Hatena::ブログ(Diary)

佐久間庸和の天下布礼日記

2014-06-03

天下布礼




わたしは、これまで多くの言葉を世に送り出してきました。
この際もう一度おさらいして、その意味を定義したいと思います。
今回は、「天下布礼」という言葉を取り上げることにします。

f:id:shins2m:20130925160522j:image



「天下布礼」とは、サンレーの創業時に佐久間進会長が掲げていたスローガンです。
2008年、わたしが上海において再び社員の前で打ち出しました。
わが社の創立40周年記念として、全国の社員を3班に分けて総勢600名の上海旅行を行いました。「こんな大人数の社員旅行は珍しい」と言われました。社員旅行どころか、歓送迎会や忘年会なども日本の会社から減っています。どうも、会社というより社会全体が「人間嫌い」になっているような感があります。急速なIT化が社会の「人間嫌い」化に拍車をかけているのかもしれません。でも、わが社は冠婚葬祭を本業とする会社です。まさに人間を相手にするのが仕事であり、わたしたちが人間嫌いになることは絶対に許されません。

f:id:shins2m:20071106211835j:image
上海で「天下布礼」を打ち出しました



それもあって、あえて大人数で中国の上海に旅行したのです。
言うまでもなく、中国は孔子が生まれた国です。2500年前に孔子が説いた「礼」の精神こそ、「人間尊重」そのものだと思います。上海での創立記念式典で、わたしは社員の前で「天下布礼」の旗を掲げました。かつて織田信長は、武力によって天下を制圧するという「天下布武」の旗を掲げました。しかし、わたしたちは「天下布礼」です。武力で天下を制圧するのではなく、「人間尊重」の思想で世の中を良くしたいのです。

f:id:shins2m:20130531094501j:image
織田信長は「天下布武」を唱えました



わが社の小ミッションは「冠婚葬祭を通じて良い人間関係づくりのお手伝いをする」。
冠婚葬祭ほど、人間関係を良くするものはありません。そして、わたしたちの理想はさらに大ミッションである「人間尊重」へと向かいます。太陽の光が万物に降り注ぐごとく、この世のすべての人々を尊重すること、それが「礼」の究極の精神です。だから、わたしは「礼」の精神が誕生した中国の地で「天下布礼」という言葉を持ち出したのです。
上海での記念祝賀会では、「摩天楼そびゆる魔都の宴にて 天下布礼の旗を掲げん」という短歌を披露しました。まさか、その5年後に「礼の実践」を評価されて第2回「孔子文化賞」を授与されるとは夢にも思いませんでした。

f:id:shins2m:20130128223317j:image
世界孔子協会の孔健会長と
f:id:shins2m:20140422115530j:image
天下布礼」をめざして



天下、つまり社会に広く人間尊重思想を広めることがサンレーの使命です。
わたしたちは、この世で最も大切な仕事をさせていただいていると思っています。これからも冠婚葬祭を通じて、良い人間関係づくりのお手伝いをしていきたいものです。
また、わたしが大学で教壇に立つのも、講演活動を行うのも、本を書くのも、さらには庸軒として道歌を詠むのも、すべては「天下布礼」の一環であると考えています。

f:id:shins2m:20140109125032j:image
「天下布礼」の旗を掲げよ!


昨日のサンレー本社での総合朝礼において、わたしは「日の本の こころとかたち守るため 天下布礼をさらに進めん」という歌を詠みました。
そして今日、2014年6月3日、「天下布礼」は新たなるステージに突入します。
自分に与えられた使命を果たすために、全力で頑張ります!



*よろしければ、「一条真也の新ハートフル・ブログ」もどうぞ。



2014年6月3日 佐久間庸和