Hatena::ブログ(Diary)

一条真也の新ハートフル・ブログ

2018-04-16

「久高オデッセイ」上映会&シンポジウム

一条真也です。
4月1日より、わたしは上智大学グリーフケア研究所の客員教授に就任いたしました。同研究所では「バク転神道ソングライター」こと鎌田東二先生が特任教授および副所長を務めておられます。その鎌田先生が製作した映画の上映会&シンポジウムが小倉で開催されることになりました。




6月5日、ブログ「小倉昭和館」で紹介した名画座において、ブログ「久高オデッセイ」で紹介した映画の完結篇「風章」の上映会が行われます。この映画には株式会社サンレーが協賛し、わたし個人も協力者に名を連ねています。映画の上映後はシンポジウムも開催されます。
ブログ「小川裕司氏」で紹介した写真家の方がコーディネーターで、登壇者は鎌田東二先生、作曲家の藤枝守氏、そして小生の3人です。

f:id:shins2m:20180416195146j:image



魂の原郷を求めて
 「久高オデッセイ風章」

製作:鎌田 東二
監督:大重 潤一郎
音楽:新実 徳英
語り:鶴田 真由

上映&シンポジウム
シンポジウムテーマ〜久高の魂と自然島の霊性〜
魂の原郷、あるいは神の島として崇められてきた「沖縄・久高島」を12年にわたり記録してきた『久高島オデッセイ』。最終章『久高島オデッセイ〜風章』を小倉昭和館で上映します。上映機会が少ないので、このチャンスに是非ご覧ください。

日程:2018年6月5日(火)
受付17:30〜
映画上映/18:00〜
シンポジウム/19:50〜
場所:小倉昭和館1号館(北九州市小倉北区魚町4−2−9)
チケット:2,000円
パネリスト/
「久高オデッセイ」製作者&哲学者 鎌田東二
作曲家 藤枝守
作家 一条真也
司会(コーディネーター)/写真家 小川裕司

ご予約・お問合せ:リバーリンク・プロジェクト 
北九州市小倉北区紺屋町1−1−301
TEL:090−9654−2866(担当:おがわ)

【主 催】リバーリンク・プロジェクト
【協 賛】株式会社サンレー
【後 援】西日本新聞社

f:id:shins2m:20180416195253j:image



シンポジウム〜久高の魂と自然島の霊性〜
古代以前の時代、先人たちの足跡、人々の生と死、育まれる命の息吹、死にゆく命の鼓動、人生儀礼としての祭祀。人間の魂が身体を脱ぎすて、海の彼方へ、原郷へ。

■「久高島オデッセイ」製作者
哲学者 鎌田東二上智大学グリーフケア研究所特任教授、京都大学名誉教授、放送大学客員教授。神職の資格を持ち、神道ソングライターとして作曲活動も行っている。國學院大學博士課程修了(神道学)。91年武蔵丘短期大学助教授、92年国際日本文化研究センター客員助教授、2003年京都造形芸術大学教授等を経て、08年4月より京都大学こころの未来研究センター教授。01年文学博士号取得(筑波大学)。NPO法人東京自由大学理事長をはじめ、多くの社会活動も展開。『記号と言霊』(青弓社、1990年)、『謎のサルタヒコ』(編著、創元社、1997年)、『神道とは何か』(PHP新書、2000年)、『神と仏の出逢う国』(角川選書、2009年)、『霊性の文学 言霊の力』(角川ソフィア文庫、2010年)ほか多数の著書がある。


■パネリスト
作曲家 藤枝守
カリフォルニア大学サンディエゴ校音楽学部博士課程修了。博士号(Ph.D.in Music)を取得。作曲を湯浅譲二モートン・フェルドマンらに師事。植物の電位変化データに基づく《植物文様》を展開。著書として『響きの考古学』(平凡社ライブラリー)など。おもなCDとしては、《クラヴィコードの植物文様》《ゴシック・ハープの植物文様》など。現在、台湾大学のアーティスト・レジデンス・プログラムにより《台湾茶の植物文様》を5月に発表予定。九州大学大学院芸術工学研究院教授。


