Hatena::ブログ(Diary)

一条真也の新ハートフル・ブログ

2018-08-29

これからのグリーフケア

一条真也です。
ブログ「グリーフケア対談」で紹介したように、6月28日の11時20分から、パシフィコ横浜において、上智大学グリーフケア研究所の所長で東京大学名誉教授の島薗進先生とわたしが特別対談として「グリーフケアの時代〜現代日本の葬儀と死生観」をテーマに大いに語り合いました。

f:id:shins2m:20180829124148j:image
「フューネラルビジネス」2018年9月号



パシフィコ横浜で開催された「第22回フューネラルビジネスフェア2018」のシンポジウム内のイベントですが、「フューネラルビジネス」9月号に特別対談の記事が掲載されていました。「新たな縁の再生で支えるこれからのグリーフケア」のタイトルで、まずは「無縁社会を背景にした葬儀の簡素化」として、以下のように書かれています。
島薗  上智大学グリーフケア研究所には「グリーフケア人材養成講座」という人気講座があります。受講者で最も多いのは看護師です。自分自身グリーフを経験した人やそうした方を世話した経験がある人が多いようです。グリーフについて勉強したいという人が増えてきた背景には、葬儀の簡略化があると思います。非常につらい気持ちを分かち合う場がない。あるいは、あってもそこで十分に分かち合えない。昔のお通夜はしみじみと死者のことを思い浮かべる場だったのですが、いまはもう、飲んで食べてさっといなくなってしまう。そのため、胸が塞がれ、自分の胸の中に思いがこもってしまう経験を多くの人がもっている。それが人々がグリーフケアに感心をもつ理由だと考えています。
佐久間  葬儀の簡略化は進んでいますし、さまざまな縁の希薄化が巡り巡って会葬者の減少につながっていると感じます。そうした現状を克服しようと、私どもでは地縁、血縁以外の新たな「縁」の再生・再構築に取り組んでいます。たとえば仕事仲間の職縁、同窓生の学縁、趣味仲間の好縁、ボランティアなど志をともにする道縁です。実際、最近の葬儀で会葬者が集まるのは、俳句やダンスなど趣味が縁の仲間たちというケースが非常に多い。目指しているのは、セレモニーホールのコミュニティセンター化。かつては寺院は地域のコミュニティセンターであり、宗教としての本来の機能の墓に、学び・癒し・楽しみという機能がありました。その機能をセレモニーホールが肩代わりしていこうと考えているのです。これから必要なのは「葬儀をする施設」ではなく、「葬儀“も”できる施設」。そういう考えからつくったのが、古民家を改装した「三礼庵」です。お茶やお花の教室を開き、カルチャースクールのような形で運営。地域のみなさんがお元気なうちから集まり、やがてその思い出があるところから旅立っていく。そういう施設になればいいと考えています。

f:id:shins2m:20180628112432j:image
特別対談のようす



また、「宗教離れが進むなかで葬送業界が取り組むグリーフケアの実践」として、以下のように書かれています。
島薗  地縁・血縁が崩れ、葬式仏教の足腰が弱まってきたと感じています。阪神・淡路大震災のときは「お寺は何もやっていない」と批判されました。しかし、東日本大震災のときは「お寺はがんばっている」という話になりました。大都市と地方の違いもありますが、宗教離れといわれるなか、人々はむしろ宗教が必要だと思うようになった。その変化を反映していると思います。では、宗教を求める人たちに仏教者がどう関わるか。その一例が宮城県栗原市の住職がはじめた傾聴ボランティア「カフェ・デ・モンク」です。僧侶がコミュニティに出て行く活動が全国に広がり、グリーフケアをする僧侶という存在が注目されるようになりました。
佐久間  葬送業界ができるグリーフケアも多種多様であると思います。そのなかで弊社では、自助グループ月あかりの会」の立ち上げとサポートを進めています。愛する人を喪失した対処から、愛する人のいない生活への適応のサポートが主な内容です。他者との関わりを勧め、人生の目標や喜びを見出してもらう。具体的には、慰霊祭や月例会を開催して経験談を聞き、語り合う機会を提供したり。旅行に出かけたり、落語家を呼んで「笑いの会」を開くなど、遊びを重視した活動も行っています。
島薗 コミュニティが希薄になったぶん、われわれは孤独を癒す何かを求めている。それについて、私たちは既に多くの伝統があると思っています。たとえば童謡や俳句、短歌のなかには死別の悲しみに関わるものが非常に多いのです。そうした多様なチャンネルでグリーフに向き合うこともケアの重要な側面ではないかと思います。そしてそれを支え、そうした場を葬祭業が支援していくことが望まれます。

