Hatena::ブログ(Diary)

佐久間庸和の天下布礼日記

2016-05-30

土方歳三像




全国各地には多くの銅像が建立されており、先人の志を感じることができますが、全互連のブロック会議で先日訪れた北海道の函館市にも数多くの銅像が建立されています。
元町公園にペリー提督、護国神社には高田屋嘉兵衛、啄木小公園に石川啄木、また市内の末広町には「坂本龍馬記念館」があり、龍馬像まであります。
そして今回ご紹介する土方歳三の銅像は五稜郭タワー内にありました。ちなみに、土方の銅像は東京の日野市にある「高幡不動」と「土方歳三資料館」にも建立されています。

f:id:shins2m:20160514145203j:image
五稜郭タワー内にある土方歳三の銅像



新撰組といえば映画やテレビ、小説でも数多く取り上げられており、枚挙に暇がありません。映画でいえば、「幕末純情伝」(1991年)「御法度」(1999年)「壬生義士伝」(2003年)、TVではNHK大河ドラマ「新選組!」(2004年)が記憶に新しいところです。小説も多いのですが、新撰組副長であった土方の「いきざま」を描いた司馬遼太郎の『燃えよ剣』は、数多い司馬作品の中でも人気のある小説です。もっとも、幕末を題材とする小説や映画は、ペリー来航から明治維新までの間が、わずか15年ほどであるため、誰を主人公に描いたとしても幕末明治維新の主要な人物が登場することになるのですね。そう、この時代は群像ドラマそのものです。新撰組といえば、局長の近藤勇、一番組隊長の沖田総司、そして副長の土方歳三の3人が突出して有名で人気もあります。

f:id:shins2m:20160512112410j:image
かなりのイケメンです!



では、「新撰組とは何ぞや」と問われても明確に説明できる人は相当な歴史ファンだけではないでしょうか。そこで念のために、Wikipedia「新撰組」の概略説明を見てみましょう。
「幕末の京都は政治の中心地であり、諸藩から尊王攘夷・倒幕運動の過激派志士が集まり、治安が悪化した。従来から京都の治安維持にあたっていた京都所司代京都町奉行だけでは防ぎきれないと判断した幕府は、清河八郎による献策で浪士組の結成を企図。江戸で求人した後、京に移動した。しかし清河の演説でその本意(後述)を知った、近藤勇や芹沢鴨らが反発、京都守護職の会津藩主、松平容保の庇護のもと、新撰組として発足した。同様の配下の京都見廻組が幕臣(旗本、御家人)で構成された正規組織であったのに対して、新選組は浪士(町人、農民身分を含む)で構成された『会津藩預かり』という非正規組織であった。
隊員数は、前身である壬生浪士組24名から発足し、新選組の最盛時には200名を超えた。任務は、京都で活動する不逞浪士や倒幕志士の捜索・捕縛、担当地域の巡察・警備、反乱の鎮圧などであった。その一方で、商家から強引に資金を提供させたり、隊の規則違反者を次々に粛清するなど内部抗争を繰り返した。
慶応3年(1867年)6月に幕臣に取り立てられる。翌年に戊辰戦争が始まると、旧幕府軍に従い転戦したが、同戦争終戦と共に解散した」

f:id:shins2m:20160512122344j:image
土方歳三の銅像は大人気!



ご存知のとおり、将軍を守るべき「旗本八万騎」の大半は「へっぽこ侍」にして烏合の衆であり、徳川譜代の諸大名さえ徳川幕府に反旗を翻すなか、新撰組は幕臣として最後まで幕府軍として戦い抜くのです。後世のわたしたちは大きな歴史の流れを俯瞰しながら、歴史上の人物を評することができる訳ですが、結果から批評するだけではなく、その人物がその時代に「何を信じ、何を守るために戦ったのか」に想いを馳せなければならないでしょう。

燃えよ剣

燃えよ剣



古来、歴史は勝利者が語ることによって「正史」が創り出されます。
これは洋の東西を問いません。戦後71年目にして日本が「自虐史観」の呪縛から脱却できないことを考えれば容易に理解できることです。土方の生き方を司馬遼太郎の『燃えよ剣』より、司馬が土方をして語らせた名言でみてみましょう。
「近藤さん、あんた日本外史の愛読者だが、歴史というものは変転してゆく。
そのなかで、万世に易(かわ)らざるものは、その時代その時代に節義を守った男の名だ。
新撰組はこのさい、節義の集団ということにしたい」
「たとえ御家門、御親藩、譜代大名、旗本八万騎が徳川家に背をむけようと弓をひこうと、新撰組は裏切らぬ。最後のひとりとなっても、裏切らぬ」
「目的は単純であるべきである。思想は単純であるべきである。
新撰組は節義にのみ生きるべきである」
「昨日の夕陽が、きょうも見られるというぐあいに人の世はできないものらしい」



