Hatena::ブログ(Diary)

0mb このページをアンテナに追加

follow me on Twitter


書評リスト 書名順(未完)
書評リスト 著者名順(未完)
映画レビューリスト
漫画購読リスト
 

2010-12-16-Thu

[]JCRC最終戦兼第2回特別戦(KWMAX)inNATS

今年最後レースに参加してきました。個人TT、個人戦のほか、twitterでメンバー募ってTTTとチームエンデューロも。まー昇級もポイントもかかって無いし、お祭りみたいなものだし、抽選会でいいもの当たるかもしれないし、年間表彰で4位でなんかあるだろしね*1

5時に@kohasaさんをピックアップして一路NATSへ。暗い中到着し、適当に車を止めるとなんとコースのすぐ裏で、受付にも近い位置をキープ。最初は真っ暗だったのでよくわからなかったけど、これはラッキー適当に準備をしていると、続々と集まってくる。閃風脚のみなさんや、オヤジ朝練、Yのみなさんなどなど。今日のために用意しておいたPBKのエアロスーツと、初着用のエアロメットを出してレースに備える。

ITT:PMないけど、1kmなのでとりあえず頑張って踏むが、試走ではコースの感覚をつかみきれておらずかなりロス。1:40というしょっぱい結果に。@zaikouさんはさすがの3位。

TTT:@zaikouさん、@kohasaさんとエントリー。二人はエアロスーツエアロメットという超やる気仕様だけど、3人で一緒に走るのは実は初めて!当然練習なんかして無いので、適当な作戦と先頭交代でやり過ごすも、3周目のラストの登りで私が遅れ、二人に先行してもらう。それでも5位かと思ったら、誤報で7位だった。くそうw

個人戦:スタートで前の3人が頑張るので、気持ち追いかけつつ後ろに先頭交代を促すけど誰もかわってくれないので、そのまま逃げてもらった。1周目終わりのほうでは先頭交代が組織され始めたので後ろに下がってさぼる。途中、逃げの1名が落車。その後2人にも追いつくが、入れ替わりで@kohasaさんが飛び出す。追いかけたかったなー。この逃げも吸収され、9周目でじわっとペースを上げて前のほうへ。ラストラップバックストレートで先頭とって最終コーナーに入ろうと思ったけどかぶせられて撃沈。もう何秒か踏み切る力があれば……。あとは安全に流してゴールへ。

表彰式:年間表彰は3位まで表彰だったので、実は4位はいらない人でしたー!そして、Zクラスにいたっては表彰なし。@frekzhrさんお疲れ様です。

チームエンデューロ:昼ごはんを食べてまったりムードだったが、自転車に乗ったらそれなりにやる気に。@kohasaさん、私、@zaikouさんの順番でつなぐ。@kohasaさんが先頭集団のまま交代、しばらく1人TTだったが、後ろから追いついてきたアスタナジャージの方と頑張るもついていけず。その後は閃風脚の方と回し、30分のところ25分でアンカータッチ。@zaikouさんに任せちゃったけど、なんと6位入賞。チーム戦も楽しい

TTTもエンデューロも楽しかった。チーム全体で作戦を考えて挑むというのははじめてだったけど、来年は機会があればぜひ出たいな。個人戦は冴えない結果だったけど、エンデューロで入賞し、今年最後レースはきれいに締めくくれた。来年も頑張ろう。

あ、記事に書いて無いけど、西湖は行きましたよ。行っただけですが。

*1:この目論見が甘かったことはあとで発覚する

2010-10-19-Tue

[]アートスポーツ杯100Km in群馬CSC兼JCRC第9戦

参加してきた。レース自体は本当に参加してきただけで、もう散々な結果だった。

と言うのも、レース1週間くらい前からずーっと体調が悪く微熱がひかない状態で、練習もまったく出来なかった。9日ぶりにロードにまたがっていきなりレースというのも無理があるし、無茶が出来そうになかったのでスタートラインに立てればよし、半分走れれば御の字という程度で走った。

