Hatena::ブログ(Diary)

Innocent Gardenメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

*こちらにトラックバック送信する際はサイトへのリンクをお願い致します。
 リンクのないトラバは基本的に受け付けない仕様になっております。

2013-01-13

[]1/11 LUNA SEA LIVE 2012-2013 The End of the Dream 日本武道館 1/11 LUNA SEA LIVE 2012-2013 The End of the Dream 日本武道館を含むブックマーク

f:id:shinobu_k:20130112203502j:image:w360


ひさしぶりに感想レポかきますよ


続きを読む

B00ATRPFD6
WAKYO INC. SUGIZO
購入: 1人 クリック: 2回
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shinobu_k/20130113

2012-12-13 ひさしぶり

ひっさびさに更新エンダ長文かいたのですよ

[]ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q (ネタバレあり) ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q (ネタバレあり)を含むブックマーク

ネタバレしかありませんのでご注意くださいませ


続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shinobu_k/20121213

2011-09-28

[]9/26 TVアニメ「ペルソナ4」第1話先行試写会 新宿ミラノ9/26 TVアニメ「ペルソナ4」第1話先行試写会 新宿ミラノ1を含むブックマーク

久しぶりにレポとか書いとこうと思いましたよ。

モバイルサイトをチェックしてたら試写会のお知らせがあったんで「へー面白そうだなー」位の気持ちで応募したら当選してしまった的なね。アレでね…。

ここはアニメブログとかじゃないのと、さすがにトーク全部覚えてないので箇条書きでいってみますよ!トーク部分でびみょうにネタバレ感あるので畳んどきますよ。

いちおう「ペルソナ4」のアニメはこんなかんじ!

D


続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shinobu_k/20110928

2010-12-26

ひさしぶりにレポ書いたで

[]LUNACY 黒服限定GIG ~the Hory Night~ 東京ドーム LUNACY 黒服限定GIG  ~the Hory Night~ 東京ドームを含むブックマーク

f:id:shinobu_k:20101225143151j:image:h300

レポ書くの久しぶりすぎてどう書き出したらいいのかな感じでだらだら

書いてこうと思いますよ!


23〜24日のLUNA SEAがちょっと見に行けなかったので私にとって

3年ぶりにして唯一のLUNA SEA(LUNACYか)のライブでございます!

プレオーダーに外れたのですがなんとか譲って頂ける運びになり、やったー!

サンタさんからのクリスマスプレゼントやー!!的にキャッキャしながらの

お出かけでございます。


そんな感じで水道橋に着くとドキドキするくらいの黒服の皆さんに自然と

テンションもあがるってものです。この90年代ハズカムな感じとっても

心地いいですね。そして知り合いと合流し、久しぶりの気合い入れ(!)に

参加なんかしちゃうとほんとにもうリターンオブ90年代。帰って来た感

いっぱい!そうそうそう昔ってほんとこういう雰囲気だったよね!みたいな。

そんなちょっとの郷愁を思い起こしながら場内へと。

(お会い出来た皆さん、ありがとうございました!)

あ、そうそう今回けっこう外国のお客様目立ちましたね。以前はいても

アジア系の方が多かったと思うんですけど今回は欧米系の方がなんか

やたら増えてた。ワールドツアー効果って奴ですか。


私の席は1階席でセンターど真ん中です。気持ちいいくらいのど真ん中。中央

スクリーンには白地の「LUNACY」のロゴが輝いてますよ。

隣にいた方と軽く談笑なんぞしながらゆるゆる時間を過ごし、定刻を30分程

過ぎた時、ばつんっと場内が暗転し、LUNACYのロゴが真っ赤に。

途端に場内総立ちであの絶叫に近いメンバーコール。

勿論私もしょっぱから声をからす勢いでメンバーコールです。ちなみに今回、

ステージは殆ど見えなかったのでメンバーがどういう動きしてたかとか

そういうの全然わからんかったので全くレポれないのでご容赦頂きたい。


1曲目は「FATE」前2日でやってなかったという情報は得ていたのでこりゃあ

やるんじゃねえの?くんじゃねえの?と思ったら1曲目からでしたね!

勿論シャウトしながらジャンプジャンプですよ!