■パネリスト
作家 一条真也
北九州市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。大手冠婚葬祭会社(株)サンレー代表取締役社長。上智大学グリーフケア研究所客員教授、九州国際大学客員教授、冠婚葬祭総合研究所客員研究員。2012年、第2回「孔子文化賞」を受賞。主な著書に『儀式論』(弘文堂)、『決定版 冠婚葬祭入門』(実業之日本社)(実業之日本社)、『葬式は必要!』(双葉社)、『世界一わかりやすい「論語」の授業』(PHP研究所)、『人生の修め方』(日本経済新聞出版社)(日本経済新聞出版社)、2018年『唯葬論』(サンガ文庫)など多数。


■司会(コーディネーター)/主催
写真家 小川裕司
海外生活14年。シンガポール6年、シドニー5年、ソウル3年の滞在経験あり。豪州で撮った写真シリーズ「豪花」で花の写真としてシドニーの紀伊国屋書店ギャラリーで2004年にデビュー。2005年にソウルに渡り、日韓文化比較をテーマにフォトエッセイ集「なんせんちょむ」を出版。ソウルでは日本大使館国際交流基金等で個展(写真展)開催。招待展も多い。2009年より小倉在住。



上智大学グリーフケア研究所は、宗教学者で死生学の第一人者である島薗進先生が所長、鎌田東二先生が副所長を務めておられます。島薗所長とも、6月28日(水)にパシフィコ横浜でトークショーを行います。「フューネラルビジネスフェア2018」のシンポジウムにおいて「グリーフケア」をテーマに対談するのです。「前門の鎌田先生、後門の島薗先生」ではありませんが、両先生と語り合う6月が今から待ち遠しいです。
みなさま、ぜひ、ご参加ください!



2018年4月16日 一条真也

2018-04-04

上智大学客員教授に就任しました

一条真也です。
みなさまに、ご報告がございます。4月1日より、わたしは上智大学グリーフケア研究所の客員教授に就任いたしました。本日、曄道佳明学長からの委嘱状を拝受しました。上智といえば、日本におけるカトリックの総本山として知られていますが、大いなるミッションを与えられました。

f:id:shins2m:20180323120020j:image
大いなるミッションを与えられました



これから、同研究所の島薗進所長(東京大学名誉教授)、鎌田東二副所長(京都大学名誉教授)のもと、グリーフケアおよび儀式についての講義を担当いたします。わたしは、グリーフケアの普及こそ、日本人の「こころの未来」にとっての最重要課題であると考えており、経営する冠婚葬祭互助会でも自助グループを立ちあげてグリーフケア・サポートに取り組んできました。
これまで自分なりに冠婚葬祭業界で実践してきたことを踏まえて、さらなる研究を重ね、充実した講義を行いたいです。
とはいえ、わたくしは学者ではなく、あくまでも企業の経営者でありますので、無理のない範囲で客員教授を務めさせていただきます。

f:id:shins2m:20180313085146j:image
上智大学グリーフケア研究所の島薗所長、鎌田副所長と



2018年4月4日 一条真也

2018-02-06

「財界九州」取材

一条真也です。
6日、「財界九州」の取材を受けました。
場所は、松柏園ホテルの新館「ヴィラルーチェ」です。

f:id:shins2m:20180206103159j:image
写真撮影のようす



同誌の連載企画「二人の仲」の取材で、お相手は「ダンディ・ミドル」こと(株)ゼンリンプリンテックスの大迫益男会長です。大迫会長は、尊敬する北九州の先輩経営者の1人で、この方には本当にお世話になりました。わたしは、今から24年前に東京から北九州に居を移しました。そのとき、知人も少なく心細い思いをしたものです。しかし、「平成会」という若手経営者の会で、大迫会長と知り合うことができました。そして、大迫会長のおかげで、ブログ「月の織女」で紹介した染色家の築城則子先生をはじめ、多くの方々と知り合いになれました。本当に感謝しています。そのことは、拙著『龍馬とカエサル』(三五館)の「恩」の項にも書かせていただきました。

f:id:shins2m:20180206103247j:image
ツーショット撮影のようす



大迫会長は、北九州のスペシャル・ホストのような方で、当地に赴任してこられた大企業の方々などの歓送迎会のお世話をいつも率先して務めておられます。そのホスピタリティ・マインドに接するたびに、いつも尊敬の念を強めています。また、わたしの自宅で開かれるホーム・パーティーにも何度も来て下さっています。そのたびに、妻や娘たちにまで素敵なプレゼントを用意して下さいます。毎回恐縮しつつも、家族一同、お慕いしております。

f:id:shins2m:20180206103639j:image
取材中は笑いが絶えませんでした
f:id:shins2m:20180206120909j:image
ランチのメニューはビーフシチューでした