f:id:shins2m:20180628112348j:image
特別対談のようす



2018年8月29日 一条真也

2018-08-21

親子でウエディング体験会

一条真也です。
東京に来ています。
21日は朝から一般財団法人・冠婚葬祭文化振興財団の評議員会、午後からは一般社団法人・全日本冠婚葬祭互助協会(全互協)のシンポジウムおよび創立45周年記念式典&総会の前夜祭が屋形船で行われます。

f:id:shins2m:20180821093726j:image
西日本新聞」2018年8月21日朝刊



昨日、「松柏園ホテル」で「夏休み! 親子でウェディング体験会」が今年も開催され、小学生とその家族ら約80人が参加しました。今年は昨年秋にオープンしたばかりの新館「VILLA LUCE」も会場として使われ、ちびっ子たちは大喜びでした。21日付の各紙朝刊でも取り上げられています。

f:id:shins2m:20180821093816j:image
「毎日新聞」2018年8月21日朝刊



いま、入籍のみで結婚式を済ませる、いわゆる「ナシ婚派」が入籍者の約半数を占めていると言われています。その3大理由は「経済的事情」「さずかり婚」「セレモニー行為が嫌」だとされます。3位の「セレモニー行為が嫌」については、感謝の「こころ」を「かたち」にして届けるという婚礼本来の意味が伝わっていないからだとされています。

f:id:shins2m:20180821093854j:image
「読売新聞」2018年8月21日朝刊



近年、「生涯未婚率の上昇」や「少子化の進行」は社会問題化しています。わが社では、子どもたちが普段学校では教わることができない「結婚の意味」について考える機会を設けることにしました。人生における結婚式の重要性はもちろん、自分の気持ちで言葉を伝えることの大切さ、家族や友人など大切な人の存在に、改めて気づくきっかけ作りを支援していきたいです。昔は「いとこのお姉ちゃんの結婚式に参加して、花嫁さんに憧れました」みたいな話が多かったですが、最近ではすっかり少なくなりました。お子さんたちに結婚式を体験してもらう意義は大きいと考えます。

f:id:shins2m:20180821093927j:image



そこで、わがサンレーでは、「婚礼本来の意味」を伝える新プロジェクト「親子でウエディング体験会」を開始したのです。地元の小学生とその親を対象に、経験豊かなウエディングプランナーを講師として、「結婚式」本来の意味を伝え、また「チャペルウエディング」や「披露宴」などを通じ、結婚式の模擬体験を行なっていただく内容となっています。昨年に引き続き、今年も大好評でした。
ぜひ来年も行いたいと思います。
また、「親子で葬儀体験会」の開催も近く実現する予定。乞うご期待!



2018年8月21日 一条真也

2018-08-20

「週刊朝日」墓じまい特集号

一条真也です。
20日から東京出張です。
スターフライヤーで羽田空港に到着すると、わたしは本日発売の「週刊朝日」の最新号(8月31日号)を求めました。

f:id:shins2m:20180820141610j:image
「週刊朝日」2018年8月31日号の表紙
f:id:shins2m:20180820142115j:image
「週刊朝日」2018年8月31日号の特集
f:id:shins2m:20180820142130j:image
「週刊朝日」2018年8月31日号より



この号の特集は「絶対に後悔しない完全マニュアル! 墓じまいの決め時と実践」です。「手続き、費用、移転、トラブル回避術・・・」「墓じまい手順チャート」「成功させる10のポイント」などの記事が並んでいます。わたしも発言していますので、よろしければ御覧下さい。



ブログ「なつかしい人」で紹介した(株)朝日新聞出版の雑誌本部長の尾木和晴さんとの御縁で取材を受けました。わたしには『墓じまい・墓じたくの作法』(青春新書インテリジェンス)という著書がありますので、その内容をもとにお話しました。これからお彼岸を迎える前に、同書もお読みいただければ幸いです。これから、西新橋にある一般社団法人・全日本冠婚葬祭互助協会を訪れて、儀式継創委員会の会議に出席します。



2018年8月20日 一条真也

2018-08-08

「月刊仏事」に『人生の修め方』が紹介されました

一条真也です。
「月刊 仏事」8月号(鎌倉新書)が届きました。
同誌は仏教界と供養業界のオピニオン・マガジンです。
そこに『人生の修め方』(日本経済新聞出版社)の書評記事が掲載されています。先月号には『人生の修活ノート』(現代書林)の書評記事が掲載され、2カ月連続の「一条本」の登場となりました。ありがたいことです。