そして2曲目の「Dejavu」楽しくいつものようにヘドバン全開。

しかしここまではまさかこの後の怒濤の展開を予想出来る筈もなく割と

ゆるやかにいつものLUNA SEA的に見ておりましたよ。


この2曲?か次あたりでMC。MCに関してはだいぶ忘れちまったので

ナタリーとか参照して頂きたい。故に覚えてる範囲でここでは書きます。

「…(低い声で)あーそびましょっ」

客「(失笑)」

「このライブに全世界の、あらゆる国のあらゆる都市から応募がありました」

客(歓声)

「その中から選ばれたこの5万人…全員で…本気で遊ぼうぜ!!!」

最初のあーそびましょっの時はうわあ河村どうしようて思ったんですが(…)

段々、RYUの中で何かが降りてくる気配ありましたね。どんどん声が低く

なっていったりして。そして次の曲名ですよ!

「MECHANICAL DANCE!!!」


もうぎゃあああああああって感じですよね。このライブの前にツイッター

とかで「MECHANICAL DANCEやんないかなー」て書いてたんでまさか

本当にやってくれるとは!!場内のテンションが一気に高まります。

そして続いての「IMITATION」RYUの歌声が明らかに河村隆一ではなくて

RYUICHIでしたね。そして次、最初イントロで「あれ?」て思って

「え?もしかして、もしかしてもしかして!!」とドキドキしていたら

やっぱりの「Image」!!!

2nd Album「IMAGE」の中でも独特の色を放つこの曲が、今のLUNACYで

演奏されるとここまで曲の様相が変わるのか!!と驚愕しましたよね。

とにかくボトムが低くなって浮遊感漂うあの曲がすごいどっしりした存在感を

持ってオーディエンスに迫ってくる感じ。

そして「SLAVE」へと続くわけです。こちらはライブでも定番の楽曲なので

オーディエンスも弾けたように盛り上がります(ちなみに誤解ないように書くと

「Image」が盛り上がらなかったというわけではありません。みんな圧倒

されてぐっと聞き入っているそんな印象でしたよ)


このへんでMCがもっかい入った気がするけど忘れちゃったね…。いや今回は

レポ書くぞ!覚えるぞ!て思ってたんですけど帰りの小田急でうつらうつら

してたらすべて夢の彼方へ消えて行ったよね…。

そんなわけで次は「BRANCH ROAD」!!!!このへんからRYUのボーカルが

更に深化して行く印象を持ちましたね。まさかの選曲に驚喜するオーディエンス。

途中のブレイクはほんとすごくかっこよかった!ブレイクして一瞬の

静寂、SUGIZOを呼ぶコール、再び始まる演奏。「IN FUTURE」でも

そうだけれどのこの流れはほんとうにアガりますね。そしてここで特筆すべきは

SUGIZOのギター!この曲でのSUGIZOのソロはほんと異次元だな!この人

おかしいな!ていう印象。もうどう弾いてそんな音出してんですか!!と

問いつめたい感じ。SUGIZOさんまたギターうまくなったよね。

続いては「SANDY TIME」ここでもSUGIZOさんのソロががっつりごっつり

炸裂するわけですけども、私的には「SANDY TIME」はJさんのベースを

堪能しようよ!タイムですよね。やべーJさんかっけーかっけーかっけー!

ああいう同じリズムを淡々と刻むのが好きなんね(しみじみと)


で、このSANDY TIMEをうけてわたしはてっきりこのままミディアムゾーンへ

流れて行くのかな〜なんて事を思っていたのですけどもそんな浅はかな予想は

「SYMPTOM」で思いっきりカウンターを食らう訳です。

もう!まさかの!まさかの「SYMPTOM」!!ほんとうにこれは予想外すぎた。

iTunesLUNA SEAをランダムで聞いててぼんやりと「SYMPTOMとか今の

メンバーでやったらすげーカッコいい事になるんじゃねーの」みたいな事を

考えた事はありましたけど、まさかこの21世紀に!最新型のLUNACYの

演奏で聞けるなんて思いもしなかった!

その演奏はまさに想像以上でしたね。「SYMPTOM」って実はわたし長い間

「IMAGE」の中ではなんか苦手だなーて思ってたんですけど、この

「SYMPTOM」のかっこよさはもうわたしの稚拙な文章力では到底表現

できませんよね。とてもこれが1992年の曲とは思えない。全然今でも

通じてしまうでしょう!?という感じ!素晴らしかったですね。

そんな私の驚きも覚めやらぬまま次の曲で更に場内はどよめきに包まれます。


なんとまさかの「SUSPICIOUS」!!!

