Hatena::ブログ(Diary)

ERTケアーハウス

2011-09-11

新ブログ立ち上げました。

 Amebaのブログにかわりました!
   http://ameblo.jp/0202ert/
                よろしくお願いしますね
   f:id:shinobu0202:20110917230128j:image:w360

2011-07-10

ERTに出会って

f:id:shinobu0202:20110710232507j:image

ERT療法を受けて1年を過ぎた頃には、息子は便のコントロールが安定して、

B医療センターで腹部レントゲンを取ったら、少し便は溜まっているが、

肺は押しあがることなく、元の位置にあり、先生も「カニ爪様の巨大結腸症特有の

写真ではなくなってるやん!便秘ぎみの普通のお腹やん!よかったね!なんかした?」

と、うれしい評価をいただきました d(*^v^*)bヤッタネェ♪

この状態なら、様子みてて良いということになりました!

喘息の方も発作がなく、牛乳・チーズ以外は給食も友達と同じものを食べるように

なり、行動も活発になりました。ERTのN先生に感謝するとともに、長い目で見て下さった

B医療センターの先生にも感謝しました。

私の方は、毎年悩まされていた花粉症が完全に治り今年は、薬もマスクもなしで、

花見を楽しむ事ができましたf:id:shinobu0202:20100709172355j:image:small:right

マイナスの感情に大きく左右されていた私でしたが、ERT療法

によって、自己を愛することを知りとても安定した感情をもてるようになりました。

そして周りの人も愛せるようになりました。人を愛おしいと思っている自分に驚き

ました。生きるのがこんなに楽しいなんて感じたことあったかしら?初めての感覚」

でした。f:id:shinobu0202:20110504024348g:image:small:right

その頃から、自分も施術者になり、多くの人が健康で幸せに生きていけるよう。

御自身の人生、自信を持って生きていけるようお手伝いできたらこんな幸せな事はないと

考えるようになりました。     ( 。・_・。)人(。・_・。 )

ERT療法の施術はじめました!

ご利用料金・・・ 来院1回2000円
           合計5回ケアーして全く効果を
           実感できない場合は5回分の
           ケアー料金をご返金致します。

         遠隔(写真)1回2500円
         遠隔(電話)1回3000円 

ご利用時間・・・ 要予約(直接お電話下さい)

         Tel 090-2353-5618

施術方法・・・・ 来院:往診:遠隔(電話・写真)  f:id:shinobu0202:20110710154605j:image:medium:right          
         (往診の場合は交通費頂きます)

施術時間・・・・ 初回約1時間
         2回目から約30分
         
 * ご予約お問い合わせには必ずお返事致します。 (*^-^*)  

2011-07-05

ERTに出会うまえは〜パート6

f:id:shinobu0202:20110706001202j:image

西洋医学では完治できない疾患は多くあります。その場合一生病気と仲良く付き合っ
ていくことを目標にしますが、NAET療法はその病気とさよならできるというのです。

NAET療法インド生まれの看護師さんが、幼少の頃からさまざまな疾患に苦しんでいました。
自ら健康問題を解明し、同様の問題で苦しむ人々を助けるために、アメリカで長く治療法
の研究を続けアレルギー疾患全般に対する今までにない有効なアプローチを開発され生まれた療法です。

日本の本部は静岡県にありますが、大阪で開業されているT先生にお世話になりました。

最初の時は、不思議な治療だな?本当に効くの?と思ったりしました。

私も(ワラをもつかむ)気持ちでしたので、週に4〜5回1年8か月程通いました。

息子は風邪やインフルエンザにかかることがなくなり、喘息の小発作が出ても、NAET

で治療すれば、薬を使わず治り、喘息の発作もほとんどでなくなりました。

便も自力で週に1回は出るときが増え、調子が良い時は3日に1回出る事もありました。

給食も少しずつ食べれるようになり、あきらかに効果ありました。

私自身の治療もしたのですが、酷い腰痛肩こりから解消され、便秘症状も忘れる様に

なりました。♥(。→v←。)♥ ~~

効果はかなりあったのですが、ある時点から堂々めぐりにはまっている感じになりました

う〜んと悩んでF先生に相談しました。先生は、「京橋にNAETじゃないけど、自己で開発

した療法をしている人がいてるらしい、行ってみる?」

私はすごく考えました。堂々巡りとはいえ、ここまで治して頂いてるし、でもNAETでは、

ここまでのような感じするし・・・・α~ (ー.ー") ンーー

3か月ほど様子みましたが、状況に変化ない為、京橋のN先生を尋ねました。

その先生はERT療法を開発された方でした。

尊敬するN先生との出会いは最悪で、振り返ればあの時私の心が怒りや憎しみ、悲しみ、

絶望でいっぱいで、恐ろしい状態だったみたいですが、よく寛大な心で受け止めて

もらえたとN先生やスタッフの方には感謝しています。

ERT療法によって私の内面に大きな

 変化が起こりだしました!(ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォン













 




