Hatena::ブログ(Diary)

一条真也の新ハートフル・ブログ

2015-08-15

戦後70年談話

一条真也です。東京にいます。
本日、平成27年8月15日は70回目の「終戦の日」です。
政府が戦後70年の安倍晋三首相談話を発表しました。
「安倍首相戦後70年談話全文」を読むには、こちらをクリックして下さい

f:id:shins2m:20150815084654j:image
「産経新聞」8月15日朝刊



「産経新聞」朝刊一面には「70年談話発表」「『謝罪』次世代に背負わせぬ」「大戦へ深い悔悟の念」「侵略、植民地 永遠の訣別」「私たちで終止符」という見出しに続いて、以下のリード文が書かれています。
「政府は14日の臨時閣議で戦後70年の安倍晋三首相談話を決定した。首相は決定後に官邸で記者会見し、談話を発表。談話では、先の大戦に関し「お詫(わ)び」や「侵略」といった過去の首相談話のキーワードについて対象を名指しせずに触れる一方、「あの戦争には何ら関わりのない世代に謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」と述べ、謝罪の繰り返しに歯止めをかける考えを示した」



リード文に続いて、記事には以下のように書かれています。
「首相は会見で『事実を率直に反省し、これからも法の支配を尊重し、不戦の誓いを堅持していくということが、今回の最も重要なメッセージだ』と語った。談話では、有識者会議『21世紀構想懇談会』の報告書を踏まえ、先の大戦に至る経緯を詳述。戦後50年の村山富市首相談話や60年の小泉純一郎首相談話を念頭に『わが国は繰り返し痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきた』と述べ、『こうした歴代内閣の立場は今後も揺るぎない』と明記した。
その一方で『日本では戦後生まれの世代が今や人口の8割を超えている』として、将来にわたる謝罪の継続の必要性を否定。戦後、日本が国際社会に復帰できたのは諸外国の『寛容の心』によるものだとして、『心からの感謝を表したい』とも記述した。
『侵略』『植民地支配』の文言に関しては、『もう二度と用いてはならない』『永遠に訣別(けつべつ)』といった一般論的な形で触れ、『先の大戦への深い悔悟の念とともに、わが国はそう誓った』と明記。また慰安婦問題に対し『戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去をこの胸に刻む』と述べ、今後、女性の人権問題で世界をリードする姿勢を強調した。
さらに『積極的平和主義』に基づく、国際社会に貢献する決意を強調した」



安倍首相戦後70年談話」を知って、わたしが最初に思ったことは、孟子「吾れ言を知る」と言った孟子の言葉です。「吾れ言を知る」と言った孟子は、その「言」を4つ挙げている。1つは、ひ辞。偏った言葉。概念的・論理的に自分の都合のいいようにつける理屈。2つ目は、淫辞。淫は物事に執念深く耽溺することで、何でもかんでも理屈をつけて押し通そうとすることである。3つ目は、邪辞。よこしまな言葉、よこしまな心からつける理屈。4つ目は、遁辞。逃げ口上である。つまり、これら4つの言葉は、リーダーとして決して言ってはならない言葉なのです。安倍首相は、極力これらの言葉を語らないように心を砕いておられたように感じました。



「日本では戦後生まれの世代が今や人口の8割を超えている」として、将来にわたる謝罪の継続の必要性を否定されたことは、まったくもって正しいと思います。また、戦後、日本が国際社会に復帰できたのは諸外国の「寛容の心」によるものだとして、「心からの感謝を表したい」と述べたことには深い感銘を受けました。拙著『孔子とドラッカー 新装版』(三五館)にも書きましたが、「謝」という一字には「謝罪」と「感謝」の意味があります。

f:id:shins2m:20120828113456j:image
「謝」には「謝罪」と「感謝」が込められている



ブログ「ブログを休みます」で書いたように、わたしは2012年8月31日、2000本の記事を達成した「一条真也のハートフル・ブログ」の休止を宣言しました。その記事では「謝」という書を掲載しましたが、あのとき、「謝」には「謝罪」と「感謝」の両方の意味が込められていることを痛感しました。
「謝」には「ありがとう」と「ごめんなさい」が込められている。
そして、「ありがとう」こそは世界最強の言霊です。




安倍首相戦後70年談話」は昨日の臨時閣議会議で決定されました。
そういえば、ブログ「日本のいちばん長い日」で紹介した、昨夜観た映画にはやたらと臨時閣議会議が登場していました。
特に玉音放送の原稿ともなった「終戦の詔」の内容を決定する時間が非常に長かったようです。「終戦の詔」は陽明学者の安岡正篤先生が考案されたものですが、達意の名文であると思います。できれば、映画にも安岡先生を登場させていただきたかったです。そして、今回の「70年談話」の草案は、わたしは渡部昇一先生に書いていただきたかったです。安岡先生の後を継承する歴史観と人間学の達人といえば、現代日本では渡部先生を置いて他にはおられません!



日本のいちばん長い日」には、歴史的事実を基にしたさまざまな物語が描かれていました。先の戦争について思うことは、あれは「巨大な物語の集合体」であったということです。真珠湾攻撃、戦艦大和、回天、ゼロ戦、神風特別攻撃隊、ひめゆり部隊、沖縄戦、満州、硫黄島の戦い、ビルマ戦線、ミッドウェー海戦、東京大空襲、広島原爆、長崎原爆、ポツダム宣言受諾、玉音放送・・・挙げていけばキリがないほど濃い物語の集積体でした。それぞれ単独でも大きな物語を形成しているのに、それらが無数に集まった巨大な集合体。それが先の戦争だったと思います。
超大作といわれる「日本のいちばん長い日」も、巨大な集合体から派生した小さな物語に過ぎません。実際、あの戦争からどれだけ多くの小説、詩歌、演劇、映画、ドラマが派生していったでしょうか・・・・・・。



「物語」といっても、戦争はフィクションではありません。紛れもない歴史的事実です。わたしの言う「物語」とは、人間の「こころ」に影響を与えうる意味の体系のことです。人間ひとりの人生も「物語」です。そして、その集まりこそが「歴史」となります。そう、無数のヒズ・ストーリー(個人の物語)がヒストリー(歴史)を作るのです。
最近、某宗教学者が「英霊などというのもは、もう忘却したほうがいい」とラジオで発言したことを知り、愕然としています。靖国神社を否定するのも、遺灰を火葬場に捨ててくるのも、その根底にある「死者軽視」の精神は同じです。しかし、死者を軽んじる民族に未来はありません!

f:id:shins2m:20150815084713j:image
15日朝の東京の曇り空



これから、わたしは万感の想いを胸に靖国神社を参拝し、皇居を訪れます。その感想は、当ブログおよび産経新聞社のWEB「ソナエ」に連載中の
一条真也のハートフル・ライフ」9月2日(水)号に書きます。
今朝の東京の空は曇り模様です。
靖国神社の暑さも少しは和らぐでしょうか?
それでは、行ってきます!



*よろしければ、本名ブログ「佐久間庸和の天下布礼日記」もどうぞ。



2015年8月15日 一条真也