Hatena::ブログ(Diary)

エメラルドアオキロック

2012-02-09

Akasaka.scala 31に参加してきた


今日はAkasaka.scala 31に参加してきました。その時のメモと、後で調べようと思っていたことを書きます。(Akasaka.scalaについてはこちらを見て下さい)

今日の内容はScalaの言語仕様読書会(第4章)と、Play2.0のハンズオンでした。

Scala言語仕様 2.8 リーディング

まず、言語仕様読書会ですが、今回は「基本的な定義と宣言」でした。毎回@seratchさんが前もって予習した内容を記事にして頂いているので、そちらとScala2.8の言語仕様日本語訳を中心に読み進めました。「値の定義でパターンをとる」が面白かったです。こんなのができます。

val Some(x) = Option("foo")
println(x) // foo

上記の最初の代入は下記のように展開されるようです。(コンパイラが頑張る)

val x = Option("foo") match { case Some(x) => x }

でも、この例、使うことあるんだろうか。。Optionという事はNoneの可能性があるんだし、実際こうするとMatchErrorが飛んでくる。。

val n: Option[String] = None
val Some(x) = n
// scala.MatchError: None (of class scala.None$)

この仕様を使ってTupleを返すメソッドの結果を、複数同時に束縛できるのは便利です。

def search() = (List("abc", "defg", "hi"), 233)
val (list, numFound) = search()

final valというのもありました。valが再代入不可なのに何をfinalにする必要があるのだろう、と思っていましたが、finalをつけると定数式として扱われ、Scalaコンパイラが定数へ評価できるそうです。・・・よく分からなかったのでコード書いて試してみました。final valを使ったコードをいったんscalacでコンパイルし、それをさらにJava Decompilerで逆コンパイルし、Javaでどのように表現されるかを確認しています。

元のscalaコードです。

上記コードをscalacでコンパイルしたものを逆コンパイルしたコードです。

変数v1にはfvが代入されているのではなく、直接"abcd"が代入されています。v2にはv1(実際にはv1()メソッド)の結果が代入されています。v3〜v5は比較用の非finalなvalのコードです。よく分からないのがfvの変数で、finalなのに代入されていません。これをJavaのコードにするとコンパイルエラーになるので、恐らくnullが入っています。(※Scalaではfvと書いても自動生成されたfv()が呼ばれるので、通常は問題になりません。)ホントかどうか試してみました。


nullになってますね。

Play 2.0 Scala

言語仕様の次はPlay2.0です。
Play2.0はセットアップからWelcomeページ表示までをやってみましょう、という事で、前もって準備して頂いていたこちらの記事の通りにやってみました。Eclipseを使ってみるとの事だったので、type Pで動くか心配でしたが、小さなサンプルレベルだったので何とか動きました。HOT reloadingと日本語の対応状況の確認ぐらいで時間切れでした。引き続き遊んでみて、Websocketsで何か作れるようになるぐらいまでやってみたいですね。何かできたらblog書いてみるつもりです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shinobu_aoki/20120209/1328807170
リンク元