男であれば「節義」を守り通した土方の「いきざま」に、心を強く揺さぶられるのではないでしょうか。事実、土方は函館戦争に旧幕府軍として参戦し、見事に散っていきます。ただ一騎、官軍参謀府に向かい、官軍から「誰何」された土方に、次のような最期のセリフを語らせます。
新選組副長 土方歳三新選組副長が参謀府に用がありとすれば、斬り込みにゆくだけよ」

f:id:shins2m:20160512122301j:image
もちろん銅像の真似をしましたとも!



昨今、利己的で節操のない企業が多く、冠婚葬祭においても「ナシ婚」「家族葬」「直葬」など自ら世の中との関係性を蔑にする人が増えています。
こうした風潮にあって、冠婚葬祭互助会に大義はあるか、守るべきものは何か、それが問われているような気がしてなりません。
「人して何が正しいか」という基準で物事をみなければ、人も、その人が集まった集団、企業も「目に見えない大切なもの」を喪ってしまうのではないでしょうか。
最後に、土方歳三の辞世を紹介いたします。
「たとえ身は蝦夷の島辺に朽ちるとも 魂(たま)は東(あずま)の 君をまもらむ」



*よろしければ、「一条真也の新ハートフル・ブログ」もどうぞ。



2016年5月30日 佐久間庸和

2016-05-29



f:id:shins2m:20160411214218j:image


たった一字に深い意味を秘めている文字は、世界でも漢字だけです。
そこには、人のこころを豊かにする言霊が宿っています。
その意味を知れば、さらに、こころは豊かになるでしょう。
今回ご紹介するハートフル・キーワードは、「兵」です。



ビジネスマンの間で『孫子』などの兵法書があいかわらずの人気のようですが、元来、真のリーダーは儒教書を読むべきであり、兵法書など
は参謀の読むものとされました。日本における帝王学の第一人者・安岡正篤によれば、兵法は、いわゆる戦略戦術というよりも、政治戦・謀略戦の側面が強いといいます。そもそも戦争には兵戦と政戦、軍隊を動かす戦争と、それに伴う謀略戦というものがあります。謀略戦とは政治戦のことです。



『孫子』『呉子』『六韜三略』といった兵法書を読んでも、もちろん兵書だから兵戦のことも書いてありますが、それ以上に政治戦・謀略戦のことが書かれています。そもそも『孫子』には、「兵は詭道なり」と書かれています。また、「兵は詐を以て立つ」とも言われています。「詭道」とは、人を欺くようなやり方、正しくない手段という意味です。「詐」とは、いつわること、あざむくことです。



これが兵法の本質であり、あらゆる兵法書に通じる原則なのです。
唐の太宗といえば、中国史の中でも最も偉大な天子として知られます。その太宗と家来の李靖とのやりとりを記録した『李衛公問対』という兵書があります。その中で太宗は堂々と「わしはあらゆる兵書を勉強したが、要するに相手を詐をもって誤らしめる、あらゆる手段で錯誤に陥れる、この一語で十分だ」と語っています。



中国にはこうした文献が多くありますが、それらを見ると、中国の政治、あるいは戦争、政治戦の実体が本当によくわかると安岡正篤は述べています。日本の戦国武将もこれらの兵法をずいぶん研究しました。日本ではこれを軍学と称し、山鹿素行や武田信玄も取り入れました。しかし本家の中国では、権謀術数の歴史過程を経て、やがて春秋戦国の時代に入ると、しからばいかにしてこれと対応するかが問題にされるようになってきました。そうして、兵学、つまり戦術・戦略・政戦・政略にだまされたり、もてあそばれたりしないと同時に、これを圧倒してゆくものは、結局のところ道徳しかない、となったのです。



いかなる権謀術数も、やはり人間である以上、最後は「人の道」に勝てません。こういう結論に中国の為政者は到達したのです。そして、修身・斉家・治国・平天下の道義的思想・学問・教養・人物を養うことを第一義として発達させたのが儒教なのです。前漢の武帝や後漢の光武帝は儒教を国教としました。日本史上最も成功したリーダーと呼んでもよい徳川家康は、『論語』をはじめとした儒教書も、『孫子』をはじめとした兵法書も、ともに愛読していたといいます。兵法に思想や哲学がないことを見抜き、それを儒教で補った家康のバランス感覚には恐れ入るしかありません。