思わず絶叫ですよ。まさかCD化されていない、楽曲としてはDVD/VHSの

「IMAGE or REAL」でしか聞く事ができない曲をここで披露するとは。

こういうファンの想像の斜め上をいとも簡単にひょいって行くのがLUNA SEA

でしたけど、いやもうびっくりだよ。この21世紀に「SUSPICIOUS」とは…

(21世紀言いたいだけ)

そして「SUSPICIOUS」から「SERCH FOR REASON」へ。個人的には今回で

最大のポイントがこの「SERCH FOR REASON」でした。

ライブで聞くのは1999年のGLAYとの東京ドームでの対バン「Millenium Eve」

以来です。あの時も驚かされましたけども(ふつう対バンであんなマニアックな

曲引っ張ってこないよなー)

今回も驚かされましたよね。とにかくこの曲でのRYUICHIが壮絶だった。

鬼気迫るシャウトには場内の温度が一瞬下がったようにも感じられるくらいで

明らかにRYUに何かが「降りて」きていた。ほんと息をするのも忘れるくらい

ただただ見入っている事しかできせんでしたよ。ほんとRYUの真骨頂でしたね。


流れは真ちゃんのドラムソロへと。久しぶりの真ちゃんの「もっと来いよお!!」

「真矢ー!!!」の流れはやっぱりいいですね。そしてこの時始めて

画面に映った真ちゃんがビジュビジュしてんのに気づいてびっくりしたよね。

あれ、真ちゃん髪立ってる?!ていうかその赤いエクステなんじゃああああ的な

(後日、ナタリーとかで上げられたみんなの写真みて更にびっくりしたのは

ここだけの内緒だぜ!)

真ちゃんのドラムソロ終わりでJさんのベースソロへと。割れんばかりのJコールを

受けてちょっとだけ「BACKLINE BEAST」の最初の方弾いてた気がするけど

気のせいかもしれん。しっかしやっぱりベース弾いてるJさんは吐きそうなくらい

くそかっこいいですね!!!!JさんかっこいいよJさん!

J「東京ーーーー!!!」客歓声

J「俺達もだいぶイカれてる(ウィスパーで)けど…

お前達もイカれてんなぁっ!!オイッ!!」

最初の「イカれてる」のウィスパーて「チッ、セジュンめ…」て思ったのも

キミと僕の秘密だよ!!!

そしてその後でしたっけ、なんか客席をひょいーと煽ってましたけど実は

私の位置からほっとんどJさん視認できなかったから今どのブロック

煽ってんのかよくわかっていなかったですよね。そしてそのひょーいて

腕あげる仕種は正直ちょっと微妙だったね。セジュンかわいいよセジュン。

J「行けるかー!!(大歓声)行けるかー!!(大歓声)行けるかー!!!(大歓声)」

のこの煽りを受けてメンバーが登場し、イントロを。

もうそのイントロだけで絶叫だしガッツポーズでしたよね!

そしてRYUICHIのいつもの曲名コールが


RYUICHI「BLUE TRANSPARENCY……」


ブルトラきたあああああああああああああああ!!!!!!!

もう聞きたくて聞きたくて聞きたくて聞きたかったよ!!ブルトラ!!

もうしょっぱからヘドバン全開ですよ。もちろんサビの

「BLUE TRANSPARENCY!カモン!!」\BLUE TRANSPARENCY!!/の

掛け合いも健在です。ほんとブルトラ大好きですよ。大好きだよ!ブルトラ

(2回言った)

もしかしたら聞けるかな〜?とある程度の予想はしていたもののやっぱり

実際にやってくれると嬉しいねー!


こっからは後半アガりっぱなしのメニューです。続いては「SHADE」!これも

1999年のCAPACITY∞以来ですよ!なんとなく自分の中で今まで行った

LUNA SEAのライブの思い出なんかも掘り起こされてかなりグッと来る展開!

そしてまさかの「CHESS」きたああああああああああ!!!

