Hatena::ブログ(Diary)

一条真也の新ハートフル・ブログ

2018-08-28

合同還暦祝い   

一条真也です。
28日の夜、松柏園ホテルで「合同還暦祝い」が開催されました。100人以上の参加者が集い、大いに盛り上がりました。昨年から「隣人祭り」の一環として行われることになったのです。ご存知の方も多いでしょうが、わが社は「隣人祭り」に力を入れています。

f:id:shins2m:20180828181602j:image
最初に神事を行いました
f:id:shins2m:20180828181738j:image
佐久間会長から還暦者に破魔矢が贈られました



わが社の「隣人祭り」は2008年から本格的にスタートしましたが、2017年は650回以上開催しました。おそらく、わが社は日本でもっとも地域の隣人が集う「隣人交流イベント」あるいは「地縁再生イベント」の開催をサポートしている組織だと思います。本家のフランスをはじめ、欧米諸国の「隣人祭り」は地域住民がパンやワインなどを持ち寄る食事会ですが、そのままでは日本に定着させるのは難しいと考え、わが社がサポートするイベントでは、季節の年中行事や通過儀礼などを取り入れています。

f:id:shins2m:20180828183451j:image
合同還暦祝いのようす



たとえば、花見を取り入れた「隣人さくら祭り」とか、雛祭りを取り入れた「隣人ひな祭り」、七夕を取り入れた「隣人たなばた祭り」、秋の月見を取り入れた「隣人祭り 秋の観月会」、クリスマスを取り入れた「クリスマス隣人祭り」といった具合です。そして、節分を取り入れた「隣人祭り 合同厄除け祝」も同じです。これは、日本発のオリジナル隣人祭りのひとつなのです。

f:id:shins2m:20180828183641j:image
還暦者入場のようす
f:id:shins2m:20180828183800j:image
還暦者が紹介されました



今回の「合同還暦祝い」には、サンレーの玉中取締役をはじめとする5名の還暦者が参加しました。まずは神殿で神事を行い、それから写場で記念撮影をしました。場所を大広間に移して、祝宴です。来年度の還暦者である藤原支配人による「開宴のことば」の後、還暦者が赤ちゃんちゃんこで入場し、壇上で紹介を受けました。

f:id:shins2m:20180828184149j:image
佐久間会長が挨拶しました



それから、佐久間進サンレー会長が登壇して、祝辞を述べました。佐久間会長は「わたしは聖徳太子を尊敬していますが、聖徳太子は合同舞楽というものを始められた方です。わが社は、昨年から、合同還暦祝いを始めました。還暦を迎えられた仲間をみんなで一緒にお祝いしたいと思います。今日は、おめでとうございます」と述べました。

f:id:shins2m:20180828221824j:image
続いて、わたしも挨拶しました



続いてわたしが登壇して、サンレー社長として祝辞を述べました。
わたしは、最初に「還暦者のみなさん、おめでとうございます。さっき見た時は、こぶとり爺さんかと思いました」と大ボケをかまして笑いを取りました。それから、以下のように述べました。近年、30歳前後を「アラサー」、40歳前後は「アラフォー」、50歳前後は「アラフィフ」と呼びます。60歳前後は伝説の名俳優・嵐寛寿郎をもじって「アラカン」と言うそうです。

f:id:shins2m:20180828221935j:image
還暦の由来を述べました



還暦は第2の誕生とされ、生まれ直すといって赤子のように赤色の衣服や頭巾などを贈って祝います。還暦に贈る赤色は、赤子に贈る赤い品々になぞらえています。赤色は、朱色や紅色なども含めて祝意を表すもので、縁起物や祝事の膳椀、酒樽(さかだる)などに使用されました。それとともに、魔除(よ)けの意味でも赤色は重視されました。

f:id:shins2m:20180828185130j:image
長寿祝いの意味を述べました



そして、わたしは「還暦は長寿祝いのスタートです」として、老いるべき運命にある人が幸せに生きていく上でとても重要なことであると述べました。人は長寿祝いで自らの「老い」を祝われるとき、祝ってくれる人々への感謝の心とともに、いずれ1個の生物として自分は必ず死ぬという運命を受け入れる覚悟を持つ。また翁や媼となった自分は、死後に神となって愛する子孫たちを守っていくのだという覚悟を持つ。祝宴のなごやかな空気のなかで、高齢者にそういった覚悟を自然に与える力が、長寿祝いにはあります。

f:id:shins2m:20180828222453j:image
還暦者に記念品を贈りました
f:id:shins2m:20180828222713j:image
カンパ〜イ!



