Hatena::ブログ(Diary)

0mb このページをアンテナに追加

follow me on Twitter


書評リスト 書名順(未完)
書評リスト 著者名順(未完)
映画レビューリスト
漫画購読リスト
 | 

2005-11-06-Sun

[]NHKスペシャルを見た。

最近はテレビというとアメフトとニュースと世界遺産とピタゴラスイッチくらいしか見ないんだけど、Nスペでサイボーグ特集などをやっていたので見てみた。「サイボーグ技術が人類を変える」というタイトルで、立花隆氏がいくつかの研究についてインタビューをし、今後の展望を考えてみようというもの。腕を失った男性が自在に動かす人口の義手、カメラで撮った映像を脳へと送り視野を確保する技術人口内耳等々。人口内耳はもはや確立された技術のようで、レポートにあった難聴児に教育している学校では三人に一人がつけているとか。

脊椎損傷で首から下が動かない男性は、脳の信号を読み取ることでパソコン画面上のカーソル程度なら自在に動かしていた。こういった肉体的な補助だけでなく、鬱病や記憶の部分においても様々な技術が確立されつつある。脳を経由し、人間の精神を操作できるようになるのもそう遠い話ではないのだろう。生命倫理的な問題もどんどん出てくるだろうし、いくつかの実験を見ただけで動物愛護団体なんて思いっきり反対しそうではあるけれども、脳インターフェースの実現化は遠くない気がしてきた。現時点での技術がいかほどのものか、片鱗だけでもうかがえて結構満足。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

 | 
アクセス解析 あわせて読みたい