shinogi-dentalの日記

2018-05-15 最近のデジタルカメラ

つい数日前ですが、新発売のカメラの撮影に行ってきました。

出版社とフジフイルムとの企画でフジが開発した新しい中盤カメラの試し使いです。ボディーとレンズで総額200万程度の新品を5月28日まで3週間ほど貸してくださることになったのです。

カメラは。FUJI50GFX、5000万画素33mm×44mmのCMOSセンサーです。しかもミラーレスです。

何がすごいといえばその描写力です。花を撮影しましてもどれだけ拡大してみてもそのシャープさはすごいです。

露出も非常に測りやすく、白トビもなく、露出による失敗がまずないのです。

残念なのは、まだ望遠系のレンズが1本しかないのです。よっていろんな状況での撮影にやや難点があります。

デジタルカメラの進化は今やすごいです。

ただ、メーカーを変えてカメラを購入すれば、レンズも買わなければなりませんので多額になりメーカーを変えての機種変更は躊躇します。

50GFXでの作品をアップします。

Web用に圧縮してありますので、私の感想通りの写真ではないことお断りしておきます。

f:id:shinogi-dental:20180515230621j:image

緑色もきれいな描写力があります

f:id:shinogi-dental:20180515230715j:image

120mmマクロ使用です、自分で見た目のリアル感があります。

f:id:shinogi-dental:20180515231133j:image

マクロ撮影です。後ろのボケもきれいです・

f:id:shinogi-dental:20180515230905j:image

棚田の朝の風景です。太陽が白トビせず、ハーフNDも使わなくても空の色が出せます。

2018-04-09 早すぎた桜

今年の桜は、本当に早く咲き始めそして早く散ってしまっている。昨年もはやかったが、今年は昨年よりも少し早かった。

今年の桜シーズンは雨が降らずにずーっと夏日が続いたため、桜以外の花も一斉に咲き始めたようです。

花桃もすでに咲き始め、木々の新芽が芽吹き新緑が始まろうとしているくらいです。

結局、桜の撮影は1回しかできなかったのです。

これだけ、夏日が続くとどこかで帳尻合わせはするもので、ここ最近は少し寒く、木曽地方では、昨日雪が降ったのです。

桜と雪のコラボはなかなか遭遇しません。

自然界は本当によくできています。

f:id:shinogi-dental:20180409215722j:image

春分の日に雨氷に遭遇しました。霧氷ではなく雨氷です。

f:id:shinogi-dental:20180409215757j:image

少しアップした撮影です

f:id:shinogi-dental:20180409215831j:image

マクロで撮影です。これは雨が凍ってできたものです。

f:id:shinogi-dental:20180409215914j:image

これは、家の近くの竹林と桜の写真です

2018-03-12 春が来た

寒いと言っていた冬は過ぎ去り春を感じる今日この頃です

空気は冷たい朝はあっても、太陽の緯度が高くなっているためそこまで寒さは感じません。

でも、今年の梅は少し遅いようです。それだけ冬が寒すぎたのか。

桜はどうかといえば、おそらく例年より少し早くなる気がしそうです。

もうすぐ桜を追って撮影する時期がやってくるのです。

3月になれば、いろんな花も咲きます。梅、モクレンミツマタカタクリ、一気に咲き始めるでしょう。

f:id:shinogi-dental:20180312223058j:image

梅の多重露光撮影です

f:id:shinogi-dental:20180312223212j:image

水面の梅ですが、梅は山間部に多く水面ではあまり見かけません

f:id:shinogi-dental:20180312223331j:image

木漏れ日の中の白梅です

2018-02-12 今年も既に2月中旬

寒いと言いながらもすでに2月中旬。そろそろ三寒四温といった言葉が気象予報で出てきそうです。

日本海側は大雪ですが、太平洋側の山間部はやはり例年より積雪量が少ないです。

3月に入れば奥三河でも梅の撮影ができます。自然は人間の都合など考えず当たり前のように季節は訪れ去っていくのです。これだけ撮影しても、もう一度撮影したい風景があっても同じ風景は見れないことが多いです。本当に自然風景との出会いを感じます。

f:id:shinogi-dental:20180212163956j:image

木曾での滝の撮影で、しぶきが凍った状態です。

f:id:shinogi-dental:20180212164050j:image

これは別の滝ですが、しぶきが凍った滝をしようと思っても、イメージしたように凍ってくれません。

f:id:shinogi-dental:20180212164226j:image

そろそろ、ネコヤナギも芽を吹き始めます

2018-01-19 今年の冬

今シーズンの冬は何だかおかしな気候です。

写真を撮っていると前年度の気象条件を比較しながら目的とした

撮影地にいくのですが、昨年末12月は異常に寒く信州の池の氷が小生の予定より早く全面結氷してしまったのです。平成28年12月〜平成29年1月の冬はこれまた、例年より暖かく、池や湖が中々凍らなかったのです。

昨日は、御嶽麓の自然湖に行ってきたのですが、道路は殆ど雪が無く、昨日は3月並みの気候で熱いくらいでした。一方日本海側では大雪に見舞われているのです。

この自然湖も昨年末に行ったときは,全面結氷になっており撮影に不向きな状態でした。

昨日は、すでに溶け始め氷も割れていました。来週は、又すごい寒波がやってくるようです。何か気候が一定しておらず、撮影地探しに迷ってしまいます。

一昔前は、こんなに極端な気候ではなかったような気もします。

f:id:shinogi-dental:20180119221652j:image

豊田市での撮影です。氷の撮影はその透明度が大切です。透明度のない氷はダメです。

f:id:shinogi-dental:20180119221626j:image

自然湖での撮影です。年末まで真っ白に全面結氷していたのが昨日はこのようです。

f:id:shinogi-dental:20180119221553j:image

氷が解けると、面白い模様を見せてくれます。

f:id:shinogi-dental:20180119221529j:image

こんなにも溶けているのです。恐らく来週の寒波で再度結氷するかと思います

Connection: close