その後、わたしは還暦者のみなさんに記念品(最高級万年筆)を贈呈しました。それから還暦者による「大盃の儀」が行われ、次々と酒を飲み干す姿に会場が大いに沸きました。その後、東常務による乾杯の音頭を合図として、祝宴が華やかに幕を開けました。

f:id:shins2m:20180828192830j:image
「私は誰でしょう?」で盛り上がりました
f:id:shins2m:20180828193724j:image
「私は誰でしょう?」で盛り上がりました
f:id:shins2m:20180828195850j:image
営業推進部による「ヤングマン」
f:id:shins2m:20180828200212j:image
還暦者による「さらば青春」



わたしは、いろんな方々とお酒をついだりつがれたりしながら、大いに語り合いました。やはり、祝宴で飲む酒は格別です。
その後は、「わたしは誰でしょう?」のアトラクションやカラオケタイムで楽しみました。営業推進部の若手たちが西城秀樹の「ヤングマン」を熱唱し、還暦者である出口さんが小椋佳の「さらば青春」をしっとりと歌い上げました。

f:id:shins2m:20180828200509j:image
今日は祭りだ! 祭りだ!
f:id:shins2m:20180828222230j:image
男は〜ま〜つ〜り〜を〜♪



最後は、わたしの番が来ました。わたしは最初に「こんばんは、日本ボクシング連盟の山根でございます」と大ボケをかましてから、会場からのリクエストにより、北島三郎の「まつり」を歌いました♪ 
イントロの部分で、「年がら年じゅう、お祭り騒ぎ。初宮祝に七五三、成人式に結婚式、長寿祝に葬儀を経て法事法要・・・人生は祭りの連続でございます。今日は合同還暦祝いとあっちゃ、こりゃめでたいなあ〜。今日は祭りだ! 祭りだ!」と言ってから、歌い出しました。わたしが「男は〜ま〜つ〜り〜を〜♪」と歌い始めると、大いに盛り上がりました。

f:id:shins2m:20180828200724j:image
歌いながら会場を練り歩く!
f:id:shins2m:20180828222427j:image
還暦者のみなさんとガッチリ握手!



途中、還暦者のみなさんと握手をしながら会場を回りました。次第に「祭りだ、祭りだ♪」の歌詞を「祝いだ、祝いだ♪」に替え、最後は「これが日本の祭り〜だ〜よ〜♪」の歌詞を「これが合同還暦祝い〜だ〜よ〜♪」に替えて歌い上げると、興奮が最高潮に達しました。歌い終わって、「イエ〜イ!」と叫んでから「還暦者のみなさん、今日はおめでとうございました!」と言ったところ、割れんばかりの盛大な拍手をいただきました。

f:id:shins2m:20180828222550j:image
魂を込めて歌いました♪
f:id:shins2m:20180828222527j:image
これが合同還暦祝い〜だ〜よ〜♪




その後、次年度の還暦対象者の紹介がありました。
最後は、サンレー名物「末広がりの五本締め」です。この「人間関係を良くする魔法」は、全国的にもすっかり有名になりました。今夜は、松田取締役がしっかりと締めてくれました。それから「閉会のことば」があり、還暦者が退場して、出口で送賓してくれました。

f:id:shins2m:20180828202657j:image
最後は「末広がりの五本締め」で・・・
f:id:shins2m:20180828202758j:image
還暦者退場のようす



昨年に続いての行事でしたが、今年も大いに盛り上がりました。
わたし自身も大変楽しく時間を過ごすことができ、大満足です!
還暦者のみなさん、今日はまことにおめでとうございました。
これからも、どうぞお元気で頑張ってください!



2018年8月28日 一条真也