ちなみに、わたしは、『論語』こそ最強の兵法書だと信じています。
「逃げるが勝ち」ではありませんが、もともと戦いを招かないことがベストな方法であり、そのためのノウハウが『論語』には豊富に紹介されているからです。
なお、「兵」については、『龍馬とカエサル』(三五館)に詳しく書きました。

龍馬とカエサル―ハートフル・リーダーシップの研究

龍馬とカエサル―ハートフル・リーダーシップの研究



*よろしければ、「一条真也の新ハートフル・ブログ」もどうぞ。



2016年5月29日 佐久間庸和

2016-05-28



f:id:shins2m:20160411214327j:image



たった一字に深い意味を秘めている文字は、世界でも漢字だけです。
そこには、人のこころを豊かにする言霊が宿っています。
その意味を知れば、さらに、こころは豊かになるでしょう。
今回ご紹介するハートフル・キーワードは、「創」です。



リーダー、それも創業者には、創造的発想や創意というものが求められます。
動物行動学者の竹内久美子氏は、「発想を変えて、思い切って跳びなさいと言われたら、みんな前に跳ぶことしか考えない。前に跳ぶのは誰でもできることで、横に跳ぶことが必要なのだ」と述べています。元東京都知事の石原慎太郎氏はこの話にいたく感心し、創意というものの本髄はそこにあると思ったといいます。



石原氏いわく、「横に跳ぼうと思って跳んだわけではないけれど、恐らく、ふと思いついたことというのは、横に跳んでいるのではないか。それができる人が本当の創業者になれるのではないか」というわけです。ちなみに、その話に「なるほど!」と、膝を打って感心したのは将棋の米長邦雄氏ただ1人だったそうです。



ソニーの創業者である井深大は、かつて、芝浦の工場でジーンズを履いた若い社員が手作りのテープレコーダーをポケットに入れて音楽を聞きながら働く姿を見ました。なるほど、音楽とは座ってじっと聴くだけではなく、作業の邪魔にならなければ仕事をしながらでも聴きたいだろうし、ただ歩くよりも音楽を聴きながら歩く方がリズミカルに歩けるのではないか。そう、井深は考え、あの伝説のウォークマンが誕生したのです。これは井深が経営者として横に跳んだということでしょう。



また、カラオケは世界に誇る日本の発明ですが、考え出したのはクラリオンの創業者である小山田豊です。昭和49年の秋、海外駐在員たちを引きつれて水上温泉で宴会を開いたとき、呼んだ芸者が年増ばかりで、しかも歌を歌おうにもろくに三味線も弾けない者が多かったといいます。小山田は落胆しながらも、ふと、芸者の代わりに伴奏の機械があれば面白いと発想し、それがカラオケのアイデアの元になりました。小山田も横に跳んだのです。



歴史上、大いなる事を成した人は、みな横に跳ぶ創意の人であったと言えます。
坂本龍馬も横に跳ぶ人でした。彼の独創性は、藩を超えた「日本」、ビジネスとしての海運と海軍を矛盾なく統一させた「海援隊」、「五箇条のご誓文」の原案となる「船中八策」、そして「薩長同盟」や「大政奉還」などの巨大なスケールのコンセプトやアイデアを次々に思いつき、実現していきました。



カエサルも、すごかったです。彼はなんと、ヨーロッパを創ったのですから。
現在の西ヨーロッパの都市の多くは、カエサル以後のローマ帝国時代に生まれた植民都市を起源としています。ガリア遠征をはじめとして横に跳び続け、ローマ防衛線を構築し続けた結果、カエサルはヨーロッパを創造したのです。



なんと、スケールの大きなクリエイターでしょうか!
みなさんにも、自らの仕事に照らし合わせて、自分なりの「横に跳ぶ」ことを考えてみてください。そこから、思いもよらぬ創意が生まれてくるかもしれません。
なお、「創」については、『龍馬とカエサル』(三五館)に詳しく書きました。

龍馬とカエサル―ハートフル・リーダーシップの研究

龍馬とカエサル―ハートフル・リーダーシップの研究



*よろしければ、「一条真也の新ハートフル・ブログ」もどうぞ。



2016年5月28日 佐久間庸和

2016-05-27

羽田空港を脱出!