レースがはじまってすぐ、まったく集中力がなかったので後方待機をし、2周目でちぎれ一人旅。チームYの人と一緒に走ったり、ほかのクラスの後ろについたりしながらも、平坦区間は流して、登りは少し頑張って回した程度。心拍が上がりきっていないのに気持ち悪かったものの、なんとか7周走ってDNF。脚も重たかったしこんなものでしょう。

その後、自分の出てたはずのレースを応援したり、午後はほかの方々の応援をしてすごす。距離の長い周回レースだから応援のし甲斐があって楽しかった。一応頑張れそうなときのために用意していったショッツ&フラスクは@0rkenさんに使ってもらった。無駄にならなくて良かった〜。

今年のレースは残すところ二つ。西湖とNATSだけど、平坦でスプリント勝負だから入賞を狙うよりも課題を持って積極的に走って経験を詰みたいところ。玉クリも出ようかどうか考え中。不完全燃焼ながらも楽しいレースでした。

2010-09-22-Wed

[]第6回スポニチ塩原温泉ヒルクライム兼JCRC第8戦in塩原温泉(ヒルクライム)

とりあえず参加してきた! 28位だった! 以上!

続きを読む

2010-09-06-Mon

[]第58回秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会クラス

公道レースということで参加してきた。2週間前やってしまった修善寺での落車ダメージはようやく抜けたかなーというところ。でん部と胸部の打ち身で、L5とかL6くらいでがつっと踏むと体が痛いという状態が続いていたうえに、この2週間で一切登りを走って無いので、完全に練習気分。もうひとつ不安要素としては、もらい落車後、カーブが怖いので下りカーブがこなせないだろうなーということ。JCRCとメンバー違うし楽しそうなので走るだけ走ってきた。ただし、今回は送迎付きで移動はラクラクー。

当日。駐車場に止め、とりあえず一周試走想。ラバネロの二人に混ぜていただいてコースを教わりながら走る。登りでちょっと踏んでみるけど、うーん、全然踏めない。打ち身の痛みが消えたから、「さら脚で頑張れる!」とか思ったけど、やっぱり無理だよなー。出来る限り上位完走という狙いに、完全に切り替えて挑む。

ミューズパークに移動し、@Zaikouさんとヒマをつぶしながら受付。集まってくる知り合いに声をかけつつ、適当なところで秩父駅へ。受付と出走サインが別なのはいいけど、受付で荷物渡されても困る。ミューズパークに車を止めて無い人は大変だったと思う。駅前で待機しているうちに人がどんどん増えてきて開会式へ。暑いので日陰で涼みながら耐えてたけど、長い……。役員のおじいちゃんたちは大丈夫だったろうか。役員席は日差しをさえぎるものがなく、とても暑そうだった。

さて、Bクラスの要注意は当然ながらタマレンジャー「た〜ぼ〜」くんという若いの。川越のXでは見事にちぎられたし、前回の修善寺Cでも見事優勝してた。この辺の情報を@0rkenさんあたりに流しておいて頑張ってもらおうと思ったけど、タマレンジャージャージがいない。あれ?未出走?とか思ったら、黒ワンピかよ! いつものジャージじゃないし! パレードスタートあたりで気が付き、ちょっと歓談。ホイールLIGHT WEIGHTで気合も十分。ワンピースでポケットが無いので、補給はトップチューブにテープ止め。なるほど。参考にしよう。パレードランの中ほどから、するする〜っと前のほうに位置取りするのをお見送り。twitter仲間もしっかり前のほうにいるけど、今回自分は中ほどからスタートでせめて最初の登りは切れないことを目標にしておく。