取材では、わたしたちの共通の趣味である映画鑑賞をはじめ、文化全般についての話題で盛り上がりました。取材後は、大迫会長とヴィラルーチェの一室でランチを共にしました。メニューは人気のビーフシチューでしたが、大迫会長は完食されて「美味しかったよ」と言って下さいました。北九州を代表する食通としても知られる大迫会長のアドバイスはいつも大変勉強になり、感謝しています。これからも末永く御指導いただきたいと願っています。
ちなみに、今回の取材内容は「財界九州」4月号に掲載されるそうです。



2018年2月6日 一条真也

2018-02-02

「CORI」取材

一条真也です。
2日の17時から松柏園ホテルで、ブログ「『CORI』創刊」で紹介した季刊誌の取材を受けました。東京から、4名の取材陣が来られました。

f:id:shins2m:20180202170744j:image
「CORI」の取材を受けました



「CORI」は、冠婚葬祭や儀礼文化に関する内外の動向、互助会の事業・社会活動の紹介をはじめ、研究者・専門家の意見、冠婚葬祭総合研究所の調査研究成果などで構成しています。ブログ「冠婚葬祭研究所設立披露パーティー」でも紹介したように、わたしは同研究所の客員研究員を務めています。「CORI」創刊号の「客員研究員のご紹介」のページには、わたしが一条真也として紹介されています。

f:id:shins2m:20160416102053j:image
「CORI]創刊号の「客員研究員のご紹介」



しかし、今回は株式会社サンレー社長の佐久間庸和としてインタビュー取材を受けました。「施設訪問」のコーナーで、テーマは「『くさみ三礼庵』立ち上げへの思いと施設の特徴について」でした。

f:id:shins2m:20180202172502j:image
多くの質問を受けました



この日のインタビューは、以下のような内容でした。
(1)コミュニティハウス「くさみ三礼庵」を立ち上げた経緯等について
(2)新ブランド「三礼庵」は古民家を改装した小規模葬儀に対応する施設ということですが、会館施設(ハード、ソフト面)では、具体的にどのような表現をなされたのでしょうか?
(3)お客様の評判は如何でしょうか?
(4)従業員の評判は如何でしょうか?また、使い勝手は如何でしょうか?
(5)同形態の式場に対しての今後の方針は如何でしょうか?

f:id:shins2m:20180202170901j:image
質問の1つ1つにお答えました



わたしは、それらの質問の1つ1つに真摯にお答えました。古民家を改装した件は初めてであり、今後消費者ニーズがあることが考えられ立ち上げに至りました。三礼庵の「三礼」とは「敬い」「つつしみ」「思いやり」の心を表しており、また日本古来の伝統文化である茶道・華道を施行に生かしていくように“しつらえ”や”立ち振る舞い“などを学び、提供してゆきます。

f:id:shins2m:20180202172320j:image
「後期高齢」を「光輝好齢」に変えるお手伝いを!



三礼庵では1日1施行となり、ご遺族や親族にゆっくりと故人を偲んでいただけるよう、そしてご自宅と同じようにくつろいでいただけるような「しつらえ」や「おもてなし」を考えて立ち上げました。
また、葬儀だけではなく地域のコミュニティの中心となる拠点としての役割を持たせ、コミュニティの再生と活性化を目指しています。今後は、茶道や華道の教室なども開催し、より高齢者や地域の方に利用していただき、「後期高齢」を「光輝好齢」に変えるお手伝いを行っていきたいと考えています。

f:id:shins2m:20180202172814j:image
「葬儀も行える施設」と位置づける



くさみ三礼庵は「葬儀だけを行う施設」ではなく「葬儀も行える施設」と位置づけ、既存のフューネラルホールから形態を転換しています。これには、地域コミュニティが活用できる交流施設であり様々な催しもの・発表会・展示会や自治会・老人会の会合などの会場として使用できるだけでなく、定期的に茶道教室や華道教室を開催し地域のコミュニティハウスとして施設に親しんでもらい、互助会の加入につなげる狙いもあります。

f:id:shins2m:20180202173058j:image
コミュニティセンターを展開したい!