羽田空港からタクシーに乗って品川駅に移動しました。わたしが搭乗予定だった13時45分発の北九州行きスターフライヤー81便が欠航になりました。12時30分頃、羽田空港のC滑走路で、離陸滑走中の大韓航空機の左翼エンジン付近から出火し、乗客乗員319人が緊急脱出し、その騒ぎですべての飛行機の発着が停止されたのです。

f:id:shins2m:20160527131053j:image
羽田空港ラウンジで事故を知る
f:id:shins2m:20160527132729j:image
スターフライヤーの欠航が決定



わたしは、ラウンジで原稿を書いてたのですが、ヤフー・ニュースで事故を知り、スターフライヤーの欠航を確認すると、ANAやJALの福岡便に変更しようとしましたが、これらの便も続々と欠航が決定。羽田空港では、C滑走路が約6時間閉鎖され、ほかの3本の滑走路も2時間ほど運用を見合わせました。じつに国内線計406便が欠航し、7万人以上に影響が出たといいます。ANA・JALグループなど航空各社は、搭乗予定便の変更(振替)および払い戻しについて無手数料対応。ANAは17時までの羽田発着全便欠航決定し、「地上交通機関など、他の交通手段のご利用を強くお勧めいたします」と発表。仕方がないので、わたしは飛行機はあきらめてタクシーに飛び乗り、品川駅に向かいました。

f:id:shins2m:20160527142119j:image
タクシーで品川駅へ



最初は「すわ、テロか!」と緊張が走りましたが、そうではなく、単なる機体の不良のようです。しかし、サミット開催中でただでさえ警備が厳重な羽田空港で事故を起こした大韓航空は大迷惑もいいところ。大韓航空の社長は日本国民に謝罪すべきです。だいたい、ナッツ・リターン事件のときから「つまらん会社だな!」と思っていました。韓国の人々も他国民に謝罪ばかり要求せずに、自分たちも迷惑をかけたら、素直にお詫びしなさい!
わたしのタクシー代は大韓航空に請求したいくらいです。それにしても、サミットの日にこんな不祥事を起こして赤っ恥をかいた韓国もついていませんな。厄落としに、韓国大統領は世界最強のパワースポットとして注目されている伊勢神宮でも参拝してはいかがでしょうか?
とにかく大韓航空は事故ばかり起こして、「アジア最悪の航空会社」と呼ばれているそうです。これだけいつも世界中に迷惑をかけるエアラインは、乗り入れ禁止なども検討すべきではないでしょうか。人身事故で電車を止めた遺族だって、鉄道会社に賠償金を払います。大韓航空は406便もの欠航を出した他社や7万人の被害者に対して賠償金を払うのでしょうか?

f:id:shins2m:20160527143909j:image
品川駅で新幹線に乗り換える
f:id:shins2m:20160527144128j:image
品川駅のホームで



品川駅に到着すると、JR切符売り場に並んで、14時47分発の新幹線のぞみ181号のチケットを購入しました。しかし、禁煙席が売り切れで喫煙席しかありません。わたしの隣の客も、前も後もみんなプカプカ煙草をふかしています。これは、たまらん!

f:id:shins2m:20160527145744j:image
のぞみ181号の喫煙車内で(怒)



マスクをして乗車しますが、サングラスにマスク姿だと多くのサミット用警察が怪訝そうな顔で、わたしの顔を見て通り過ぎます。くそぉ、本当に腹が立つ一日です。
こうなったら、広島駅で降りてオバマ大統領にでも会おうかな?
ちょうど、オバマさんに言いたいこともあるし・・・・・・。
わたしは物事にすぐ「意味」を見出す癖があるので、こうなったのも「新幹線に乗って広島で降りて、オバマに会って、メッセージを伝えよ」という神様のお告げのような気がしてきました。
いや、そうに違いない! こんなわたしは、いわゆる「電波系」なのでしょうか?
それにしても周りの連中はよく煙草を吸いますわ。わたしは「そんなに吸ったら、肺ガンになるよ」とマスクをしたまま3回言ってやりました。あ、また警察が近づいてきました・・・・・・。

f:id:shins2m:20160527182252j:image
岡山名物の白桃アイスを食べました
f:id:shins2m:20160527184051j:image
広島駅で降りようかと迷ったけれど・・・
f:id:shins2m:20160527184146j:image
結局、広島は通り過ぎました



