリジナルグッズ(しおりなど考え中です)を作成して、一緒にお付けしたいと思っています。


*古本けものみち http://d.hatena.ne.jp/kawasusu/

荒川区某所の南陀楼綾繁宅にある「けものみち」。それは減らしても減らしても、次々に増えていく不思議な本の山です。今回もこのけものみちから発掘された本、雑誌、紙モノ、CDなどを思い切りよく放出します。意外なレアものが見つかるかもしれません。


*わかば屋

児童書とべんりめの実用書とあたらしめの文芸書をリーズナブルに、かつ色合いあざやかに


【旧安田楠雄邸】 http://www.toshima.ne.jp/~tatemono/page027.html

*柏舎(かしわや)

安田邸ボランティアグループの出店です。たてもの、町並み、景観、美術、工芸、ものづくり、庭園…など、会場の安田邸に似合う品揃えで参加します。


*うさぎや

洋書を含むデザイン・写真などのアート関連本、雑誌etc.


*雑本堂 http://zatuhon.com/

文庫、新書から単行本・雑誌まで、若干サブカル寄りの品揃えかも。映画のミニコミを大放出!?漫画のためし読み福袋も企画中


*ハニカム書房

10年ぶりに引っ越すことになりました。ということで荷づくりがてら、現在わたしにとっても秘境となってしまった本棚&CD・ビデオ棚の奥を発掘。何が出てくるか、正直、本人にもわかりません。去年に次ぐ参加となる今回、“2年目のジンクス”に負けぬよう、各種雑多に取り揃えた「老若男女、のぞいて楽しい一箱」を目ざし、鋭意巣づくり中です。余裕があれば、小さな手づくり〈ハニカム工房〉も併設かも。お待ちしてま〜す。


【ファーブル昆虫館】 http://www.fabre.jp/

*ぶらり文庫 http://yummy.mods.jp

図書館司書の本棚よりセレクトされた一箱です。主に、絵本、美術書、生活実用書、サブカルチャーの書籍、ファッション、料理雑誌のバックナンバー、洋楽CDがメイン。また、切り絵作家でもある店主のオリジナルポストカード、ブックカバー、しおりなど、本にまつわる雑貨類も販売予定です。


トンブリン http://imaginarybeings.com/tomblin/

「驚異の箱」と題して,博物的・ヴンダーカマー的なもの,また箱にまつわる種々を揃えたいと思います。


*アホエク堂 http://ahoaho-expo.com/

箱の中はアホな本だけ。価値のある古本をお探しの方は時間の無駄ですので素通りしてください。「こんなアホな本を誰が買うんだ?」って本ばかりですので、一冊も売れないことを覚悟して出品します。


【古書ほうろう】 http://www.yanesen.net/horo/

*フレンチ・アラビ屋 http://web.sfc.keio.ac.jp/~matsub/

モロッコやレバノン、シリアといった、旧フランス領だったアラブ地域についての本を、建築分野中心に揃えています。洋書もあります。あとは来店してのお楽しみ!


*古書 しんば

児童書、音楽、サブカルチャーなど、少しずつ出品するつもりです。


*とんち書房 http://elman-online.com/MT/

基本的には「部屋を漁ったら発掘されたもの」を中心に予定しています。お笑い関係、アニメ関係の比重が多いかもしれません。CDまたはDVD、玩具類も可能なら若干数並べたく思います。


*犀角商店 http://www.shobunsha.co.jp

まもなく創業50年の節目を迎える出版社に勤務する面々が、犀のマークの本をはじめ、その他諸々お薦め本を持ち寄って、今年も 不忍ブックストリートに参上!何が出るかは当日のお楽しみに。


*蜻蛉行 http://pub.ne.jp/terrarium/

歴史の専門書、歴史一般書、科学一般書があります。SFも若干。


紙魚の質草

硬軟取り混ぜております。


*お湯書房

SFとまんが中心に。


*山屋

古い雑誌や趣味の本などを出店しようと思っております。