今後は、地域コミュニティの中心として既存の施設も含め今後展開して行く施設を「コミュニティセンター(コミュニティハウス)」として展開してゆきたいと考えています。高齢者人口の比率が政令指定都市で最も高い北九州市ならではの取り組みを行い、「後期高齢」を「光輝好齢」に変えるお手伝いに励み、「サンレーなら大丈夫」といっていただけるような施設を作って、各地で展開していきたいです。



2018年2月2日 一条真也

2018-01-22

リクナビ取材   

一条真也です。
世間ではサービス業の人材不足が叫ばれています。
しかし、おかげさまで「天下布礼」の旗を掲げているわがサンレーには優秀な人材が続々と入社してくれています。そんな中、22日の14時から「リクナビ2019」トップインタビューの取材をお受けしました。

f:id:shins2m:20180122141029j:image
最初に写真を撮影していただきました
f:id:shins2m:20180122142330j:image
インタビュー取材のようす



最初に写真撮影をしていただいた後、インタビュアーの方から「会社の3〜5年後のビジョン、そこに向けての戦略をお聞かせください」という質問がありました。それに対して、以下のようにお答えしました。
わが社の今後のビジョンは、ずばり、少子高齢化社会における最高のソリューション企業です。わが社は、昭和41年に福岡県北九州市で創業し、「人間尊重」の経営理念を基軸に一昨年に創業50年を迎えました。平成29年10月には創業の地に建つ松柏園ホテルをリニューアル。新館「ヴィラルーチェ」が新たにグランドオープン。コンセプトは“温故知新”。約70年以上の歴史で格式ある本館に対して新館「ヴィラルーチェ」は、純白のチャペルに水と緑、空を望めるパーティ会場といった具合に都心にあるとは思えない大人のプライベートリゾートとして大きな話題を呼んでいます。施設名のヴィラルーチェは太陽の邸宅を意味し、婚礼のみならず成人式や長寿祝いなど、数々の祝い事の場として提供していきたいと思います。
一方、葬祭事業は昨年に10の葬祭会館「紫雲閣」を新設し、現在70店にまで増えています。今後も別府市や福岡市などに多くの施設がオープンし、2020年をめどに100店を目指します。その中には従来の総合葬祭会館「紫雲閣」ブランドとは別に、小笠原流礼法の「慎みの心、敬いの心、思いやりの心」という三つの心に由来し、古民家を改装した小規模葬儀に対応する新時代の施設として、新業態である「三礼庵」も広げる予定です。これからは葬儀以外にもお茶会やサークル活動等で高齢者や地域住民が集うコミュニティセンターへの転換を目指していきます。冠婚事業とともに、葬祭事業においても“温故知新”で展開を加速させていきたいと思います。

f:id:shins2m:20180122141458j:image
わが社の戦略について話しました



また、「戦略実現の上で課題と、そのために実現したいことをお聞かせください」と言われましたので、わたしは以下のようにお答えしました。
わが国が直面している国難の最たるものが少子高齢化に伴う人口減少問題です。人口減少の原因は「少子化」ではなく「非婚・晩婚化」にあります。我が社のような冠婚葬祭業こそがこの問題を解決できる数少ない業種であり、この問題に取り組むことこそ、わたしたちの社会的使命であると考えます。弊社グループのオークパイン・ダイヤモンドクラブは、いわゆる「婚活」をサポートする部門において、専属のカウンセラーが挙式披露宴まで徹底サポートすることで、これまで600組を超える実績を上げています。今後は本格的に婚活事業に取り組み、日本最大の国難を克服するお手伝いをしていきたいと考えています。
また、最近、超高齢国ニッポンの未来を悲観的に論じた本がよく売れています。悲観的になるばかりでは未来が暗くなる一方なので「明るい超高齢社会」のビジョン、老いるほど幸福になるという「老福社会」の実現を目指していきたいと思います。これからは更なるイノベーションとしてセレモニーホールからコミュニティセンターへと、従来の「葬儀をする施設」から「葬儀もする施設」への転換を目指していきます。例えば、各地の紫雲閣を「子供110番の家」「赤ちゃんの駅」に登録したり、常備薬やAEDの設置を進め、さらには映画、演劇、音楽コンサートなども上演できる地域の文化の殿堂化を目指します。これから紫雲閣で、三礼庵で、隣人館で、天道館で、そして松柏園ホテルサンレーグランドホテルで、わたしたちは「後期高齢」を「光期好齢」に変えるお手伝いに励みます。