 

 

2011-07-04

ERTに出会うまえは〜パート5

f:id:shinobu0202:20110704224920j:image

小1の夏休み風邪を引いて調子をくずしたのか、まったく便がでない、そんなある夜

寝ている布団に泥状便がところ狭しと、広がっていた。それが日数を開けて3回続き

やっぱり大腸の病気なんじゃないかなという大きな不安に包まれた。紹介状を作成して

もらいB医療センターへ受診することとなる。そこで出会った先生は腸の牛乳アレルギー

で、有名な先生でした。その先生は息子を診察すると

「お母さんようこの子の腸破裂させんと今まで頑張ったね!」

と言われました。この言葉で心が救われ、やっとわかってくれる

人に出会えたと思いました。\(o⌒∇⌒o)/

でもその先生の説明は、厳しい内容でした。検査でわかったのは。3日に1回浣腸してて

も便が大腸内にかなり溜り、腸が肺を押し上げ、肺が拡張できない状態である事

栄養状態がよくないが、牛乳の中の成分カゼインが腸壁にヘドロのようにこびりついて

腸からの栄養吸収を阻害し、蠕動運動ができにくくなっている事

症状から考えられるのはヒルシュスプルグ病が疑えるが、内視鏡検査するにしても小児

なので、全身麻酔でしなくてはいけない事

やっぱりな、症状からはこの病気ぴったり合うと思っていただけに怖くなった。

喘息と沢山のアレルギーがあるのに、全身麻酔に造影剤しかも血管造影!怖すぎる!

同意書にサインする勇気がでず、F先生に相談する事にした。

F先生はやっぱり造影剤はう〜んと思われたようで、急性疾患なら、待てないが、慢性

疾患なのでまだ待てるのでは、西洋医学ではないけど、(NAET)というのがあって、

時間はかかるけどやってみる価値はあるみたいだが・・・B医療センターにかかりながら

でもできるから一度してみては、と教えて頂いた。アレルギーとさよならできるらしい

私は、F先生のお勧めでなければ、信じなかったが、迷いもなくどうせダメなら最後は

腸を切るしかないなら、なんでもするぞ!という気持ちでNAET療法に飛び込みました。

F先生に相談するまで、神社に毎朝拝みに行き涙があふれ感情が抑えきれず、仕事や家の

用事で忙しくすることで、なんとか日常を過ごしていました。身体は疲れてるのに

毎日ほとんど眠れず、一人になると涙が勝手に出てくる毎日でした。f:id:shinobu0202:20110425210648j:image:small:right



























 

2011-06-16

ERTに出会うまえは〜パート4

f:id:shinobu0202:20110616203957j:image

子供が3歳にもなると、アレルギー食やアトピー性皮膚炎との付き合いうまくなり

知らない人が見ると「アレルギーあるの?」というぐらいきれいになってました!

    ものすご〜く努力してる結果なんですがね!!

その頃、引っ越しが決まり、F先生の指導の元ワックスはさけ、備長炭を各部屋ひきつめ、半年間入居せず毎日換気してから、生活をはじめました!

血液データーも少しづつよくなってきたため、食べ物も少しづつ食べれるものを

広げていきました。

ところが、3歳まで便秘ながらも自力で便を出していたのに、浣腸に頼るときが

多くなりました。いつもパンツに便が少し付着し、おなかは、布袋さんのように

張って、食欲はムラが・・・おかし??と思い小児科に受診しても浣腸して終わり

        浣腸ぐらい毎回定期的にしてる!!

人に相談したら、3歳だから大きい病院で調べなくても様子みたら・・・・

便秘なんかよくある事やし・・・・

子育て相談に電話したら、「お母さんトイレットトレーニングがんばりすぎてない?」

みなさんが、言われる通り引っ越し、保育園の転入、環境変わってるし、毎回

パンツに便が着くので、「うんちしたいのわからないの?」「どうして言えない」

「朝ごはん食べたらトイレいきなさい!」と怖い顔で叫んでたので、様子を見る

事にしました。F先生は、真菌と、牛乳アレルギー便秘と関係あると言われ、

いろいろ治療してくれてました。

5歳の終わり頃になると頑固な便秘とも不安を抱えながら自己流の観察と処置で

やり過ごすようになりました、

その頃友達と鬼ごっこをして少し走ると「休憩する」といってしゃがみこみ、

「ゼイゼイ」と肩呼吸 ( ̄□ ̄;)!!

F先生喘息あるみたい!」「呼吸器専門のH病院に紹介状書いてください」

H病院では、運動性喘息と診断されました。

いろいろな症状と戦いながら、6歳になり小学校入学!給食は中止で弁当持参

入学前にH病院と校長先生教頭先生担任先生と私とで、喘息に対しての説明の

場を設けていただきました。

小学校にも慣れ、夏休み!とんでもない事が   堯; ̄□ ̄A アセアセ f:id:shinobu0202:20110425210648j:image:small:right

Connection: close