Hatena::ブログ(Diary)

一条真也の新ハートフル・ブログ

2013-11-20

絆と人生の終焉

一条真也です。
東京に来ています。今、全互協の理事会が終了したばかりです。
これから、六本木ヒルズで出版関係者との打ち合わせを行います。
ブログ「最期の絆シンポジウムのご案内」で紹介した25日のシンポが、本日の「西日本新聞」朝刊で紹介されていました。

f:id:shins2m:20131120154031j:image
西日本新聞」11月20日朝刊



「絆と人生の終焉見詰め」「25日、小倉北区でシンポジウム」の見出しで、「『最期の絆シンポジウム―終活ブームの中で縁(えにし)を考える』(西日本新聞北九州本社主催)が25日、小倉北区浅野の小倉ステーションホテルで開かれる」と書かれています。また、続いて「『死』と向き合い、語り合うことがタブーではなくなった現代。生前に『エンディングノート』などを残し、葬儀やお墓の準備をしておく『終活』ブームの背景を考察するとともに、『人と人とのつながり』『縁』という視点から、人生の終焉について考える」と書かれています。



さらに出演者についても、「パネリストは、『無縁社会』の問題について発言を続ける作家の一条真也氏、北九州市を拠点にホームレスの支援に取り組むNPO法人『北九州ホームレス支援機構』の理事長・奥田知志氏、南米で日系移民の墓地建立などの活動を行った小倉北区の瑞松寺住職・末広石光氏、お茶の水大学名誉教授(文化人類学)の波平恵美子氏の4人。コーディネーターは西日本新聞北九州本社編集長の諸隈光俊」と紹介されています。どうぞ、多くの方々の参加を心よりお待ちしています。



午後0時半開場、同1時半開演。
会場は小倉ステーションホテル5階・飛翔の間で。
定員200人で入場無料。
問い合わせは北九州本社営業部 093−482−2603



*よろしければ、本名ブログ「佐久間庸和の天下布礼日記」もどうぞ。



2013年11月20日 一条真也