Camponotusのゆっくり歩こ

2017-09-11

プロフェッショナル

自分が何もわかっていないということをわかっていること、ずっと努力ができること、それが山中さん(京大風)のプロフェッショナルだそう。

あぁ、この人はこっちの人が、となんとなく思った。

なんの脈絡もなく、ふぃっといろいろなことをやり遂げてしまう人もいる。

空間から糸を紡ぐみたいに、空から何かが降ってくるみたいに。

少なくとも、そっち側の人じゃないんだな、と。

鎖になる、っていう表現は、言葉は違えども自分がずっと自分の真ん中に置いている言葉と同じニュアンスで、なんだかほっこりした。