f:id:shins2m:20180122141607j:image
社会を良くしたい志を持っている人こそ人材



さらに、「以上の戦略実現に必要な人材はどのような人材ですか」という質問に対して、わたしは以下のようにお答えしました。
何よりも、意義のある仕事がしたいと思っている人です。そして、社会を良くしたいという志を持っている人です。わたしの事業観の原点は「人を幸せにする仕事がしたい」という想いです。冠婚葬祭業はそれに相応しい仕事であると自負しています。求める人材は、心通わす仕事に「思いやり」と「情熱」を注げる人、問題意識をもち「創造性」の豊かな人、「リーダーシップ」を発揮できる人など。あらゆる個性が活き活きと活躍できる環境があること、仕事を通して学べることもわが社の特徴の一つでもあります。わたしたちと一緒にお客様の感動のために未来を創造していきませんか。志を抱いたみなさんをお待ちしています。

f:id:shins2m:20180122141851j:image
冠婚葬祭業ほど大きな使命を与えられている仕事はない!



続けて、インタビュアーの方の「貴社で得られる成長や、それをサポートする機会・環境などについてお聞かせ下さい」という質問に対して、わたしは以下のようにお答えしました。
どんな仕事にもミッション(社会的使命)というものがあると思いますが、とりわけ冠婚葬祭業ほど大きな使命を与えられている仕事はないと思っています。なぜなら何よりも万人にとってのかけがえのない「結婚」「死」に関わる仕事だからです。「結婚は最高の平和である」、わたしはいつもこの言葉を結婚する二人に贈っています。わが社の冠婚部門スタッフに対してもことあるごとに言います。なぜならまったくの赤の他人同士が人と人を認め合い、愛し合い、ともに人生を歩んでいくことを誓い合う結婚とは究極の平和であると言えます。「死は最大の平等である」、この言葉は葬祭部門スタッフによく言います。「結婚」と違って「死」は誰にでも平等に訪れるのです。結婚式、葬儀といった私たちの仕事が、じつは人類の「平和」と「平等」を実現するこの上なく重要な営みであることを皆様にぜひ知っていただきたいのです。わたしは、そのことについては、かなり深いところまで考えて、それこそガチンコで突き詰めてきた自負があります。そして折に触れ、それらを勉強会などで社員のみなさんに語りかけ、著書やブログを通しても伝えています。こんな言い方は僭越かもしれませんが、時々サービス業の経営者が書いた本を読んでみると、薄っぺらいポエムのような内容が多いなと感じます。ポエムだから一貫性がなく、昨日と今日で言うことが違ったり、単にブラックな面を正当化するために「この仕事は素晴らしい」と言っているだけではないかと思えてしまったり。わたしは、例えば社員に冠婚葬祭の神髄を語る時はブッダや孔子やイエスから紐解いて話します。そこまで専門的に深くする必要はあるのかと思われるかもしれませんが、それは必ず今の仕事の誇りにつながる根拠となるものです。そこには時間をかけてきたし、わたし自身の想いも誠実に真正面から訴えてきたつもりです。冠婚葬祭は、人生と向き合う仕事です。それは、かけがえのないひと時に立ち会い、最良のおもてなしを提供する仕事。お一人お一人の人生に感動と癒しをお届けする仕事は、ここでしか感じ得ない使命感や社会的責務、そして感動をみなさんに伝えたいと思います。

f:id:shins2m:20180122141852j:image
何よりも大切なのは志の強さと高さです!



最後に、インタビュアーの方が「就職活動生へのメッセージ、エールをお願いします」と言われたので、わたしは以下のように述べました。
社会人として何よりも大切なのは志の強さと高さです。わたしたちの役割は、冠婚葬祭を提供することによってたくさんの見えない縁を見えるように可視化することです。わたしは、冠婚葬祭業ほど人の幸福に貢献できる仕事はないと思っています。人生最高の幸福な瞬間のお手伝いをする結婚式はもちろん、葬儀も人々の一番の悲しみに寄り添って支えるとても大切で尊い仕事ではないでしょうか。高齢者を光り輝かせ、幸せなカップルを作るお手伝いをする。これからの少子高齢社会の時代こそ冠婚葬祭業、サンレーの出番です。サンレーは「人間尊重」を大ミッションとし、「冠婚葬祭を通じて良い人間関係のお手伝いをする」を小ミッションとしています。この冠婚葬祭という仕事ほど世のため人のためになる仕事はないと確信しています。
なお、この取材記事は、3月1日にアップされるそうです。



2018年1月22日 一条真也