さて、パレードラン後はさくっとスタート。沿道の応援も多く、道も広くて雰囲気は三宅島のレースに似てるかな。がつんとした登りも三宅島っぽい。スタート直後の登りからまずまずのペースで集団が突っ込んでく。勾配の緩急で周りのスピードが上下してちょっと危ないけど、集団の左後方を陣取って先頭にいる@Zaikouさんの背中を眺めながらくっついていく。しかし、@Zaikouさんのオレンジジャージは目立つ。目標にちょうど良い。登り終わって問題の下り。こええーー。修善寺では問題なかったのに、ペースあがって、コースレイアウト覚えてなくて、集団でラインがよく見えなくてめちゃめちゃ怖い。なんか危なっかしい人も混ざってる。バイクを倒そうとすると、ちょっとビビッてしまってまったく前についていけなかった。自分が落車の原因になると申し訳ないので、左側でラインキープでゆるめに下る。当然びゅんびゅん抜かれていくけど、まぁしょうがないよね……。@u2hさんが安定して安心できる感じだったので、途中から目標にさせていただく。2個目の短い登りもこなして、平坦路にでたころは集団はおそらく結構先。その辺にいる同じクラスの人を集めて、適当に先頭交代を始めるけど、なかなかうまくまわらなかったなー。5秒くらいでさくっと変わってくれればいいんだけど。

そのまま残りの1.5周は、前からこぼれてくる人を吸収したり、後ろから誰かが追いついてきたり。@ganajunさんとも合流して、そこそこなペースで走っていく。ゴール地点では誰かが声をかけてくれるし、登りも応援がたくさんで走り甲斐がある。自分に対するものじゃなくても、声援があるレースって楽しいよね。登りではたんたんと自分のペースで踏んで、少し前にいる人たちに追いつき、下りで遅れ、平坦で取り戻すという繰り返しでゴール。たぶん40位くらい、と思ってたら大体そんなものだった。Bクラスの1位は予想通りだが、ほかに@0rkenさんがしっかり入賞。Aでは@akirasekさんが見事3位。やっぱりみんな強いよね。落車を言い訳にしないで、練習しないといけないというのを再確認して、早々と撤収。会場がとても暑いんだもの。。。

さて、次はアートスポーツ杯Dクラスだ。1ヶ月あるし頑張ろう。塩原は出るだけですから〜。

2010-08-22-Sun

[]JCRCシリーズ第7戦in日本CSC(修善寺)(右周り)

猛暑!暑くなれ!耐久レースになれ!と呪いをかけたら、誰かから呪い返しを食らったようで散々な目にあってきた。

朝はいつもどおり@maru_ccさんをピックアップして、レースの展開とか調子とかを話しながら一路伊豆へ。今回は道にも迷わずさくっと到着。出走も7:50分ごろと結構早いタイミングのため、到着後すぐに準備、二週ほど試走をしたらもう整列。途中でオヤジ朝練のチームジャージかつD1のメットカバーをかぶった@kazui_jpさんとは初顔合わせをしたりした。ダブルボトルにしようか迷ったけれど、下りが涼しいのでボトルは一本で行くことにする。1時間なら何とか持つかなという計算だったけど、この計算があってたかどうかは結局わからずじまい……

Z、Cクラススタートを待ち、いよいよD1へ。スタート前に心拍140などというかつて無い記録をし「緊張してるけど、試走でわりと踏めたから武者震いということにしておこう」などとごまかす。D1は自分のほかにはいつもの@maru_ccさん、オヤジ朝練の@kazui_jpさん、Cinqoユーザーの@kohasaさん。野次や周りの声援を聞いていると、数名ほどDクラス詐欺がいるらしい。それはそれ、と流しつつスタート。って、最初の登りで400wattくらいでがんがん踏まされる。こんな速いのはせいぜい1週目とラストだろうと思いつつ、適当に集団に身を潜める。下りもがんがん飛ばしていくので、自分が下手なことを意識しつつ、ラインキープ。ゆるくてながーい登りあたりで、自分で確認もこめて、@kazui_jpさんと速そうな4名の情報を交換したり。クレヨンしんちゃんジャージと、チームCB、L'ottimo、WE LOVE O2あたりだったかな? 2本目の下りは怖くない。前の様子を見つつ順当にラストの登りをこなし、2週目の最初の登りへ。この時点で先頭集団は10人ほど。中切れしそうな人をパスして、下りに突入。左に大きく曲がりつつ前走者との距離を見てたその瞬間、ずるっと前走者のリアが横滑り。赤いロードと人がバラバラに吹っ飛んでいき、何かをしようと思うまもなく、そのまま衝突。衝撃があった次の瞬間は空が見えて、笛の音が聞こえてた。