車内はものすごい煙で目とノドが痛くなりました。こんな猛毒を嗜好品として体内に入れている人の気が知れません。ノドの痛みを押さえるために、岡山駅近くで販売されていた白桃アイスクリームを求め、食べました。冷たくて美味しかったです。
そうこうするうちに広島駅に到着しました。
よほど降りようかと思ったのですが、イライラしたまま広島入りしてもトラブルの元であり、オバマ大統領もすでに現地を去っていると知って降りないことに決めました。車窓から広島の街を見ているうちに、71年前に原爆で殺された人たちの心中を思い、「やっと、原爆を落としたアメリカの大統領が来たか」とつぶやくと、無性に悲しくなって涙が出てきました。






*よろしければ、「一条真也の新ハートフル・ブログ」もどうぞ。



2016年5月27日 佐久間庸和

2016-05-26

サンクスフェスタ八幡のお知らせ



イベントのサンレーが、6月4日(土)に感謝の集いを開催いたします。
そうです、「サンクスフェスタinサンレーグランドホテル」です。
今年も、盛りだくさんの内容となりました。
ぜひ、多くの方々のご来場をお待ちしています!

f:id:shins2m:20160521220319j:image



◎おかげさまで50周年
サンクスフェスタinサンレーグランドホテル
【開催日】6月4日(土)
【時 間】10:00〜16:00 入場無料
【会 場】サンレーグランドホテル
     北九州市八幡西区大膳1丁目2−1 
     TEL:093−601−1000



林家木久蔵 落語独演会
【Profile】
昭和50年生まれ 東京都出身。
平成7年10月 林家木久蔵(初代)「現・木久扇」に入門/平成8年2月前座入り 林家きくおとなる/平成11年9月二ツ目昇進/平成19年5月教育評論社より木久扇との共著「がんばらない子育て」を出版。同年7月親子大賞2007「選考委員特別賞」受賞。9月真打ち昇進に伴い、落語界史上初「ダブル親子襲名」を行い、二代目林家木久蔵を襲名する。日本テレビ「笑点」若手大喜利、テレビ東京「ドラGO!」などに出演。



前座 林家ひろ木
【Profile】
昭和54年生まれ 広島県出身。
平成14年4月 林家木久蔵(現・木久扇)に入門/平成17年11月二ツ目昇進。現在、落語と津軽三味線の二刀流で全国で活躍中。また、師匠のために木久蔵ラーメンの販売にも力を入れている/平成17年テレビ朝日「東京サイト」出演/平成18年タイにて「全日空寄席」出演テレビ東京「オールスター合唱コンクール」/平成19年日本テレビ「おはよう笑点」出演



●第1部 11:00〜12:00
●第2部 14:00〜15:00
※当日、座席は受付にて先着順となります。
 受付にて入場券を座席指定券にお引換下さい。
第1部・第2部 合計1,000名様に入場券プレゼント!!
入場券のお申し込みお問い合わせは最寄りの各サンレー営業所まで
・折尾営業所 TEL:093−691−3030
・若松営業所 TEL:093−761−5964
・八幡営業所 TEL:093−622−5463
・宗像営業所 TEL:0940−35−3099



■お楽しみ大抽選会開催!
 豪華景品が当たる!!空クジなし!
 ご来場の方全員にご参加いただけます。
■販売コーナー 〜売り切れご免の超人気イベント!!
 ●新鮮野菜販売 〜新鮮な地物野菜を一堂に!
 ●生花販売 〜人気の切り花販売!
  【タイムトライアル】
   (1)10:00〜 (2)12:00〜 (3)13:00〜



■人形供養祭
ご家庭で不要になった人形の供養です。
 受 付   10:00〜13:00
 御供養神事 13:00〜13:30
※供養が出来ない物
ガラスケース/ぼんぼり/屏風/人形のお道具飾り棚/仏像など
■当日、互助会にご入会の方へご入会特典
調味料セット、コーヒーセットのいずれかプレゼント!



■話題の本、抽選で10名様にプレゼント!! 
永遠葬〜想いは続く一条真也著(現代書林)
葬儀はなんのために行なうのか———
その明確な答えが書かれた葬儀本の決定版。老いや葬儀が軽んじられるなかで、葬儀という「儀式」の重要性を説き、変わりつつある死の迎え方の現実を豊富なデータや実例で紹介。

永遠葬

永遠葬



【応募方法】
官製ハガキに(1)本のタイトル(2)郵便番号(3)住所(4)氏名(5)電話番号をご記入の上、下記迄お送り下さい。
※当選は発送をもって代えさせて頂きます。
2016年6月10日(金)消印有効
〒802−0022 北九州市小倉北区上富野3−2−8 
(株)サンレー  『永遠葬』進呈S係



*よろしければ、「一条真也の新ハートフル・ブログ」もどうぞ。



2016年5月26日 佐久間庸和