f:id:shins2m:20180808154003j:image
「月刊 仏事」2018年8月号



同誌には「供養関連書」というコーナーがあります。
そこに掲載された記事には、以下のように書かれています。
「著者は、作家であり、株式会社サンレー代表取締役社長や全国冠婚葬祭互助会連盟会長などを務める。本書は、日経電子版『ライフ』に掲載された人気コラムを単行本化したものである。『終末』を意味する『終活』から、『人生を修める』ための『修活』へ。否定的にとらえられがちな『老い』のイメージを変え、『豊かに老いる』そして『美しく人生を修める』ためのヒントに溢れた1冊である。内容は、『老いることをポジティブにとらえよう』『江戸時代は特筆すべき「好老社会」だった』『お盆で豊かな時間を過ごそう』『葬儀は人生の卒業式、お祝いの意味とは?』『老いと死があってこそ人生!』など40項目からなる。紀元前1世紀に古代ローマで書かれた『老境について』など古今東西の古典に書かれた老人像や、江戸時代としては長生きした徳川家康らの生き方哲学に触れながら、『老い』のネガティブな見方を変え、老いを楽しむことこそが豊かな生き方であると主張する。
また、長寿祝いや、お盆祭り、墓参などの老いにまつわる儀式の重要性と意義についても詳しく触れられている。ヨーロッパから伝わる隣人祭りや、中国の死亡体験館など、各国のユニークな取り組みも興味深い。巻末には、豊かな老いを過ごす為の書誌情報をまとめたブックガイドも。老いが楽しみになり、人生100年時代、生きている限りは、ポジティブでありたいと願う人たちに送る老い暮しのヒント集」

人生の修め方

人生の修め方



f:id:shins2m:20180727121627j:image
第4回エンディング産業展」で講演します



なお、ブログ「エンディング産業展講演のお知らせ」で紹介したイベントの講演会場(東京ビッグサイト東7ホール)でも、
人生の修め方』(日本経済新聞出版社)および『人生の修活ノート』(現代書林)が販売されます。よろしければ、どうぞ、1冊お求め下さい!

f:id:shins2m:20180808163309j:image
人生の修活ノート』と『人生の修め方



2018年8月8日 一条真也

2018-07-28

「月刊仏事」に『人生の修活ノート』が紹介されました

一条真也です。
「月刊 仏事」7月号(鎌倉新書)が届きました。
同誌は仏教界と供養業界のオピニオン・マガジンです。
そこに『人生の修活ノート』(現代書林)の書評記事が掲載されています。2017年1月に初版が刊行されたノートですが、おかげさまで大変好評で、版を重ねています。「なぜ今?」とも思いましたが、ありがたいことです。

f:id:shins2m:20180727223909j:image
「月刊 仏事」2018年7月号



同誌には「供養関連書」というコーナーがあります。
そこに掲載された記事には、以下のように書かれています。
「著者は、作家であり、株式会社サンレー代表取締役社長や全国冠婚葬祭互助会連盟会長などを務める。
『終活』ブームが言われる一方、『終末活動』の略語である『終活』という言葉に違和感を抱く人もいるだろう。著者もそんな一人だ。『老い』の時間をどう過ごすかこそ、本来の終末だ、という思いのもと、著者は『終末』の代わりに『修生』、『終活』の代わりに『修活』という言葉を考えた。『修生』とは、文字通り、『人生を修める』という意味。老い支度や死に支度をして自らの人生を修める、この覚悟が『老い』という時間を豊かにすると考える。
そこでこのノートがつくられた。通常の『エンディングノート』は、過去を記録するものがほとんど。しかし、このノートは、老いを豊かに過ごし、人生のフィナーレを迎えることを目的に、日々の生活の記録や豊かな時間を過ごすために何をしたいのかという希望を書き込むものになっている。
『1章 「老い」を豊かにする「修活」』『2章 「死」を恐れない「修活」』『3章 お墓の修め方』『4章 おカネやモノの修め方』『5章 人生の修め方の準備のために』『6章 自分らしいフィナーレのために』の6章構成。
『死はけっして不幸ではない』『いつか、また会える』といったノートを作成するうえで、前向きに自分の残りの人生と向き合える言葉がちりばめられている。また、『葬祭業者選びの基本』『海洋葬のメリットとデメリット』など、具体的な修活への情報もあり、1冊で基本的な修活が行なえるものになっている。葬儀やお墓の大切さも改めて感じられるだろう。『人生を修める覚悟』を前向きに考えられる1冊だ」

人生の修活ノート

人生の修活ノート



人生の修活ノート』(現代書林)は、ブログ「エンディング産業展講演のお知らせ」で紹介したイベントの講演会場(東京ビッグサイト東7ホール)でも、『人生の修め方』(日本経済新聞出版社)と一緒に販売されます。
よろしければ、どうぞ、1冊お求め下さい!



2018年7月28日 一条真也