あとはもー痛い痛い。左のでん部を強く打ったらしく、しびれてて立ち上がるのもままならない。そもそも左足が動かない。コース上で邪魔になっていたのはわかってるので、引っ張られ、這いながらコースの外側へ移動。本当はインのが良かったんだろうけど、頭など働かない。大丈夫ですか?と言われても、痛くて「痛い!」としかいえなかった。気を使ってもらっているところに申し訳ないと思いつつ、うずくまって痛みが鎮まるのを待つ。この辺でようやく@kazui_jpさんも巻き込まれていたことに気が付き、自分バイクも回収されているのを見ると、「俺のコルナゴ無事!無事なの!」と体より先に自転車を心配してしまった。今にして思えば、左足が動かないんだからさすがに自転車の心配が先に来るというのはどうかなとか思ったけれども、バカなのでしょうがないか。その後はなんとか歩けるようになると、回収ポイントまで行き、車を待ちながら応援。みんなきつそうだなー、もっと走りたかったなー。

車で管理棟前まで戻ると、治療したり、同伴者の@maru_ccさんが運営に呼び出されたりw、応援したり、いろんな人に声かけたりしているうちに気持ちも落ち着き、余裕も出てきた。もっとレースを楽しみたかった。自分も結構恐る恐る下ってたから、下りのテクニックを磨かないといけないと再認識した。

帰宅後、大事を取って病院へ。レントゲンの結果は骨に異常なし。打ち身・打撲ということだったので、シップで対処。腫れが引くまで安静にーということでした。自転車も損傷軽微で問題なし、レーパンが破けちゃったので買いなおしかな。60km近い速度で吹っ飛んだ割には、たいしたことなくてよかった。秩父宮杯は間に合うかわからないけど、群馬は大丈夫だろう。次のレースも頑張ろう。

あ、入賞された皆様、完走された皆様、おめでとうございます。DNFじゃクラスポイントもつかないんだもんなー。

2010-07-19-Mon

[]JCRCシリーズ第6戦in群馬CSC

ばーかばーか、俺のばーか。というわけで、片道二時間かけていって、6周回中2周で集団からちぎれて沈。集団の前に出るの楽しかったけどねー。そもそも残ってても6週付いていけなそうだったけどねー。しばらくDクラスの住人になりそうな予感。

朝は3:30に起きて、@maru_ccさんと合流して群馬へ。うっかり道を間違えたりしつつ、試走時間には問題なく到着。twitterの知り合いがたくさんいすぎて、誰が誰だかわからないw @maru_ccさんと@ ag_ohkiと試走にいくも、登りでペースが上がるとなんかついていくだけできつい。なんだこれ? 足が回らないけど、何とかなるだろうと思ってたらなんともならなかった。

最後の試走もして、ほかのDメンバーの調子も確かめつつスタート。右側に並んでガーミンのオートラップを使うことにする。集団中ほどから後方くらいで様子見ながら走るけど、登りに入るとやっぱりつらい。心臓破りなんて1週目から最後尾だった。平坦から、スタート&ゴール地点に戻ってきて、集団のペースがぐっと下がる。一応前のほうに位置しておくかーと思ってするするっと横走ってたら、そのまま前に出て逃げっぽくなってしまったorz これが間違いのもとですぐ戻ればよかったのに、下りから登りの途中までせっかくなのでそのまま頑張ってみた。集団の前走るって気持ちいいのはわかったけど……。追いつかれるのはわかってたので、途中でペース落として合流しようとしたけど心臓破りでついていけずそのまま終了。前に出なくても、多分3〜4周目くらいで千切れてたんじゃないかなー。弱い自分認識して、きもちよーく負けた! 修善寺は頑張ろう。