この曲、ライブ始まる前に談笑していた隣の席のお姉さんが

「できれば『CHESS』とかやってほしいんですよね〜」て仰ってて、

(ちなみにその時わたしは『MECHANICAL~』が聞きたい的な事を

喋った)ああ、お姉さんの願いも叶った!となんか自分の事のように

グッと来ましたよ!「IMAGE or REAL」のDVD見ながらこの客の

\CHESS WAR SEE!!/やりてえなあ〜と思ってたのでとても

嬉しかったですね!(やりきった表情で)

しかも原曲も相当BPM早いですけど、原曲とほぼ同レベルで早かったね!

おまえらもう四十路なのに頑張るな!!!


この付近ですっごいかるーくメンバー紹介があったような気がします。

最後の「ボーカル、RYUICHI」て自分でささっと言うのが可愛かったですね。

あと「LUNACYはウイルスです。全世界に伝染していきます!」てMCは

どこだったけ。実はこのへん最初よく聞き取れなくて「なんでウイルス?」て

思っていたんですけども、あのe+のプレオーダーでサーバダウンさせた事に

触れてたんですね。


場内十分にアガりきった所で更に「TIME IS DEAD」!これに関しては特に

あえて書く事もないでしょう。場内盛り上がらない訳ないでしょう。

みんな大好きTIME IS DEAD。

\TIME IS DEAD!! WORD IS DEAD!!/の掛け合いが大好きです!というか

ふと思ったんですけど初期曲ってけっこうこういう客と掛け合う曲多いね。

RYU「precious...!!!」

曲名コールで「precious...」あのオーディエンスの「あーの時にはー」の

後みんな一瞬迷ったりわちゃわちゃして「(もど…?かえ…?)かれーれないー」て

なるあの瞬間がなにげに大好きです(笑)

(説明:「precious...」のこの部分はRYUICHI先生によって「戻れない」に

なったり「帰れない」になるのでいつもオーディエンスを戸惑わせるのである)

わたし的には「precious...」で本編ラストかなーと思っていたらばここでMCが

「5万人の…選ばれたみんなに最後にこの曲を送ります…」

そんなMCに導かれた曲名はまさに今回のライブ最大のサプライズといっても

いいのではないでしょうか?


「…NIGHTMARE」


あの時の場内のどよめきは忘れられない。私もその曲名には

驚きが隠せなかったですね。ほんとうにまさかの、まさかのNIGHTMARE!!!

デモテープにしか収録されていない未CD化曲ですよ。そしてがっつり

ライブに行けるようになったのが1998年以降だった(それまでは年1

規模でしか行けなかった)私にとって正真正銘初めての「NIGHTMARE」です。

そして私にとってはなんとなく"「NIGHTMARE」を聞いた事がない"という

事実はちょっとしたしこりというか、勿論聞いた事がない人なんて沢山

いらっしゃると思うんですけど、やっぱり「もっと早くライブいっぱい

行けてたら名前しかしらない『NIGHTMARE』を聞く事ができたのになあ」て

思いはずっとあったんですよね。そして私がこの曲を聴く事はおそらく一生

ないのだろうなとも思っていて。

そんな私にとってこの「NIGHTMARE」はほんとうに奇跡というか、最高の

クリスマスプレゼントでした。今までずうっと心の奥底で抱えていたしこりが

きれいになくなっていくのを感じましたよね。まさに感無量。

そしてこの曲のJさんのプレイが信じられないくらいにかっこ良くて

「ああああJかっけーなくそ!くそ!くそ!!」てすごい萌えたよね!

最後の最後がJのベースで終わるとかくそかっこ良過ぎるじゃないですか!


そんな大きなサプライズで本編終了。すぐさまアンコールの手拍子がかかり、

場内でゆるやかーなウェーブが。ほんとゆるやかすぎて途中なんとか途切れたり

しましたな。しかも一度両方向からウェーブ起こって合流地点で相殺されたのは

吹いた。ウェーブって相殺されるもんなんや!!