2010-06-28-Mon

[]ツールドジャパン第3戦ひたちなかstage兼JCRC第5戦

RR五戦目に参加してきた。結果はorzだったけれども、収穫はあったような。

3時過ぎにおきて@maru_ccさんをピックアップして、雨の高速をひたちなかまでノンストップ。会場には6時ぴったりに到着した。交通費を二人で折半&ETC利用だとかなり安くあがってよい。雨の中、試走どうする〜?と相談しながらも、一応やる気だしてレインタイヤに履き替え、EC90もアルミリムのデュラホイール差し替えた。近くに止まった怪しい車&JAMISってことは@Zaikouさん?と思って話しかけたらやっぱりそうだった。twitter上では親しくしてるのに、リアルで会うのが2回目なのでお互いいまいち顔がわからないという状況に。twitterはすげえな。

チームTTに参加の@0rkenさん、クラスレースの@kobaprojpさん、@ikb_kenboの応援しながら待機。

試走した感じでは、シケインとブラインドコーナーの二つ目がちょっと怖そう。ところどころ泥が出てるし、ラストヘアピンは混雑するだろうからアウトから行くことを心がけ、スタート。三宅島Dクラスが4人くらいいてちょっと心強いw 1週目は緊張して心拍上がってるけどパワー出てない。なんとなく集団で最後まで行きそうな雰囲気。ちょろっと先頭牽いてペースを落としたり集団をうろうろしながら、周を重ねていく。これだけ密集して走ったことが無いから楽しい。いそや友の会の方(あとで@@nyarome_osamuさんと判明)に「@Zaikouさんの友人でーす。TTT入賞おめでとうございます」などと挨拶したり、先頭で集団を仕切ってたメイドさん学科の方に今日の強者を伝達してみたり。

後半の周回は位置取りだけ気にして、完璧にさぼってる。周回の平均WATTとか見ると、この前の@0rkenさんとの朝練のがよほどきつかった印象。足の太い人たちの中で、どれだけスプリント出来るかなーと思って最終周に入ると、目の前の人が道路にはみ出してる枝にハンドル取られて落車しそうになり、後ろを走ってた自分もそのまま最後尾へ。がつっと踏んで追いついたーと思ったら、今度はカーブで落車。3人くらい目の前ですっ飛んで、フルブレーキしつつ避ける。せっかく追いついたのにー! ぱっと見ると先頭は結構先。集団はバラバラ。短い登りで出来るだけ前に出ようとしつつ、ラストの平坦で踏むも追いつけず撃沈。前との差が結構あったのでスプリントをするつもりはなかったんだけど、後ろから猛然と追いかけてくる人がいたので刺されるわけにはいかんとあわててスプリント。一応MAX1000は出たけど、勝負したかったなぁ……

結果を聞くと@maru_ccさんは集団についていって10位、@0rkenさんは2位入賞。おめでとうございます。早くBくらいまで上がっちゃってください。レース後、まったりしながら三宅島メンバーであるところの@abecnさんと話したり、@kobaprojpさん&@muramura007&@maru_ccさんと@Zaikouさんのレース観戦。Xはペース上がってたなぁ。なんかDよりきつそうだった。

だんだん友人も出来てきて、レース会場の雰囲気にも慣れてきた。一ヶ月の間に3戦はきつかったけど、レース結果以外は楽しいことばかり。群馬CSCでは結果が残せるように頑張ろう。

 
アクセス解析 あわせて読みたい