そしてメンバー登場しアンコール1曲目は「ROSIER」

正直に書くとこのセレクトには「あ、『ROSIER』とかやるんだ…」て

感じはありましたね。この選曲にはわりと賛否両論あるみたい

ですけど、私前2日間行けなかったんでこの「ROSIER」でLUNACYでなく

LUNA SEA分を補給した感じで結果オーライであった。なんとなく

ネットを見ると「代表的な曲(「ROSIER」とか)しか知らないけど

無料で見れるっていうのなら行ってみたいな!」というLUNA SEAへの

入り口として見に来て下さった方も沢山いらっしゃって、そういう方には

本編の展開は逆に敷居が高くて萎縮されてた方もいたかもしれないんですが

(実際そういう意見も散見されました)そういう方にとってはこの

「ROSIER」は嬉しかったんじゃないかなあと思うんですがどうか。


で、ここまではすっごく楽しく楽しく見てたんですよ。久しぶりだしちょっと

泣くかな〜と思ってたけどそんな事もなくこのまま楽しく終わるかなと

思っていた時、RYUICHIがMCを始めたのですよ。正確には覚えてないので

うろ覚えですがご容赦願いたい。

LUNA SEAは10年…いや20年…とっても大きなバンドになりました(歓声)

けれど…いつしか俺達は自分たちの手足の大きさがわからなくなってしまいました」

この瞬間、わたしの中で多分知らずに心の中でしまい込んでた何かがパアンと弾ける

感じがありましたね。この後もMCは続くんだけどちょっと覚えていなくて

「僕たちの…最後の曲を…みんなに…」


「MOTHER…」


スネアが鳴り、ギターが奏でられた瞬間、私の涙腺は一気に決壊しましたね。

LUNA SEAが終幕していた約10年間やいろいろな思いがなんだか一気に

RYUのMCによって溢れ出てしまった、そんな感じです。

MOTHERはいつもグッと来る楽曲ですが今日は一段と心に響きましたね。

ちゃんとした文章書くのかなり久しぶりでうまく言葉に置き換えられないのが

ちょっと歯痒いところですよ。

「MOTHER」は照明効果もいつも素敵なのでそれら全体を1階席のセンターから

ただただ見守っていました。ほんとうに美しかった。


最後、

「また、いつか…今度は別のLUNA SEAでみんなと一緒に遊ぼうね」

「それじゃ、5万人のこの場で初めて顔をあわせた仲間達と一緒に…」

隣同士の方々と手をつなぎます。この瞬間はほんと変わらないよね。見知らぬ

人達とひとつになれる瞬間。

「じゃあ、一斉にいくぞ!!!」


ジャンプ!


晴れやかな笑顔でみんな拍手。いつもと変わらない素敵な光景が広がります。

終演し、各自メンバーがスティック投げたり、SUGIZO先生が下降りたり?

(降りてたよね?記憶違いだったらすまん!)

Jが「かっこよかったぜ!!!」て叫び、SUGIZO先生が「さいっっっこうに

愛しています!」といってお辞儀。そして流れるエンドロール。

LUNA SEAのライブの最後はこのピアノアレンジのせいもあるんだろうけど

なんかちょっとすごい切なくなるね。楽しかった満足感ともう終わってしまった、

という感情がないまぜになりますよ。


そんな感じで!今回ほんとライブ行けて良かったです!

ほんとうにLUNA SEAていうバンドの凄さを見せつけられたし、やっぱり

私はLUNA SEAてバンドが好きなんだ!!大好きなんだ!愛してるんだ!て

いうそういう思いを改めて感じました。

私に取ってLUNA SEAのライブは今年最後、神戸には行けないんですけども

行かれる方はどうぞお気をつけて、素晴らしい新年をLUNA SEAと共に

迎えて下さいませ!


そしてほんっとーにひっさしぶりにレポ的なものを書いたんで元々ない

文章力が更にアレな事になっていて申し訳ない!

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました!!!!

12/25 set list 12/25 set listを含むブックマーク


FATE

Dejavu

MECHANICAL DANCE

IMITATION

Image

SLAVE

BRANCH ROAD

SANDY TIME

SYMPTOM

SUSPICIOUS

SERCH FOR REASON


Dr solo

Bass solo


BLUE TRANSPARENCY ~限りなく透明に近いブルー~

SHADE

CHESS

TIME IS DEAD

precious...

NIGHTMARE


(EN)

ROSIER

MOTHER

seisei 2010/12/30 11:09 下に降りたのはINORANです!
ものすごい勢いでスタンドから見てびっくりしました。
上手も下手もファンとハイタッチしながらだったそうです。
うらやまし!

cherry_ndccherry_ndc 2010/12/31 03:49 SUGIZO先生も上手で降りてましたよー。
二人とも超笑顔でハイタッチしてて、すっげぇイイ顔してたのが目に焼き付いてます。

shinobu_kshinobu_k 2010/12/31 21:36 まとめレスですいません!コメントありがとうございます!
つまりギター二人とも降りちゃったわけですね!うおーマジでか!
特に井上下りるとか1000年にあるかないかの奇跡じゃないですか
ハイタッチいいなあ!ちゃんと見たかったですよ。
みなさん教えて下さりありがとうございましたー!!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shinobu_k/20101226

2010-11-10

twitterでも呟きましたけどLUNA SEAちゃんの

ワールドツアーのどこかしらをUst生中継とかして

くれたらいいのになーとか思っていますよ。

(10年前のASIA TOURもたしか配信してましたよな)

河村先生、ミュージカル「嵐が丘」出演決定! 河村先生、ミュージカル「嵐が丘」出演決定!を含むブックマーク

ミュージカル「嵐が丘」2011年7月出演決定!!

『愛しているから、復讐する。』

今まさに多くの人が愛を求め心の中で運命の人をさがしています。

愛するとはどういうことか?

「嵐が丘」は純愛、エゴ、すれ違いや誤解、愛するがゆえの復讐劇です。

東京公演:赤坂ACTシアター

大阪公演:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

原作 エミリー・ブロンテ

演出 西川信廣/脚本 飯島早苗/作曲 倉本裕基

【CAST】

ヒースクリフ 河村隆一

キャサリン  平野綾/安倍なつみ(Wキャスト)

エドガー   山崎育三郎      and more


※RKF先行予約のご案内を12月下旬頃に発送の予定です。

 発送日が決まり次第、改めてご案内致します。

ミュージカル「嵐が丘」オフィシャルサイト

http://www.umegei.com/s2010/arashigaoka.html

舞台「ミュージカル CHICAGHO」で高い評価を得た河村は、主役のヒースクリフを演じる。ヒロインのキャサリン役は、声優や歌手として活躍する平野綾(23)と、歌手の安倍なつみ(29)がダブルキャストを務める。平野は初舞台にしてミュージカル初挑戦となる。

ページが見つかりません - SANSPO.COM

河村先生、最近ミュージカルづいてますので主演の件に

ついては「またやるんだ」という感じなのですが

声優の平野綾さんと共演ですって!共演ですって!

最近なんだかなにかと話題のあーやさんと河村先生が

まさか仕事上で繋がるとは!21世紀おっかねえ!

めも めもを含むブックマーク

このアルバムでは、90年代にヒットしたヴィジュアル系ロック(=V-ROCK)の名曲を、2000年代に活躍する若手バンドがカバー。X JAPANBUCK-TICKLUNA SEA、GLAY、SOPHIA、PENICILLIN、SHAZNACASCADESIAM SHADEDIR EN GREYの楽曲を、12012、ドレミ團、摩天楼オペラ、少女-ロリヰタ-23区、DaizyStripper、heidi.、Mix Speaker's, Inc.、MERRYなど15組が新たな表現で現代によみがえらせている。

とのことでして収録曲は以下の通り

・12012 / Winter, again(GLAY)

・アンド / ロマンス(PENICILLIN)

ドレミ團 / 街(SOPHIA

・摩天楼オペラ / 紅(X JAPAN

・少女-ロリヰタ-23区 / STORM(LUNA SEA

・BugLug / Melty LoveSHAZNA

・D / 月下の夜想曲MALICE MIZER

・DaizyStripper / With-you(La'cryma Christi)

・DOG inTheパラレルワールドオーケストラ / 夢より素敵な(Raphael)

・DuelJewel / JUPITER(BUCK-TICK

・heidi. / ピンク スパイダー(hide with Spread Beaver

・LOST ASH / ENDLESS LOVE(D-SHADE

・Mix Speaker's, Inc. / S.O.Sロマンティック(CASCADE

・MERRY / Schweinの椅子(DIR EN GREY

・NoGoD / 1/3の純情な感情SIAM SHADE

LUNA SEA担当は少女-ロリヰタ-23区なんですが正直

名前しか知らないバンドなのですごいなんのコメントも

できないでございますの。heidi.とMERRYはなかなか

よさげになりそうな気がしますねー。しかしこの企画結構

危険な気がするけど(賛否両論的意味で)よく

通しましたね…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shinobu_k/20101110